特集・記事リスト 記事・特集リスト
資料ダウンロード 無料お役立ち資料
本サイトについて 本サイトについて
お問い合わせ お問い合わせ
閉じる

Photoshopで画像を自然に合成する方法【3分で理解、簡単に実践】

Photoshopを使えば2つの画像素材を合成することができます。合成するには貼り付ける画像を切り抜き、もう片方の画像に貼り付けて明るさや色彩を合わせることで簡単にできます。ここでは、Photoshopを使った合成方法を解説します。

カテゴリ: Photoshop

Photoshopを使えば、画像の合成が簡単にできるので、デザインの幅が広がります。
ものの10分ほどでできてしまうので、
●今まで合成をしようとしたけど上手にできなかった方
●初めて画像を合成する方
はぜひチャレンジしてみてください。

Photoshopを使って画像を合成する手順

画像の合成は次の手順でおこないます。
①合成したい人物・物体が写っている画像と貼り付けるための画像を用意する
②合成したい人物・物体を切り抜いて別の画像に貼り付ける
③切り抜いた部分をなじませる

素材を用意する

まず、切り抜きたい人物・物体が写った画像と、切り抜いた素材を貼り付ける背景を用意します。

切り抜きたい人物・物体が写った画像はできるだけ、背景との境界線がはっきりしているものを選びましょう。切り抜きしたいものと背景の境界線がはっきりしていればいるほど、簡単に切り抜きすることができます。

今回は、以下の素材から鳥を切り抜いて2枚目の雪景色の画像と合成します。

画像が決まったら、最初に2枚の画像をPhotoshopに表示させます。
表示させたら、切り抜いた人物・物体を貼り付けたい画像を「背景レイヤー」に設定します。

自動選択ツールを使用して合成したい部分を切り抜く

切り抜いた人物・物体が写ったレイヤーを選択し、クイック選択ツールで切り抜きをします。
「クイック選択ツール」では、Photoshopが切り抜きたい部分を自動的に範囲を選択してくれるため、簡単に切り抜きが行うことができます。

自動選択ツールが見つからない場合は、「クイック選択ツール」に隠れてしまっているので、ツールバーに表示されている「クイック選択ツール」を右クリックすることで隠れてしまっている「自動選択ツール」を表示できます。

「自動選択ツール」を選択し、コマンドを押しながら切り抜きたい箇所をクリック。ブラシの大きさを細かくすると範囲選択しやすくなります。

切り抜きたい箇所をなぞったら「選択とマスク」をクリックします。

「選択とマスク」をクリックすると「クイック選択ツール」でなぞった箇所が背景と合成されているビューが表示されます。

しかし、細かい部分など切り抜き素材の背景が残ってしまっている部分があるので、画面左側に表示されている「境界線調整ブラシツール」で細かな部分を整えます。

「境界線調整ブラシ」を使用すると細い箇所が綺麗に切り抜くことができるので違和感無く合成をすることができます。
綺麗に選択範囲を選ぶことができたら「OK」をクリックします。

「選択範囲」→「選択範囲を反転」をクリックして選んだ選択範囲を反転させます。

この時、「要求された操作を完了できません。スマートオブジェクトを直接編集することはできません」と表示される場合は、レイヤーがスマートオブジェクトになっていることが原因です。スマートオブジェクトに変換されているレイヤーにレイヤーの右下にはマークが表示されています。

選択範囲を反転させるためには、スマートオブジェクトを解除する必要があります。

解除するには、レイヤーメニューからスマートオブジェクトに変換されているレイヤーを選択し、右クリックし、

「レイヤーをラスタライズ」をクリックしましょう。

スマートオブジェクトを解除し、範囲選択を反転させると、いらない背景の部分が表示されます。
「編集」→「カット」の順にクリックすると切り抜きが行われます。「delete」キーでも行えます。

切り抜いた部分を貼り付けた画像になじませる

「移動ツール」 を使用して素材を移動させたりサイズを変えたりしましょう。
ただし、そのまま画像の拡大や縮小を繰り返すと画質が劣化してしまうので「スマートオブジェクト」に変換します。

素材を選び、右クリックをします。

「スマートオブジェクトに変換」をクリックします。

スマートオブジェクトにすると画像が拡大や縮小しやすくなります。スマートオブジェクトに変換した好きなように素材を背景に配置しましょう。

また、素材と背景の明るさや色相があまりにかけ離れていると違和感のある合成写真になってしまいます。
Photoshopには明るさや色相を調節できる機能もあるのでそちらを使用して素材と背景の明るさと色相を調節します。

「レイヤー」→「新規調整レイヤー」をクリックし「明るさ・コントラスト」を選択し、貼り付けた画像と同じくらいの明るさにします。

そのまま調整レイヤーを適用すると素材と背景の両方に効果が反映されてしまいます。
「下のレイヤーを使用してクリッピングマスクを作成」にチェックを入れ「OK」をクリックします。

つまみを移動させて明るさを変更することができます。基本的に右に移動させると効果が強くなり左に移動させると効果がマイナスになります。

次に色相を変更します。「レイヤー」→「新規調整レイヤー」→「色相・彩度」をクリックします。

背景と素材の色相を一致させると違和感のない合成を作成することができます。

まとめ

Photoshopでは、切り抜いた画像を貼り付けられるだけでなく、明るさや色相を整えることができるので、異なる画像の合成を自然に仕上げることができます。

2つの画像を組み合わせて綺麗な画像を作りたい!という方はぜひ、今回の方法を試してみてください。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

無料でできるWebマーケティング11選  <MIDORIBON>

ダウンロード資料画像

Webマーケティングに取り組もうとしている方に向けて、無料で利用できるWebマーケティングに役立つツールを9つ集めました。ツールの始め方からWebマーケティングに利用するメリット、実践的な活用方法まで解説します。

コストをかけずにまずはWebマーケティングに取り組んでみたい思いの方にぴったりの一冊です。

そのままの計画で、目標達成できますか?

Webマーケティングには予想外な事態がつきものであることを私たちは理解しています。
考えて、考え抜いて設計したはずのKPIが全く達成されずに、形骸化し誰も触れない状態になっている。

サイト内でユーザーがどのような行動をとっているかを解析

自社と競合を比較し、どこが勝っていてどこが弱みなのかを浮き彫りに

ユーザーのニーズや業界動向等を調査し、状況にあった施策を提案

課題解決のポイント、目標達成のプロセスなど
Webサイトの成長につながる具体的な手段をご提示いたします

運営会社

Web制作・広告・コンサルティングのセルリア

サービス一覧
会社概要