特集・記事リスト 記事・特集リスト
資料ダウンロード 無料お役立ち資料
本サイトについて 本サイトについて
お問い合わせ お問い合わせ
閉じる

YouTube広告の出し方・設定方法と成果を生む5つのポイント

動画投稿サイトの中で1番多くのユーザーを抱えるYouTube市場。そのユーザー層の多さや幅広さから、動画広告を出すには最適なプラットフォームですが、広告をただ出稿するだけでは結果が伴わないこともしばしば。この記事ではYouTube広告の出稿方法や、広告の効果を高めるポイントをまとめて解説します。

カテゴリ: YouTube

YouTube広告とは

YouTubeで動画を視聴する際、視聴前や動画の途中で入ってくる広告などのことを言います。
この動画内広告の他にも、様々なYouTube広告の種類が存在し、支払い方法も複数存在します。
自身のサービスや商品を出稿する際に1番合うものを選びましょう。

YouTube広告の種類をご紹介します。

インストリーム広告

動画内で流れる広告です。
YouTube広告といえばこの広告!くらいメジャーなものかもしれません。

広告の長さに指定はありませんが、あまりにも長すぎる場合視聴者のストレスになりかねないため注意が必要です。
インストリーム広告の中でも、広告が流れるタイミングによって3つの種類に分かれます。

・プレロール広告

動画再生前に流れる広告です。

・ミッドロール広告

動画途中で流れる広告です。
動画投稿者は8分を超える動画に表示設定をすることが可能です。
広告出稿者が広告開始のタイミングを決めることはできません。

・ポストロール広告

動画再生後に流れる広告です。
また、インストリーム広告はスキップ可能なスキッパブル広告とスキップ不可なノンスキッパブル広告の2種類が存在しています。

スキッパブル広告

広告は5秒間必ず流れます。
5秒後にスキップボタンが表示され、視聴者がそのボタンを押すことで広告をスキップすることができます。
スキップできないタイミングの最初の5秒間でいかに視聴者を引き込めるかがポイントになっています。

スキッパブル広告の場合、視聴者が広告を30秒視聴するか、広告内のリンクをクリックした場合に初めて課金が行われます。

ノンスキッパブル広告

スキップボタンは表示されず、強制的に広告を視聴者に見せることができます。
15秒を超える広告を流すことはできないため、広告内容を15秒に納めなければなりません。
30秒の広告も存在していましたが、現在はYouTubeの規約が改定され出稿できなくなっています。

ノンスキッパブル広告の場合の課金方式は、広告の再生回数に応じて課金される方式です。
広告が1000回表示されるごとに料金が発生します。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは違い、動画上ではなく検索結果や関連動画に「PR」と表示されている広告です。
インストリーム広告とは違い、必ずしも見られることはありません。
視聴自体は少ないですが、その分広告をクリックして自身の広告動画を表示させてしまえば
コンバージョンに繋がる動き方をする視聴者はいいsでしょう。

インストリーム広告を出稿することによって、ディスプレイ広告も表示されます。

課金タイミング

インプレッション数(広告が表示された回数)に応じて課金されます。
インストリーム広告と一緒に出稿する場合は別途課金の必要はありません。

バンパー広告

インストリーム広告と同じく、動画内で流れる広告です。
大きな違いは広告動画の長さが6秒以内、尚且つスキップができないことです。
6秒以内で広告の内容をまとめる必要がありますが、その分全てのユーザーに内容を届けることができます。

2016年に発表された比較的新しいタイプの広告で、スキップボタンについ目がいってしまうインストリーム広告に比べて内容をしっかり届けることができます。

課金タイミング

ディスプレイ広告と同じく、1000回表示されるごとに料金が発生します。
インストリーム広告と比較して費用対効果の予測が立てやすいため、改善策を考えるデータにもなりやすいことが特徴です。

アウトストリーム広告

スマートフォンやタブレットなどの端末で、YouTube外の提携サイトに表示される広告です。
スキップすることはできません。

音声はミュートされており、広告に興味を持ったユーザーがタップするとミュートが解除されます。
ユーザーを効率よくYouTubeに誘導させたり、商品やサービス購入ページに飛ばすことが可能です。

課金タイミング

広告の表示面積が50%以上で動画広告が2秒以上再生された場合にのみ課金されます。
動画に興味を持った視聴者を中心にリーチすることが可能です。

YouTube広告のメリット

費用対効果が高い広告を出稿できる

インストリーム広告など、スキップ機能が付いている広告でスキップボタンを押した場合、課金が発生しないため、比較的興味を持っている視聴者に自身の商品やサービスを宣伝することができます。

自社サイトや指定したサイトへ直接誘導できる

動画内にリンクボタンを設置・表示させることができ、興味を持った視聴者を直接リンク先に誘導することができます。
テレビコマーシャルより、視聴者もストレスを感じることなく広告の目的を達成できます。

スキップまでの時間は広告を認知してもらえる

少なくとも5秒ほどは視聴者は広告を見ることになります。
この5秒で視聴者にインパクトを与えることができれば、コストパフォーマンスは飛躍的に改善します。

リマーケティングができる

広告の出稿にはGoogle広告を使用します。
そのため、登録されているユーザーに直接YouTube広告を配信することにより、潜在顧客へのリマーケティングが可能です。

YouTube広告のデメリット

イメージダウンのリスクがある

YouTube広告の中には15秒スキップができない広告方法なども存在しています。
最後まで広告を見てもらえるからといって、ターゲットではない視聴者に広告を発信してしまったり、動画内容が悪い場合、商品やビジネス全体のイメージダウンに繋がるリスクが存在します。

審査に時間がかかる可能性がある

YouTube広告の出稿は配信予定日より余裕を持って行いましょう。
広告の配信には審査があり、通常は1営業日程で完了しますが稀に時間がかかってしまうケースも存在します。
大事な商品の発売日に合わせてYouTube広告を出稿するなどのタイミングが重要な場合は前もって出稿準備を済ませておきましょう。

動画が見てもらえない可能性

スキッパブル広告の場合、5秒で視聴者の興味をひく動画が制作できないといくら良い映像を制作したところで見てもらえません。
動画の制作費のみがかかってしまうケースもあるので、ターゲティングや動画を広告として配信するポイント、広告の最終目的を明確にする必要があります。

YouTube広告の出し方

YouTubeの広告を出稿する方法や、準備する物を解説します。

どの種類の動画広告を選択するかによって、動画の長さが決まります。
特にバンパー広告の場合は6秒以内の動画広告なので、先にどの動画広告を使うのかを決めておきましょう。

用意するもの

YouTubeチャンネル

配信する動画広告はYouTubeにアップロードする必要があります。
そのためのYouTubeチャンネルを開設しておきましょう。

広告動画

選択した広告方法に沿った動画を準備しましょう。
準備ができたら開設したYouTubeチャンネルにアップロードしておきます。

Google広告アカウント

YouTube広告を出稿するにはGoogle広告から行う必要があります。
アカウントを準備することで、YouTube広告の他にも様々な広告を出稿することができるようになります。

コンパニオンバナー

YouTube広告が配信される際、右上に表示されるバナーです。
主にパソコンでの視聴時に表示されます。

広告動画の素材をコンパニオンバナーにする方法と、バナーを新しく準備する方法が存在します。
新しく準備する場合、300×60ピクセルで150KB以内のサイズでバナーを作成しなければいけません。

ターゲットがスマートフォンユーザー中心の場合は広告動画から自動作成することをおすすめします。

広告の出稿方法

Google広告にログインします。

②「キャンペーン」をクリックし「+」のボタンをクリックします。

③「新しいキャンペーンを作成」をクリックします。

④達成したい目標を入力していきます。

キャンペーンの目標は

・販売促進
・見込み顧客の獲得
・ウェブサイトのトラフィック
・商品やブランドの比較検討
・ブランド認知度とリーチ
・アプリのプロモーション
・目標を指定せずにキャンペーンを作成する

の7種類です。

目的の選択によってキャンペーンのタイプのパターンが変わります。
キャンペーンタイプの中に「動画」が表示されているものを選びましょう。
「アプリのプロモーション」以外を選択していれば「動画」の選択画面が現れます。

⑤キャンペーンのサブタイプを選びます。
事前に選んだ広告の種類を入力して「続行」をクリックします。

⑥広告の詳細情報を入力します。

キャンペーン名

広告の内容がわかりやすいキャンペーン名を入力しましょう。
今後複数の広告を運用する場合は特にわかりやすい名前を設定することがおすすめです。

入札戦略

選択した広告目的やサブタイプによって選択できる戦略が変わります。
配信する動画広告の内容によって決めましょう。

予算と日程

キャンペーンの予算と広告配信の日数を指定できます。
予算は、キャンペーンの合計と日別で分けることが可能です。

配信開始の日程は少し余裕を持って行いましょう。

ネットワーク

ネットワークでは広告をどこに掲載するかの設定を行えます。
主に選択できる項目は以下の3つです。
・YouTube検索結果
・YouTube動画
・ディスプレイネットワークの動画パートナー

選択した広告タイプによって選択できないものも存在します。

地域と言語

広告を配信する地域と言語を設定します。
「別の地域を入力する」を選択して、さらに細かく配信地域を絞ることも可能です。

その他の設定

特定の日程の除外やデバイス毎の配信設定などを行えます。
ターゲットが定まっている場合にはぜひ活用しましょう。

⑦広告グループの作成を行います。
ここでは細かいターゲティングが行えます。
どのようなターゲットに広告を配信するかをしっかり決めておくことで、コストパフォーマンスの良い広告の出稿が可能です。

⑧動画広告を作成します。
作成してYouTubeにアップロードした動画広告のURLやキーワードで動画を検索することができます。

プレビュー画像が表示されます。
表示内容に間違いがないことを確認して、動画広告のフォーマットやリンク先のURL、CTAボタン内の文字設定や見出しなどを入力します。

「キャンペーンに進む」をクリックすれば出稿準備が完了でします。

⑨審査が完了すれば設定した日時に広告の配信が開始されます。
審査日程は幅がありますが、おおよそ1営業日で完了することが多いです。

広告の配信を注視したい場合

広告のデータは数値化され、Google広告のページで確認することができます。
広告の配信を停止したい場合もこのGoogle広告のページから配信を停止することが可能です。

広告効果を高めるコツ

せっかく広告を出したのに思うように結果が出なかった。
そんな状況を防ぐポイントをご紹介します。
自身の広告商材を広げるといった意味では、通常のチラシを投函する考え方が近いです。

ターゲットを明確に設定する

自身の商材のターゲットを細かく決めます。
特にYouTubeは様々な層の視聴者が存在しており、性別や年齢をざっくり分けただけでは広告費が嵩むだけの結果に終わってしまうことも少なくありません。

性別、年齢はもちろん、住んでいる地域やYouTubeを見る時間帯、趣味やよく使うSNSなど、できる限り細かくターゲットを設定しましょう。
ターゲットを絞ることで広告の配信回数に対して視聴者が反応した割合を高めていく施策が検討できます。
Google広告で配信の結果を確認し、さらに広告効果を高めることが非常に大事です。

クリエイティブにこだわる

綺麗な映像で!という意味ではありません。
狙いがしっかりとある動画広告の制作を心がけましょう。
ターゲットを設定したら、そのターゲットからの反応が予想される広告内容に寄せて制作しましょう。

また、動画広告内のどのタイミングで視聴者がリンクをクリックして欲しいかを明確にすることで、クリエイティブの目的を明確にすることができます。
動画広告は静止画の広告より見られやすいため、飽きさせないような工夫も必要です。

配信する広告にあった動画を作成する

動画広告を使い回ししているばあい、選択した広告のフォーマットに合っておらず全く意味がない広告になってしまっているケースも存在しています。
それぞれの広告には明確な狙いが存在しています。

例えばバンパー広告の場合は広告が6秒までという制限があります。
その6秒でどのように商品やサービスの良さを伝えられるかを考えクリエイティブに落とし込みます。

スキッパブル広告のインストリーム広告の場合、視聴者がどこを見ているのかなどをしっかりと考え、どこの秒数にどの映像、メッセージを発信するかを逆算して制作するイメージが大切です。

メッセージを伝える意識を持つ

短い動画広告では、限られた時間でどのようにターゲットに商品やサービスを宣伝するかを決めておくことが重要です。

例えば広告の目的が「周知」だった場合と「購入」であった場合、伝えたいメッセージは全く違ってきます。
動画の見出しやリンクボタンの文言などにどのようなメッセージを記載するかで広告のクリック率はシビアに変化します。

映像のインパクトやキャッチコピーなど、広告の目的に合わせてしっかりとした狙いを定めてクリエイティブの質を向上させましょう。

改善を繰り返す

YouTube広告出稿して何もせずにしておくのはおすすめしません。
Google広告で出稿した広告のデータが確認できます。

ターゲティングを間違えていないか、数字の変化の原因などをリサーチすることによって、広告そのものや配信先を改善していくことができます。

この改善サイクルを早く回すことによって、コストパフォーマンスの良いYouTube広告の運用が行えます。

まとめ

紹介した方法以外でも、動画内にインフルエンサーや著名人を起用して拡散を狙ったり、SNSを利用した拡散キャンペーンを行いさらに広告に興味を持つ層を開拓したりと、様々な施策が検討可能です。

適切なターゲットに向けたYouTube広告は商品の周知や販売促進だけでなく、企業そのもののブランディングにも役立ちます。
基本的な設定から広告出稿後の改善までを手を抜かずに施策を繰り返すことが効果的な広告効果を生み出す1番の方法です。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。

そのままの計画で、目標達成できますか?

Webマーケティングには予想外な事態がつきものであることを私たちは理解しています。
考えて、考え抜いて設計したはずのKPIが全く達成されずに、形骸化し誰も触れない状態になっている。

サイト内でユーザーがどのような行動をとっているかを解析

自社と競合を比較し、どこが勝っていてどこが弱みなのかを浮き彫りに

ユーザーのニーズや業界動向等を調査し、状況にあった施策を提案

課題解決のポイント、目標達成のプロセスなど
Webサイトの成長につながる具体的な手段をご提示いたします

運営会社

Web制作・広告・コンサルティングのセルリア

サービス一覧
会社概要