Photoshop

Photoshopで画像を切り抜く方法7選(キャンバスや図形、被写体など)

Photoshopを使って画像を切り抜く方法はいくつかあります。それぞれ用途や難易度が違います。どのように使い分けて行けばいいのかわからない人でもわかりやすいように今回は7つの切り抜きの使い方を紹介します。

キャンバスを切り抜く方法

まず初めにキャンバスを切り抜く方法を紹介します。

切り抜きツールを選択する

ツールバーから「切り抜きツール」を選択します。切り抜きツールが他のツールで隠れてしまっている事があります。そのような場合、下の画像で黄色い枠で囲われている部分を右クリックして隠れている切り抜きツールを表示させてください。

切り抜き後の比率を選択する

キャンパスを切り抜く比率を選択します。メニューバーの下に比率を入力する箇所があります。そこに比率を入力します。左の四角が横、右の四角が縦の比率です。

切り抜きたい範囲を選択する

キャンパスを切り抜くサイズを選択します。切り抜きツールを選択すると枠が表示されるので枠をドラッグする事でサイズを変更する事ができます。

角度を調整する

切り抜き後の角度を変更したい場合は角度を調整しましょう。枠の周りをドラッグする事で角度を変更する事ができます。

Enterで完成

Enterキーを教えて完成です。キャンバスのサイズを後から自由に変更する事ができます。一度切り抜きを行ってしまうと作業をやり直すまでキャンバスのサイズを戻す事ができないので気をつけてください。

図形の形で切り抜く方法

図形の形で切り抜く方法を紹介します。

楕円形選択ツールを選択する

範囲を選択する

切り抜きたい範囲をドラッグして選択します。

選択範囲を反転する

「選択範囲」→「選択範囲を反転」の順にクリックしてください。

deleteを押して完了

deleteを押すと楕円形選択ツールで選択した範囲が残ります。レイヤーのロックがかかったままの状態だと切り抜きを行う事ができないのでロックを外してから行いましょう。

切り抜きツールと長方形選択ツールの違い

切り抜きツールと長方形選択ツールのどちらも長方形に切り取る事ができますがそれぞれ違いがあります。切り抜きツールの場合キャンパス丸ごと切り抜きを行いますが、長方形選択ツールはレイヤーに対して切り抜きを行うので選択したレイヤーのみ切り抜きを行います。それぞれ用途が違うので使い分けましょう。

被写体を自動で切り抜く方法

Photoshopでは被写体を自動で判別して切り取る機能があります。ワンクリックで被写体を選択する事ができます。精度も優れているので切り抜きの手間を減らす事ができます。今回は画像を使用して被写体を自動で切り抜く方法を紹介します。
「選択範囲」→「被写体を選択」をクリックして範囲を選択します。

被写体を自動で範囲選択を行うことができましたが若干背景が残っています。「選択範囲」→「選択とマスク」をクリックしてワークスペースを表示させて細部を整えましょう。

境界線調整ブラシを使用する事で髪の毛など細かな部分を切り取る事が可能です。「被写体を選択」で自動で選択できなかった範囲を境界線調整ブラシで調整します。


選択範囲を調整したら「選択範囲」→「選択範囲を反転」をクリックして選択範囲を反転させます。

選択範囲が反転しました。

選択範囲を反転をクリックすると自動的に選択された被写体以外の部分が選択されます。レイヤーのロックが外れていることを確認して「deleteキー」を押すと背景を切り抜く事ができます。この方法を使用すればワンクリックと少しの調整で画像を切り抜きできます。PhotoshopのAIが進化する度に切り取りの精度も上がっていくので今後も期待の機能です

自動選択ツールで切り抜く方法

自動選択ツールの使い方を紹介します。自動選択ツールは初心者から上級者の方まで画像の切り抜きに使用している便利ツールです。
自動選択ツールを選択します。クイック選択ツールに隠れてしまっている場合があるのでクイック選択ツールを右クリックして隠れている自動選択ツールを選びましょう。

範囲を選択する

自動選択ツールを使用して範囲を選択しましょう。小さめのブラシで行うと微調整を行いやすいです。

髪の毛など細い部分を整える

髪の毛など細かい物を自動選択ツールで選択すると背景も同時に選択してしまいます。そのような場合は「選択範囲」→「選択範囲とマスク」をクリックして境界線調整ブラシを使用しましょう。

クイック選択ツールで指などの箇所を選択したら境界線調整ブラシを使用して髪の毛を選択しましょう。境界線調整ブラシはツールバーから選択する事ができます。

「選択範囲」→「選択とマスク」を適用させる

クイック選択ツールを使って切り抜く方法

境界線ブラシを使用して髪の毛を切り抜きます。境界線ブラシで切り抜きをする事で髪の毛のフサフサ感を出しながら切り抜きを行う事ができます。

以上で自動選択を使った切り抜きが完了です。自動で範囲を選択してくれるので簡単に切り取りを行う事ができます。のっぺりした写真だと切り取りが難しいのであらかじめ色調補正でコントラストを上げておくと切り取りが行いやすくなります。

単色の背景を切り抜く

背景が単色の画像はマジック消しゴムツールを使用する事で簡単に切り抜きを行う事ができます。

マジック消しゴムツールを選択する

最初にマジック消しゴムツールを選択します。マジック消しゴムツールは消しゴムツールと同じ場所に入っています。

背景をクリックする

背景をクリックすると切り抜きを行う事ができます。同じ色の背景の場合、ワンクリック
で背景を消す事が可能です。

ペンツールで切り抜く方法

自動選択ツールで綺麗に選択できないものはペンツールを使用しましょう。ペンツールを使用して手動で範囲を選択する事で自由に範囲を選択する事ができます。ペンツールを使用して切り抜く方法を紹介します。

ペンツールを選択する

ペンツールを選択しましょう。直線的な線を引きたい場合は「ペンツール」曲線を引きたい場合は「曲線ペンツール」自由に線を引きたい場合はフリーフォームペンツールを選択してください。

ペンツール対象物を囲む

ペンツールのメニューでパスになっている事を確認し、対象物をペンツールで囲みましょう。

対象物を囲む事ができたらレイヤーメニューから「パス」を選択します。先ほどペンツールで作成したパスを右クリックして「選択範囲を作成」をクリックしましょう。


ペンツールで囲まれた範囲が選択されます。「選択範囲」→「選択範囲を反転」をクリックして背景を選択しましょう。

選択範囲を反転させたら「deleteキー」を押して背景を削除します。これでペンツールを使った切り抜きが完了です。

文字の形に切り抜く方法

文字マスクツールを使用して画像を文字の形に切り抜く方法を紹介します。

文字マスクツールを選択する

文字マスクツールを選択しましょう。文字ツールと同じグループに入っています。

切り抜きたい文字を入力する

キャンパスに切り抜きたい文字を入力します。

選択範囲を反転させる

メニューバーから「選択範囲」→「選択範囲の反転」をクリックして選択範囲を
反転させます。

deleteキーを押して切り抜く

「deleteキー」を押せば文字の通りに背景を切り抜くことができます。この方法を使用すれば簡単におしゃれな文字を作成する事ができます。

まとめ

今回は画像の切り抜き方法を紹介しました。初心者の方だと画像を切り抜くと聞くと難しそうと感じる人もいると思います。しかしPhotoshopには自動で範囲を選択してくれる機能があるので簡単に切り抜く事ができます。画像の切り抜きができるとデザインの幅が広がるので実践しながら身につけましょう。以上でPhotoshopを使った画像の切り抜き方法の紹介を終わります。

ピックアップ記事

  1. 今さらきけないコンテンツSEOとは?施策のポイントや手順まとめ
  2. Instagramの予約投稿に便利なツール5選!比較・特徴・使い方
  3. https化(常時SLL化)によるSEOの効果・メリットについて
  4. 【初心者向け】seoの正しい読み方は?意味や効果を解説
  5. Webマーケティングとは?基礎知識と種類ごとの導入メリット・活用方法

関連記事

  1. WordPress

    【超簡単】スマホ1つでWordPressを利用する方法

    WordPressを使う際、スマホ(スマートフォン)だけでWordPr…

  2. WordPress

    3分で完了!WordPressでgoogleアナリティクスを導入する方法

    この記事では、wordpressでサイトを作成した人向けにgoogle…

  3. Photoshop

    Photoshopを使って画質を劣化させずに画像のサイズを変更する方法

    画像を使用する媒体によって画質が乱れてしまうことがあります。そのような…

  4. WordPress

    WordPressの固定ページについて[基礎~応用]機能と使い方のすべて

    Wordpressには普通の投稿の他に、「固定ページ」があるのをご存知…

  5. WordPress

    こんなに簡単!?Photoshopで背景を透明にする方法

    画像の背景を透明にしないと画像を合成する時に背景が重なってしまい上手く…

  6. WordPress

    WordPressで表を簡単に作成・編集する方法【初心者向け】

    Wordpressを使ってサイトやブログを作成する際、表を追加したいと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

解析/ツール

広告/マーケティング

デザイン/Web制作

Webコラム

PAGE TOP