記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

サーチコンソールでの削除リクエストの意味や送信方法を解説!

この記事では、Googleサーチコンソールで削除リクエストを送信する方法について説明します。削除リクエストは、あるコンテンツをGoogleの検索結果に表示させたくない緊急の場合に使用されます。正しく使用し、健全なサイト運営を目指してください。

Googleの検索結果にて、自分のサイトが表示されないようにしたい。
古いページなので、検索結果に出して欲しくない。
会社の機密情報を載せてしまったので検索で見つかって欲しくない。

上記などの理由からGoogleの検索結果からページ情報を消したいという方もいるのではないでしょうか。

その場合は、サーチコンソールにて検索結果からページ情報を削除のリクエストをすることが有効です。

今回は、サーチコンソールを使って検索結果からサイトの情報を削除する方法や削除する必要があるケースをお伝えします。

「URLを削除する」とは

URLを削除するとは、いろんな意味が考えられますが、今回は「Googleの検索結果でサイトが表示されないようにGoogleのインデックスから削除する」ことを「URLの削除」として解説していきます。
URLを削除するには、サーチコンソールを使用し、削除したいサイトのURLを削除リクエストとしてGoogleに伝える必要があります。
また、削除するには、「サイト所有者であること」「サーチコンソールにサイトを登録していること」が前提となります。

URLを削除する必要がある場合

削除リクエストは、緊急の対応として使用するものです。
緊急の場合とは、会社情報・個人情報など機密性の高い情報がインデックスされたケースなどが挙げられます。また、検索結果に表示させたくないページが表示されてしまっている場合など、いち早く検索結果から外したい場合に使用する必要があります。

URLを削除する際の注意点

URLを削除する場合には以下のような点に注意しましょう。

緊急の時だけ使用すること

できるだけ早く検索結果から削除する必要があるページにのみ使用するようにしましょう。むやみに使用すると、検索結果のランキングへの悪影響が考えられます。

一時的な削除であること

サーチコンソールでの削除のリクエストでは、URLは完全に削除されるわけではなく、一時的に非表示にされます。また、非表示になる期間は約6ヶ月間と決まっています。つまり、非表示期間が終了すると再びGoogle検索結果に表示されます。

検索結果から完全に削除したい場合は、削除リクエストをおこない非表示になる約6ヶ月間の間に、サイトのコンテンツの削除やnoindexタグの活用などをする必要があります。(後述)

「URLの削除リクエスト」を使ってはいけない場合

サーチコンソールにて手軽におこなうことの出来る「URLの削除リクエスト」ですが、どんな場合でも使用していいわけではありません。以下のように削除が不要なケースもあるので、使用の際は注意しましょう。
削除リクエストをする前に以下の場合に該当しないかどうか確認することをお勧めします。

ペナルティを受け、サイトをリセットする目的での使用

サーチコンソールにてガイドラインに違反し「検索トラフィック」の「手動による対策」にてペナルティを受けた際には、該当のサイトを削除リクエストをおこなうのは避けましょう。ページを修正し、再審査をリクエストすることで解決できます。

ハッキングされたサイトのURLをすべて削除する場合

ハッキングされたページが場合、数ページであればの場合削除リクエストで対応することがをおこなうことは可能です。しかし、サイトのURLのドメインごと削除するのは、ページが膨大であり、リクエストが受理されない可能性があります。削除リクエストをおこなうのではなく、ハッカーのアクセスを防ぐ対応をし、サイトの修正をおこないましょう。

URLを統一したい場合

ページによっては、wwwの有無などにより複数のURLが存在する場合があります。
例えば、以下の2つのURLのように、wwwを含むURLとwwwを含まないURLが混在しているパターンです。

http://www.example.com/
http://example.com/

どちらのURLを入力しても同じページが表示されますが、複数のURLが混在していると「コンテンツの評価が分散する」「コピーコンテンツとしてペナルティを受ける」などの可能性があります。
こういった理由からURLを統一したい場合は、URLの削除ではなく、Googleが推奨している下記の方法でおこないましょう。

・rel=”canonical” リンクタグを使用する
・rel=”canonical” HTTP ヘッダーを使用する
・サイトマップを使用する
・廃止する URL に 301 リダイレクトを使用する

また、URLの統一方法については、以下のページで詳しく紹介しているのでよければご覧ください。

サーチコンソールで使用するドメインを統一できない?統一方法を解説

「URLの削除リクエスト」が不要な場合

次に「URLの削除リクエスト」が不要な場合について説明します。

以下のケースでは、URLの削除リクエストを送信しても問題はありませんが、わざわざ削除リクエストを送信する必要はありません。

サイトから削除した古いURLの場合

Googleは存在しないページを検出すると、検索結果から削除します。そのため、サイトの運営者がわざわざ削除のリクエストをする必要はありません。

しかし、クローラーの巡回を待たずに、なるべく早く検索結果から削除したいという場合には、サーチコンソールでURLの削除をリクエストするのも良いでしょう。

クロールエラーで検出されたURLの場合

サーチコンソールの「クロールエラー」で表示されたページは、存在しないことを検出した後に検索結果から削除されます。そのため、サイトの運営者が削除のリクエストをする必要はありません。

URLの削除をリクエストする方法

先述の誤った使用ではないことを確認したら、早速URLの削除をリクエストしましょう。

①まず、「サーチコンソールに対象のサイトを登録していること」が前提となります。サーチコンソールは無料ツールですので、まだ登録していないという方は以下のサイトを参照に登録してみましょう。

初心者でも失敗しない!Googleサーチコンソールの登録方法

②サーチコンソールにログインしたら、左のメニューバーから「インデックス」の「削除」をクリックして削除ツールを開きます。

③次に「一時的な削除」のタブにある「新しいリクエスト」をクリックします。

④すると、以下のような画面が表示されます。
「一時的な削除」のリクエスト方法には、「URLを一時的に削除する」「キャッシュされたURLを消去する」の2通りの方法があるので、どちらか選んで削除する必要があります。

「URLを一時的に削除する」では、リクエストが承認された日から約6ヶ月間の間Googleの検索結果から非表示になります。

また、「キャッシュされたURLを消去する」では、検索エンジンが再度クロールするまでスニペット(検索結果に表示されるページの説明欄)とキャッシュされたバージョンが検索結果から削除されます。
削除された情報を含むページが検索結果に表示されることはありますが、削除した情報はスニペットやキャッシュされたバージョンには表示されなくなります。
ただし、削除後もキャッシュとスニペットは更新されることに注意してください。 

さらに、この画面では、入力したURLからどのように削除するか、削除範囲について「このURLのみを削除」または「このプレフィックスで始まるURLをすべて削除」の2通りから選ぶことができます。

・「このURLのみを削除」について
「このURLのみを削除」では、ページの拡張子(.htmlなど)を含めて入力されたURLと正確に一致するURLのみが削除されます。

例えば、入力したURLが「https://example.com/mypage」であった場合、

削除されるURL:
http://example.com/mypage
https://example.com/mypage
http://www.example.com/mypage
https://www.example.com/mypage

削除されないURL:
https:///example.com/mypage/index.html
https:///example.com/mypage/?from=top

となります。

・「このプレフィックスで始まるURLをすべて削除」について
「このプレフィックスで始まるURLをすべて削除」では、サイト全体やディレクトリ全体など、入力されたURLのプレフィックス(先頭のドメイン)と一致するものがすべて削除されます。

例えば、入力したURLが「https://example.com/mypage」であった場合、

削除されるURL:
http://example.com/mypage
https://example.com/mypage
http://www.example.com/mypage
https://www.example.com/mypage
http:///example.com/mypage/index.html
https:///example.com/mypage/index.html
http:///example.com/mypage/?from=top
https:///example.com/mypage/?from=top

削除されないURL:
https:///example.com/top-page
https:///example.com/example/

となります。

すべての入力が終わったら画面下部の「次へ」ボタンをクリックしましょう。
以下の画面は操作の一例です。

⑤「次へ」ボタンをクリックすると、以下の画面が表示されるので、問題なければ「リクエストを送信」をクリックします。これで、URLの一時的な削除が完了です。

なお、この確認画面は、1つ前の画面で「URLを一時的に削除する」と「このURLのみを削除する」を選択した場合の確認画面です。
自分の選んだ削除設定によって確認する内容が変わりますので、自分が削除したい内容と合っているかきちんと確認してからリクエストを送信しましょう。

削除リクエストが拒否された場合に考えられる原因

サーチコンソールで削除をリクエストしたのにも関わらず、リクエストが拒否されてしまった場合には、以下の理由が考えられます。

・リクエストの送信者が対象のURLの所有者ではない
・対象のURLは、入力したクエリの結果として返されなくなった
・対象のURLのキャッシュコピーがすでに検索結果から削除されている
・対象のURLのリンクにのみ検索キーワードが使用されている
・削除リクエストを繰り返し送信してしまった

URLの削除リクエストを確認するには

過去6ヶ月間の間に削除リクエストしたURLの一覧は、「送信されたリクエスト」に表示されます。

この画面では以下を確認することができます。

「URL」
リクエストがあったURLです。表示されたURLのバージョン(wwwの有無、httpかhttpsか)もすべてリクエストに含まれます。

「型」
リクエストのタイプです。リクエストを送信する際に選んだ「URLを一時的に削除する」か「キャッシュされたURLを消去する」が表示されます。

「リクエスト済み」
リクエストが送信された日付です。

「ステータス」
リクエストのステータスを確認できます。以下のステータスが表示されます。

・リクエストの処理中
リクエストは処理中です。

・リクエストが拒否されました
何らかの原因でリクエストが拒否されました。考えられる原因については後述します。

・一時的に削除されました
URLはGoogleの検索結果から一時的に削除されました。

・削除の期限が切れました
削除リクエストが期限切れになりました。削除リクエストをもう一度送信しないと、ページが検索結果に表示される可能性もあります。

・消去しました
キャッシュ消去のリクエストが完了しました。

URLの削除リクエストをキャンセルするには

一時的な削除リクエストをキャンセルするには、以下の手順でおこないます。

①サーチコンソールにログインし、「インデックス」→「削除」をクリックして、送信されたリクエストの一覧画面を開きます。

②リクエストをキャンセルしたいURLを見つたら、そのリクエストの横にある「…」ボタンをクリックし、「リクエストをキャンセル」をクリックします。

これで、削除リクエストのキャンセルが完了です。

削除ツールのその他の機能 一般ユーザーからの削除リクエストの確認

削除ツールには、自分で送信した削除リクエストを確認するだけでなく、一般ユーザーからのリクエストを確認できる機能もあります。

主に使える機能は以下の2つです。
・古いコンテンツの削除リクエストの確認
・アダルトコンテンツとして報告されたサイト上の URLの確認

それぞれ詳しく説明します。

古いコンテンツの削除リクエストを確認する

古いコンテンツの削除リクエストは、通常、サイト運営者ではない一般ユーザーによっておこなわれ、「古いコンテンツの削除ツール」経由で送信されます。
サーチコンソールでは、こういった古いコンテンツの削除リクエストを確認することができます。

確認方法は、削除ツールを開き「古いコンテンツ」タブをクリックするだけです。

基本的に画面の見方は「一時的な削除」を確認する場合と同様ですが、以下の項目に違いがあります。

「型」
リクエストのタイプです。リクエストを送信する際に選んだ「古いキャッシュを削除」か「古いページを削除」が表示されます。

「ステータス」
古いコンテンツの削除リクエストのステータスです。リクエスト状態(承認/拒否)の確認、また、リクエストが拒否された原因について確認できます。

アダルトコンテンツとして報告されたサイト上の URLの確認

サーチコンソールに新たに加わったレポート機能で、「セーフサーチ提案ツール」によってアダルトコンテンツだと報告されたURLを確認することができます。

確認方法は、削除ツールを開き「セーフサーチ フィルタリング」タブをクリックするだけです。

リクエストのあったURLについて、不適切な評価を受けている(アダルトコンテンツではないのにアダルトコンテンツとして評価されてしまった)と感じた場合は、ウェブマスターフォーラムで報告しましょう。

番外編 検索結果から完全に削除したい場合

サーチコンソールの削除リクエストは、あくまでそのページを一時的に非表示にする機能です。そのため、URLを完全に削除したい場合は、削除リクエストで非表示になった期間に以下の対応をする必要があります。

・サイトのコンテンツを削除または更新し、サーバー側が404、410のどちらかのHTTPステータスコードを返すようにする
・URLに認証パスワードをかけるなど、コンテンツのアクセスをブロックする
・noindexタグをつけ、インデックスされないようにする

サーチコンソールの削除リクエストを適切に活用しよう

今回は、検索結果に表示したくない情報をインデックスから外す方法である「URLの削除リクエスト」をご紹介しました。
削除リクエストを使用してはいけない場合もあるので、きちんと確認してから使用しましょう

また、削除リクエストは、約6ヶ月間の間の一時的な非表示をリクエストしているに過ぎません。コンテンツを検索結果から完全に削除したい場合は、別の対応が必要になることを忘れないでください。

サーチコンソールの削除リクエストを適切に使用して、サイトの健全な運営につなげましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。