SEO

SEOにおけるパンダアップデートとペンギンアップデートの特徴・違い

パンダアップデートやペンギンアップデート、これらは可愛い名前が付いているものの順位が変動したサイトやページが多いアップデートです。それぞれのアップデートによりアルゴリズムの何が更新されたのか、どうして多くのサイトの順位に影響があったのかを解説します。

パンダとペンギンとは

SEOで耳にするパンダやペンギンとは、Googleのアルゴリズムの更新の一つであるパンダアップデート、ペンギンアップデートを指しています。
アルゴリズムは検索結果の順位を決めるために評価をする検索エンジンの仕組みのことです。ユーザーが知りたい情報に対して素早く高品質な情報を提供することを目的に順位が決められています。そして、よりこの目的に沿うようにアルゴリズムは改善、更新されています。アルゴリズムの更新は頻繁に行われており、その多くは更新のタイミングや内容は発表されることはありません。しかし、規模の大きい更新は実施の報告および内容について発表されることがあります。パンダアップデートやペンギンアップデートはその規模の大きいアップデートの該当し、更新のタイミングや内容が発表されました。

アップデートの内容やタイミングなどをパンダアップデート・ペンギンアップデートそれぞれで説明します。

 

パンダアップデートとは

 

2011年2月に英語圏で導入され、その後2012年7月に日本でも導入されたアップデートです。パンダアップデートは一言で表すと「品質が低いサイトの掲載順位が下がるアップデート」です。

 

特徴

 

従来、アルゴリズムが質そのものを評価することは難しく、被リンクなどから評価されてきました。しかし、その基準だけでは他のサイトをコピーしたサイトやユーザーに価値のないサイトが規模や構造によって検索結果の上位に表示されるようになりユーザーの利便性が下がってしまいました。そこでGoogleは質に着目したアップデートを行いました。
このパンダアップデートにより質が低いと判断されるサイトは以下の基準です。
・ユーザーにとってあまり価値のないサイト
・利便性の低いサイト
・他のサイトからのコピーで構成されているサイト
一方で、質が高いと判断されたサイトは、以下を満たしたサイトです。
・独自の研究や報告・分析などユーザーにとって重要な情報を提供しているサイト
このアップデートで影響を受けた検索結果は、アメリカでは11.8%、日本では4%だと言われています。

 

ペンギンアップデートとは

 

2012年4月に導入されたアップデートです。ペンギンアップデートは一言で表すと「不正行為を行っているサイトの順位が下がるアップデート」です。

 

特徴

 

不正行為とは、Googleのガイドラインに反している行為を指します。中でも不自然な被リンクの多いサイトが問題視されていました。ペンギンアップデート以前は「被リンクが多いサイト=質が高い=高い評価」とし、検索順位が高くしていました。その結果、これを逆手に取ったサイトが質は高くせず被リンクを増やすという手段をとるようになり、検索結果の上位にユーザーにとって価値のないサイトが表示されるようになりました。この状況への対策がペンギンアップデートです。また不自然な被リンク以外の不正行為にも対応しており、それら不正行為によるSEOはブラックハット呼ばれています。ブラックハットに関する詳しい情報は以下の記事を参考にしてみてください。

URL

不正行為をしていたサイトの順位が下がった反面、不正行為を行っていないサイトが正当に評価されるようになりました。
検索クエリの3-5%に影響したと言われています。

 

パンダアップデート・ペンギンアップデートの現在

 

パンダアップデート・ペンギンアップデートは共に導入後は更新が繰り返されました。その後、2016年にはパンダアップデートとペンギンアップデートはコアアルゴリズムに含まれました。コアアルゴリズムに含まれる前は自動更新でしたが、含まれた以降は自動更新となっています。そのため、更新の際にアナウンスされることはありませんが、今後もパンダアップデート・ペンギンアップデート共にサイトの評価に関連していきます。

 

アップデートで順位が落ちた時の対策方法

 

アルゴリズムが更新されると検索順位が下がるページやサイトが出てきます。自分のサイトやページが下がってしまった場合焦ってしまうこともありますが、アルゴリズムのアップデート内容に左右され更新を行うのは意味がありません。アルゴリズムのアップデートとはGoogleの理想つまりユーザーに有益な情報をより早く届けるために行われているものです。質の良いサイトであれば順位が下がることはありません。そのため、アルゴリズムのアップデートに左右されるのではなく、以下のGoogleのガイドラインに沿ったユーザー視点のサイト向上に努めましょう。

Googleガイドライン

 

まとめ

 

今回は、パンダアップデート、ペンギンアップデートについてアップデート内容や影響についてまとめました。パンダアップデートは「質の低いサイトの掲載順位が下がるアップデート」、ペンギンアップデートは「不正行為を行なっているサイトの掲載順位が下がるアップデート」です。どちらも現在ではコアアルゴリズムに含まれており、自動アップデートとなっています。アップデートによる順位の下落はサイト運営者として焦ってしまいますが、アップデートの内容に左右されたSEOではなく、ユーザー視点に立ったSEOを行うことで順位は上がっていくと想定されます。ユーザーにより質の高い情報やページを提供することを意識してサイト運営を行いましょう。

ピックアップ記事

  1. Webマーケティングとは?基礎知識と種類ごとの導入メリット・活用方法
  2. インデックスとは?検索エンジンの仕組みとSEOとの関係を徹底解説
  3. SEOの意味と目的とは?SEOの基本の基本を抑えよう!
  4. SEOでいわれる「ブラックハット」と「ホワイトハット」の違い
  5. Twitterのビジネスアカウントは必要?注意点と活用法を紹介

関連記事

  1. instagram

    [ゼロからやさしく解説]Instagramのアカウント登録/初期設定/使い方

    世界的に人気SNSであるInstagram。友達や芸能人の投稿が見たい…

  2. instagram

    Instagramの予約投稿に便利なツール5選!比較・特徴・使い方

    「Instagramに毎日に同じ時間に投稿したい」「手の空いている時に…

  3. Twitter

    Twitterのビジネスアカウントは必要?注意点と活用法を紹介

    スマートフォンが普及されたことでSNSの利用者は増加傾向にあります。そ…

  4. instagram

    【Instagramの基礎】ビジネスアカウントの機能と活用方法

    Instagramでは、通常いいね数、いいねやフォローしてくれたユーザ…

  5. SEO

    SEOのトレンド、モバイルファーストインデックス対策の方法と注意点

    モバイルファーストインデックスとは、スマートフォンにてWEBサイトを閲…

  6. SEO

    SEOの意味と目的とは?SEOの基本の基本を抑えよう!

    WEBマーケティングにおいてよく使われる「SEO」という言葉。検索結果…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP