記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

Premiere Proワークスペースおすすめ設定方法|快適な動画編集は環境整備から始まる

Premiere Proのワークスペースの編集方法とおすすめの設定を紹介してきました。ワークスペースといっても聴き慣れない人が多いと思いますが、自分の作業スペースだと思ってください。Premiere Proには様々な機能がありますが自分がよく使うものだけを1画面内に入れることで移動の時間を減らす事ができ、効率よく作業が行えます。

カテゴリ: PremierePro

Premiere Proのワークスペースと言われてパッと思い浮かべることのできる人は動画編集に慣れている方だと言えるでしょう。
ワークスペースとは日本語にすると仕事場所と言い換える事ができると思います。
Premiere Proのワークスペースとは動画編集する際に使用する画面そのもののことを指します。

普段何気なく使用しているワークスペースなのですが、動画編集の効率を上げたいと思っている方の中に、用意されているワークスペースを行き来している方は動画編集の効率がまだ上がる余地があります。
今回は動画編集の際に役立つワークスペースのおすすめ設定を紹介していきます。

Premiere Proのワークスペース設定

Premiere Proのワークスペースはカスタマイズできるのをご存知でしょうか。
私自身も動画編集をよくしますが、ワークスペースをカスタマイズできるのを知らなかったときにはプリセットのワークスペースを行き来していました。
文字入れの際には「グラフィック」エフェクトをかけたいときには「エフェクト」と言ったように既存のワークスペースを移動していました。

Premiere Proはプロからアマチュアまでの動画編集者に対応できるよう設計されています。
私も含めて簡単な動画編集しない人には一部の機能しか使用しないのにワークスペースを移動している現象が起きています。
1つ1つの機能を1つの画面に集めてしまえば、移動の時間を減らす事ができます。

ここではワークスペースを自由にカスタマイズして、保存する方法を紹介していきます。

いらないパネルをワークスペースから削除する

いらないパネルを右クリック、もしくは矢印で指されている部分を選択します。
すると、パネルに対するアクションが表示されるので「パネルを閉じる」を選択します。
「パネルを閉じる」を選択する事でワークスペースからパネルを消去する事ができます。

ワークスペース内でパネルの位置を移動、サイズ変更させる

ワークスペースの中でパネルを移動、サイズ変更させる事でより使いやすいワークスペースに進化させましょう。
パネルを移動させる場合にはパネルを任意の位置で掴み移動させたい位置に移動させるいわゆるドラッグアンドドロップです。
パネルの端にカーソルを合わせる事でカーソルが変化します。そのままクリックし希望のサイズまでドラッグアンドドロップを行う事で変更できます。
パネルの上下左右からサイズ変更することが可能です。

欲しいパネルをワークスペースに追加する

欲しいパネルがある場合はPremiere Proのメニューの中の「ウィンドウ→追加したいパネルの名前にチェックを入れる」の動作を行う事でパネルをワークスペースに追加することができます。

作成したワークスペースの保存

Premiere Proメニューの中の「ウィンドウ→ワークスペース→新規ワークスペースをして保存」を選択する事でワークスペースの配置を保存する事ができます。

Premiere Proのワークスペースおすすめ設定

結論ワークスペースのおすすめ設定は編集者自身が普段どのような機能を使っているかによります。
Premiere Proは自由にカスタマイズする事ができるので初心者からプロの方まで対応する事が可能です。
このまま、説明終わりでは寂しいため、Premiere Proを触り始めた動画編集初心者用のおすすめのワークスペースを紹介していきます。

①プログラムモニター

編集をする上で動画上どのようになっているのかを確認できるパネルであり、動画編集には欠かせない機能でしょう。
更に、動画編集が実際にどうなっているかを確認するだけでなく、文字や画像の場所やサイズの変更まで画面内でできるため、直感的に編集できるのも動画編集者としてはありがたい機能です。

②タイムライン、オーディオメーター

タイムラインは編集を行う際に時間軸や素材などを一括管理できる機能がついており、編集行う際には必須のパネルになります。
素材をカットしたり、編集を行う際にはこのタイムライン上で行う必要があります。
タイムラインはプログラムモニター同様必ず必要となる機能なので①、②のパネルは問答無用でワークスペースに登録しておきましょう。
オーディオモニターは現在流れている音量を可視化させる機能です。
音がない部分や音の上限になっている部分を視覚的に確認することで音声の問題を解決する要因になります。

③エッセンシャルグラフィックス、Lumetriカラー

エッセンシャルグラフィックスはテロップを入れる際に、Lumetriカラーは動画素材の色彩調整に使用します。
エッセンシャルグラフィックスは動画編集をする際にテキストを入力するだけであれば必要ありませんが、文字サイズやフォントなどの変更をする際に必要になります。
Lumetriカラーの初心者の必要性はエッセンシャルグラフィックスに比べて劣りますが、MVなどの雰囲気やコンセプトを持った動画を編集する際に、色彩をコントロールする事で世界観を壊す事なく編集する事ができます。

④エフェクト、エフェクトコントロール、オーディオクリップミキサー

Premiere Proでモザイクやフェードインなどのエフェクトを使用する際にはエフェクトとエフェクトコントロールが必要になります。
エフェクトとは様々なエフェクトが用意されているライブラリのことを指します。
付け加えたいエフェクトをタイムラインの素材の上にドラッグアンドドロップを行うことでエフェクトを導入する事ができます。
エフェクトを導入した後、そのエフェクトはプリセットで用意されたままになっているので素材にあっているとは言えません。

その際にエフェクトを変更させるのがエフェクトコントロールです。
エフェクトコントロールを使用すれば素材にあったエフェクトに変更することができます。

オーディオクリップミキサーはクリップごとの音量を調節する機能です。
動画を作成する際には主体となる動画、BGM、効果音などの音声から成り立っています。
どの音声も重要なのですが主体となる動画の音声は残しつつ、他の音声が邪魔にならないようクリップごとの音量調節が可能です。
タイムライン上でも音量調節は可能ですが、オーディオメーターで表示される音声は全ての音声が混ざった状態になって表示されてしまうので、それぞれの音声の状況を把握しずらいという難点があります。

⑤プロジェクト、ヒストリー、CCライブラリ

プロジェクトは動画の素材やフォントのマスタースタイルを保存できる場所です。
もしプロジェクトがなければ何度も使用する素材を使用するたびファイルを開いて使用しなければなりません。
プロジェクトが設置してあれば一度使用した素材はそこから何度でも取り出す事ができ、効率的に編集を行う事ができます。
ヒストリーとは編集を行なった履歴を遡れる機能です。
色々編集したけど、やっぱり初めに作った作品が良かったなどの場合に一つ一つ編集を戻すこともできますが、ヒストリーを使用する事で履歴を効率的に遡る事ができます。

CCライブラリはオブジェクトやテキストスタイルを登録でき、共有できる機能です。
例えば、一つのチャンネルを様々なユーザーが運営していたとします。
しかし、テロップのデザインやインサートの画像がバラバラである場合、統一感に欠け、見ている側も違和感にかられながら見ることになります。
その際にCCライブラリを使用することによって、テキストのデザインや画像を素早く共有うする事ができ、統一感のある編集を行う事ができるようになります。
また、CCライブラリには他の人が作った作品も使用できるようになっているため、お気に入りの作者をフォローし動画のアクセントとして使用するのも良いかもしれません。

まとめ

今回はPremiere Proのワークスペースのカスタマイズの仕方と動画編集初心者のおすすめ設定を紹介してきました。
私自身もこの機能を知るまではPremiere Proに元から用意されていたワークスペースを自分が必要な機能があるところを転々と移動しながら編集をしていました。
これでは、移動の時間が無駄になり非効率です。
今回紹介したPremiere Proのワークスペースのおすすめ設定をまねても良いですし、自身がよく使う機能を有したワークスペースをカスタマイズしても良いと思います。
Premiere Proのワークスペースを改善する事で動画編集が楽しくなることを願っています。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。