SEO

https化(常時SLL化)によるSEOの効果・メリットについて

2018年7月から全てのサイトでURLの横に南京錠マークか警告マークが表示されるようになりました。警告マークをクリックすると「この通信は保護されていません」と表示されます。保護された通信にするためにはhttps化する必要があります。
今後https化しようと考える方に向けて、SEOに影響はあるのか、メリットやデメリットについて紹介します。

httpsとは

webサイトにアクセスする際、アドレスバーにはアクセス先のURLが表示されます。その先頭には「http」または「https」と表示されています。これはURLの一部分であり、「通信プロトコル」と呼ばれます。通信プロトコルとは、通信する内容を解読したり、適切に処理するための通信ルールのことを言います。

http

httpはwebサーバーとwebクライアント用の通信プロトコルで、暗号化されていない通信です。インターネットは、全世界に情報が公開されているためセキュリティが万全であるとは言えず、容易に個人情報を抜き取られてしまったり、データの改ざんや盗聴されてしまう危険性があります。

https

httpsとは、SSLを利用したhttp通信です。SSLは通信内容を暗号化するため、通信を安全に保つことが可能です。もし情報を抜き取られた場合にも、暗号化されているため内容を知られることを防ぐことができます。httpsはセキュリティ強化として個人情報の入力フォームやECサイトでの商品購入フォームなどに導入されています。しかし、セキュリティを万全の状態にするためには一部ではなく全体をhttps化することが必要であり、そうした動きが広がっています。

httpsによるSEO効果

https化が広まった理由としてGoogleがhttps化を推奨していることが挙げられます。Googleは、2014年8月にウェブマスター向け公式ブログの中でhttpsをランキングシグナルに加えたことを発表しました。つまり、https化しているかどうかが検索結果として表示される順位に反映されるということです。しかし、Googleウェブマスター向け公式ブログでは、
「このランキングの変更は、グローバルでクエリの1%未満にしか影響しませんが、これから長い期間をかけて評価していきます。全体的に見ると、このシグナルは良質なコンテンツであるといった、その他のシグナルほどウェイトは大きくありません。」
と発表されているため、コンテンツの内容などの重要な要素と比較すると影響力は小さいとされていますが、SEOのうち1つの指標となること、Googleがhttps化を推奨していることも確かです。
また、Googleは警告表示を段階的に強化しhttps化を促しています。

警告表示

2017年1月からhttps化されていないページ上で、パスワードや個人情報の入力時に、10月にはフォームなどに文字を入力した時点で警告が表示されるようになりました。そして、2018年7月にはhttps化されていない全てのサイトに警告が表示されるようになりました。https化されている場合には「保護された通信」という表記や南京錠のマークが表示されますが、されていない場合「この通信は保護されていません」という表記や警告マークが表示されます。
このように表示されることによって、サイトを訪問したユーザーが安全なサイトであるか不安に感じ、離脱してしまうことは十分に考えられます。Googleが検索結果の表示順位を決める重要な指標には「ユーザーにとって良質なコンテンツであるかどうか」があります。ユーザーが安心して利用することのできるセキュリティが整っているかどうかもその指標に含まれていることが推測できるでしょう。

httpsを導入するメリットとデメリット

httpsの導入は、上記のように推奨されていますが、一方でデメリットも存在します。メリット、デメリットそれぞれについて紹介します。

メリット

セキュリティの向上

全ての情報が暗号化されるため、盗聴やデータの改ざんなどが困難になります。

SEOに有利

https化はSEOの1つの基準とされています。

信頼を得られる

警告が表示されることなく、URLの横を確認するとセキュリティが保護されていることを確認することができるため、ユーザーに不安を感じさせることなく安心して利用して貰うことが可能です。

webサイトの表示が早くなる

https化すると、Web高速化プロトコルである「HTTP/2」によってWebページの表示速度をあげることができます。

正確なアクセス解析が可能になる

Webサイト内でhttpsのページからhttpのページに遷移した場合、参照元を正確に解析することができません。しかし、全てのWebページについてhttp化することで正確にアクセス解析を行うことができます。

デメリット

費用がかかる

https化には「SSL証明書」の導入が必要になります。SSL証明書には幅広く種類があり、暗号化の強度や質によってかかる費用は異なります。しかし、GoogleはSSLの中身ではなくhttpsを導入しているかどうかのみをSEOの判断基準としているため、SEOのみを目的としてhttps化する場合には導入さえすれば良いということになります。

サイトの引越しが必要になる

https化する際にサイトの内容は変わらないままであってもhttpとhttpsは別々のサイトとして扱われます。そのため、常時SSL化する場合には従来利用していたhttpへのアクセスをhttpsへリダイレクトさせる必要が有ります。

アクセス解析ツールの再登録が必要

httpとhttpsは別のサイトとして扱われるため、アクセス解析やウェブマスタールールなどは再登録が必要になるため手間がかかってしまいます。

httpsに非対応のツールや広告がある

httpsでは、http素材の掲載ができなくなってしまうため、アフィリエイトなどの広告掲載で収入を得ている場合、広告収入が減少してしまうリスクがあります。

SNSのシェア数がリセットされる

httpからhttps化することによってサイトのアドレスが変更されるため、それまでにSNSで拡散されたカウント数がリセットされてしまいます。そのため、今まではSNSで話題とされ読まれていた記事であっても、https後に全く注目されなくなってしまうこともあります。

一時的に検索トラフィックが落ちることがある

httpとhttpsは別のサイトとされているため、移転扱いとなります。そのため、転送設定がうまくいった場合でも、Googleのインデックス更新までに時間がかかってしまうため、一時的に検索順位が不安定になってしまったり、検索トラフィックが落ちてしまうことがあります。

メリットの中で「webサイトの表示が早くなる」ことをあげましたが、以前までは反対に「遅くなる」と言われ、デメリットして取り上げられていました。しかし、httpsが普及されるにつれて改善されていきました。また、デメリットで「費用がかかる」ことも紹介しましたが料金も幅広く設定されていたり、無料のドメイン認証型サーバーなどが登場しています。非対応の広告素材についても、googleがhttpsに対応している広告を提供していたり、国内大手アフィリエイトサービスを提供するA8.netも広告素材の暗号化を発表しています。
このように、https化に伴いそれに関係するWebサービスも対応が進んでいます。デメリットが改善され、反対にhttpsのメリットとなる点も増加することが推測されます。

https化する際にすべきこと

SEO評価を正しく引き継ぐ

httpのWebサイトをhttps化するに当たり、今までのSEOの評価を引き継ぐためには、「301リダイレクト」転送を設定しておく必要があります。「301リダイレクト」とは、特定のページから別のページへ恒久的に転送させることを言います。これを行うことで、サイトの永久移転という形で今までの被リンクなどの評価を引き継ぎ、サイトやページの評価を下げることなく検索順位を保つことができます。

リファラー情報の受け渡し

他のWebサイトへリンクを掲載することでサイトの流入数を得ている場合に、掲載されているサイトがhttpのままであると、リファラー情報を正確に把握することができないため、効果を確認することができません。
しかし、

<header>タグ内に「meta name=”referrer”」タグを設置することで、リンク先Webサイトにリファラー情報を渡すことができます。

まとめ

2014年8月googleがhttps化を検索結果として表示される順位に影響することをハッッ要したことをきっかけに、https化は普及されてきました。実際には、直接的な効果は大きくありませんが良いサイトと判断されるのに十分な指標であると言えます。また、2018年8月よりhttp化されていない全てのサイトで警告が表示されるようになり、セキュリティの安全性がユーザーからも目に見えてわかる環境になりました。費用や手間などのデメリットは挙げられるものの、https化普及に伴いそれに対応するwebサービスが向上しているため、今後さらにhttps化が進むことが予想されます。

ピックアップ記事

  1. [ゼロからやさしく解説]Instagramのアカウント登録/初期設定/使い方
  2. Googleアルゴリズムとは?仕組み・更新の履歴・対策方法まとめ
  3. Twitterのビジネスアカウントは必要?注意点と活用法を紹介
  4. https化(常時SLL化)によるSEOの効果・メリットについて
  5. [用途別]無料で使えるSEO便利ツール16選&特徴・使い方まとめ

関連記事

  1. instagram

    [ゼロからやさしく解説]Instagramのアカウント登録/初期設定/使い方

    世界的に人気SNSであるInstagram。友達や芸能人の投稿が見たい…

  2. SEO

    SEOに効果的なディスクリプションとは?設定方法や注意点

    サイトを運営している皆さん、ディスクリプションをしっかり登録できていま…

  3. SEO

    SEOにおけるパンダアップデートとペンギンアップデートの特徴・違い

    パンダアップデートやペンギンアップデート、これらは可愛い名前が付いてい…

  4. Webマーケティング

    Webマーケティングとは?基礎知識と種類ごとの導入メリット・活用方法

    スマートフォンの普及により、ネット上で購入、販売を行われることが増加し…

  5. SEO

    被リンクはSEOに意味がある?効果的な被リンクの増やし方

    SEOの施策で耳にすることがある「被リンクを集めれば検索順位が上がる」…

  6. Twitter

    Twitterのビジネスアカウントは必要?注意点と活用法を紹介

    スマートフォンが普及されたことでSNSの利用者は増加傾向にあります。そ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP