特集・記事リスト 記事・特集リスト
資料ダウンロード 無料お役立ち資料
本サイトについて 本サイトについて
お問い合わせ お問い合わせ
閉じる

Twitterのビジネスアカウントは必要?注意点と活用法を紹介

Twitterには、個人や企業でのビジネスで活躍する「ビジネスアカウント」と呼ばれる物があります。ビジネスアカウントを活用することで企業やサービスの宣伝や集客をおこなっている企業が多く、「自社も活用してみたい」と考えているWeb担当者様も多いのではないでしょうか。今回はビジネスアカウントでできる事と、ビジネスアカウントの運用方法を紹介します。

カテゴリ: Twitter

Twitterには、ビジネスに活用できる「ビジネスアカウント」というものがあります。
ビジネスアカウントを活用し、Twitterで宣伝や集客をおこなっている企業は多く、「Twitterのビジネスアカウントを活用してみたい」と考えている担当者の方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、Twitterでビジネスアカウントを作成する場合に知っておきたい、Twitterの特徴や企業アカウントを運営する上での注意点について説明します。

Twitterのビジネスアカウントとは

Twitterのビジネスアカウントとは、企業が宣伝や広告のために作ったSNSアカウントです。個人アカウントと同様に無料でアカウントを作成することが可能であるため、簡単に始めることができます。

Twitterのビジネスアカウントを使う上で覚えておきたいこと

アカウントを作るだけでは効果はありません。効果を出すためには、ユーザーの興味を引くような内容を発信することが必要です。また、ユーザーは単なる情報収集ではなくコミュニケーションの場としても利用しているため、発信するだけでなく他のユーザーのツイートや話題に対して反応することも大切になります。

ビジネスアカウントを通じて企業に興味を持ち、商品やサービスを利用することに繋げることもあるため、積極的に利用することをお勧めします。

アカウントの作成方法

Twitterアカウントを作成するには、Twitterアプリやモバイル版Twitterを開いて「登録」を選択します。そして、名前、ユーザーID、メールアドレス、パスワードを案内に沿って入力します。ユーザーIDは、Twitter上での名前の役割となるので、他のユーザーからわかりやすいものを設定しましょう。登録後に変更することもできるため、最初はデフォルトの状態でも大丈夫です。

プロフィールの設定は、自分のアイコンをクリックすればいつでも編集することができます。「名前」「自己紹介」「生年月日」のほかに、位置情報を登録する「場所」やサイトのURLを貼ることのできる「Web」があります。「Web」には、他のSNSのページやブログなどを入力することで興味を持ったユーザーから閲覧されることもあります。

Twitterの特徴

Twitterには、特有の機能や制限があります。

文字制限

Twitterは、投稿できる文字数が140文字に制限されているため、他のメディアよりも限られた文字数の中で情報発信しなければなりません。

リアルタイム

Twitterは、ユーザーの呟きをリアルタイムで把握することができます。
そのため、商品やサービスを発表・発売した際に、商品やサービスに関連するキーワードを検索することでリアルタイムな反応を確認することが可能です。

匿名性

Twitterは、実名ではなく匿名で登録することが可能なので、同じ人が別名でアカウントを持っていることもあります。

フォロー・フォロワー

Twitterでは、「フォロー」をすることでそのアカウントのツイートを購読することができます。フォローしたアカウントのツイートは、自分のタイムラインにリアルタイムで表示されるようになります。

一方、「フォロワー」とは、自分のツイートを購読しているユーザーのことを指します。いくらツイートをしてもフォロワーがいなければ、それが見られることはありません。フォロワー数は「当該アカウントを支持している人の多さ」と捉えられることもあるため、フォロワーが多いと第三者から比較的容易に信頼を得られる場合があります。

リツイート

リツイートとは、他のアカウントのツイートを再びツイートすることです。自分のタイムラインに流れてきたツイートをリツイートすると、そのアカウントをフォローしていない自分のフォロワーのタイムラインにもそのツイートが表示されます。

Twitterでは、リツイートによって一つのツイートが爆発的に広まることがあります。

Twitterを利用する上での注意点

アカウント管理

Twitterでは、複数のアカウントを所有することができるため、アカウントを使い分けて利用しているユーザーは多く存在します。

そのため、企業アカウントの運営担当者が企業アカウントと個人アカウントを所有している場合、個人アカウントにログインしてツイートしたつもりで、実際はビジネス用のアカウントでツイートしてしまう、という失敗には注意が必要です。このような失敗は、批判や炎上に繋がってしまうこともあり、Twitterの性質上、そういったマイナスな反応もすぐに拡散されてしまう可能性が高いからです。

また、投稿する気はなく、メモとして利用していたはずなのに、手違いでツイートされてしまったことをきっかけに炎上したというケースもあるため、十分に注意が必要です。
アカウントを使い分ける場合には、「ビジネス用の端末でのみログインする」などのミス防止策を講じておきましょう。

ツイート内容

ビジネスアカウントのツイートは、フォロワーからは公式の見解であると捉えられてしまいます。そのため、それが誰かを傷つけてしまったり、不愉快な思いをさせてしまったりするような不適切な内容であると企業に対する批判に繋がります。俗にいう「炎上」です。ツイートをする際は、差別的・批判的な内容ではないかを確認しましょう。

ツイートが炎上してしまった場合の対処方法

炎上をしてしまったとしても、誠実な対応をすることでむしろイメージアップに繋げられることもあります。炎上をしないことが一番ですが、何かあった場合にどういった対処をするべきかを考えてアカウントを運営することが必要です。

Twitterの活用方法

ハッシュタグを活用する

Twitterでは、ハッシュタグ(#)をつけて投稿することができます。ハッシュタグは1つの投稿に文字数が許す限り幾つでも付けることができます。

ハッシュタグがついた投稿は、ハッシュタグをクリックすることでまとめて見ることができます。
そのため、ハッシュタグをつけることで自分のアカウントをフォローしていない人にもツイートを見てもらえる可能性が高くなります。

以前は、ハッシュタグを利用した投稿はあまり目立ちませんでしたが、現在ではおすすめのトレンドとしてハッシュタグ付きのキーワードが表示されており、当たり前のように利用されています。

季節や時期に合わせた内容や、その時に流行っていることなど、ハッシュタグを多くの人が使っているようなものにすることで、ツイートを見てもらいやすくなります。また、企業独自のハッシュタグを作成し、積極的に利用することで、ユーザーも利用するようになることもあります。

Twitter広告を活用する

Twitterにはプロモアカウント、プロモツイート、プロモトレンドという広告機能があります。

プロモアカウント

プロモアカウント(フォロワーキャンペーン)は、現在フォローされていないユーザーに対し、興味を持ちそうなアカウントとして表示させる機能です。タイムライン、おすすめユーザー、検索結果など、さまざまな場所に表示されます。

企業アカウントをフォローするユーザーは、ツイートを見るだけでなく商品やサービスに興味を持ち、他のユーザーにもおすすめすることがあります。そのため、そのような宣伝効果を狙ったタイミングでプロモアカウントを開始すると最良いでしょう適です。

プロモツイート

プロモツイートとは、様々なユーザーのタイムラインにツイートを表示させる広告です。既存のフォロワーだけでなく、アカウントをフォローしていないユーザーのタイムラインにもツイートを表示させることができます。

ツイートには「プロモーション」というラベルが表示されますが、リツイート、返信、いいねなどの操作は他のツイートと同様に行うことが可能です。タイムラインやプロフィール、プロモトレンドの検索結果に表示されますが、利用者が一日に目にするプロモツイートの回数は制限されていてタイムラインに表示されるのは1回だけです。

プロモトレンド

プロモトレンドとは、タイミング・状況・イベントに基づいて、タイムラインや「話題を検索」の「おすすめトレンド」に表示される広告です。プロモートされている間は、全てのユーザーのタイムラインや「おすすめトレンド」に広告が表示されます。

成果報酬型の課金制度であるため、広告を表示しただけでは課金されず、ユーザーがサイトにアクセスしたなどの具体的な行動によって課金されます。フォローされていないユーザーにアプローチすることができるため、潜在的な顧客を取り込むきっかけを作ることができます。

Twitterアナリティクスで分析する

Twitter専用の分析ツールである「Twitterアナリティクス」を利用すると、自分のツイートに対するフォロワーの反応について分析することができます。

PCからログインしている場合には、Twitterにログインした状態で右上にある自分のアイコンをクリックすると、アナリティクスというメニューが表示されます。タブにある「ツイート」をクリックすると、どのツイートに対してどのような反応があったか、「オーディエンス」では、ツイートに対して反応したユーザーの属性について確認することができます。

スマートフォンからログインしている場合には、投稿したツイートの下に表示される「ツイートアクティビティを表示」をクリックすると、インプレッション数とエンゲージ総数が表示されます。「全てのエンゲージメントを表示」をクリックすると、さらに詳細なデータを確認することができます。

これらは、Twitterアナリティクスにアクセスし「アナリティクスを有効にする」を選択するだけで簡単に設定することができますが、表示されるデータには自分も含まれていることに注意が必要です。

まとめ

Twitterのビジネスアカウントは、個人アカウントと同様、無料で作成することができます。ですが、作っただけでは、効果はありません。
限られた字数内で、ユーザーの興味を引くような内容を発信することが必要です。

また、Twitterにはプロモアカウント、プロモツイート、プロモトレンドという広告機能があります。
こういった広告機能を活用することで、より効果的にユーザーを集客することができるようになりますので、ぜひ活用してみてください。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。

そのままの計画で、目標達成できますか?

Webマーケティングには予想外な事態がつきものであることを私たちは理解しています。
考えて、考え抜いて設計したはずのKPIが全く達成されずに、形骸化し誰も触れない状態になっている。

サイト内でユーザーがどのような行動をとっているかを解析

自社と競合を比較し、どこが勝っていてどこが弱みなのかを浮き彫りに

ユーザーのニーズや業界動向等を調査し、状況にあった施策を提案

課題解決のポイント、目標達成のプロセスなど
Webサイトの成長につながる具体的な手段をご提示いたします

運営会社

Web制作・広告・コンサルティングのセルリア

サービス一覧
会社概要