記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

Premiere Proの使い方を動画作成の流れに乗っ取り徹底解説

今回は実際の動画編集の流れに則ってPremiere Proの使い方を紹介してきました。動画編集を始めたばかりの場合、何から編集したら良いのか、どのような編集工程を踏んでいく事が効率的なのかが分からないと思います。基本の工程を知っておく事で、動画編集が効率的になり、挫折せずに動画編集ライフを過ごせる事ができると思います。

カテゴリ: PremierePro

動画編集といえば有名Youtuberの方も使用していますし、プロの現場でも利用されているという現状から使用する動画編集ソフトはPremiere Proだと考え、使用されている方もいると思います。
ただ、初めて動画編集を行う方はどのような手順で動画を編集するべきなのかを試行錯誤している段階のユーザーも多いと思います。
今回はPremiere Proの使い方を動画編集を始めた方向けに紹介していきながら、有益な情報を交えていきたいと思います。

Adobe Premiere Proを使うべき人

Premiere Proは、プロの動画編集者から初心者の方まで利用できる動画編集ツールです。
よって、プロの仕事までフォローできる機能がたくさんあるため「プロしか使いこなせないのではないか」と考え、Premiere Proの使用を諦めるユーザーもいる事でしょう。
まだまだ動画編集ソフトを使いこなせる自信がないから無料ソフトから入って動画編集スキルを身につけたら月額を支払いPremiere Proを使ってみようと考えるユーザーもいるでしょう。
ここで勘違いをしないで欲しいのですが、無料ソフトとPremiere Proどちらが簡単に編集できるかと問われた時に大半の方はPremiere Proと答えると思いますし、私は間違いなくPremiere Proだと言い切れます。
無料ソフトで試行錯誤している時間と月額を支払ってPremiere Proを使用することで節約できる時間を考えると月額を考慮してもお釣りが来るぐらいの恩恵があると感じています。
今現在、無料ソフトを使用して動画編集を行っているユーザーの中にストレスや時間を取られている方、これから動画編集を行っていきたいと考えている初心者の方に是非ともPremiere Proの使い方を学び使用して欲しいと考えています。

Adobe Premiere Proの使い方

今回は動画編集初心者のために本格的な映像制作の場合のPremiere Proの使い方ではなく、ホームビデオやYoutuber、テレビ番組の様な動画を作成する際の手順を紹介していきます。

  • 準備
  • カット
  • テロップ
  • エフェクト
  • BGM,効果音
  • 書き出し
  • 基本この順番に動画編集を行なっていけば効率良く編集を行うことができるでしょう。
    項目ごとに行う操作内容やなぜこの様な順番で編集するべきなのかも随時紹介していきたいと思います。

    使い方①準備

    この段階では以下の2点の内容を実践します。

  • プロジェクトファイルの作成
  • 動画素材の用意
  • プロジェクトファイルの作成

    プロジェクトファイルは、動画編集を行う場所のファイルです。

    以下の手順で作成していきます。

  • 新規プロジェクトを選択
  • 「名前」「保存先」を入力
  • 確認し問題がなければ「OK」ボタンを選択
  • 動画素材の用意

    作成したプロジェクトに作成する動画の元となる素材を取り込ませましょう。
    素材を導入する方法は二つあります。

  • パネルのプロジェクトをダブルクリック→取り込みたい素材を選択し「開く」を選択
  • メニューバーの「ファイル」から「読み込み」を選択orショートカットキーの「ctrl/command+I」を使用→取り込みたい素材を選択し「開く」を選択
  • 素材が取り込まれているかはプロジェクトのパネルに表示されているかを確認してください。
    素材が取り込まれているのを確認したら、編集したい素材をプロジェクトのパネルからタイムラインにドラッグアンドドロップを行う事で、タイムライン上に編集したい素材を配置する事ができます。

    ここまでできたら、Premiere Pro使い方の準備の段階は終了です。

    使い方②カット

    準備ができたら動画に必要のない部分を削除するカットの工程を行いたいと思います。
    カットの方法は2種類あります。

  • マウスを使用したカット
  • ショートカットキーを利用したカット
  • Premiere Proのカット作業を爆速にするショートカットキーと覚えておくと役立つこと)では効果的なカットについて詳しく紹介しています。
    まだ、マウスを使用してカットしている方は必ず見ておいて損はしないでしょう。
    カットの工程はどの映像作品にも必ず入る工程です。
    更にショートカットキーを利用したカットを知っていれば大幅な時間削減になるでしょう。
    ここまでできたら、Premiere Pro使い方のカットの段階は終了です。

    使い方③テロップ

    カットの段階が終わったら次はテロップを入れましょう。
    Premiere Proの使い方の順番は「準備」「カット」までは大多数のユーザーが同じ順番で行うと思います。
    次の工程で「テロップ」「エフェクト」どちらを先に行うか問題になりますが、私は「テロップ」を先に行うのが良いと思います。
    なぜなら、テロップにもエフェクトを入れる事が可能だからです。
    基本的に同じ作業はまとめて行なった方が違う作業をバラバラに行うより慣れていき、効率が上がっていきます。
    よって、テロップを入れた後、エフェクトを入れる事が効率の良いPremiere Proの使い方だといえるでしょう。
    テロップの一般的な導入方法は以下の手順で行えます。

  • ツールの「横書き文字ツール(T)」を選択
  • プログラムモニター上のテロップを入れたい箇所でクリック
  • 文字を入力
  • エッセンシャルグラフィックスでフォントやサイズなどを変更
  • 基本的な流れはこの様に行なっていきますが、これではテロップを入れるたびに「横書き文字ツール(T)」を選択して、プログラムモニターに持ってくるという作業が発生してしまい、効率的とは言えません。
    Premiere Proでテロップを高速で入れる方法|テロップに関する小技を2つ紹介)では動画編集の中で最も時間のかかるテロップ入れを高速にするための秘訣を紹介しています。
    テロップ入力でマウスを多用している方は是非見てみてください
    。 ここまでできたら、Premiere Pro使い方のテロップの段階は終了です。

    使い方④エフェクト

    エフェクトとはフェードアウトやモザイクの様に動画に「特殊効果」を加える事です。
    動画に抑揚を付け加えるには重要な要素です。
    エフェクトの導入方法は以下の手順で行えます。

  • エフェクトパネルから使用したいエフェクトを選択
  • 選択したエフェクトを使用したい素材にドラッグアンドドロップ
  • エフェクトコントロールパネルでエフェクトを調整
  • Adobe Premiere Proは動画編集者に優しくエフェクトのプリセットを用意してくれています。
    動画編集者が使用していた難しそうなエフェクトもプリセットで真似できるかもしれません。
    エフェクトパネルやエフェクトコントロールが見当たらないという方はPremiere Proのメニュータブの中の「ウィンドウ」から「エフェクト」「エフェクトコントロール」にチェックを入れる事でワークスペースに表示させる事ができます。

    効率的な動画編集は整備された環境から生まれます。
    Premiere Proを効率的に使う上でワークスペースに普段必要とする機能を配備しておく事が重要です。
    Premiere Proワークスペースおすすめ設定方法|快適な動画編集は環境整備から始まる)という記事ではワークスペースのおすすめ設定と自分好みにカスタマイズする方法を紹介しています。
    一つの画面で編集を完結させたいと考えている方は是非読んでみてください。
    ここまでできたら、Premiere Pro使い方のエフェクトの段階は終了です。

    使い方⑤BGM,効果音

    Adobe Premiere ProにはBGMや効果音は用意されていません。
    そのため、必要な音声の素材はあらかじめPCに取り込んでおきましょう。
    取り込み方は「準備」の段階で紹介した通りです。
    だた、音声の素材を配置する場所は「A1」「A2」などの表記のある段に配置しましょう。
    動画の音声は「主動画の音声」「BGM」「効果音」などのバランスが大事です。
    バランスが取れていないと視聴者にとって聞きづらいものになり、動画を最後まで視聴されなくなってしまいます。
    タイムライン横に音量を視覚化してくれているオーディオメーターが用意されており、タイムライン上でも音量調節ができますが、オーディオメーターは各段ごとのオーディオメーターは用意してくれていません。
    各段ごとにオーディオメーターを確認しながら音量の調整をするためには「オーディオクリックミキサー」パネルを利用すると良いでしょう。
    BGMや効果音は最後の作業にするべきです。
    なぜなら、動画の流れやエフェクト、テロップにも効果音をつける事ができるため、最後の仕上げとして行うべきでしょう。
    ここまでできたら、Premiere Pro使い方のBGM,効果音の段階は終了です。

    使い方⑥書き出し

    書き出しという作業は、プロジェクトとして作り上げてきた動画を再生できる形式で出力する事です。
    書き出しの手順は以下の通りです。

  • メニューバーの「ファイル」から「書き出し」を選択、もしくは「ctrl/command+M」のショートカットを利用
  • 書き出しの形式を用途に応じて設定
  • 出力名を選択後、「保存名」「保存先」を設定
  • 設定を確認し「書き出し」を選択
  • 状況別の書き出し設定や書き出しの際の注意点を詳しく紹介した(Premiere Proでの書き出し方法|状況別書き出し設定を紹介)という記事があります。
    書き出しの工程で疑問に思っている方がいましたら、解決できる糸口になるかもしれません。
    気になっている方がいましたら、是非読んでみてください。
    ここまでできたら、Premiere Pro使い方の書き出しの段階は終了です。

    まとめ

    Adobe Premiere Proの使い方を紹介してきました。
    初めて動画編集に携わる方はPremiere Proの使い方やどの工程が必要なのか、どの順番で作業を行う事が効率的なのかが分からないと思います。
    今回の記事を読んだ方は動画制作の全体像を掴めたかと思います。
    Premiere Proの使い方を知った上で編集するのとPremiere Proの使い方を知らないで編集するのでは効率が大きく違っていきます。
    今回の記事を読んだ方は是非どんどん動画編集を行い、現在使いきれていないPremiere Proの力を掘り起こしていきましょう。
    是非、Premiere Proを使った効果的な動画編集ライフを歩んでみてください。

    最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
    以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

    この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
    minwebの最新情報をお届けします

    minweb編集部(株)セルリア

    ”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
    企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

    こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

    Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

    ダウンロード資料画像

    Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

    サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。