特集・記事リスト 記事・特集リスト
資料ダウンロード 無料お役立ち資料
本サイトについて 本サイトについて
お問い合わせ お問い合わせ
閉じる

WordPressのローカル環境を構築する一番手軽で簡単な方法

WordPressで新しいテーマやプラグインを使う場合ローカル環境での作業が適しています。ローカル環境とは自分のパソコン内でWordPressを動かす環境を構築することです。ローカル環境を構築する一番簡単な方法を解説します。

カテゴリ: WordPress


WordPressを使ってWebサイトを制作していると、新しいプラグインを導入したり、テーマを使用したりすることがあります。
こういった場合、いきなりWordPressにプラグインやテーマを適用させるのではなく、まずはローカル環境でテストをおこなってから実装するのが一般的です。

ここでいうローカル環境とは、自分のパソコンの中にWordpressが動く環境を用意することを指します。

ローカル環境を構築するにはWebサーバの知識が必要になるため、初心者にとってはむずかしい作業ですが、「Local by Flywheel」というソフトを使用することで簡単にローカル環境を用意することができますので、その方法を解説します。

そもそもローカル環境とは?

ローカル環境とは、インターネットなどのネットワークに繋がった環境ではないという意味ですが、WordPressのローカル環境とは、自分のパソコンの中にWordpressが動く環境を用意することを指します。
具体的には、ローカル環境を構築するソフトをインストールして仮想環境にログインし、WordPressを編集します。
問題がなければ、その後本番環境に移行してWebサイトを公開させます。

本番環境とは、レンタルサーバなどを使用して外部のパソコンにファイルをアップし、Web上で公開することを指します。

本番環境ではなくローカル環境でWordPressを編集することで、テーマやプラグインを好きなように変更できます。また、何か不具合が起こってしまっても、ローカル環境であれば公開されているWebサイトには影響がありませんし、すぐに修正できます。

ローカル環境を作るためのツール

ローカル環境を作るためのツールは、以下の3つが主流です。
●XAMPP
●VCCW
●Local by Flywheel

しかし、XAMPPとVCCWはWebサーバや開発に関する知識が必要な部分がありますので、知識がないと運用はむずかしいです。
一方、Local by Flywheelであれば、
・詳しいサーバーの知識が不要
・簡単でわかりやすい
・自動
といったメリットがあるので、どんな方でも使用できるおすすめのツールです。
他にも、
・複数のローカル環境を簡単に管理できる
・ローカル環境を作った後も、サーバーの設定を変更できる
といった便利な特徴があります。

Localを使ってローカル環境を作成する方法

Localのファイルをダウンロードしてインストールする

まずはLocal by Flywheelの公式サイトから、無料ファイルをダウンロードします。

「FREE DOWNLOAD」と書かれたボタンをクリックしてください。

入力フォームが表示されます。入力する項目はいくつかありますが、
●OSの選択
●「Work Email」・・・メールアドレス
●「Number of websites」・・・管理したいWordPressサイトの数
を入力すればダウンロードできます。

入力完了後、「GET IT NOW!」をクリック。Localのインストールファイルを圧縮ファイル形式でダウンロードできます。
ファイルは500MBほどあるのでダ少し時間がかかるかもしれません。
ダウンロードが完了したら圧縮ファイルを解凍します。

Localをインストールする

解凍したファイルを開くと以下の画面が表示されます。

Localを使っていて不具合が起きた時に運営元にレポートを送るかどうかを確認するものです。特に必要がなければ「NO」を選択。

その後、「LET’S GO!」をクリックしてLocalのセットアップを開始します。セットアップは10分ほどで完了します。

ローカル環境を設定する

インストールが完了すると以下の画面が表示されますので、真ん中にある「CREATE A NEW SITE」をクリック。

サイトの名前を英数字で入力します。(日本語に変更できます。)
入力したら右下の「CONTINUE」をクリック。

次にサーバーの環境を設定します。
特別な設定をしたくない限りデフォルトの「Preferred」のままで問題ありません。
そのまま右下の「CONTINUE」をクリック。

PHPやMySQLのバージョンを指定したり、サーバーソフトをApacheとnginxから選びたい場合は「Custom」を選択し、ローカル環境を設定します。

最後にそれぞれWordPressのユーザーネーム、パスワード、メールアドレスを入力して「ADD SITE」をクリック。

ダウンロード画面が表示され、完了するとローカル環境の設定が終了です。

ローカル環境でワードプレスを開く

環境設定が完了すると以下のような作ったサイトのステータス画面が表示されます。
右上の「ADMIN」ではWordPressの管理画面をローカル環境で開くことができ、「VIEW SITE」ではWordPressのページを開くことが可能です。

LocalからWordPressを開くとURLは以下のように表示されます。
サイトURL:http://サイト名.local
管理画面URL:http://サイト名.local/wp-admin

「ADMIN」をクリックしてWordPressの管理画面をローカル環境で開いてみましょう。
LocalではWordPressの言語はデフォルトで英語に設定されているので、まずは言語を日本語に設定します。

左のメニューの「Settings」→「General」から言語設定を変更します。「Site Language」のEnglishとなっている部分を日本語に変更できます。

最後にページの下にある「Save Changes」をクリックすれば設定完了です。

時刻の設定も同じ画面からできます。同じ画面のサイトの言語の下にあるタイムゾーンの欄を「東京」に設定。

最初にこれらの設定を行えば、基本的にいつもと同じようにローカル環境でWordPressを使うことができます。

閉じる時は必ず「STOP SITE」をクリック

Localで開いていたWordPressを閉じるときには、必ず右上にある「STOP SITE」をクリックします。この作業を行わないと、ローカル環境が作動し続けることになってしまいます。

Localの基本機能

新しいWordPressのサイトを追加する

新しくサイトを追加したい場合は、左下にある「+」ボタンをクリックするとローカル環境の新規設定画面を開くことができます。

ローカル環境のサーバー設定を変更する

サーバーの設定を変更したい場合は、まず「CHANGE」をクリックします。

「Custom」を選択し、サーバーの情報を変更してください。
最後に「SAVE CHANGES」をクリックして設定を保存します。

共有できるURLを発行

基本的にはローカル環境なので他の人に、サイトをみてもらうことはできませんが、URLを発行してそれを共有することで他の人にサイトをみてもらう事ができるようになります。
画面の下部にある「Live Link」の「ENABLE」をクリックしてください。

他の人も見る事ができる共有リンクが発行されます。
リンクを停止したい時は「DISABLE」をクリックしてください。

ローカル環境から本番環境に移行する方法

ローカル環境で問題なければ、本番環境に移行します。
本番環境に移行するには、まずドメインを取得します。
ドメインは、「ムームードメイン」「お名前.com」といったサイトで取得することができます。

どちらも希望のドメイン名を入力すると、使用できるドメインが表示されますので、好きなものを契約しましょう。

ドメインを取得できたら、レンタルサーバに設定します。
レンタルサーバには色々な種類があるので、価格や機能面を考慮し一番いいものを契約しましょう。

レンタルサーバを契約できたら、サイトのデータを入れるデータベースを作成し、アップロードをおこない、公開します。

まとめ

ローカル環境ではサイトを公開せずに編集することができ、リスク管理も可能です。「Local」はローカル環境を作るツールの中でも、無料で簡単に高機能なとてもオススメのツールです。
ぜひこの機会にローカル環境を作成し、WordPressでのサイト制作をより便利にしてみてください。


最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

無料でできるWebマーケティング11選  <MIDORIBON>

ダウンロード資料画像

Webマーケティングに取り組もうとしている方に向けて、無料で利用できるWebマーケティングに役立つツールを9つ集めました。ツールの始め方からWebマーケティングに利用するメリット、実践的な活用方法まで解説します。

コストをかけずにまずはWebマーケティングに取り組んでみたい思いの方にぴったりの一冊です。

そのままの計画で、目標達成できますか?

Webマーケティングには予想外な事態がつきものであることを私たちは理解しています。
考えて、考え抜いて設計したはずのKPIが全く達成されずに、形骸化し誰も触れない状態になっている。

サイト内でユーザーがどのような行動をとっているかを解析

自社と競合を比較し、どこが勝っていてどこが弱みなのかを浮き彫りに

ユーザーのニーズや業界動向等を調査し、状況にあった施策を提案

課題解決のポイント、目標達成のプロセスなど
Webサイトの成長につながる具体的な手段をご提示いたします

運営会社

Web制作・広告・コンサルティングのセルリア

サービス一覧
会社概要