特集・記事リスト 記事・特集リスト
資料ダウンロード 無料お役立ち資料
本サイトについて 本サイトについて
お問い合わせ お問い合わせ
閉じる

(not provided)はサーチコンソールで分析しよう!

Googleアナリティクスで検索キーワードで(not provided)というものをみたことがあるのではないでしょうか。これはサーチコンソール を使うことで確認することができます。この記事では(not provided)の詳細を分析する方法について解説していきます。

Googleアナリティクスで、ユーザーの検索キーワードを調べようとして「(not provided)」と表示されて困ったことはありませんか?

この(not provided)はGoogleサーチコンソールを使えば、詳しく分析することができます。

Webサイトを運営していく中で「ユーザーがどんなキーワードでサイトに訪問しているのか」というのは重要な情報なので、この機会に確認する方法を覚えておきましょう。

この記事では「(not provided)とは何なのか」「サーチコンソールを使って(not provided)をより詳しく分析する方法」などについて解説していきます。

(not provided)とは

(not provided)は検索キーワードのデータが提供されなかったことを表しています。

なぜデータが提供されないかというと、「SSL」というインターネット上の通信を暗号化する仕組みが関係しています。

この「SSL」によって検索キーワードも暗号化されてしまうため、キーワードのデータが提供されず(not provided)と表示されます。

以前はGoogleアナリティクスで検索キーワードを確認することができたのですが、セキュリティの観点から検索エンジンがSSLに対応したことにより、大半のキーワードは(not provided)と表示されるようになってしまいました。

今でも、Googleアナリティクスを開き「集客」→「キャンペーン」→「オーガニック検索キーワード」から、キーワード分析を見ることができます。

しかし、下記の画像のように、大半が(not provided)と表示されるようになってしまっています。

93%もの検索キーワードが(not provided)と表示されています。

サーチコンソールを使って(not provided)の中身を分析する方法

(not provided)となってしまったデータを分析する方法の一つとして、Googleサーチコンソールを使うことが挙げられます。

サーチコンソール上の「検索パフォーマンス」という機能を使うことで、検索キーワードについてのデータを得ることができます。

手順①検索パフォーマンスを開く

サーチコンソールで検索パフォーマンスを開くまでの過程を説明していきます。

Googleサーチコンソールを開きます。

②サーチコンソールにログインします。

③左のメニューから「検索トラフィック」→「検索パフォーマンス」を選択してください。

手順②検索パフォーマンスで検索クエリを調べる

検索キーワードの情報は「検索クエリ」という場所で見ることができます。「検索クエリ」とは、ユーザーが検索するときに入力した言葉やフレーズのことです。

(not provided)で隠されてしまった検索キーワードも、ここでは見ることができます。

①「クリック数」「表示回数」「CTR(クリック率)」「掲載順位」にチェックを入れる。

②クエリを選択

こうすることで、クエリの一覧に加えて、先ほどチェック済みにした以下の4つの指標を見ることができます。

クリック数

検索結果からクリックされた数です。

表示回数

検索結果に表示された回数です。

CTR(クリック率)

CTR(%)は「合計クリック数÷合計表示回数×100」で計算されます。表示された回数に対してどれくらいクリックされているかを表します。

掲載順位

検索結果上に何番目に表示されたかを表します。順位が高いほど上に表示され、ユーザーの目につきやすくなります。

Googleアナリティクス上でサーチコンソールのデータを見る方法

Googleアナリティクスとサーチコンソールには連携機能があり、Googleアナリティクス上でサーチコンソールの検索パフォーマンスのデータを見ることができます。

Googleアナリティクスとサーチコンソールを行き来しなくて済むようになるので便利です。

詳しい連携方法については別記事があるのでこちらを参考にしてください。

Googleサーチコンソールとアナリティクスの連携と有効な使い方

連携が完了したら下記の流れで確認することができます。

Googleアナリティクスを開きます。

②左のメニューから「集客」→「search console」→「検索クエリ」を選択します。

下記のようにGoogleアナリティクス上で、検索クエリ毎のクリック数や表示回数などを確認することができます。

Googleサーチコンソールを使ってキーワード分析する時の注意点

サーチコンソールはGoogleのサービスのため、Yahoo!といったGoogle以外の検索エンジンで検索されたキーワードは表示されません。

Google以外の検索エンジンからの流入が多い場合は、サーチコンソールのデータから全体のキーワードの傾向を推測すると良いでしょう。

(not provided)を詳しく分析してサイト運営に生かそう

Googleアナリティクスでは(not provided)と表示されてしまう検索キーワードも、サーチコンソールを使えば(not provided)の中身を詳しく分析することができます。

検索キーワードを知れば、サイトを改善したり新しくページを追加する際の方向性が見えてきます。サーチコンソールをうまく活用して検索キーワードを調べてより良いサイト運営につなげていきましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。

そのままの計画で、目標達成できますか?

Webマーケティングには予想外な事態がつきものであることを私たちは理解しています。
考えて、考え抜いて設計したはずのKPIが全く達成されずに、形骸化し誰も触れない状態になっている。

サイト内でユーザーがどのような行動をとっているかを解析

自社と競合を比較し、どこが勝っていてどこが弱みなのかを浮き彫りに

ユーザーのニーズや業界動向等を調査し、状況にあった施策を提案

課題解決のポイント、目標達成のプロセスなど
Webサイトの成長につながる具体的な手段をご提示いたします

運営会社

Web制作・広告・コンサルティングのセルリア

サービス一覧
会社概要