WordPress

WordPressの固定ページについて[基礎~応用]機能と使い方のすべて

WordPressに慣れていない人にとって「投稿ページと固定ページの違いがわからない」というのはよくある悩みなのではないでしょうか。
確かに、投稿ページと固定ページは似ている部分が多くあります。
しかし、固定ページには投稿ページにない機能が備わっています。
そこで今回はWordpressの固定ページとは何か、また固定ページの作成方法、その他にも編集方法や削除方法などを説明します。

固定ページとは何か

固定ページでは「独立したページ」を作成できる

「固定ページ」は、カテゴリーやトップページと関連がない独立したページを作ることができる機能です。すお問い合わせページや会社紹介ページなどカテゴリーに属さないコンテンツを作るのに適しています。また、固定ページは投稿と違って、RSSが生成されません。。さらに、「カテゴリー」や「タグ」などで設定することはできません。

固定ページを使う具体例

以下のページを作成する際、固定ページが良く使われています。
①プロフィール・運営者情報
②お問い合わせ・メールフォーム
③記事一覧・サイトマップ
④プライバシーポリシー

固定ページの作成方法

固定ページの作成画面を開く

それでは、実際に固定ページを作成していきましょう。
まずは「ダッシュボード」の「固定ページ」→「新規追加」をクリックします。

「新規固定ページを追加」の画面が表示されます。固定ページはここから編集することになります。
まずは固定ページのタイトルを入力します。「会社案内」や「サイトマップ」など、作りたいページのタイトルを入力してください。

次に編集ボタンをクリックして、パーマリンク(URL)を設定します。

設定前はタイトルに入力した文字がそのままパーマリンクとして設定されてしまうので、英数字などに修正をしておきましょう。

固定ページを入力する

続いて、本文を入力していきます。

「メディアを追加」から画像ファイルなどを挿入したり、入力モードを「ビジュアル」に切り替えてツールバーで文字の装飾をしたりしながら、入力していきます。

また、Wordpressではコメント欄やサイドバーを自由に表示・非表示していくレイアアウトの変更ができます。ページ属性の「テンプレート」を設定するとサイドバーを非表示にすることができます。

ディスカッションの「コメントの投稿を許可する」のチェックを外すとコメント入力欄が非表示にできます。

設定が完了したら、「プレビュー」をクリックしてください。

「プレビュー」をクリックして、実際にページがどのように表示されているか確認しておきましょう。

「公開」をクリックすれば、作成した固定ページが公開されます。

固定ページを管理

作成したページの一覧は、「ダッシュボード」から「固定ページ」から「固定ページ一覧」から確認できます。ページ一覧からすべての固定ページを見ることができるので、修正が必要な場合はタイトルをクリックして編集してください。

固定ページの編集

タイトルをクリックすると、新規で固定ページを作成したものと同じような画面が出てきます。

タイトルや本文に現在公開されている内容が表示されていますので、内容を修正したり追加したりしてください。編集が終わったら、画面の右上にある「公開」にある「変更をプレビュー」をクリックしてみましょう。クリックすると、編集した内容がブログ画面でどのように表示されるのかを確認できます。最後に「更新」ボタンをクリックすると編集した内容が更新されます。引き続き編集を行う場合は同じ画面上で修正を行うことができます。

固定ページの順番を変える方法

編集画面にある「ページ属性」から「順序」の部分の値を編集することで、簡単に表示順を変更することができます。デフォルトでは0が入っています。ここに数値を入れると、数値が小さい順にリンクが表示されるようになります。よって、設定で最小の値は1になるので、固定ページが増えるごとに1、2、3…と数値を入力していきましょう。

パスワードを付与し会員限定コンテンツにする

固定ページを会員限定コンテンツにすることも可能です。
例えば、メルマガやSNSでパスワードを配布することにより、パスワードを知っている人だけが見られる限定コンテンツを作成できます。ページにパスワード機能を実装するためにはプラグインも可能ですが、お手軽な方法として、Wordpressのデフォルト機能の「パスワード保護」でパスワード機能をつける方法があります。。パスワードは任意で決定します。

投稿でも固定ページでも実装は可能です。

固定ページの削除

ゴミ箱へ移動

公開済の固定ページを削除するには、編集の場合と同じく管理画面の「固定ページ」メニューの中にある「固定ページ一覧」メニューをクリックしてください。

固定ページの画面が表示され、公開済の固定ページの一覧が表示されます。削除を行いたい固定ページにマウスを合わせてください。

次の画面にある「ゴミ箱へ移動」をクリックしてください。固定ページの場合、削除されるといったんゴミ箱へ移動します。

ゴミ箱に移動した項目は、復元することも可能です。。

ゴミ箱から固定ページを復元

「固定ページ」の画面で「ゴミ箱」と書かれたリンクをクリックしてください。

ゴミ箱に入っている固定ページの一覧が表示されます。復元したい固定ページにマウスを合わせ、表示されたメニューの中から「復元」メニューをクリックしてください。

該当の固定ページの復元が完了し、削除する前の状態に戻ります。最後に復元されているか確認しましょう。再度管理画面の「固定ページ一覧」メニューをクリックしてください。固定ページの画面が表示され公開済の固定ページの一覧が表示されます。ここで復元された記事を確認できます。

ゴミ箱から固定ページを完全に削除

固定ページを削除するといったんゴミ箱に入りますが、ゴミ箱から完全に削除すると固定ページが完全に削除され、復元することはできなくなります。完全に削除したい場合は復元する時と同じように「固定ページ」の画面で「ゴミ箱」と書かれたリンクをクリックしてください。

ゴミ箱に入っている固定ページの一覧が表示されます。完全に削除したい固定ページにマウスを合わせ、表示されたメニューの中から「完全に削除する」メニューをクリックしてください。

該当の固定ページが完全に削除されます。ゴミ箱から完全に固定ページを削除したい場合は元に戻す事はできないのでくれぐれも注意しましょう。

まとめ

固定ページはウェブサイトの中では「独立したページ」になります。
したがって、カテゴリーやタグで分類されない
・プロフィール・運営者情報
・お問い合わせ・メールフォーム
・記事一覧・サイトマップ
・プライバシーポリシー
といったページを作るのに最適です。
ぜひ、上記のようなページを制作する際は、今回紹介した固定ページの作り方を活用してみましょう。

ピックアップ記事

  1. SEOの意味と目的とは?SEOの基本の基本を抑えよう!
  2. Webマーケティングとは?知っておきたい知識を解説します!
  3. https化(常時SLL化)によるSEOの効果・メリットについて
  4. Twitterのビジネスアカウントは必要?注意点と活用法を紹介
  5. 重複コンテンツはSEOではやっていけない?重複コンテンツに対処するには

関連記事

  1. WordPress

    【最短】WordPress(ワードプレス)で問合せフォームを設置する方法

    WordPressは初期設定のままではお問い合わせフォームが備わってい…

  2. Photoshop

    ぼかしツールでこんなに変わる?Photoshopのぼかしツールを使ってみよう

    「一眼レフみたいにボケのある写真にしたい。」「ぼかしを入れて躍動感のあ…

  3. WordPress

    意外と簡単!!Photoshopを使って被写体の色を置き換える方法

    「既存の画像の色を変えたい」「デザインの一部分の色味を変更したい」…

  4. WordPress

    WordPress(ワードプレス)で目次を簡単に作成する方法

    皆さんは、WordPressで作成した記事に目次を付けていますか?…

  5. Photoshop

    Photoshopのレイヤーとは?基本的な操作と注意点

    デザイン作成や画像編集などを始めたくてPhotoshopを導入している…

  6. WordPress

    WordPressにログインできない原因12シーンとその対処法

    WordPressにログインできなくなった場合、原因は様々考えられます…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP