特集・記事リスト 記事・特集リスト
資料ダウンロード 無料お役立ち資料
本サイトについて 本サイトについて
お問い合わせ お問い合わせ
閉じる

【2020年版】Googleサーチコンソールの404エラー解消法

Googleサーチコンソールは、自社サイトページの検索での見え方や、流入のキーワードなどを解析することができるツールです。それ以外にもサイトで発生しているエラーを確認することもできます。この記事ではその中でも404エラーについて詳しく解説してます。

Google Search Consoleでは、検索順位を確認する機能などが一般的ですが「404エラー」を確認することもできます。この404エラーは適切に対処することで、訪問者やGoogleのクローラーにとって親切なサイトにすることができます。

この記事では「404エラーとはなんなのか」「404エラーが発生する原因」などについて詳しく解説していきます。

そもそも404エラーとは?

404エラーとは「ページが存在していない」もしくは「サーバーがダウンしている」ときに表示されるものです。

詳しく説明すると、Webブラウザでページを見る際、その裏側ではWebブラウザがページのデータが保管されている「サーバー」に向けてリクエストを送っています。

404エラーは、Webブラウザからサーバーに対してリクエストを送っているのに、サーバーから「そのようなデータはない」と返答されているときに表示されます。

404エラーと401エラーの違い

404エラーの他に401エラーというのもあります。最後の数字が違うだけで、似ているため、違いがわからなくなってしまう方もいるのではないでしょうか。

401エラーとは、IDとパスワードの入力間違いやサーバー側の問題が原因とする「アクセス権がない、または認証に失敗した」ことを表すコードです。

ID・パスワードが正しいか確認
ID・パスワードを再発行
時間をあけて再度アクセス

などの方法で解消できる可能性があります。

404エラーが発生する具体的な原因

原因①URLのスペルが間違っている

「URLを手動で打ち込みミスをしている」「引用元のURLが間違っている」などがよく起こるパターンです。404エラーが出た場合、まずはURLに誤りがないかを確認してください。

原因②リンク切れしているリンク先などを表示しようとしている

リンクを張ったときは問題なく表示されていても、時間が経つとページが削除されて結果的に存在しないページに対してリンクをはっていたということはよくあります。

この場合、同じページが新しいURLで表示されていないかを確認してみましょう。

原因③新しいURLへのリダイレクト設定ができていない

リダイレクトとはWEBページに訪れたユーザーを、自動で別のページに移動させるための仕組みのことを言います。

「ドメインの移管」や「ページの削除」を行ったことで、別のURLに移動させた場合は、元のページで「301リダイレクト」を設定し、自動的に新しいページに移動させるのが一般的な方法です。

「301リダイレクト」が正しく設定できていないと404エラーとして表示されます。この場合はリダイレクトの設定を再度確認してみましょう。

404エラーによる影響

404エラーはGoogleが「そのままにしていてもSEOには影響」していないと公表しています。実際に404エラーが発生しても、それが原因でサイトの掲載順位が下がることはありません。

しかし、基本的に不適切なリンクをそのままにしておくことはユーザーにとって良いことではありません。存在しないページが検索結果として表示されてしまう可能性があるからです。

SEOに影響がなかったとしても、ユーザーからの評価を落とす危険があるため、そのままにせずしっかり対処しましょう。

サーチコンソールで404エラーを確認する方法

Googleサーチコンソールにログインしてください。

②画面左にある「インデックス」から「カバレッジ」をクリックします。

③下にスクロールして「送信されたURLが見つかりませんでした(404)」をクリックします。

エラーが起きているURLの一覧が出るのでページを確認して修正をしましょう。

Googleサーチコンソール404エラーを修正する方法

エラーが起きているページの流入を確認

まず最初に、該当のページに流入があるかを確認しましょう。流入があるページを優先的に修正しましょう。

今回はGoogleアナリティクスで流入を確認する方法をご紹介します。

Googleアナリティクスを開く

②左のメニューから「行動」>「サイトコンテンツ」>「全てのページ」を選択

③中央右側にある検索枠に該当のURLを入力

該当のページへのアクセス数が表示されます。ページビュー数が多い場合は、早めに対応しましょう。

404エラーの修正方法

エラーページのリンク元が内部リンクの場合

サイト内ページへのリンクのことを内部リンクと言います。リンク元が内部リンクであった場合はリンク元を編集し、正しいリンク先に変更すれば完了です。

既に削除済みのページならば、リンク自体も削除しておいてください。

外部リンクの場合

外部リンクとは被リンクとも言われ、外部のページから自分のWebサイトページへのリンクのことを指します。

外部リンクはSEOに重要な要素ですが、そのリンクがエラーだと効果がありません。

その場合は、指定されているリンク先を「301リダイレクト」とし、正しいページに導くようにしましょう。

Googleサーチコンソールで修正を検証する

リンク元を確認し、正しく対処したら修正の検証を行いましょう。

①先ほど同様にサーチコンソールのカバレッジから「送信されたURLが見つかりませんでした」をクリック

②上の方の修正の検証をクリックします。

③修正の検証待ちの状態になれば完了です。

修正を報告してクロールをリクエストする

修正が完了しても、修正を確認してもらうのは次のクロールのタイミングになります。早くインデックスしてもらいたい場合は、クロールをリクエストすることができます。

①該当URLの右側に表示される虫眼鏡マークをクリックします。

②「インデックス登録リクエスト」をクリックして完了です。

404エラーページのカスタマイズ

404エラーページはカスタマイズすることができます。

エラーページは頻繁に目にする機会はありませんが、もし表示された際に無機質なページだと、離脱に繋がる恐れがあります。

カスタマイズをしたからと言ってSEOに直接的な効果があるわけではありませんが、この少しの心遣いと遊び心が、ユーザーの満足や信頼へと繋がる可能性があります。

ユニークなデザインの404エラーページを導入している企業の例をいくつかご紹介します。

404エラーのページが魅力的なサイト6選

株式会社サクラクレパス

遊び心のあるデザインとメッセージで、エラーページだとは思わせない作りになっています。またさりげなく商品の宣伝をしており、商品ページへのリンクも張ってあります。

ユーザーを離脱させないデザインのいい例ですね。

ヤマト運輸

エラーページで30秒以内に猫の入った箱を当てるゲームができます。エラー画面出て感じるストレスを、全く感じさせない作りになっています。

グリコ

実はこのエラーページの404はポッキーでできています。センスを感じさせるデザインになっています。

ANA

青い空にANAの飛行機が映える写真が魅力的です。そしてこの文を読むだけで、旅をしたくなってしまいます。「国内の旅に出る」「海外の旅に出る」の二つの選択肢があるところがうまいですね。

WWFジャパン

WWFジャパンのサイトにも工夫が見られます。「ページが見つからないこと」と「もう見ることのできない絶滅危惧種」がかけられています。ページが見つからなかった代わりに、一つ知識が増えますね。

コカコーラ

コカコーラのサイトでは404の「0」が空き缶の上部分になっています。こちらもしっかりと自社商品を宣伝していることになります。シンプルな文、インパクトがあります。

404エラーページをデザインしてみる

具体的な404ページのデザインをみてもらいましたが、ポイントはページが存在しないことをユーザーに分かりやすいことです。その上で自社製品をアピールしてみたり、ユーザーが興味を引くようなデザインにしてみましょう。

意識するべき点は3つあります。

①サイトのデザインと統一感を持たせる

サイト全体のデザインに極力統一させるようにしましょう。そうすることにより、唐突にエラー画面が出ることへの混乱を避けることができます。

②ページが存在しない理由を明記する

理由を明記することでユーザーに安心感を与えることができます。

②次の行動を促す要素を入れる

先ほど紹介した404エラーページの代表的なデザインにもありましたが、「ページが見つからなかったこと」を明確に伝えるだけでなく、存在しなかったページにアクセスしてしまったユーザーに向けて次の行動を促す要素を含めると良いでしょう。

具体的にはサイトマップをいれたり、サイト内検索があるWebサイトの場合はサイト内検索の窓を入れたりしてみてください。

404エラーを解消してユーザーとクローラーに優しいサイトにしよう

今回は404エラーの原因や影響、対処法、ページのカスタマイズなどについて説明してきました。アクセス数が多いページでは、404エラーにより機会損失に繋がることもあります。

しかし、SEOへの悪影響は基本的に無いので、優先順位をつけて適切に対応するようにしましょう。また、エラーページを工夫することで、本来であればマイナスな印象を与えるエラーで好印象を与えることもできます。

色々なページを参考に自社にマッチしたページを作ってみましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。

そのままの計画で、目標達成できますか?

Webマーケティングには予想外な事態がつきものであることを私たちは理解しています。
考えて、考え抜いて設計したはずのKPIが全く達成されずに、形骸化し誰も触れない状態になっている。

サイト内でユーザーがどのような行動をとっているかを解析

自社と競合を比較し、どこが勝っていてどこが弱みなのかを浮き彫りに

ユーザーのニーズや業界動向等を調査し、状況にあった施策を提案

課題解決のポイント、目標達成のプロセスなど
Webサイトの成長につながる具体的な手段をご提示いたします

運営会社

Web制作・広告・コンサルティングのセルリア

サービス一覧
会社概要