特集・記事リスト 記事・特集リスト
資料ダウンロード 無料お役立ち資料
本サイトについて 本サイトについて
お問い合わせ お問い合わせ
閉じる

クラウドソーシングや記事作成代行業者に記事を外注する際の費用相場

記事を社内で作成するのが難しい場合、外注先は大きく分けてクラウドソーシングと記事代行業者の2つに分けられます。外注する際の費用は、どちらに依頼するかによって大きく異なるため、それぞれ何に対してどれくらいのお金がかかるのか解説します。

カテゴリ: コンテンツ作成

「自社のメディアに掲載する記事が大量に欲しいけど、社内のリソースに限りがある」
「社内で記事を作ってみたものの、時間がかかってしまい、他の業務にも支障が出る」

記事の内製化が難しい場合、社内で記事を作るのではなく、外部に発注して作成するのが一般的です。

その際、メディア製作の担当者が最も気になるのが「費用」ではないでしょうか。
何に、どのくらいのお金がかかるのかきちんと分かっていないと、予算の交渉ができませんし、許可も下りにくくなります。

記事作成の費用は、「どこに依頼するか」によって変わります。

記事の外注で多いのはクラウドソーシングや記事作成の代行業者などですが、それぞれかかる費用が異なりますので、適当に外注先を決めて、費用も外注先に丸投げしてしまうと、必要のない費用までかかってしまうこともあります。
ですので、費用を考えるときはまず外注先について検討しなければなりません。

今回は記事の外注を上手に活用するために、クラウドソーシングや代行業者、依頼する記事ジャンル別にかかる費用を紹介します。
費用の目安をチェックしておきたい方や、外注先選びに迷っている方は必見です。

外注先で多いのはクラウドソーシングと記事作成の代行業者

記事の外注先は大きく分けると、クラウドソーシングと記事作成の代行業者の2つに分けられます。
どちらもタイターに対して記事を発注する点は同じですが、どんなライターに依頼するかなどが大きく異なります。

クラウドソーシングの場合は、媒体に登録しているライターに対して、報酬金額・本数・企画概要などを提示して募集をかけ、依頼します。

記事によって依頼費用を変えることができたり、費用を安くおさえられる、色々なライターに依頼できるというメリットがありますが、実績が十分にないライターに当たってしまうこともあるので記事の質が安定しないという側面があります。

一方、記事作成の代行業者の場合は、代行業者に所属しているライターに、記事単位で依頼する形になります。

固定で同じライターが書いてくれるので記事の質が安定する、執筆だけでなく構成や記事修正にも対応してくれるというメリットがありますが、クラウドソーシングに比べると外注費用は高くなります。

クラウドソーシングで依頼した際の記事作成の費用

クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングの場合は、文字単価のみで費用が決まります。
例えば、文字単価(1文字あたりの価格)が1円で、5000文字の記事を発注した場合は、費用が5000円となります。

費用体系がシンプルな上、低価格なので、記事作成を安くすませたい!という方や、記事を大量作成したいけど費用が限られているという方におすすめです。

ただし、初心者ライターかと経験が長いライターかによって文字単価は変動します。

初心者ライターに依頼した場合

初心者ライターの文字単価は一文字1~2円ほどが相場です。

ただ初心者ライターの場合、記事執筆の基本や情報収取の方法をわかっていないことが多いので、記事のクオリティが安定していない場合も考えられます。

そのため、レギュレーションをしっかり固めたり、綿密なミーティングなどを行ったりして、しっかりと記事執筆の方法や欲しい記事の概要を伝えることが重要です。
ある程度、社内の時間を使うことも頭に入れておきましょう。

ただ、教育を徹底していれば、効率的にスキルを身に着けてもらえて、結果的に質の高い記事を執筆できるライターを育成できる可能性もあります。

経験が長いライターや専門知識のある方に依頼した場合

経験が長いライターもしくは専門知識を持ったライターに記事作成を依頼する場合、文字単価の相場は3~8円です。

SEOをしっかり考えてくれたり、書いてほしいカテゴリに詳しかったり、インタビューを行ってくれたりと、様々な魅力を持ったライターが多いです。

クラウドソーシングでは、ライターごとに受注データや口コミ評価が記載されているので、ライターの経験値がどれくらいあるのか可視化することができます。
また、サイトによってはスキルが高いことを示す認定があることもあるので、受注率や顧客満足度が高いユーザーをより探しやすくなっています。

ただその分、文字単価高くなっていることが多いので、費用は出来るだけ節約したいけどある程度スキルを持ったライターに依頼したいという方におすすめです。

記事作成代行業者に依頼した際の記事作成の費用

記事作成代行業者に依頼した場合、文字単価ではなく「1記事1500文字30000円」「20記事20万円」というように、記事単位で費用が掛かる傾向にあります。

他にも打合せ費や企画費など、様々な見積もり項目がかかってくるので、費用はクラウドソーシングと比べて高めになることが多いです。

記事作成代行業者といっても業者によって、料金が異なるので費用は一概には言えません。
自社の目的やリソースを把握して、実績が十分にあるかつ自社にあった企業を選部ことが重要です。

記事作成代行業者への依頼で発生する費用の内訳

費用の内訳を知らないと、記事を外注する際に見積書の不備などに気が付かず、トラブルのもとになりかねません。
また、どのくらい費用がかかるか計算できないと、上司に外注の提案を通すのは非常に難しいものです。

ここでは、記事作成代行業者に主に発生する費用の内訳を解説します。

企画費

記事の企画を行ったことがない場合や、企画のリソースを割くことが難しい場合は、記事作成の代行業者に記事企画の作成を依頼する場合もあります。その際発生するのが、企画費です。

企画も依頼する場合は、企画執筆を全て依頼することになります。
自社に企画を出来るほどのスキルを持った人材がいるか、記事をアップロードしたい日から逆算して自社だけのリソースで間に合うかどうかなど、自社の状況を確認してから利用を検討しましょう。

原稿料

原稿料は記事執筆そのものにかかる費用のことで、クラウドソーシングの文字単価に当たります。

原稿料も企業によって料金形態が様々で、文字単価なのか、1記事単位なのか、月契約なのかをしっかり確認して、自社にあった形態を選ぶことが重要です。

リライト費

リライト費は新たに記事を作成するのではなく、すでに作成された記事の修正や書き直しを行ってもらう際にかかる費用です。
記事を投稿して時間が経っても効果が出ない、念のため自社で作成した記事の最終チェックを頼みたいという方がリライトを依頼しています。

これまで強く効果が感じられなかった記事も、リライトをお願いすることで検索結果上位やコンバージョン率の改善につながることがあります。
リライトをお願いした方がよい記事があるるのかどうかを確認して、利用を検討しましょう。

打合せ費

記事執筆に関するルール確認や今後の目標など、記事作成に必要な打ち合わせにかかる費用です。

企画や取材などを任せる場合、しっかり話し合っておかないと認識のずれで自社が納得いく企画があがってこなかったり、取材で聞いてほしい内容が違ったりと問題が発生してしまいます。
また、執筆に関しても表記ルールや文章のテイストなど細かいところを決めておく必要があります。

記事を依頼するときは、打ち合わせが欠かせませんので、打ち合わせ費も自ずと必要になります。

取材費

インタビュー記事や取材が必要な記事のために、取材を行う費用のことです。
取材の時間や相手によって費用は変動するため、どのくらいの時間取材をするのか、どこに取材に行くか、写真はとるのか、といったことも細かく打ち合わせの段階で把握しておきましょう。

資料費

記事作成のために専門書、必要な資料を購入する場合の費用です。
専門的で質の高い記事を頼みたい方にかかることが多いです。

ただ、専門家や資格を持っている方に頼めば資料を使わずとも記事を執筆してもらえて、削減できることもあります。

資料費がかかることが多いのは、サイト自体のコンサルティングともに専門的な記事作成を頼みたい場合です。
基本的にWebコンサルティング会社はコンサルティングに特化しているので、専門的な記事を書く場合は資料が必要となることが多くなってきます。

記事の種類によっても作成費用は変わってくる

記事作成に関わる費用は、依頼する記事内容によっても変動します。

インタビュー記事

インタビュー記事は取材や撮影などの専門的なスキルが必要となってくるので、費用が高めとなっています。
また、インタビュー中の拘束時間や交通費も費用の中に含まれます。

具体的な費用としては3000文字20000円、1500文字30000円というように文字数によっても異なりますが、1記事15000~50000円が相場です。

ブログ記事

ブログ記事とは、知識やノウハウを紹介する記事のことです。
ブログ記事を依頼する場合、アフィリエイトサイトやホームページのブログへの用途が挙げられます。

クラウドソーシングの場合、文字単価は0.8円~5円程度と一般的な記事単価となっています。
記事作成の代行業者の場合は、記事の専門性などによって異なります。

ブログの内容によって専門性が求められるものがあるため、依頼時にはレギュレーションや条件を細かく設定しておきましょう。

コラム記事

コラム記事とは、ニュースサイトやレシピサイトに掲載されているような「さくっと読める記事」です。
記事の内容は、サイトのテーマによって異なり、料理関係のサイトであればレシピ、ビジネス関係であれば最新ニュースというように様々なものがあります。

クラウドソーシングの場合、文字単価は0.8~5円と一般的な文字単価ですが、ブログ記事よりもボリュームが少ないことが多いため記事1本に対する費用は少なくすむ傾向にあります。

コラム記事を専門家に執筆してもらう場合も、文字数が少ない分記事1本の費用が安くなることが多いです。
専門家に執筆してもらいたいけれど、記事1本にそこまで費用は出せない方はコラム記事の依頼がおすすめです。

まとめ

記事制作の費用は、クラウドソーシングを利用する場合と、記事作成の代行業者を利用する場合で大きく異なります。
ですので、まずはどちらに依頼するかをしっかり決める必要があります。

また、今回はそれぞれどれくらいお金がかかるのかについても解説しました。
ぜひ本記事を参考にして、コストパフォーマンスの良い記事作成依頼を行ってください。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

無料でできるWebマーケティング11選  <MIDORIBON>

ダウンロード資料画像

Webマーケティングに取り組もうとしている方に向けて、無料で利用できるWebマーケティングに役立つツールを9つ集めました。ツールの始め方からWebマーケティングに利用するメリット、実践的な活用方法まで解説します。

コストをかけずにまずはWebマーケティングに取り組んでみたい思いの方にぴったりの一冊です。

そのままの計画で、目標達成できますか?

Webマーケティングには予想外な事態がつきものであることを私たちは理解しています。
考えて、考え抜いて設計したはずのKPIが全く達成されずに、形骸化し誰も触れない状態になっている。

サイト内でユーザーがどのような行動をとっているかを解析

自社と競合を比較し、どこが勝っていてどこが弱みなのかを浮き彫りに

ユーザーのニーズや業界動向等を調査し、状況にあった施策を提案

課題解決のポイント、目標達成のプロセスなど
Webサイトの成長につながる具体的な手段をご提示いたします

運営会社

Web制作・広告・コンサルティングのセルリア

サービス一覧
会社概要