SEO

SEOの意味と目的とは?SEOの基本の基本を抑えよう!

WEBマーケティングにおいてよく使われる「SEO」という言葉。検索結果での順位を上げるために対策をすることと分かっていつつも実はその仕組みや意味が分からないという方も多いのではないでしょうか。今回はそんな方のためにSEOの意味や目的、SEOに関係する検索エンジンなどについてお伝えします。

SEOとは?

「SEO」とは、「Search Engine Optimization」の略です。日本語に直訳すると、「検索エンジン最適化」という言葉になります。検索エンジンの検索結果のページでキーワードを検索した際に上位に表示されるように対策することを指します。

SEOの目的・効果

検索結果で上位に表示させることはあくまでも手段です。目的は、アクセス数を上昇させビジネス(収益)に繋げることです。検索結果にて上位に表示されると、以下のような効果が見込まれます。
・サイトの集客を増やせる
・リスティング広告ではないトラフィックを獲得できる
・検索順位が高いほどクリック率が上がるコンテンツが自社の資産化する
このようにSEOは自社のビジネスを加速させるのに有効な手段と言えます。

SEOの難しさ

SEOは重要でありながら難しいポイントが多いです。特に障害となるのは、お金をかけたからと言って成果が出るわけではない点です。検索結果画面には、自然検索の結果以外にリスティング広告も表示されます。リスティング広告はお金をかければ表示されるものです。一方で自然検索の結果はこのあと詳しく説明しますがコンテンツの質の良さやサイトの最適さにより順位が決まります。そのため、お金をかけたから必ずしも上位に表示されるというものではありません。

他にも
・SEOの効果が出るのに時間がかかる
・ページごとに施策を考える必要がある
・キーワードによっては上位表示の難易度が非常に高い場合がある
など、SEOは一筋縄ではいかない点がありますが、その分効果が出ると先程ご紹介したような大きなメリットを得られることがあります。

検索エンジンとは

検索エンジンとは、「Google」「Yahoo!」「Being」などはもちろん、「amazon」や「楽天市場」などといった通販サイトの検索結果も含まれます。しかし、一般的にSEOという場合には「Google」「Yahoo!」「Being」といった代表的な検索エンジンの対策を指します。

検索エンジンのシェア

多くの検索エンジンがありますが、日本ではGoogleが74.35%、Yahoo!が22.8%のシェアを占めています。(2018年9月)ということは、「Google」「Yahoo!」の検索結果への対策が必要だということです。しかし、現在Yahoo!はGoogleの検索アルゴリズムを使用しています。そのため、Gogleの検索結果に対して対策することで日本の検索の約90%に対応できると言えます。

検索エンジンの仕組み(アルゴリズムのアップデート)

検索エンジンに対して対策を行う前に検索エンジンの仕組みを知っておく必要があります。まずクローラーによってWEBページがインデックスされます。そのインデックスされたページを精査し検索キーワードに応じて得点付けをする仕組みを検索アルゴリズムと言います。
この検索アルゴリズムの精度がどんどん改善されており、よりユーザーの検索に対して有益なページを表示されるようになっています。検索アルゴリズムの更新は現在も行われており、更新が行われた際にキーワードのによっては順位が大きく変わるということもあります。

SEOの昔と今

SEOの施策は今と昔では異なっています。ここでは、SEOの歴史について触れていきます。

昔のSEO(ブラックハット)

2011年頃までは、ブラックハットSEOというのが幅を利かせていました。これは、検索アルゴリズムのシステムの穴を狙い、実際以上に質の高いサイトだと見せかける手法です。例としては、被リンクを意図的に増やしたり、隠しコメント・リンクなどが挙げられます。2011年頃までは有効な手法とされていましたが、アルゴリズムがどんどん更新され、その上GoogleはブラックハットSEOを行っているページ・サイトに対してペナルティを課す、(検索順位を下げる)という指針を発表しています。現在では有効な手段ではなく、むしろペナルティを受ける可能性もあるので、ブラックハットSEOを行うのはやめましょう。

今のSEO〜正しいSEO〜

検索アルゴリズムの精度の向上により、現在は正しいSEOが進んでいます。正しいSEOというのはGoogleが目指している形に近づいてきているということです。Googleは検索アルゴリズムによって有益な情報を素早くユーザーに届けられるようにしています。よって、今のSEOは本質的にサイトの質を上げることで対策をしていく必要があるということです。

SEOで大事なこと

正しいSEOを行うにあたってコンテンツの質を上げるにおいて注目すべきポイントがあります。注目すべきポイントは様々ありますが、今回はGoogleの評価指標とユーザーが増えているスマートフォンユーザーを意識する点をご紹介します。

Googleの評価指標

Googleが公式で発表しているWebサイトの評価を知る基準の1つとして「E-A-T」があります。この「E-A-T」とは「専門性(Expertise)、権威性(Authoritativeness)、信頼性(Trustworthiness)」の頭文字をとったものです。つまりサイト内の専門知識の量や
権威、信頼性の程度がサイトの評価の軸となっています。この3つの要素の中でも専門性を特に意識することが重要といわれています。なぜなら、専門性を意識することでGoogleの検索順位の上昇を期待でき、その結果ユーザーの目に留まりやすくなりサイトの信頼性や権威性も自然と高まっていきと想定されるからです。
しかし、サイトによってE-A-Tの評価の比重は異なります。例えば、医療に関するサイトは信頼性が重視され評価されます。

スマートフォンを意識する

SEOの施策を考える際には、モバイルファーストインデックスを意識する必要があります。以前はPCページのコンテンツの評価にて検索順位を決定していました。しかし現在は、モバイルファーストインデックスという名の通り現在はスマートフォンページのコンテンツをもとに検索順位が決まっています。そのため、スマートフォンページのデザインやコンテンツの充実度などスマートフォンを意識したサイト作りが重要です。

SEOの施策とは

質の高いコンテンツを作成するための対策には、サイト内の構造に関する「内部対策」、サイト外からの評価に関する「外部対策」に分けられます。それぞれ代表的な施策をを箇条書きにして一覧にしてみました。どのような施策があるか知る際にはもちろん、自分のサイトのSEOが最適かどうかチェックする際にも使用してみてください。

内部対策

内部対策とは、HTMLやメタタグなどサイト内の構造ついて適切な設定を行うこと、そしてコンテンツの充実を図ることです。どちらもユーザーの利便性を上げるために重要となります。具体的に以下のような対策があります。

・サイト構造が最適か
・ページタイトルの設定が最適かどうか
・discriptionメタタグの設定
・画像利用の最適化が行われているか
・文章やサイトのレイアウトが読みやすいか
・ユーザーにとって無意味なワードが大量に入っていないか
・ユーザーにとって無意味なページがないか

外部対策

外部対策とは、質の高いリンクを多く受けることです。リンクを多く受けることで、サイトの人気や評価が示されていると検索アルゴリズムは判断するため、対策が必要と言われています。具体的には以下のような対策があります。

・評価の高い外部サイトからのリンク
・グループサイト内でのリンク
・優良なディレクトリサービスへの登録

まとめ

今回は、SEOの意味や効果をご紹介しました。SEOは検索結果において上位に表示されるための施策を指します。上位に表示されるためには検索アルゴリズムでの評価を上げる必要があり、その際に重要となるのが専門性・権威性・信頼性を高め、質の高いコンテンツにすることです。これには、Gooleがユーザーに適切で有益な情報を素早く届けるという考えが元となっています。また、SEOは内部対策と外部対策の2つに分けることができます。それぞれ対策を行うことで質の良いサイト作りを行い、自分のサイトをビジネスにつなげましょう。

ピックアップ記事

  1. [ゼロからやさしく解説]Instagramのアカウント登録/初期設定/使い方
  2. SEOに効果的なディスクリプションとは?設定方法や注意点
  3. 【初心者向け】seoの正しい読み方は?意味や効果を解説
  4. 今さらきけないコンテンツSEOとは?施策のポイントや手順まとめ
  5. https化(常時SLL化)によるSEOの効果・メリットについて

関連記事

  1. instagram

    [ゼロからやさしく解説]Instagramのアカウント登録/初期設定/使い方

    世界的に人気SNSであるInstagram。友達や芸能人の投稿が見たい…

  2. Webマーケティング

    初心者が知っておきたいwebマーケティングの専門用語を解説!

    知識がなきにも関わらず、webマーケティングを始めることになってしまっ…

  3. SEO

    【初心者向け】seoの正しい読み方は?意味や効果を解説

    webサイトを運営していると、自分のwebサイトが検索結果としてなかな…

  4. SEO

    SEOのトレンド、モバイルファーストインデックス対策の方法と注意点

    モバイルファーストインデックスとは、スマートフォンにてWEBサイトを閲…

  5. SEO

    適したタイトルタグの文字数とは?SEOで注意すべきについて</a></h4> <p class="excerpt">タイトルタグはseoを行う上でとても重要な箇所です。タイトルタグはペー…</p> </div> </li> <li class="clearfix num6"> <a class="image" href="https://min-web.com/instagram-reservation-post/"><img src="https://min-web.com/wp-content/themes/mag_tcd036/img/common/no_image1.gif" alt="" title="" /></a> <div class="desc"> <p class="category"><a href="https://min-web.com/category/ad-marketing/instagram/" style="background-color:#222222;">instagram</a></p> <h4 class="title"><a href="https://min-web.com/instagram-reservation-post/" name="">Instagramの予約投稿に便利なツール5選!比較・特徴・使い方</a></h4> <p class="excerpt">「Instagramに毎日に同じ時間に投稿したい」「手の空いている時に…</p> </div> </li> </ol> </div> <h3 id="comment_headline">コメント</h3> <div id="comment_header"> <ul class="clearfix"> <li id="comment_switch" class="comment_switch_active"><a href="javascript:void(0);">コメント ( 0 )</a></li> <li id="trackback_switch"><a href="javascript:void(0);">トラックバック ( 0 )</a></li> </ul> </div><!-- END #comment_header --> <div id="comments"> <div id="comment_area"> <!-- start commnet --> <ol class="commentlist"> <li class="comment"> <div class="comment-content"><p class="no_comment">この記事へのコメントはありません。</p></div> </li> </ol> <!-- comments END --> </div><!-- #comment-list END --> <div id="trackback_area"> <!-- start trackback --> <ol class="commentlist"> <li class="comment"><div class="comment-content"><p class="no_comment">この記事へのトラックバックはありません。</p></div></li> </ol> <div id="trackback_url_area"> <label for="trackback_url">トラックバック URL</label> <input type="text" name="trackback_url" id="trackback_url" size="60" value="https://min-web.com/seo-purpose/trackback/" readonly="readonly" onfocus="this.select()" /> </div> <!-- trackback end --> </div><!-- #trackbacklist END --> <fieldset class="comment_form_wrapper" id="respond"> <div id="cancel_comment_reply"><a rel="nofollow" id="cancel-comment-reply-link" href="/seo-purpose/#respond" style="display:none;">返信をキャンセルする。</a></div> <form action="https://min-web.com/wp-comments-post.php" method="post" id="commentform"> <div id="guest_info"> <div id="guest_name"><label for="author"><span>名前</span>( 必須 )</label><input type="text" name="author" id="author" value="" size="22" tabindex="1" aria-required='true' /></div> <div id="guest_email"><label for="email"><span>E-MAIL</span>( 必須 ) - 公開されません -</label><input type="text" name="email" id="email" value="" size="22" tabindex="2" aria-required='true' /></div> <div id="guest_url"><label for="url"><span>URL</span></label><input type="text" name="url" id="url" value="" size="22" tabindex="3" /></div> </div> <div id="comment_textarea"> <textarea name="comment" id="comment" cols="50" rows="10" tabindex="4"></textarea> </div> <div id="submit_comment_wrapper"> <p style="display: none;"><input type="hidden" id="akismet_comment_nonce" name="akismet_comment_nonce" value="562307f6b9" /></p><p style="display: none;"><input type="hidden" id="ak_js" name="ak_js" value="250"/></p> <input name="submit" type="submit" id="submit_comment" tabindex="5" value="コメントを書く" title="コメントを書く" alt="コメントを書く" /> </div> <div id="input_hidden_field"> <input type='hidden' name='comment_post_ID' value='169' id='comment_post_ID' /> <input type='hidden' name='comment_parent' id='comment_parent' value='0' /> </div> </form> </fieldset><!-- #comment-form-area END --> </div><!-- #comment end --> <!-- banner2 --> </div><!-- END #main_col --> </div><!-- END #main_contents --> <p id="copyright">Copyright ©  <a href="https://min-web.com/">ミンウェブ -みんな使えるWeb活用術</a> All rights reserved.</p> <div id="return_top"> <a href="#header_top"><span>PAGE TOP</span></a> </div> <!-- facebook share button code --> <div id="fb-root"></div> <script> (function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.async = true; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.5"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk')); </script> <script type='text/javascript' src='https://min-web.com/wp-includes/js/comment-reply.min.js?ver=5.0.4'></script> <script type='text/javascript' src='https://min-web.com/wp-includes/js/wp-embed.min.js?ver=5.0.4'></script> <script async="async" type='text/javascript' src='https://min-web.com/wp-content/plugins/akismet/_inc/form.js?ver=4.1'></script> </body> </html>