記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

Premiere Proでクロマキー合成|グリーンバックを利用し動画の幅を広げよう

今回はPremiere Proでクロマキー合成方法を紹介していきます。クロマキー合成というよりはグリーンバックを使用し、切り抜く方法といった方が馴染みがあるかもしれません。グリーンバックを使用した撮影はPremiere Proを利用し編集することで簡単に物や人を切り抜く事ができるようになります。

カテゴリ: PremierePro

Premiere Proを利用し、動画編集をしている方であればグリーンバックを切り抜く編集のクロマキー合成をやってみたいという方も多いのではないでしょうか。
クロマキー合成とは特定の色を透明にし別の映像と合成する処理です。
SF映画の撮影であったり、お天気情報番組でもよく利用されています。
ちょっと上級者っぽい編集のクロマキー合成もPremiere Proを利用する事で簡単に行う事が可能になります。
今回はPremiere Proを利用したクロマキー合成のやり方を紹介していきたいと思います。

Premiere Proを利用したクロマキー合成のやり方

Premiere Proを利用しクロマキー合成を行う前にグリーンバックなどで撮った素材とそこに合成させたい素材を用意していきましょう。
なぜ緑の背景なのかという疑問があると思います。
これに関しては諸説あるのですが、肌の色と補色関係にある緑、青であれば人間と背景の色が区別がつきやすく、抜きやすいためだと言われています。
素材が用意できたら以下の手順でクロマキー合成を行なっていきましょう。

  • 「Ultraキー」というエフェクトを探す
  • 切り抜く側の素材に「 Ultraキー」をドラッグアンドドロップ
  • エフェクトコントロールから抜く色を指定
  • 合成したい素材の上に設置する
  • では、それぞれの工程を紹介していきたいと思います。

    「Ultraキー」というエフェクトを探す

    クロマキー合成を行うためのエフェクトをエフェクトパネルから探しましょう。
    エフェクトパネルで「Ultraキー」と入力し、探します。

    ワークスペース内にエフェクトパネルがない場合はPremiere Proのメニュー欄の「ウィンドウ」からエフェクトを探し、チェックを入れましょう。
    後ほどエフェクトコントロールパネルも必要になるため、エフェクトコントロールがワークスペースになければチェックをいれて表示させましょう。

    切り抜く側の素材に「 Ultraキー」をドラッグアンドドロップ

    クロマキー合成を行うために用意したくり抜く側の素材をPremiere Proのタイムラインに配置しましょう。
    エフェクトパネルで見つけた「Ultraキー」を切り抜く素材にドラッグアンドドロップを行い、「Ultraキー」を適用しましょう。

    エフェクトコントロールから抜く色を指定

    「Ultraキー」を適用できたら、自動で背景を抜かれるわけではありません。
    抜く色をエフェクトコントロールパネルで指定する必要があります。
    エフェクトコントロールパネルのUltraキーの項目でキーカラーの設定をしていきます。
    スポイトマークをクリックし、プレビュー画面のクロマキー合成がしたい背景の色をクリックします。

    すると背景が黒くなると思います。

    黒くなったらその部分は透明になっているので、抜いた素材の下に合成したい背景を配置してみましょう。
    これで、Premiere Proを利用したクロマキー合成は完了です。

    Premiere Proクロマキー合成がうまくいかない場合

    今回は素材がよくできていたためクロマキー合成が非常に綺麗に行えました。
    ただ、抜く側のグリーンバッグが歪んでいたり、色がバラバラであると綺麗にクロマキー合成ができません。
    大前提として綺麗な背景を使用するべきなのですが、どうしても綺麗にクロマキー合成ができない場合の対処法も紹介していきます。

    プリセットの設定

    Ultraキーの設定は「初期設定」「弱」「強」「カスタム」というプリセットが用意されています。
    Premiere Pro初心者にとってありがたいプリセットですが、Ultraキーのプリセットは経験上あまり友好的とは言えないでしょう。 それぞれの例を紹介しておきます。

    初期設定

    犬の色が急激に変化する事なく、自然体でいいですが、あまり綺麗にクロマキー合成ができていないので他の素材と組み合わせた時に綺麗に表示できません。

    切り抜きは大方うまくいっていますが、犬の色が変わりすぎており、自然に見えません。

    設定の変更

    プリセットはクロマキー合成において有効的であるとは言えませんでした。
    Premiere Proを利用しクロマキー合成をおこなってきた経験から有効な設定を紹介していきたいと思います。
    変化を感じていただくためにプリセット設定の弱からどの様に変化しているかを見ていきましょう。

    シャドウ

    画像の暗い領域の不透明度を調整します。

    ぺデスタル

    アルファチャンネルからノイズを除去し、光量の低い素材のキーを改善します。

    チョーク

    アルファチャンネルマットのサイズを縮小します。

    柔らかく

    アルファチャンネルマットのエッジをぼかします。

    輝度

    前景ソースの輝度をコントロールします。

    経験上有効な5つのオプションを紹介してきました
    上記の例はそれのみで変化させてきた極端な例でしたが、それらを組み合わせる事で切り抜いてきましょう。

    調整を繰り返す事で背景が歪んでいたとしても綺麗にクロマキー合成を行う事ができる様になりました。

    まとめ

    Premiere Proを利用したクロマキー合成のやり方はいかがでしたでしょうか。
    クロマキー合成を行える様になると作成できる動画の幅が広くなります。
    動画内で自分を世界旅行に連れて行くこともできるし、飛ぶことだってできる様になります。
    Premiere Proを利用したクロマキー合成をたくさん利用し、魅力的な動画を作成していきましょう。

    最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
    以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

    この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
    minwebの最新情報をお届けします

    minweb編集部(株)セルリア

    ”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
    企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

    こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

    Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

    ダウンロード資料画像

    Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

    サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。