特集・記事リスト 記事・特集リスト
資料ダウンロード 無料お役立ち資料
本サイトについて 本サイトについて
お問い合わせ お問い合わせ
閉じる

新サーチコンソールでサイトマップの作成・登録方法を詳しく解説

Googleサーチコンソールにサイトマップを送信・登録する方法について、サイトマップの意味や作成方法から詳しく説明します。また、サーチコンソールでサイトマップを更新・削除する方法やページのインデックス確認方法など、サイト運営に役立つ知識もご紹介します。

「サイトが検索結果に表示されない」「サイトを新しくしたのに検索結果に反映されない」とお悩みの方、サーチコンソールでの「サイトマップ」の送信はお済みですか?サーチコンソールにサイトマップを送信することで、検索エンジンにサイトの構造や存在を伝えることができ、検索エンジンに反映されるのが早くなります

今回は、まずサイトマップって何?という方のためにサイトマップの意味からサーチコンソールにサイトマップを送信する方法までお伝えします。

サイトマップとは

サイトマップとは、サイトのページ構成を目次のようにリスト形式で一覧にしたものです。ユーザーや検索エンジンに対してサイトの構成や内容を分かりやすく伝えるという役割があります。

サイトマップの種類

サイトマップには、「ユーザー向けのHTMLサイトマップ」「検索エンジン向けのXMLサイトマップ」の2種類があります。

HTMLサイトマップ

サイトに訪れたユーザーに向けて、サイトの全体像を示すサイトマップのことです。
各項目をクリックするとページに飛べるようになっています。サイトの利便性を高めることができます。
例えば、以下のようになっていることが多いです。このような画面を見たことがある方も多いのではないでしょうか。

XMLサイトマップ

クローラーに向けて、サイトの構成を伝えるサイトマップのことです。
クローラーがサイトを巡回(クロール)することを助け、検索対象として登録(インデックス)するのを早めます。
以下のようなもので、ユーザーが目にすることはあまりありません。サーチコンソールにサイトマップを送信する際は、XMLサイトマップを使用します。

サーチコンソールにサイトマップを送信することによる効果

サーチコンソールにサイトマップを送信することにより、クローラーがサイト内の構造を把握しやすくなります。そして、優先的に巡回してくれるため、SEOの施策の効果が検索順位に反映されやすくなります。

サイトのコンテンツが良くても、クローラーが認知していなければ、検索結果に表示されません。特に、以下のようなサイトではサイトマップの送信が重要となります。

・規模が非常に大きいサイト
クローラーが全体を巡回するのに手間がかかり、新しいページや更新されたページがクロール対象から漏れてしまう可能性があります。

・どこからもリンクされていないサイト
クローラーはページからページへリンクをたどることによって巡回しているので、他のサイトからのリンクがないとクローラーに認知されない可能性があります。

・適切にリンクされていないコンテンツページのアーカイブが大量にあるサイト
クローラーはページからページへリンクをたどることによって巡回しているので、適切にリンクされていないとクローラーに認知されない可能性があります。

・新しく、外部サイトからのリンクが少ないサイト
クローラーはページからページへリンクをたどることによって巡回しているので、他のサイトからリンクがない、または、少ない場合、クローラーに認知されない可能性があります。

・リッチメディア コンテンツを使用しているサイト
クローラーはテキストベースで巡回するため、動画や画像などをインデックス登録の対象にしたい場合は、サイトマップを作成してコンテンツをテキスト形式で表現する必要があります。

・Googleニュースに表示されているサイト
Googleニュースに検出されやすくなるように、最新の記事を送信する機能であるニュースサイト用のサイトマップを送信しましょう。

SEO対策の効果を把握するためにもサイトマップを送信は重要です。

サイトマップの作成・送信方法

サイトマップの送信手順としては、送信の前にサイトのXMLサイトマップを作成し、その後サーチコンソールに送信するという流れです。
サイトのXMLサイトマップを作成する方法は3通りあるので、自分がおこないやすい方法を選択しましょう。

サイトのXMLサイトマップを作成する方法

XMLサイトマップの作成方法は、3種類あります。

手動の場合

手動でXMLサイトマップを作成することもできます。
例えば、以下のように記述します。

記述の意味について上から順に説明します。

・文字コードの宣言
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
UTF-8エンコードで作成します。決まった記述のため、サイトごとに変更する必要はなく、このまま使用できます。

・ネームスペースの指定
<urlset xmlns=”http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9″>
これも決まった記述なのでサイトごとに変更する必要はなく、このまま使えます。

・記述必須のXMLタグ
<urlset> 全体を囲むタグで、現在のプロトコル標準を参照します。
<url> 各URLの親タグで、ここの情報を囲います。
<loc> ページのURLを記述する際に使用します。

・省略可能なオプションのXMLタグ
<lastmod> ファイルの最終更新日を記載します。
<changefreq> ページの更新頻度を表します。
<priority> URL の優先度を指定できます。0.0 から 1.0 までの値が設定できます。

WordPressの場合

手動で書くには知識も時間も足りないという方には、自動作成のツールがあります。WordPressをお使いの方は、プラグインに便利な機能があるので使用してみてください。

プラグインの例としては、以下が挙げられます。
・Google XML Sitemaps
・All in One SEO Pack

プラグインが多くインストールされているとページの表示が遅くなるという問題点はありますが、操作が分かりやすいためWordPressを利用している方にはオススメです。
それぞれ使い方を見ていきましょう。

Google XML Sitemaps
①WordPressにログインし、左のメニューバーから「プラグイン」の「新規追加」を選択します

②「Google XML Sitemaps」を検索し、「今すぐインストール」をクリックし、「有効化」します

③画面左の「設定」の「XML-Sitemap」をクリックします

④該当項目にチェックを入れ、「設定を更新」をクリックすると完了です

All in One SEO Pack
①WordPressにログインし、左のメニューバーから「プラグイン」の「新規追加」を選択します

②「All in One SEO Pack」を検索し、今すぐインストール」をクリックし、「有効化」します
(画像では、インストールと有効化が完了しているので、「今すぐインストール」ボタンが「有効」ボタンになっています。)

③WordPress管理画面のメニュー「All in One SEO」の「機能管理」を選択します

④「XMLサイトマップ」を「Activate」にします

⑤サイドメニューの「All in One SEO」下段にある「XML サイトマップ」を選択

⑥該当項目にチェックを入れ、「サイトマップを更新」をクリックし情報を更新して完了です

無料ウェブサービスの場合

WordPressの場合は、便利なプラグインを利用してサイトマップを自動作成をすることができました。
しかし、Wordpress以外でサイトを作っている方や、プラグインはサイトが重くなるので避けたいという方に向けて、無料のウェブサービスを使ってサイトマップを作成する方法もご紹介します。

無料ウェブサービスは以下のようなものがあります。
・sitemap.xml Editor( http://www.sitemapxml.jp/ )

・XML Sitemaps Generator ( https://www.xml-sitemaps.com/ )

無料ウェブサービスは、ページ数や記述に限度があることやサイトマップの更新が手動であることなど制限はありますが、無料で簡単に作成できるためオススメです。それぞれ使い方を見ていきましょう。

sitemap.xml Editor
①水色のボックスにサイトのURLを記入します
②オプション設定を決め、青い「サイトマップ作成」をクリックします

③「XMLファイルダウンロードsitemap.xml」をクリックし、ダウンロードします

④これでサイトマップの作成自体は完了ですが、サーチコンソールに送信する前にFTPソフト(サーバーとコンピュータの間でファイルのやりとりなどをおこなうソフトウェア)などを使用し、作成したXMLサイトマップのファイルをサーバーにアップロードする必要があることに注意してください。

XML Sitemaps Generator
①「Your Website URL」と書いてあるボックスにサイトのURLを記入し「START」をクリックします

②完了したら、「VIEW WEBMAP DETAILS」をクリックします

③「DOWNLOAD YOUR XML SITEMAP FILE」をクリックし、ダウンロードし完了です

④これでサイトマップの作成自体は完了ですが、sitemap.xml Editorと同様に、サーチコンソールに送信する前に、FTPソフトなどを使用して作成したXMLサイトマップのファイルをサーバーにアップロードする必要があることに注意してください。

サーチコンソールに送信する方法

手書きやプラグイン・無料ウェブサービスにてサイートマップの作成を完了したら、そのサイトマップをサーチコンソールに送信します。
サーチコンソールのアカウントを登録していない方は、以下を参考に登録をしましょう。

初心者でも失敗しない!サーチコンソールの登録方法

①サーチコンソールを開き、サイドバーの「クロール」から「サイトマップ」を選択します

②「新サイトマップの追加」に追加したいサイトマップのURLを入力し、送信する

③サイトマップが「送信されたサイトマップ」に表示され、ステータスが「成功しました」になったら送信完了です

ページがクロールされているか確認する方法

ページがクロールされているかどうか確認する方法を「Google検索を利用した確認方法」「サーチコンソールを利用した確認方法」の2つを紹介します。

Google検索を利用した確認方法

Google検索で、「site:URL」と入力して検索してください。
結果の件数が、そのURLの配下にインデックスされているページの目安です。

サーチコンソールを利用した確認方法

サーチコンソールを利用して確認する方法には、「URL検査」と「カバレッジ」の2通りの確認方法があります。
URL検査は個別のページ、カバレッジはサイト全体について、ページがクロールされているかどうか確認することができます。

URL検査

まず、サーチコンソールにログインし、左のバーにある「URL検査」をクリックします。
次に、確認したいページのURLを上部の検索窓に入力すれば、URLがGoogleにインデックスされているか確認できます。

カバレッジ

まず、サーチコンソールにログインし、左のバーにある「インデックス」項にある「カバレッジ」をクリックします。

すると、次のような画面が表示され、サイト全体でエラーがあってインデックスされていないページを確認することができます。

サイトマップの更新について

サイトを運営しているとページ数が増えるでしょう。ある程度増えた際には、サイトマップの更新をおこないましょう。WordPressのプラグインの場合は自動で更新されますが、無料ウェブサービスでは自分で更新する必要があります。
更新方法は、送信方法と同じく、新しくサイトマップを作成しサーチコンソールで送信します。定期的におこなうと効果的です。

サイトマップの削除方法

サイトマップを間違えて送信してしまったなど、サイトマップを削除したい場合もあると思います。
削除の手順は、以下の通りです。

①サーチコンソールのサイドバーの「クロール」から「サイトマップ」をクリックする

②削除したいサイトマップをクリックし、詳細ページに飛びます。

③削除したいサイトマップの詳細ページでその他のオプションを表示するボタン「…」をクリックし、「サイトマップの削除」を選択します。これで、サイトマップの削除が完了です。

サーチコンソールにサイトマップ登録してGoogleの認知を早めよう

サーチコンソールにサイトマップを登録するのは、SEOの観点で非常に重要です。

サイトマップにはHTMLサイトマップ(ユーザー向け)XMLサイトマップ(クローラー向け)の2種類があり、どちらもサイトの効果を上げるためには重要なので作成するようにしましょう。

登録する方法はいくつかありますが、WordPressの場合はプラグインを使用するのが効率的でおすすめです。

この記事を参考にサイトマップを登録して、Googleにインデックスされるのを早め、上位表示を狙っていきましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。

そのままの計画で、目標達成できますか?

Webマーケティングには予想外な事態がつきものであることを私たちは理解しています。
考えて、考え抜いて設計したはずのKPIが全く達成されずに、形骸化し誰も触れない状態になっている。

サイト内でユーザーがどのような行動をとっているかを解析

自社と競合を比較し、どこが勝っていてどこが弱みなのかを浮き彫りに

ユーザーのニーズや業界動向等を調査し、状況にあった施策を提案

課題解決のポイント、目標達成のプロセスなど
Webサイトの成長につながる具体的な手段をご提示いたします

運営会社

Web制作・広告・コンサルティングのセルリア

サービス一覧
会社概要