特集・記事リスト 記事・特集リスト
資料ダウンロード 無料お役立ち資料
本サイトについて 本サイトについて
お問い合わせ お問い合わせ
閉じる

Twitter 日本青年会議所と協定 ユーザーから疑問の声が相次ぐ

Twitter Japanと日本青年会議所がパートナーシップを結んだと2月10日に発表した件で、Twitter Japanが政治について情報発信するアカウント(@TwitterGovJP)などに批判が集まっています。

カテゴリ: Webニュース速報

Twitter Japanの公式アカウントの1つ、Twitter 政治(@TwitterGovJP)が2月10日、日本青年会議所(JCI Japan)とのパートナーシップ協定を結んだと発表し、「あり得ない」「失望した」など非難の声があがっています。

Twitter パートナーシップを結んだ目的は?

Twitter 政治のツイートによると、パートナーシップの目的は、Twitterユーザーの「情報・メディアリテラシーの確立」のためとのこと

今後は毎週、日本青年会議所メディアリテラシー確立委員会のアカウント(@medialiteracy20)で、「リテラシーの理解やモラルを高めるのに役立つ情報」をツイートしていくとしています。

公益社団法人日本青年会議所(JCI)とは

自由な社会と経済発展を実現し、新しい社会をリードするにふさわしい人材育成を目的とした公益社団法人です。

日本青年会議所が運営している「情報を見極めよう!(@medialiteracy20)」というアカウントがあります。当該アカウントは「リテラシーの理解やモラルを高めるのに役立つ情報」をツイートしていくとしていますが、実際に見てみると特定個人への過激な批判ツイートをRTしていたり、Twitter Japanの中立性・公平性を疑う声が相次ぐ形となりました。

また、日本青年会議所は2017年12月に開設したTwitterアカウント「宇予くん」で、左翼的な言論やメディア、政治家に対し不適切な発言を繰り返していたと言われています。(現在同アカウントは停止中)

同団体は表向きには政治色をあらわにしていないものの、宇予くん事件など過去の言動から“右寄りの団体”と捉える向きもある。Twitter Japanがそのような政治色の見え隠れする団体と協定を結んだことでTwitter Japan が炎上するという状況になりました。

今回の騒動についてTwitter Japan側の回答

Twitter Japanは今回の協定に「金銭は発生していない」「今回の協定は日本青年会議所が所属する団体向けに展開するソーシャルメディアのリテラシー教育を支援するというもので、協定は政治活動を後押しするものではない」と回答しています。

また、過去所属メンバーによる発言が問題視されたことは把握しており、過去の過ちを改めたうえで、信頼回復に努めたいとのこと。

騒動をうけてパートナーシップ解消の可能性は?

今回の事態を受け、Twitter Japanは「日本青年会議所には運用改善の要望を伝えているが、このまま見直されないのなら当初の約束通り提携していくのかは検討しなければいけない」としています。


最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

杉山 夏子

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。

そのままの計画で、目標達成できますか?

Webマーケティングには予想外な事態がつきものであることを私たちは理解しています。
考えて、考え抜いて設計したはずのKPIが全く達成されずに、形骸化し誰も触れない状態になっている。

サイト内でユーザーがどのような行動をとっているかを解析

自社と競合を比較し、どこが勝っていてどこが弱みなのかを浮き彫りに

ユーザーのニーズや業界動向等を調査し、状況にあった施策を提案

課題解決のポイント、目標達成のプロセスなど
Webサイトの成長につながる具体的な手段をご提示いたします

運営会社

Web制作・広告・コンサルティングのセルリア

サービス一覧
会社概要