SEO

SEOの仕組みとは?検索エンジンの仕組みから学ぶ

商品やサービスを購入しようと思った時、多くの方が検索エンジンを利用して情報を集めてから購入するものを決めています。インターネットが発達し、検索エンジンを利用する習慣が根付いてきた現在では、SEOは企業にとって無視ができない重要な施策となっています。

しかし、SEOの意味や重要性は理解してるものの、なぜ検索結果の順位が上がるのか、SEOの仕組みを正確に説明できる人は意外と少ないかと思います。そこで今回は、SEOの仕組みについて解説します。

SEO(検索エンジン最適化)とは

「SEO」とは、「Search Engine Optimization」を略した言葉です。日本語に直訳すると、「検索エンジン最適化」になります。検索結果で自社のWebサイトが上位に表示されるように対策することを指します。

SEOの目的・効果

検索結果で上位に表示されることはあくまでも手段です。企業がSEOを行う目的は、アクセス数を上昇させ収益に繋げることです。検索結果で上位に自社サイトを表示することで、多くの恩恵を受けることができるのでこぞってSEOを行なっています。

SEOで得られる主な効果

・自然検索(広告経由ではなく)からユーザーを獲得することができる
・アクセスを増加させることができる
・能動的なユーザーを効果的に集客することができる
・ブランディングを行うことができる

このようにSEOは自社のビジネスを加速させるのに有効な手段と言えます。

検索エンジンとは

SEOは検索エンジン最適化を表す言葉ですので、検索エンジンの仕組みを理解することで、SEOの仕組みを理解することにつながります。
現在、検索エンジンと呼ばれるものは「Google」「Yahoo!」「Being」など複数あります。これら検索エンジンの役割はユーザーが打ち込んだキーワードに対して、求めている情報(サイト・ページ)を提示することです。ユーザーが満足できるような検索結果を表示できなければ、検索エンジンは使い続けてもらえません。そのため、検索エンジンを提供している企業は、検索結果の順位を決めるソフトウエアであるアルゴリズムの改良を日々行っています。

SEOはこのような検索エンジンに対して、自社サイトが上位に表示されるように施策を行なっていくものです。そのため、本来ならそれぞれの検索エンジンに対して施策を行なっていくことが必要なのですが、SEOと呼ばれる時は「Google」の検索エンジンへの対策を指すことがほとんどです。

なぜなら、Yahoo!の検索エンジンはGoogleの検索アルゴリズムを使用しており、日本の検索エンジン市場はGoogleが74.35%、Yahoo!が22.8%のシェアを占めているからです。つまり、日本で検索エンジンを使用している人の90%以上はGoogleの検索エンジンを利用していることになります。このような背景から、SEOはGoogle検索エンジンへの対策と呼ばれています。

検索エンジンの仕組み〜検索結果の順位の決まり方〜

検索結果の順位は、検索エンジンのアルゴリズムの評価によって決定します。ページの順位が決まるまでには以下のような流れがあります。

①クロール
②インデックス
③スコアリング
④検索結果に表示

それぞれ説明します。

①クロール
クローラーと呼ばれるロボットがリンクを辿って世界中のページを巡回し、そのページの情報を収集します。この情報を収集することをクロールと呼びます。
クロールはGoogleがページを認識するための初手の行動ですので、クロールが行われていないページは検索結果には一切表示されません。
また、クローラーはリンクを辿ってページを巡回しますので、サイトを作っただけでは巡回されません。新しくサイトを作った時は、他のサイトにリンクを設置してもらったり、Googleに直接ページを知らせたりしてクローラーがページに訪れるようにします。

②インデックス
クローラーが収集したデータをインデクサと呼ばれるプログラムが検索エンジンにとって処理しやすいデータに変換し、検索エンジンのデーターベースに保存します。 このような、クローラーが収集したページの情報を検索エンジンのデータベースに格納することを、インデックスと呼びます。

③スコアリング
インデックスが完了したら、アルゴリズムという検索順位を決定するルールに従ってページを評価します。 このページを評価することを「スコアリング」と呼びます。

④検索結果に表示
ユーザーが検索キーワードを入力した際、瞬時にインデックスしてデータベースに格納されているページの中から、検索ニーズに該当するページを引っ張り出してきて、スコアリングした順位沿って検索結果画面に表示します。

検索エンジンは何を評価しているのか

Googleは何をもとに評価しているのか、評価ポイントの詳細は明らかにはしていません。ですが、Googleは完璧な検索エンジンを作ることを目的にしており、その考え方に沿って検索エンジンは開発されています。そのため、検索エンジンの開発者であるGoogleがどのような考えをもっているのか理解することが重要です。 「完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致する答えを返すものである」 Googleの会社情報のページには上記の記述があります。このように、Googleはユーザーが知りたいことに対して100%の答えであるコンテンツを上位に表示したいと考えています。ですから、上位表示させるためにはユーザーの役に立つ、ユーザー視点でのコンテンツ作りが求められています。

 

SEOを行う時のポイント

・検索キーワードで求められている情報か(情報の質も含めて)
・ページの内容を検索エンジンが認識しやすいように伝えられているか
・被リンクがされているか

それぞれ詳しく説明します。

検索キーワードで求められている情報か(情報の質も含めて)

検索でユーザーが求めている情報を提供できるサイトやページが高く評価されます。検索キーワードからユーザーの意図をくみ取り、ユーザーがなにを欲しているのか、どのような悩みを抱えているのか考え、サイトやコンテンツを作ることが重要です。

ページの内容を検索エンジンが認識しやすいように伝えられているか

ユーザーにとって質の良いサイトやページであっても、そのことを検索エンジンが認識できなければ意味がありません。サイトの情報を集めるのは人間ではなく、クローラーと呼ばれるロボットです。例えば画像ばかりのサイトでは、画像に何が書かれているのか正確にクローラーが把握することはできません。そのため、画像にどれだけユーザーが求めている情報を書いていても評価することができません。ユーザー目線は第一ですが、検索エンジンへの気配りも必要です。

被リンクがされているか

検索エンジンはサイトを自らの基準で評価するだけでなく、第三者からの評価も参考にしています。この第三者からの評価に値するのが被リンクです。被リンクが評価される背景には、ユーザーにとって質の高い記事は他のサイトからも「支持」されるだろうという考えがあります。この考えのもと「被リンクの多いページ=質の高いページ」という認識になっています。
しかし、単純に被リンクを増やすだけの行為は、ペナルティを取られてしまいます。これはいわゆる相互リンクや自作自演リンクなど、ブラックハットSEOと呼ばれる施策です。ペナルティを受けると、検索順位へ大きく影響がでますので注意が必要です。

ブラックハットについては以下の記事を参考にしてください。
SEOのブラックハットとホワイトハット、違いがわからないと危ない?

まとめ

今回は検索エンジンを理解することを通じて、SEOの仕組みを学んでいきました。SEOは検索エンジンがサイトやページの順位を決める要素に対して、評価が上がるように施策を行うことです。 ただ、検索エンジンが高い評価をつけるサイトは、ユーザーにとって良質なサイトです。そのため、SEOは検索エンジンに対して行うのではなく、ユーザー視点で行うことで必然的に検索結果の順位も上がると考えられます。ユーザーがどのような情報を必要としているか、ユーザーにとって使いやすいサイトとは何かを意識してサイト作りを行うことが重要です。

ピックアップ記事

  1. SEOの仕組みとは?検索エンジンの仕組みから学ぶ
  2. SEOのトレンド、モバイルファーストインデックス対策の方法と注意点
  3. 今さらきけないコンテンツSEOとは?施策のポイントや手順まとめ
  4. SEOに効果的なディスクリプションとは?設定方法や注意点
  5. 重複コンテンツはSEOではやっていけない?重複コンテンツに対処するには

関連記事

  1. Twitter

    Twitterのビジネスアカウントは必要?注意点と活用法を紹介

    スマートフォンが普及されたことでSNSの利用者は増加傾向にあります。そ…

  2. SEO

    SEOに効果的なディスクリプションとは?設定方法や注意点

    検索エンジンでキーワード検索した際、検索結果画面にはページ名と「ディス…

  3. SEO

    【用途別】無料で使えるSEO便利ツール16選&特徴・使い方まとめ

    SEOの方針を決める場合や、SEOの効果が出ているかどうかチェックした…

  4. SEO

    被リンクはSEOに意味がある?効果的な被リンクの増やし方

    「被リンクを集めれば検索順位が上がる」という内容はSEOに携わっている…

  5. SEO

    Googleアルゴリズムとは?仕組み・更新の履歴・対策方法まとめ

    SEOにおけるアルゴリズムは、サイトの検索結果の表…

  6. SEO

    ブラックハットSEOとホワイトハットSEO、違いがわからないと危ない?

    SEOには「ブラックハットSEO」「ホワイトハットSEO」というものが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP