記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

Premiere Proでアニメーション追加方法|魅力的な動画にはアニメーションが使われている

今回はPremiere Proのアニメーションの追加について紹介していきます。アニメーションは創画に動きをもたらし、1ランク上の動画作りをサポートしてくれます。アニメーションの設定はエフェクト調整の基本となる動作なのでしっかり覚える事で自分の思い通りの作品を作る事ができます。

カテゴリ: PremierePro

動画配信サービスなどで動画を見ているとタイトルがぐるぐる回ったり、左から右にものが流れたり、透明になったりするアニメーションをみる事があると思います。
こんなアニメーションを作ってみたいと考えて、Premiere Proを利用しているが作るのが難しいと思っている方も多いと思います。
今回はPremiere Proを使用したアニメーションを作成していきたいと思います。

Premiere Proで素材を上下左右に動かすアニメーション

Premiere Proで上下左右に移動させるアニメーションを追加していきましょう。
アニメーションを付けたいクリップを選択し、エフェクトコントロールを開いてみましょう。
エフェクトコントロール内のモーションの位置という要素を探してください。
数字が2つあり、左の数値が左右位置の値であり、右の数値が上下位置の値です。
アニメーションを追加するには位置の左側にある時計マークを選択する事でオン/オフを切り替える事ができます。
これらの情報を踏まえた上で、以下の方法でアニメーションを追加する事ができます。

  • アニメーションをオンにするために時計マークをクリック
  • 始まりと終わりのキーフレームを追加
  • 位置情報の数値を入力
  • それぞれの工程を紹介していきます。

    アニメーションをオンにするために時計マークをクリック

    位置のアニメーションを追加するために時計マークをクリックしましょう。
    クリックされるとアニメーションがオンになるだけでなく、現在あるインジケーターの位置にキーフレームが追加されます。
    キーフレームとはアニメーションの区切りと覚えておきましょう。

    始まりと終わりのキーフレームを追加

    キーフレームを追加する事で編集の区切りを追加する事ができます。
    今回は簡単なアニメーションにするためはじめと終わりのキーフレームを設定するだけにしておきますが、キーフレームを多く追加する事でより複雑な動きをする事ができます。
    今回は単純なアニメーションを作成する為、アニメーションを追加したいはじめと終わりの部分にキーフレームを追加しましょう。

    位置情報の数値を入力

    先ほど紹介したように位置の要素である2つの数字は左の値が左右の位置を示し、右の値が上下の値を示します。
    素材を左上から右下に動いていくアニメーションを想定し、値を入力していきましょう。
    アニメーションの始まりのキーフレームに移動し、値を「0.0、0.0」に設定します。

    アニメーションの終わりのキーフレームに移動し、値を「2500.0、1500.0」に設定します。

    設定ができたらアニメーションの初めから再生してみてください。
    左上から右下に移動する設定ができました。

    Premiere Proで素材を拡大・縮小させるアニメーション

    Premiere Proで素材を拡大・縮小させるアニメーションを追加しましょう。
    拡大・縮小を行うアニメーションは以下の手順で行います。

  • アニメーションをオンにするために時計マークをクリック
  • 始まりと終わりのキーフレームを追加
  • スケール情報の数値を入力
  • それぞれの工程を紹介していきます。

    アニメーションをオンにするために時計マークをクリック

    スケールのアニメーションを追加するために時計マークをクリックしましょう。
    クリックされるとアニメーションがオンになるだけでなく、現在あるインジケーターの位置にキーフレームが追加されます。
    キーフレームとはアニメーションの区切りと覚えておきましょう。

    始まりと終わりのキーフレームを追加

    キーフレームを追加する事で編集の区切りを追加する事ができます。
    今回は簡単なアニメーションにするためはじめと終わりのキーフレームを設定するだけにしておきますが、キーフレームを多く追加する事でより複雑な動きをする事ができます。
    今回は単純なアニメーションを作成する為、アニメーションを追加したいはじめと終わりの部分にキーフレームを追加しましょう。

    スケール情報の数値を入力

    スケール情報は大きさの情報の値のみで構成されています。
    素材の大きさを決める情報を入力していきましょう。
    アニメーションの始まりのキーフレームに移動し、値を「0.0」に設定します。

    アニメーションの終わりのキーフレームに移動し、値を「200.0」に設定します。

    設定ができたらアニメーションを初めから再生してみてください。
    素材を徐々に大きくする設定が行えました。

    今回は縦横比を固定という欄にチェックを入れていたのでスケールの情報入力だけで素材の縦横比が固定されたまま拡大されましたが、このチェックを外す事で縦と横のスケールの設定ができるようになります。

    Premiere Proで素材を回転させるアニメーション

    Premiere Proで素材を回転させるアニメーションを追加しましょう。
    回転を行うアニメーションは以下の手順で行います。

  • アニメーションをオンにするために時計マークをクリック
  • 始まりと終わりのキーフレームを追加
  • 回転情報の数値を入力
  • それぞれの工程を紹介していきます。

    アニメーションをオンにするために時計マークをクリック

    回転のアニメーションを追加するために時計マークをクリックしましょう。
    クリックされるとアニメーションがオンになるだけでなく、現在あるインジケーターの位置にキーフレームが追加されます。
    キーフレームとはアニメーションの区切りと覚えておきましょう。

    始まりと終わりのキーフレームを追加

    キーフレームを追加する事で編集の区切りを追加する事ができます。
    今回は簡単なアニメーションにするためはじめと終わりのキーフレームを設定するだけにしておきますが、キーフレームを多く追加する事でより複雑な動きをする事ができます。
    今回は単純なアニメーションを作成する為、アニメーションを追加したいはじめと終わりの部分にキーフレームを追加しましょう。

    回転情報の数値を入力

    回転情報は角度の情報の値のみで構成されています。
    素材の角度の情報を入力していきましょう。
    今回は3回転させる設定にしていきます。
    アニメーションの始まりのキーフレームに移動し、値を「-3×0.0」に設定します。

    アニメーションの終わりのキーフレームに移動し、値を「0.0」に設定します。

    設定ができたらアニメーションを初めから再生してみてください。
    素材が3回転する設定が行えました。

    Premiere Proで素材を透明化させるアニメーション

    Premiere Proで素材を透明化させるアニメーションを追加しましょう。
    透明化を行うアニメーションは以下の手順で行います。

  • アニメーションをオンにするために時計マークをクリック
  • 始まりと終わりのキーフレームを追加
  • 不透明度情報の数値を入力
  • それぞれの工程を紹介していきます。

    アニメーションをオンにするために時計マークをクリック

    回転のアニメーションを追加するために時計マークをクリックしましょう。
    クリックされるとアニメーションがオンになるだけでなく、現在あるインジケーターの位置にキーフレームが追加されます。
    キーフレームとはアニメーションの区切りと覚えておきましょう。

    始まりと終わりのキーフレームを追加

    キーフレームを追加する事で編集の区切りを追加する事ができます。
    今回は簡単なアニメーションにするためはじめと終わりのキーフレームを設定するだけにしておきますが、キーフレームを多く追加する事でより複雑な動きをする事ができます。
    今回は単純なアニメーションを作成する為、アニメーションを追加したいはじめと終わりの部分にキーフレームを追加しましょう。

    不透明度情報の数値を入力

    透明化は不透明度の情報の値のみで構成されています。
    素材の不透明度の情報を入力していきましょう。
    今回は徐々に透明になっていく設定にしていきます。
    アニメーションの始まりのキーフレームに移動し、値を「100.0%」に設定します。

    アニメーションの終わりのキーフレームに移動し、値を「0.0%」に設定します。

    設定ができたらアニメーションを初めから再生してみてください。
    素材を透明化していく設定が行えました。

    まとめ

    Premiere Proを利用する事でできるアニメーションの代表例を紹介してきました。
    アニメーションがどのように作成されるかを確認する作業だったため、簡単な設定で行いました。
    もっと複雑なアニメーションを作成したいという場合にはキーフレームを追加したり、他のアニメーションと組み合わせてみることでより魅力的な動画が作成できます。
    これを機に是非アニメーションを使いこなしていきましょう

    最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
    以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

    この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
    minwebの最新情報をお届けします

    minweb編集部(株)セルリア

    ”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
    企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

    こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

    Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

    ダウンロード資料画像

    Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

    サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。