SEO

SEOのトレンド、モバイルファーストインデックス対策の方法と注意点

モバイルファーストインデックスとは、スマートフォンにてWebサイトを閲覧するユーザーが増えたことから導入されたGoogleの施策です。
SEOを行っていると、
「急にサーチコンソールに「モバイルファーストインデックスが有効になっている」というメッセージがきた。」
「モバイルファーストインデックスが導入されけど、何が変わったか分からない」
「モバイルファーストインデックスへの対応方法は?デザインはどうしたらいいの?」
といったような悩みがある方も多いのではないでしょうか。

この記事ではモバイルファーストインデックスが導入された背景や影響を解説していきます。また、モバイルファーストインデックスへの対応方法もまとめているので参考にしてみてください。

モバイルファーストインデックスとは

モバイルファーストインデックスとは、クローラーがサイトやページの情報をインデックスする際にスマートフォン用などモバイルサイトをメインにインデックスするという施策です。

これを理解するには、まず検索エンジンの仕組みへの理解が必要になります。
ユーザーが検索エンジンで検索してから検索結果が表示されるまで、次のような手順が踏まれています。

①検索エンジン(Googleなど)のクローラーと呼ばれるロボットが、サイトを巡回しそれらを記録(インデックス)します。
②巡回して得た記録(インデックス)をアルゴリズムと言われる仕組みが、ページの質の高さや利便性などを基準に評価します。
③評価をもとに検索クエリごとに検索結果の順位が決まります。

上記の①の手順の「クローラーが巡回し記録する際にモバイルサイトを優先的に行う」というのがモバイルファーストインデックスとなります。

以前のインデックスの方式

モバイルファーストインデックスの導入以前は、PCサイトがメインとなってインデックスされていました。つまり、モバイルサイトは評価の際にメインとはされていませんでした。
そのため、スマートフォンユーザーが検索した際にコンテンツは良いが、利便性が低いサイトが上位に表示されることもありました。

現在のインデックスの方式

現在のインデックスの方式は先述の通り、モバイルサイトを優先的にインデックスする「モバイルファーストインデックス」です。これは新しいインデックス方式が追加されたのではなく、正確にいえばインデックスの方式がモバイルファーストインデックスという方法に移行したということです。しかし、PCサイトが評価の対象から外れたわけではなく、あくまでもメインがモバイルサイトになるという変更なので、PCサイトにのみある重要なコンテンツは評価の対象から外されます。

モバイルファーストインデックスのポイント

モバイルファーストインデックスについて詳しく説明してきましたが、まとめるとポイントは2つです。 

・PCページとモバイルページどちらも保有している場合、モバイルページの内容を優先的に評価する。
・PCページ、モバイルページでコンテンツが異なる場合、PCページにあるユーザーにとって価値の高いコンテンツは評価の対象から外れる。

なぜモバイルファーストインデックスが開始されたのか

モバイルファーストインデックスが導入した背景にはスマートフォンの普及があります。
以前は、パソコンで検索や閲覧するユーザーがほとんどでした。しかし、現在ではLINE社の調査によると、ネット利用環境はスマートフォンのみのアクセスが46%、スマートフォンとPCの両方が39%、PCのみが6%でのアクセスであることが分かっています。
LINE社の調査から、多くの人がスマートフォンでネットを利用していることがわかるでしょう。このような現状を踏まえ、Googleはユーザーがより使いやすい、つまり多くのユーザーが利用しているスマートフォンやタブレットに適用したページを優先的に評価の対象とするという方向転換を決定したのです。

モバイルファーストインデックスの現状

2018年3月27日、モバイルファーストインデックスに移行されました。しかし、すべてのサイトを対象に一斉にスタートではなく、徐々に対象サイトが増えていくという移行方法です。移行はページ単位ではなくサイト単位で行われ、インデックスの方式がモバイルファーストインデックスに移行したサイトは以下のような内容でサーチコンソールにて通知されます。

“モバイルファーストインデックスが有効になっているため、スマートフォン用Googlebotのログでサイトのトラフィックが増加している可能性があります。またモバイル版のコンテンツからGoogle検索結果のスニペットが生成されるようになることもあります。”

モバイルファーストインデックスへの移行による影響

モバイルファーストインデックスへ移行する際、検索順位やSEOにはどのような影響が出るのか解説します。

起こりうる影響

モバイルファーストインデックスが導入されることにより、ユーザーの利便性が高くなるため、モバイル端末に対応していないサイトは掲載順位に影響がある可能性があります。具体的には以下のような影響があります。

コンテンツ数減少による評価及び掲載順位の低下

モバイルサイトに対応していないことは、掲載順位の低下に直結はしません。スマートフォンなどモバイルサイトではコンテンツを絞っている場合、モバイルファーストインデックスによってモバイルサイトのみが評価対象とされるので、評価されるコンテンツが減少するためサイトやページの評価が下がる可能性があります。そして、競合のページがモバイルサイトに対応しており、コンテンツの評価が自社と変わらない場合、競合より掲載順位が下がってしまうことがあります。

検索結果のURLの変化

PCユーザーにはPC用のURL、モバイルユーザーにはモバイル用のURLが検索結果に表示されます。ただし、先述の通りインデックスされるコンテンツはモバイルページです。

クロール数の変化

モバイルファーストインデックスへ移行すると、ほとんどがモバイルページのクロールに変化します。また、モバイルファーストインデックスに移行する場合にはすべてが再インデックスされるため、一時的にですがクロール数がいつもより多くなる可能性があります。

悪い影響を受けやすいサイト

モバイルファーストインデックスによって、評価及び掲載順位の低下などの悪い影響が見込まれるサイトがあります。以下のサイトは要注意です。

モバイルサイトを開設していないサイト

インデックスされないということはありませんが、競合サイトがモバイルサイトを開設していた場合、掲載順位が下がる可能性があります。

主要ページのみスマートフォンに対応している(モバイルサイトでのコンテンツを省略している)サイト

モバイルサイトのインデックスが優先されるため、評価の際にサイトのコンテンツが大幅に減る可能性があります。

対応方法:やるべきこと4選

評価を下げないために、モバイルファーストインデックスに対応しておくべきことがあります。以下に対応することで、モバイルに対応していないことによる評価の低下を抑え、サイトのコンテンツが正当に評価されるようになります。ポイントを押さえて対応しましょう。

①コンテンツ量の差を無くす

PCページとモバイルページのコンテンツに大幅な差がある場合は、その差を無くすようにしましょう。これにより評価されるコンテンツの減少を防ぎます。

②モバイルフレンドリーテスト

Googleが無料で提供しているモバイルフレンドリーテストを行うことです。ページのURLを入力することでスマートフォンなどのモバイル端末での表示に最適化しているかどうかチェックすることができます。

モバイルフレンドリーテスト:https://search.google.com/test/mobile-friendly

③デザインのチェック

モバイル端末で表示された際にデザインが利便性を下げてしまっている可能性があるので確認しましょう。確認方法は、自分でモバイル端末を開いてみる方法、及び先ほどのモバイルフレンドリーチェックです。デザインの中でも注目すべきポイントは以下の点です。

レスポンシブデザイン

レスポンシブデザインとは、規定の数値ではなくデバイスのサイズに合わせて見やすい表示がされるデザインのことです。この場合、PCページとモバイルサイトを作り分ける必要がありません。そのため、PCページとモバイルページでコンテンツが異なったり減ってしまったりすることがありません。Googleが推奨しているデザインです。

コンテンツの幅

コンテンツの幅がデバイスの幅を超えてしまうと、ユーザーは横のスクロールをする必要があり、利便性が低くなってしまいます。逆に幅が狭いと、コンテンツが小さく表示されているため見にくくなってしまいます。デバイスに合わせたコンテンツの幅を設定しましょう。

テキストの大きさ

PCページであれば見やすいサイズでもモバイルページだと見にくい可能性があります。デバイスの大きさ、コンテンツの大きさに合わせた文字サイズを設定しましょう。

クリックのしやすさ

指で画面をタッチして操作するモバイル端末はPCに比べて、クリックの要素同士が近すぎると意図しないリンクなどをクリックしてしまう可能性があります。クリックできる要素同士は、近づけすぎずにレイアウトしましょう。

アコーディオンコンテンツ

アコーディオンコンテンツとは、その部分をクリック・マウスオーバー
するとコンテンツが閉じたり開いたりする部分のことを指しています。
PCページではアコーディオンコンテンツはインデックスされなかったり、重要度が下がっていることがあります。しかし、モバイルページではUXのためであるため、評価の対象となります。

④構造化データ

PCページと同様に、モバイルページもわかりやすい構造にし、遷移元や遷移先が分かるパンくずリストを設置する必要があります。

モバイルファーストインデックスの認識の注意点

とはいえコンテンツの質が重要

モバイルサイトを保有し、デザインや構造的にモバイル端末にとって利便性が高いというだけで検索順位が上がるわけではありません。Googleも検索クエリへの関連性が高く、質の高い記事はモバイル端末への適用が不十分でもユーザーに表示(上位表示)すると発表しています。
サイトの利便性を上げるのはモバイルファーストインデックスへの移行にあたって重要ですが、それだけでなくコンテンツの最適化も行いましょう。

Speed Updateとの関係

Speed Updateは2018年7月に導入されたページ速度を検索順位の決定要因の一つにするという変更です。よくモバイルファーストインデックスと関係があるように誤解されてしまいますが、無関係です。しかし、ページが素早く表示されることはユーザーにとって重要であり、モバイルページはPCページに比べて遅い傾向があるとGoogleは言及しています。

まとめ

今回は、モバイルファーストインデックスについて影響や対応方法をお伝えしました。モバイルユーザーが多い現状に対応し、モバイルページを優先的にインデックスをするという仕組みのことをモバイルファーストインデックスと言います。順次サイト単位で導入されており、モバイル端末に対応していないサイトは結果的に掲載順位が下がる可能性があります。今回紹介したページのデザインや構成についての対応方法を実施してみてください。ただし、モバイルユーザーにとって使いやすいだけでは掲載順位は上昇しません。コンテンツの質が何よりの掲載順位に影響を与える要因です。モバイル端末に対応することでコンテンツが正当に評価されるようにしましょう。

ピックアップ記事

  1. [ゼロからやさしく解説]Instagramのアカウント登録/初期設定/使い方
  2. 今さらきけないコンテンツSEOとは?施策のポイントや手順まとめ
  3. 【用途別】無料で使えるSEO便利ツール16選&特徴・使い方まとめ
  4. ブラックハットSEOとホワイトハットSEO、違いがわからないと危ない?
  5. https化(常時SLL化)によるSEOの効果・メリットについて

関連記事

  1. instagram

    [ゼロからやさしく解説]Instagramのアカウント登録/初期設定/使い方

    世界的に人気SNSであるInstagram。友達や芸能人の投稿が見たい…

  2. instagram

    【Instagramの基礎】ビジネスアカウントの機能と活用方法

    Instagram企業のアカウントの場合、いいね数だけではなく、よく見…

  3. SEO

    SEOの意味と目的とは?SEOの基本の基本を抑えよう!

    WEBマーケティングにおいてよく使われる「SEO」という言葉。よく…

  4. SEO

    被リンクはSEOに意味がある?効果的な被リンクの増やし方

    「被リンクを集めれば検索順位が上がる」という内容はSEOに携わっている…

  5. SEO

    ブラックハットSEOとホワイトハットSEO、違いがわからないと危ない?

    SEOには「ブラックハットSEO」「ホワイトハットSEO」というものが…

  6. SEO

    https化(常時SLL化)によるSEOの効果・メリットについて

    2018年7月からすべてのサイトでURLの横に南京錠マークか警告マーク…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP