特集・記事リスト 記事・特集リスト
資料ダウンロード 無料お役立ち資料
本サイトについて 本サイトについて
お問い合わせ お問い合わせ
閉じる

GoogleサーチコンソールをSEOに活用する具体的な方法と便利機能

サーチコンソールの機能やサーチコンソールで分析して得られるデータをSEOに活用することで、より効果的なSEO施策をおこなうことができるようになります。今回は、サーチコンソールをSEOに活用する重要性やその具体的な施策例についてご紹介します。

サーチコンソールは、検索順位やクリック率など、SEOに取り組む上で必要なWebサイトに関する様々な情報を得ることができるとても便利なツールです。

しかし、「サーチコンソールはSEOにおいて重要なツールである」とわかっているつもりでも、実際どのようにサーチコンソールをSEOに活用していけば良いのかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、
「SEOをしているのに検索結果の上位になかなか表示されない!」
「サーチコンソールをどうやってSEOに活用すればいいのかわからない!」
という方向けに、サーチコンソールのSEOにおける重要性や活用方法について詳しく説明していきたいと思います。

サーチコンソールとは

まず、SEOとサーチコンソールの関係を説明する前に、サーチコンソールとは何か紹介します。

サーチコンソールとは、Googleが無料で提供しているWebサービスで、Webサイトの検索結果上でのパフォーマンスについて確認・管理することができるツールです。
具体的には、以下のような機能が備わっています。

・検索結果上でのサイトのクリック率、クリック数、掲載順位の結果を確認
・検索クエリ(検索キーワード)ごとのクリック数や表示回数を確認
・サイトのクロールをリクエスト
・サイトのペナルティに対する再審査の要求 など

他にも様々な機能が備わっているサーチコンソールですが、長くなってしまうのでここでは簡潔に説明しました。
より詳しいサーチコンソールの基本の使い方について知りたい方は、以下のページで紹介していますので、ぜひご覧ください。

【初心者向け】Googleサーチコンソールの基本の使い方徹底解説

なぜSEOでサーチコンソールが重要なのか

SEOとは、「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」の略で、検索結果の上位に表示されることを目的とし、検索エンジンからの評価を向上できるようサイトに様々な施策を実行していくことをいいます。

なぜSEOでサーチコンソールが重要だと言われているのか、ここでは以下2つの理由をあげます。

・効果的なSEO施策を選ぶことができるから
・SEOに役立つサーチコンソールの機能があるから

それぞれ詳しく説明します。

サーチコンソールのデータを活用し効果的なSEO施策を選ぶことができる

一言でSEOと言っても、様々な施策の種類があります。
例えば、優良な被リンクを集める外部施策や、検索エンジンが理解しやすいようなサイト構成にする内部施策などです。

このような数あるSEOの戦略から、より効果が高い施策を選ぶためにサーチコンソールで得られるデータが必要です。

サーチコンソールでは、Webサイトに関する様々な情報を得ることができます。
例えば、

・検索クエリ(検索キーワード)ごとの順位やクリック率
・サイト全体のインデックス状況
・ユーザビリティを下げるようなコンテンツの存在
・Googleから受けているペナルティの内容や対象ページ

などです。

これらの情報を活用することで、効果的なSEO施策をピンポイントでおこなうことができるようになり、より効率良いSEOをおこなうことにつながります。

サーチコンソールにはSEOに役立つ機能がある

サーチコンソールでは、クロールのリクエストやサイトマップの送信など、Googleがサイトを認識するのを助ける機能も備わっています。

そもそも、検索結果にサイトが表示されるためには、クローラーと呼ばれるロボットにクロール(巡回)され、Googleが保有するデータベースに登録(インデックス)される必要があります。

ここで、クロール作業を手伝うことができるのがサーチコンソールです。
サーチコンソールのクロールのリクエストをすることで、優先的にクロールしてほしいページを伝えたり、サイトマップを送信することで、クローラーがサイト内のページ構造を理解するのを助けたりすることができます。

Googleがサイトを正しく認識できないと、検索結果に表示されません。
そのため、クロールを助ける機能を持つサーチコンソールは、SEOで非常に重要なツールであると言われています。

サーチコンソールのSEO活用方法

それでは、サーチコンソールをSEOに活用する方法について具体例をあげながら紹介していきたいと思います。

今回は、SEOの施策を以下の3つの種類に分けて説明していきます。

・サイトの質を向上させるための施策
・正しくインデックスしてもらうための施策
・クロールしてもらいやすくするための施策

それぞれ詳しく説明していきます。

サイトの質を向上させるための施策

検索結果に上位表示されるためには、コンテンツが充実していて、ユーザーが求めている情報が的確に掲載されている必要があります。
逆に、モバイルユーザーへの配慮に欠けたサイトや低品質な被リンクが多いページは、ユーザーにとって有益ではないと判断され、検索順位が下がってしまいます。

以下では、サイトの質を向上させるために、サーチコンソールを活用しておこなうことができるSEO施策についてご紹介します。

検索クエリを分析しより良いコンテンツを作成する

検索クエリとは、ユーザーが実際に検索窓に入力した検索キーワードのことです。例えば、「ソファー 高い」や「ソファー おすすめ」などです。

サーチコンソールでは、検索クエリごとに、サイトの表示回数やクリック数、掲載順位など見ることができます。

サーチコンソールで検索クエリの一覧を確認するには、サーチコンソールの「パフォーマンス」→「クエリ」をクリックします。

検索クエリは、ユーザーの意図を知るのに便利です。検索クエリを分析することで、ユーザーにとって有益なコンテンツを作成し、Googleから高い評価を得ることにつながります。

また、ページがもともと意図していたキーワード以外での流入が多い場合は、不要のキーワードを削除したり、そのキーワードの答えとなる内容を追加して流入を増やしたりするのも良いでしょう。不要なコンテンツが多いページはサイトの質を下げることにつながるため、ページのテーマと関連性の薄いキーワードを削除することでサイトの質を維持することにつながります。
他にも、意図しないキーワードから流入を得ているということは、そのキーワードで作成している記事が少なく、そのキーワードは狙い目のキーワードであることもわかります。そのキーワードに向けた記事を作成することで、流入を増やすことができるかもしれません。

サイトに低品質なページが多いと、サイト自体の評価が下がってしまいます。
低品質なページには、内容のないコンテンツやコピーコンテンツなどが含まれます。検索結果に上位表示されたい場合は、こういった低品質なページは削除し、ユーザーに有益な情報を提供しているページを充実させることが求められます。

しかし、会社のイベントについてのブログページやお問い合わせ完了後に表示されるサンキューページなどはどうでしょうか。
こういったページは、検索ユーザーにとっては有益ではないものの、サイトを構成する上では残しておきたいコンテンツです。

このようなケースで役立つのが「noindex」タグです。noindexタグをページに挿入することで検索エンジンからのクロールをブロックすることができます。こうすることで、サイトの評価を下げることなく、低品質なページでもサイトに保持することができるのです。

低品質なページは、サーチコンソールの「検索パフォーマンス」→「ページ」をクリックすることで確認できます。
このとき、表示する指標は「クリック数」と「表示回数」にしましょう。

ここで、「表示回数」をクリックして、表示回数を低い順番に並べ替えます。

すると、サイトのページが表示回数の低い順に並べ替えられた画面が表示されるはずです。

ここで、表示された「表示回数も少なく、クリック数も少ないページ」は低品質なページである可能性が高いため、よく確認した上で低品質なページだと判断されればnoindexにしてしまいましょう。
ただし、投稿されて順位がついたばかりのページなど、低品質でないページもこの一覧に表示されている可能性もあることに注意してください。

クリック率を改善する

特に表示回数が多いのにクリック率が少ないページについては、タイトルやディスクリプションが魅力的でないせいで、本来得られたはずの流入を逃している可能性があります。

サーチコンソールを使えば、そういった表示回数が多いのにクリック率が少ない、いわゆる「もったいないページ」を突き止め、そのページに絞ってタイトルやディスクリプションの改善をすることができます。

表示回数が多いのにクリック率が少ないページを確認するには、「検索パフォーマンス」をクリックし、指標を「表示回数」と「平均CTR(クリック率)」を選択します。

ここで、「CTR」をクリックし、クリック率が低い順に並べ替えをします。

ここで、表示回数が多いのにほとんどクリックされていないページに注目し、タイトルやディスクリプションの改善などをおこなえば良いでしょう。

また、クリック率も表示回数も少ないページに関しては、前述したnoindexなどの対策が必要です。

被リンクの確認

Googleは、「外部サイトから多くの被リンクを受けているサイトは、ユーザーにとって有益なコンテンツを発信している」と判断するアルゴリズムがあり、被リンクの多いサイトの方が検索結果の上位に上がりやすいです。

しかし、逆に、低品質なサイトや関連性の薄いサイトから被リンクを受けていると、スパムと見なされてページの評価が下がってしまう可能性があります。

そのため、サイトのどのようなページに被リンクが多いか、また、低品質なサイトから被リンクを受けていないか確認することで、高品質な被リンク数を伸ばしてGoogleからの評価を高めることにつながります。

サーチコンソールで被リンクを確認するには、サーチコンソールの左メニュー「リンク」をクリックします。

この画面から、「外部リンク」の「上位のリンクされているページ」を参考にリンクを受けやすいページを作成したり、「リンク元サイト」に関連性の薄いサイトがないか確認したりしましょう。

もしも、低品質な被リンクを受けていた場合は、Googleが提供している「リンク否認ツール」からリンクの否認をおこないましょう。

モバイルユーザビリティの向上

Googleは検索結果の順位を決める際の指標として、モバイルユーザーが使いやすいサイトかどうかといった指標である「モバイルフレンドリー」を追加することを発表しています。

そのため、サイトを構築する際に、モバイルユーザビリティの高いサイトを構築することはSEOの観点からもとても大切です。

サーチコンソールでは、サイト内のページがモバイルフレンドリーであるかどうかを判断し、もしそうでない場合はなぜモバイルフレンドリーでないと判断されたのかその理由を確認することができます。

まず、サーチコンソール左メニューの「モバイルユーザビリティ」をクリックします。
すると以下のような画面が表示されます。

ここで、「モバイルフレンドリーでない」と判断されたページは「エラー」、「モバイルフレンドリーである」と判断されたページは「有効」に振り分けられて表示されます。

また、エラーの原因については、その下の「詳細」の「型」で確認できます。

もし、ここで「モバイルフレンドリーでない」と判断されたページがあれば、その原因を調べ解決するようにしましょう。

エラーの原因の詳細や解決方法など、もっと詳しい説明に関しては、以下のページで説明していますので、こちらもよければご覧ください。

サーチコンソールのスマホに関する機能の活用方法を紹介します!

正しくインデックスしてもらうための施策

検索エンジンから適切な評価をしてもらうためには、正しくインデックスしてもらう必要があります。

ページによっては、同一のページを表示する複数のURLが存在することがあります。
例えば、以下のURLはwwwの有無が異なりますが、どちらも同じページを表示します。

・http://example.com
・http:/www.example.com

こういったURLが混在していると、Googleからの評価が分散したり、コピーコンテンツだと評価されたりして検索順位が下がってしまうことがあります。

そのため、サイト内のページがどのようなURLでインデックスされているか確認し、把握することが大切です。

インデックスされているURLを確認

ここでは、サーチコンソールを用いてインデックスされているURLを確認する方法について説明します。

まず、サーチコンソール左メニューの「URL検査」をクリックし、検索窓に「検査したいURL」を入力します。

すると、入力したURLについての検査結果が表示され、「カバレッジ」タブにある「ユーザーが指定した正規 URL」からインデックスされているURLを確認できます。

もしも、正しいURLでインデックスされていない場合は、以下のサイトを参考にURLの統一をおこないましょう。

サーチコンソールで使用するドメインを統一できない?統一方法を解説

クロールしてもらいやすくするための施策

ページが検索結果に表示されるためには、検索エンジンにクロールしてもらう必要があります。

しかし、クロールはリンクを辿っておこなわれますので、被リンクが少ないページは検索エンジンに見つけてもらいにくく、「クロールされにくい」または「クロールされるまでに時間がかかってしまう」という状況に陥りがちです。

そんな時に、サーチコンソールからGoogleに直接クロールのリクエストをしたり、サイトマップを送信したりすることで、検索エンジンがクロールしやすいサイトにすることができます。

サイトマップを送信

サイトマップは、サイトの構造をわかりやすく一覧にしたもので、検索エンジン向けのXMLサイトマップとユーザー向けのHTMLサイトマップがあります。

サイトマップで送信できるのは、検索エンジン向けのXMLサイトマップで、サイトマップを送信することで、検索エンジンにサイトの構造を示し、クロールを助ける効果があります。

サーチコンソールでサイトマップを送信するには、左メニューの「サイトマップ」をクリックし、「新しいサイトマップの追加」にサイトマップのURLを入力します。

サイトマップを作成・送信する方法については、以下のページで詳しく解説していますので、よければご覧ください。

新サーチコンソールでサイトマップの作成・登録方法を詳しく解説

クロールをリクエスト

サーチコンソールでは、個々のページのURLについて、Googleに直接クロールをリクエストすることもできます。

サーチコンソールでクロールをリクエストするには、URL検査ツールを使います。

URL検査ツールを使用する方法は、以下の手順でおこないます。
まず、サーチコンソールの左のメニューバーの「URL検査」をクリックし、上部の検索窓にクロールをリクエストするURLを入力します。

次に、URL検査の結果画面で、「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

インデックス登録のテストがおこなわれます。
リクエストが完了すると以下の画面が表示されます。エラーが出た場合は、エラー内容を訂正してもう一度リクエストを送信しましょう。

また、サーチコンソールのクロールに関する機能については、以下のページで詳しく説明していますのでよければご覧ください。

新サーチコンソールでクロールのリクエスト方法、レポート機能を解説

サーチコンソールを活用してSEOを成功させよう

今回は、サーチコンソールをSEOに活用する重要性や具体的な施策についてご紹介しました。しかし、SEOには様々な施策があり、今回紹介したものが全てではありません。
SEOをおこなう際には、サーチコンソールで得られる検索クエリや表示回数、クリック率など、様々な指標についてのデータを分析し、最も効果的と考えられる施策を選んでおこなうようにしましょう。

検索結果の上位に表示されるよう、サーチコンソールを上手く活用していきましょう!

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。

そのままの計画で、目標達成できますか?

Webマーケティングには予想外な事態がつきものであることを私たちは理解しています。
考えて、考え抜いて設計したはずのKPIが全く達成されずに、形骸化し誰も触れない状態になっている。

サイト内でユーザーがどのような行動をとっているかを解析

自社と競合を比較し、どこが勝っていてどこが弱みなのかを浮き彫りに

ユーザーのニーズや業界動向等を調査し、状況にあった施策を提案

課題解決のポイント、目標達成のプロセスなど
Webサイトの成長につながる具体的な手段をご提示いたします

運営会社

Web制作・広告・コンサルティングのセルリア

サービス一覧
会社概要