特集・記事リスト 記事・特集リスト
資料ダウンロード 無料お役立ち資料
本サイトについて 本サイトについて
お問い合わせ お問い合わせ
閉じる

ライターがおすすめする記事作成に活用できるツール28選

ライターがおすすめする記事作成に役立つツールを28個紹介。ツールを使うことで、質が高く、SEOにも効果がある記事を量産することができます。ツールは記事作の成フローによって使い分けることが大切なので、フローごとにツールをまとめます。

カテゴリ: コンテンツ作成

ブログを書くとき、何をテーマにするかを考えるだけでも相当な時間が経ってしまうもの。
いざ記事を書こうと思っても「何をどう書こう・・・」と悩んでしまい、執筆がなかなか進まないということはありませんか?

記事作成を行う際に、多くのライターが活用しているのが「ツール」です。
ツールを使って情報を集め、誰に対してどんな記事を書くのか方針を明確にできれば、スムーズに記事を仕上げることができます。

実際、経験豊富なWebライターの多くは自分に合ったツールを持っていることが多く、結果として記事の量産や質の維持を可能にしています。
初心者ライターでもツールを上手に活用することで、記事作成業務の効率が大幅にアップし、より多くの記事を生産することができます。

そこで今回は、記事を作成する流れに沿って、記事作成に便利なツールを紹介します。
キーワード選定ツールといった記事企画に必要不可欠なものから、ちょっとした文章を作ってくれるツールまで幅広く紹介しているので、記事を作成するときに使ってみてください。

使用するツールは作成フローによって異なる

記事作成には大まかな流れがあります。

①記事のテーマ・主軸となるキーワードを決める
②構成案(どんな流れの記事にするか)を作成
③企画と構成案を元に執筆
④記事の校正(チェック)

記事作成には以上4つのフローがあり、それぞれ使用するツールは全く違います。スムーズに記事を作っていくには、それぞれのフローで適したツールを選ぶことが重要です。

ただし、すべてのツールを使えば記事作成が効率的になる、というわけではありません。
書きたい記事や社内体制に応じてツールを使いわけることが重要です。

次の項からは、記事作成の一連の流れに沿って便利なツールとその使い方を紹介していきます。

記事のテーマ・主軸となるキーワードを決めるときに便利なツール

記事を作成するとき、最初にやるのが「テーマ決め」です。
テーマによって、誰に対してどんな内容の記事を書くのかが変わってきます。

記事作成では、掲載するメディアの方針にあったテーマを設定することが重要です。
例えば、美容系のメディアに載せる記事を作るのであれば、「メイク」や「スキンケア」といったテーマが考えられます。

しかし、テーマが決まっても、具体的な内容は絞れません。スキンケアというテーマでも、内容は無限にあるので、テーマだけしか決まってないと「スキンケアの何から書けばいいんだろう」と記事を書き進めることができません。

無限にある話題の中から、記事に書く内容を絞るために欠かせないのが「記事のキーワード選定」です。
例えば、「スキンケア 方法」というキーワードを設定できれば、その記事にどんな内容を書く必要があるのか明確になるので、書きやすくなります。

キーワードを探す時に便利なツール

キーワードを選定するときにツールを使うことで、素早くキーワードを選定できます。
ここでは、書きたい記事内容がぼんやりと浮かんできた時に、内容を具体化するのにおすすめのツールを解説します。

●関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

関連キーワード取得ツールは入力したキーワードに関連するキーワード(サジェストキーワード)を表示してくれるツールです。アルファベット、五十音順に関連語を見ることが出来ます。
検索結果全キーワードを一括コピーできるようにもなっているのも特徴です。

また、関連キーワード取得ツールではYahoo!知恵袋や教えて!GooといったQ&Aサイトの検索結果も表示されます。関連キーワードが具体的にどのようにユーザーに使われているのかを確認できるのが魅力です。

書きたい記事内容がぼんやりと浮かんできたけど、具体的な内容が思いつかないという方におすすめのツールで、キーワードを入れて「取得開始」を押すだけでキーワード一覧を取得できます。

http://www.related-keywords.com/

●KeywordTool

KeywordToolは、Googleやyahoo!などの検索エンジンだけでなく、YouTubeとAppStoreのサジェストワードが知ることが出来るキーワード選定ツールです。

YouTubeやAppStoreなどを利用するユーザーニーズを知ることができるのはもちろん、検索エンジンには表示されていないユーザーニーズを知ることができます。

特に近年、スマートフォンの普及によりアプリやYouTubeの利用者が増加傾向にあります。
そのためYouTubeやAppStoreのニーズを把握して記事にすることで、爆発的な集客を狙えるチャンスがあるかもしれません。

https://keywordtool.io/jp

●Googleトレンド

Googleトレンドは世の中のトレンド動向を簡単に把握できるツールです。
キーワードを検索することで人気の動向をグラフで可視化していたり、地域別に表示していたりと一目でトレンドを知ることが出来ます。

また、キーワードを2つ、3つと複数入力して比較することも可能です。
特定のキーワードが人気の地域やキーワード別の動向を知ることで、どのターゲットにどのキーワードを対策すればよいかが明確になってきます。

特に、最近まで検索回数が少ないにも関わらず急激に人気度が向上している場合は、バズる記事を作成するチャンスです。ぜひ様々なキーワードで検索して、世の中のトレンド調査に役立ててみてください。

https://trends.google.co.jp/trends/?geo=J

●cotoha.com

cotoha.comは検索キーワードに関するニュースを知ることが出来るツールです。
ニュースを知ることで、キーワードに関連する話題となっている出来事を把握することが出来ます。

ただのニュースだけではなく、はてな注目キーワード、dメニュー急上昇、Googleトレンド急上昇キーワードなど幅広い視点からトレンドとなっているモノコトを発信しています。
幅広い情報収集を行いたいという方におすすめです。

https://cotoha.com/

●Yahoo!リアルタイム検索

https://search.yahoo.co.jp/realtime

Yahoo!リアルタイム検索は、Twitterで話題になっている情報を知ることが出来るツールです。
キーワードを検索することで、キーワードに関連するユーザーのつぶやきが表示されます。TwitterはSNSの中でも特にリアルタイム性が高く、ユーザーのニーズや意見をいち早く手に入れることが出来ます。

ただ情報が早い分、トレンドの変遷が早いのも特徴で、Twitterを参考にする場合はスピーディーにトレンドを踏まえた記事を書くことが重要です。

キーワードの検索回数を調査できるツール

キーワードが決まっても、そのキーワードで検索するユーザーがいなければ、記事を描いても読まれません。
そのため、キーワードが検索されているのか、ツールを使ってチェックする必要があります。

また、検索回数をチェックするときは、そのキーワードがどのくらい検索されているのかも重要です。

例えば、検索回数1000回以上のビッグキーワードと呼ばれるものは、上位表示されたら反響が大きい分、競合ページも多く上位表示を狙うのは難しいです。
しかし、検索回数100回程度のキーワードであれば競合が少ないことも多く、上位表示を狙いやすい傾向にあります。

書きたいキーワードで上位表示が狙えるかチェックすることもキーワード選定では重要です。

●Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、Googlが提供しているツールです。
キーワードを入力することで、そのキーワードのGoogle検索回数を確認することができます。
もちろん「ギター 中古 買い方」といったロングテールキーワードの検索回数も知ることができるので、自社オウンドメディアの規模にあった対策キーワードの決定に役立ちます。

https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/

●Keyword Explorer

Keyword Explorerは海外製のサジェストキーワードツールです。日本語キーワードにも対応しており、キーワードを対策して上位表示する難易度も教えてくれるのが魅力です。

記事作成初心者の方であれば対策キーワードの検索回数や競合をみても、自社が上位表示を狙いやすいかどうか判断が付きづらいかと思います。Keyword Explorerで難易度を確認することで、自社にあったキーワード選定に役立てることが出来ます。

ただし、会員登録が必要なので、最初に使う時に色々と登録が必要です。

https://moz.com/explorer

構成案(どんな流れの記事にするか)を作成する時に便利なツール

キーワードが決まったら記事の枠組み(構成案)を作成します。
構成案を作る時に参考となるのが競合サイトです。

上位表示されているページにどんなことが書かれているのか読み解くことで、ユーザーが本当に知りたいと思っていることにアプローチできます。

競合を調査するツール

●共起語検索

共起語検索では、おもにGoogleの検索ワードTOP50サイトの文章中を分析し、共起語を抽出するツールです。共起語とは1つの記事中に頻繁に使われるキーワードのことで、検索したキーワードと関連性のあるものが表示されます。

キーワード選定ツールと違って、検索キーワードと直接的には関係のない言葉が表示されるのが特徴です。ただ、上位表示される競合サイトが使用しているキーワードということは、メインキーワードを説明するために必要なキーワードであると考えられます。

そのため記事の見出しや内容を具体的に連想したいとき、利用してみるのがおすすめです。

https://neoinspire.net/cooccur/

●ファンキーレイティング

ページのURLを入れるだけで、そのページの共起語を検索できます。
どのワードが何%使われているのか調べられるので、キーワードと別に重要なキーワードを見極めることができます。

https://funmaker.jp/seo/funkeyrating/

●コンペティターディスカバリー

コンペティターディスカバリーは、GinzaMetricsが提供する競合調査ツールです。
ただ競合の上位サイトを表示するだけでなく、平均順位や検索ボリュームといった細かい分析を行うことが出来るのが特徴です。

また、複数のキーワードで検索をかけることが出来るので、競合が少ないニッチな対策キーワードを効率的に見つけられます。

競合調査をしっかり行うことで、記事作成のヒントや目的などが明確になってきます。
無料でお試しすることもできるので、一度ためしてみることをおすすめします。

https://www.ginzametrics.jp/blog/competitor-discovery

●SERPs Feature Trend・ユニバーサル検索分析

SERPs Feature Trend・ユニバーサル検索分析もGinzaMetricsが運営する分析ツールです。
競合サイトやキーワード検索数などを分析するツールが多いなか、SERPs Feature Trend・ユニバーサル検索分析ではリスティング広告やユニバーサル検索などの表示情報に基づく分析を行うことが出来ます。

リスティング広告はユーザーの検索や閲覧したページに応じて表示内容を変更するメカニズムが採用されています。
そのため表示リスティング広告の種類によってそのユーザーがどんな検索をすることが多いかを知ることが出来るのが特徴です。

検索エンジンだけでなく、広告やユニバーサル検索に関連するキーワードを知ることで、ユーザーニーズを網羅することにつながります。
検索エンジンや競合調査、キーワード選定ツールだけではユーザーニーズがつかめなかったという方に特におすすめの便利ツールです。

https://www.ginzametrics.jp/blog/release-serp-feature-trend

執筆する時に便利なツール

キーワードを選定し、構成案が決まれば実際に記事を執筆していきます。
この時、ツールを使うことで、より早く執筆を進められる場合があります。

記事を執筆するためのツール

●Word
MicroOfficeが提供しているツールです。
使用料はかかりますが、ライティングだけでなく図の挿入や、写真の挿入、表の作成を簡単にできます。

●Googleドキュメント
Googleが提供している文章作成ツールです。
Googleアカウントを持っていれば、誰でも無料で使用することができます。
オンライン上で文章を編集するので、他の人と共有することもできます。

リード文を作成する時に便利なツール

記事の本題に入る前の導入部分であるリード文によって、記事を読んでもらえるかどうかが決まるといっても過言ではありません。

ユーザーに記事を読んでもらうためには、「そうそう、〇〇で悩んでいて〇〇を知りたいの。この記事なら知りたいことが書かれてそう!」と思ってもらうことが重要です。
つまり、ユーザーの悩みに共感した上で、その解決方法が書かれていることをリード文ではアピールする必要があります。

ユーザーの悩みが具体的にイメージできないと共感する文章を書くのは難しいですが、ツールを使うことでそのヒントを得られることがあります。

●Yahoo!知恵袋

Yahoo!知恵袋は大手検索エンジンサイトYahoo!が運営するQ&Aサイトです。キーワードを入力すればそれに関連するユーザーの悩みや疑問が一覧表示されるので、具体的な読み手をイメージすることができます。

ユーザーのニーズを直接的に把握することが出来るので、リード文の作成だけでなく、細かな見出し設計やタイトル付けにも役立ちます。
また基本的には質問に対する回答がついているので、ユーザーの意見や知識などを記事作成の参考にすることもできます。

https://chiebukuro.yahoo.co.jp/

●教えてgoo!

Googleが運営する教えてgoo!もYahoo!知恵袋と同じQ&Aサイトです。
キーワードを入力すると、それに関連した悩みや疑問が表示されます。

Yahoo!知恵袋と併用して活用するといいでしょう。

https://oshiete.goo.ne.jp/

タイトルや見出し付けに役立つツール

記事がかけたらタイトルを設定します。
タイトルは、検索結果画面でクリックしてもらえるかどうかを左右する重要な要素ですが、「なかなかかっこいいキーワードが思い浮かばない」というときはツールを使ってタイトルを設定することもできます。

●ぽいっとキャッチコピー

ぽいっとキャッチコピーは入力したキーワードに関連するキャッチコピーを大量に作成してくれる便利ツールです。

数記事の作成ならば自分自身で考えることでも出来ますが、100記事以上を量産したいという方にとって毎回キャッチコピーを考えるのは難しいもの。アイデアがつまった時に活用することで、記事の作成効率を落とさずに執筆を進めることができます。

http://imu-net.jp/word/copywriting.php

●コピーメカ

コピーメカは2つの質問に答えるだけでキャッチコピーを7つも考えてくれる便利ツールです。
例えば、以下の画像のように入力した場合

このようなキャッチコピーが生成されます。キャッチコピーごとに解説があり、自分のニーズにあったキャッチコピーを見つけやすくなっています。
毎回ちがったキャッチコピー案が作成されるのも魅力です。(全220案)

どちらかといえば自社商品・サービスの魅力を伝えるキャッチコピーを生成するのに長けているので、自社商品・サービスの紹介記事などで活用するのが良いのではないでしょうか。

http://www.copymecha.com/

文章を自動で作ってくれるツール

「文章を一から考えるのは時間がかかる・・・」そんなときに便利なのが、AIが文章を自動で作ってくれるツールです。
作られた文章をアレンジするだけでもかなり執筆スピードが早められます。

●プレスリリース3分作成ツール

新たに発売されたサービスや商品を紹介する記事を作成するときに便利なツールです。
質問に答えていくだけで、プレスリリースの文章を作成することができます。

プレスリリースを書いたことがない方でも安心です。

https://www.value-press.com/tool3minutes_releases/new

●Articoolo

記事のキーワードを2〜5個設定し、文字数を指定するだけで文章を作成してくれるツールです。
記事のアウトラインを示してくれるので、細かな部分だけ執筆したいという人におすすめです。

https://articoolo.com/?login=1″https://articoolo.com/?login=1″>https://articoolo.com/?login=1

その他文章を書くのに便利なツール

●weblio類語辞典

https://thesaurus.weblio.jp/category/wrugj

weblio類語辞典は似た意味なのに違う言い回しをするキーワードを表示するツールです。
違った言い回しを知りたかったり、文章が単調になってしまったりするときに活用することで、表現力があって分かりやすい記事作成を行うことが出来ます。

対策キーワードの類義語であれば、検索回数や競合サイトの使用を分析して記事内にちりばめるのも手です。ユーザーに読みやすい印象を与える文章表現、キーワードの利用という2つのSEO対策につながるつーるなので、検索結果上位を目指す記事であればぜひ活用してみましょう。

●日本語表現インフォ

https://hyogen.info/

日本語表現インフォは小説・コラム・ブログなどに使える多彩な表現を教えてくれるツールです。
カテゴリ検索では感情、感覚、人物、暮らし、風景、食べ物などさまざまなジャンル別に日本語表現を紹介しています。

例えば感情ジャンルにある「寂しい」という表現をクリックすると寂しいのリアクション、寂しいときの精神的反応など様々な場合の日本語表現を見ることが出来ます。

特にコラム系や小説系の記事を作成するライターの方におすすめのツールです。

●文字数カウント

文章の文字数を数えてくれるツールです。
文字数をカウントできないツール(Googleドキュメント・Pagesなど)を使っている場合、記事全体の文字数を把握できます。

http://www1.odn.ne.jp/megukuma/count.htm

●numMojiなんもじ

numMojiなんもじは名前の通り、文章の総文字数をカウントしてくれるツールです。特徴的なのは文章をコピペするだけで即座に文字数を表示してくれる点です。コピペ後にクリックする必要がないため、効率的に文字数をカウントすることが出来ます。

記事の文字数は競合サイトと比較したり、記事作成のスケジューリングをしたりする際に確認することが多いです。そのため、記事作成をする方であればブックマーク登録しておくことをお勧めします。

http://www.nummoji.kenjisugimoto.com/

記事の校正(チェック)で便利なツール

「執筆が終了したら記事が完成!」という訳ではありません。
校正をして、誤字や間違った表現を直す必要があります。

また、決めたキーワードが適切に使われているかもチェックする必要があります。

文章校正に役立つツール

●Enno

Ennoは文章校正を自動で行ってくれる便利ツールです。10000文字を超えるようなボリュームのある文章でも瞬時に誤字脱字、変換ミスなどを発見してくれます。

ミスがあると思われるところは蛍光色で示され、修正案も同時に出してくれるのが驚きのポイントです。特に記事作成初心者であれば間違った表現や語句に気づかないことがあることも多いので、導入することで読みやすい記事作成に役立ちます。

https://enno.jp/

●日本語校正サポート

1万字以内で文章校正をできるツールです。
日本語校正サポートの魅力は、設定をカスタマイズできること。

助詞や言葉の誤用、二重否定など細かい部分もチェックできるので、精密な校正をしたい場合はおすすめです。

https://www.kiji-check.com/

SEOに役立つツール

●キーワード出現頻度解析ツール

記事内に含まれるキーワードの出現回数・頻度を簡単に計測できるツールです。解析オプションの指定でタイトル、見出し、文章など計測する範囲を細かく指定できるのが特徴です。

対策キーワードが少なかったり、キーワードを乱用しすぎていたり、多用されている予期しないキーワードを発見したりと様々な場面で活用できるので、SEO対策に力を入れたい方はぜひ活用しましょう。

https://seo.fc2.com/keywordrate/

●ohotuku.jp

こちらも記事のURLを入れてキーワードを入力するだけで、出現率をチェックできるツールです。
キーワードがどのくらい使われているか確認することができます。

http://ohotuku.jp/

コピペをチェックしたいときに使用するツール

●影武者

影武者は本格的な有料コピペチェックツールです。
月額4320円で月に100回(1000文字ごとに1回を消費)のコピペチェックを行うことが出来ます。
回数に応じて他のプランもあるので、自社の記事数に合わせた費用をかけられるのが特徴です。

CSVダウンロードにも対応しているので、量産した記事をチェック・共有したいという方にお勧めです。
ブラウザ型なのでWindows、Macどちらにも対応しており、さまざまなデバイスからアクセスできるのも魅力です。

https://kagemusya.biz-samurai.com/

まとめ

ツールを上手に活用することで、記事作成効率の大幅アップにつながります。企画から修正まで記事作成のさまざまな場面で活用できるので、ライター、ディレクター問わず様々な方がお使いいただけるかと思います。

ただ闇雲にツールを使って、記事のテーマがあやふやになってしまったり、ツールの使い過ぎで時間がかかりすぎてしまったりしては本末転倒です。
自社の目的に合ったツール選びを心がけて、あくまでも記事作成の補助ツールとして活用していきましょう。

記事作成ツールを使いこなして、ぜひ効率的な記事作成を行ってみてください。

<

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

無料でできるWebマーケティング11選  <MIDORIBON>

ダウンロード資料画像

Webマーケティングに取り組もうとしている方に向けて、無料で利用できるWebマーケティングに役立つツールを9つ集めました。ツールの始め方からWebマーケティングに利用するメリット、実践的な活用方法まで解説します。

コストをかけずにまずはWebマーケティングに取り組んでみたい思いの方にぴったりの一冊です。

そのままの計画で、目標達成できますか?

Webマーケティングには予想外な事態がつきものであることを私たちは理解しています。
考えて、考え抜いて設計したはずのKPIが全く達成されずに、形骸化し誰も触れない状態になっている。

サイト内でユーザーがどのような行動をとっているかを解析

自社と競合を比較し、どこが勝っていてどこが弱みなのかを浮き彫りに

ユーザーのニーズや業界動向等を調査し、状況にあった施策を提案

課題解決のポイント、目標達成のプロセスなど
Webサイトの成長につながる具体的な手段をご提示いたします

運営会社

Web制作・広告・コンサルティングのセルリア

サービス一覧
会社概要