特集・記事リスト 記事・特集リスト
資料ダウンロード 無料お役立ち資料
本サイトについて 本サイトについて
お問い合わせ お問い合わせ
閉じる

SEOをおこなう前にチェックしたい3つのメリットと注意点を解説

SEOをおこなう時には、メリットや注意点をしっかり押さえておくことが大切。担当者の方が自社にとってSEOが適切な施策かどうか判断できるよう、ここではSEOのメリットデメリットを解説します。

カテゴリ: SEO

数あるWebマーケティング施策の1つであるSEOは、今や多くの企業で取り組まれています。
たくさんの企業が取り組んでいる、あるいは、競合他社がSEOに取り組んでいるということから、自社でもSEOに取り組んだ方がよいのではないかと考える担当者は多いでしょう。

しかし、SEOを施策として検討する際に外せないのがメリットやデメリットです。
メリットやデメリットをきちんと知って、担当者の方が自社にとってSEOが適切な施策かどうか判断できるよう、ここではSEOのメリットデメリットを解説します。

SEOとは何か

SEOとは、”Search Engine Optimization” の略であり、日本語にすると「検索エンジン最適化」を意味します。検索エンジンでキーワード検索をおこなった時に、検索結果画面で上位表示されるための施策を指します。

SEOをおこなうことで得られる3つのメリット

SEOをおこなうことで
●購買意欲の高いユーザーを集客し効果的に商品やモノをアピールできる
●広告を出稿するよりも高い費用対効果が見込める
●サイト内の資産を増やすことができる
という3つのメリットを得ることができます。

購買意欲の高いユーザーを集客し効果的に商品やモノをアピールできる

SEOをおこない検索結果で上位表示をすることで、サービスや商品に興味を持っているユーザーを効率よくサイトに集客することができます。

その理由はユーザーの行動プロセスにあります。
インターネットが普及している今日、多くのユーザーが商品を購入したり、サービスを利用したりする前にインターネットやSNSで下調べをおこないます。

したがって、検索結果画面で自社のサイトを上位表示させることができれば、サービスや商品に興味を持っているユーザーや購買意欲の高いユーザーを効率よくサイトに集めて、サービスや商品を効果的にアピールすることができます。

広告を出稿するよりも高い費用対効果が見込める

SEOは費用対効果が高いとされています。
例えば、わかりやすく説明するために「リスティング広告」と比較してみます。
リスティング広告とは、検索結果画面に表示される広告で、検索キーワードに応じたものが表示されます。リスティング広告は比較的すぐに効果が出ますが、効果を持続させるためには広告費用を払い続けなければなりません。

しかし、SEOは一度サイトの検索順位を上げることができれば、継続した効果を見込むことができます。検索順位が数日で大幅に変わるということは基本的に少ないので、上位表示が続くことで多くのユーザーを継続的にサイトへ集客することができます。
したがって、SEOでは費用を抑えて効果を持続させることができるため、費用対効果が高いというメリットがあります。(ペナルティを受けてしまった場合やアルゴリズムアップデートがあった場合は順位が下がることがあります。)

ブランディング効果を見込める

ユーザーは上位表示されるサイトに対し、「正しい情報を掲載している信頼性の高いサイト」というイメージを持っています。
したがって、SEOで自社のサイトを上位表示させることは、ユーザーに「正しい情報を掲載している信頼できる企業」と思ってもらえるきっかけになります。
また、特定のキーワードで自社のサイトを上位表示させることで、「〇〇といえばこの企業」と思ってもらえることにもつながります。
このようにSEOで上位表示させることはブランディングにも貢献します。

サイト内の資産を増やすことができる

SEOで上位表示するには、Webサイトに検索エンジンが読み取りやすくなるようなSEOの実装とユーザーを満足させるためのコンテンツの制作が不可欠です。
この時制作した実装した施策は今後も活用していくことができますし、制作したコンテンツは自社のサイト内に蓄積されます。
よってSEOをおこなうことでSEOに有効な自社サイト内の資産を増やすことができます。

SEOをおこなう上で注意したい3つのこと

ここまでSEOのメリットを紹介してきましたが、SEOをおこなう時には
●成果までに時間が掛かる
●成果が確実でない
●ある程度の知識が必要になる
の3点を押さえておく必要があります。

成果までに時間が掛かる

SEOは基本的に時間がかかります。
まず、SEO的な修正をする時間、コンテンツを制作する時間が必要です。
検索結果の上位を獲得できるほどの良質なコンテンツを目指そうとすればするほど時間はかかってしまいます。

また、良質なコンテンツが制作できても、ユーザーやGoogleに評価されるには時間がかかります。Googleクローラーが新しく追加されたコンテンツを発見し、インデックスするまでには一定の時間が必要です。
こういったことから、SEOはあくまで中長期的な施策であることを覚えておきましょう。

成果が確実でない

Googleには「この施策をおこなえば上位表示ができる」という基準がありません。
Googleの順位を決定する基準が分からない以上は、自分たちで施策をおこなっても、成果が確実に出るとは言い切れません。したがって、少しでも成果を出したいときは、自分でSEOおこなうよりも、SEOに詳しい企業に依頼することをおすすめします。

ある程度の知識が必要になる

SEOに取り組もうとなった場合、やはりそれなりの知識とユーザーを満足させるコンテンツの制作ができる労力が必要です。
人材を育成し内製化(自社でSEOをおこなう)という方法もありますが、実際問題なかなか難しいでしょう。
したがって、SEO知識がない場合はSEOに詳しい企業に依頼するのが一般的です。

まとめ

SEOとは、”Search Engine Optimization” の略であり「検索エンジン最適化」を意味します。様々な施策をおこない検索エンジンの検索結果画面で上位表示を目指すのがSEOです。
SEOには、以下の3つのメリットがあります。
●購買意欲の高いユーザーを集客し効果的に商品やモノをアピールできる
●広告を出稿するよりも高い費用対効果が見込める
●サイト内の資産を増やすことができる

ただし、「成果までに時間が掛かる」「成果が確実でない」「ある程度の知識が必要になる」といった注意点もあるので、SEOをおこなうときは、SEOに詳しい企業に依頼するのが望ましいです。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。

そのままの計画で、目標達成できますか?

Webマーケティングには予想外な事態がつきものであることを私たちは理解しています。
考えて、考え抜いて設計したはずのKPIが全く達成されずに、形骸化し誰も触れない状態になっている。

サイト内でユーザーがどのような行動をとっているかを解析

自社と競合を比較し、どこが勝っていてどこが弱みなのかを浮き彫りに

ユーザーのニーズや業界動向等を調査し、状況にあった施策を提案

課題解決のポイント、目標達成のプロセスなど
Webサイトの成長につながる具体的な手段をご提示いたします

運営会社

Web制作・広告・コンサルティングのセルリア

サービス一覧
会社概要