記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

Photoshopでデザイン制作に おすすめのフォントを 追加する方法

デザインをPhotoshopで制作する際、フォントを追加することでよりデザインの幅を広がらせることができます。ここではフォントを追加する方法やおすすめのフォントを解説します。

カテゴリ: Photoshop

●Webサイトのデザインを制作する時にちょうどいいフォントがない

●クライアントや上司からもらったデータにダウンロードされていないフォントが含まれていて正しくデザインが表示できない

●フライヤーや画像制作に使えるフォントが少ない こういったとき、フォントを追加(ダウンロード)することで、文字デザインの幅が広がったり、正しくデザインが表示され作業しやすくなります。

デザイン制作に役立つフォントの追加方法を解説します。

Photoshopにフォントを追加する方法

Photoshopで使用できるフォントは、基本的にパソコン内にインストールされているフォントです。

Photoshopで使用できるフォントを増やすためには、パソコンにフォントを追加してPhotoshopに反映させることが必要です。

パソコン本体にフォントを追加してPhtoshopでも反映させる方法

まずは、Photoshopで使用したいフォントをパソコンへダウンロードします。 今回は例として「にくまフォント」をダウンロードさせていただきます。にくまフォントはひらがなやカタカナ、漢字を、丸く柔らかい形で表現するフォントです。

以下のサイトにアクセスし、「フォントをダウンロード」をクリック

【にくまるフォント◎フリーフォントダウンロード開始】 http://www.fontna.com/freefont/1651/ フォントをダウンロードすると、zipファイル(圧縮ファイル)でダウンロードされるため、クリックして解凍します。

解凍されたフォルダを開くと以下のデータが入っています。 その中からotf形式のファイル「07にくまるフォント.otf」をクリック。

ファイルを開くと次の画面が表示されるので、「フォントをインストール」をクリック。

フォントがパソコンにインストールされました。 パソコンにフォントがインストールされたので、Photoshopでも「にくまるフォント」が使用できるようになっています。

フォントを探す方法

Adobe Fontを使用する

「Adobe Font」では、フォントの提供をおこなっており、Adobe Creative Cloudに契約している人なら誰でも使用できます。

Adobe Fontは個人使用、商用使用問わず使用する事が可能なのでわざわざ商用可能な素材を探す必要もありません。3000種類超えるフォントを無料で使用する事ができます。フォントのライセンス獲得はAdobe Creative Cloudに紐付けされるのでPhotoshop、IllustratorなどのAdobeアプリで使用する事ができます。

【Adobe Font】 https://fonts.adobe.com/fonts?purpose=desktop

左端からフォントの種類が選ぶことができます。 例えば、「筆記体」を選択すると、筆記体フォントが表示されるので、使用してみたいフォントを開きます。 「すべてのフォントをアクティベート」をクリックするとアカウントにフォントが紐付けされるようになります。

Adobe Fontで追加したフォントはパソコン内に保存される事がないのでフォントをパソコンに入れたくない方はこちらを利用してみるのはいかがでしょうか。

ネットでフリーフォントを探す

Web検索で「フリーフォント」と検索するとさまざまなフォントがヒットします。 その中から、気に入った先ほど紹介した手順でフォントをダウンロードすることも可能です。 ただし、フォントをダウンロードするときにいくつか注意点があります。

●商用OKか確認する 企業のWebサイトや資料に使用する場合、商用OKなものでないと使用できません。 気に入ったフォントがあっても商用NGだった場合、使用できません。

●セキュリティチェックは念入りに パソコンにダウンロードする場合はウイルスが混ざっていないかも気をつけなければなりません。配布元が信用できるかよく確認しましょう。

とりあえずこれを入れておけば安心!おすすめフォント

フォントのダウンロード方法がわかっても「どんなフォントがおすすめなのか分からない」と感じている方もいるかと思いますので、おすすめフォントを紹介します。

Noto Sans CJK JP

日本でよく使われているフォントといえば「ヒラギノ角ゴ」。 macでは標準装備されていますが、windowsでは内蔵されていません。 しかし、ヒラギノ角ゴは使用するのに数万円かかってしまいます。 そんな時に便利なのが、「Noto Sans CJK JP」です。

ヒラギノ角ゴに似ていると言われており、非常に便利なフォントです。 ダウンロードする場合は、以下のURLからダウンロードします。

【Noto Sans CJK JP】ダウンロード https://www.google.com/get/noto/#sans-jpan

M+ fonts

フリーフォントながら色々な種類が選べるフォントです。合計43種類のフォントを選使うことができます。 文字の太さが変わるだけで印象も変化するので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

【M+ fonts】ダウンロード https://mplus-fonts.osdn.jp/about.html

Century Gothic

英文使用時に重宝するフォントです。 どこか優しげで丸みを帯びた字体が特徴です。 Adobe Fontで提供されているので、Adobe Creative Cloudに契約している人なら使用できます。

【Century Gothic】ダウンロード https://fonts.adobe.com/fonts/century-gothic#fonts-section

まとめ

Photoshopで新しくフォントを使えるようにするには、ダウンロードが必要です。パソコンにフォントをインストールすればPhotoshopでも反映されるので使用できますが、Adobe Fontであればパソコンにダウンロードすることなくフォントを追加できます。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。