注目のITニュース・トレンド情報をお届け

【2019年2月14日配信・今週のハイライト】ミンウェブ編集部おすすめの注目記事7選

セルリア編集部 2020.02.14

2月8日〜2月14日に公開された記事を編集部がピックアップ♪今週は「広告」に関する記事を中心に紹介します。

SHERE!

広告の実例を紹介している記事まとめ

広告の内容を考えるとき、すでに掲載されている広告を見て差別化を目指したり、インスピレーションを得る場合もあるかと思います。
ここでは、広告の例を取り上げている記事を紹介します。

映画「ジョーカー」における会話のインパクト-Twitter社ブログ

画像引用:https://blog.twitter.com/ja_jp/topics/marketing/2020/JokerInsight.html

2020年、アカデミー賞最多11部門でノミネートされた映画「ジョーカー」。
この記事では、テレビ広告とデジタル広告を連動させ、日本で記録的な興行収入を達成したジョーカーのクロスメディア調査について解説しています。

また、記事内では、映画を見る前と見た後のユーザーの動きについても分析しています。さらに、テレビ広告とTwitter広告の費用対効果(ROI)についてもグラフ化して効果を視覚化しています。

Twitterの可能性の広さがわかるので、Twitter広告を始めたい方には必見の記事です。

星占いで運勢を読み解く!仏広告会社によるセルフプロモーション-Adgan

画像引用:https://adgang.jp/2020/02/179497.html

フランスの広告制作会社・We Are Socialがおこなった、占星術とDiorやZARAなど大手企業を掛け合わせ「そのブランドの今年の運勢を占う」という内容のセルフプロモーションを紹介しています。

We Are Socialは、星座とそのブランドに関連性を持たせており、記事では広告に描かれている各星座と惑星の組み合わせからそのブランドが持つ性格が読み取れることが取り上げられています。
細部までこだわったセルフプロモーションは、企業のアピールだけでなく、一般消費者も楽しませるということが読み取れます。

杏が出演、資生堂TSUBAKIの新CM テーマは「待ち時間0秒サロン」-AdverTimes(アドタイ)

画像引用:https://www.advertimes.com/20200213/article307960/

資生堂のヘアケアブランド「TSUBAKI」の新CMについて紹介しています。
新CMのテーマは「待ち時間0秒サロン」。
「まるでサロン帰りのような洗い上がりになる」ということを印象付けて、女性の心に刺さるかのような広告にしたことが記事から伺えます。

広告を制作するにあたって、ターゲットのニーズを的確に捉えることが大切だということが事例から学べるでしょう。

「どっかで聞いた」を Spotify デジタル音声広告で有効活用 : 浄水器メーカー、メイスイの挑戦-DIGIDAY

画像引用:https://digiday.jp/brands/spotify_audio_ads-04-shintsu-meisui/

浄水器メーカー・メイスイの新しい広告の取り組みについて解説しています。
メイスイにはラジオで定番のCMソングがあり、これまでラジオでの広告に注力していました。
しかし今回、若年層からの認知獲得を目指しSpotify(スポティファイ) デジタル音声広告の始めたことが記事では紹介されています。

記事ではメイスイの事例を通じて、Spotifyデジタル音声広告の可能性、戦略的なターゲティング設定の大切さについても言及しています。
Spotifyデジタル音声広告にとって色々と発見の多い記事でしょう。

広告運用に役立つ知識をまとめた記事

広告運用では基本的な知識も必要です。
ここでは、広告の知識をまとめた記事をご紹介します。

機械学習によって「SEO」と「デジタル広告」はどう変わった? 担当者が知っておきたい現実と未来-Web担当者Forum

画像引用:https://webtan.impress.co.jp/e/2020/02/12/34933

元Googleの長山氏らJADE創業メンバーが対談した様子をまとめています。
テーマは、AI・機械学習がされつつある中、SEOと広告にどのような変化が訪れるのか。
記事内では、以前の広告運用のテクニックが通用しなくなってきたことやどのような変化が訪れるのかなども紹介しています。

レポートの最後では、SEOと広告の未来についても言及しています。登壇された小西氏によれば、「ユーザーのためにサイトを便利にする・作り込む」という観点ではSEOと広告が近しい存在となっていること。また、長山氏によればユーザーが目にするのは、検索と広告が一体になった1つの検索結果画面と述べています。

今後の広告運用・SEOの動向を知る上で、欠かせない記事となるでしょう。

クリエイティビティーの仕組みとは、なにか?〜白土謙二、手の内を明かす〜-電通報

画像引用:https://dentsu-ho.com/articles/7120

広告制作にあたって、大切なのがクリエイティビティー。
他に埋もれないための広告を作るためのヒントがこの記事で紹介されています。

本記事は、株式会社電通 特命顧問・白土謙二氏がおこなった講演を編集した記事となっており、クリエイティビティーとは何か、企画の良し悪しを見定める方法とは何かが紹介されています。

また企画を制作する際の適した方法も紹介されており、広告に限らずクリエイティブ業に携わる方全員におすすめの記事です。

「アドベリフィケーション」とは?Web広告の費用対効果をあげる方法を解説-ferret

画像引用:https://ferret-plus.com/14017

アドベリフィケーションとは、広告が見られているか、広告のせいでブランドに傷がついていないかを測定し、配信をコントロールすることを指します。
本記事では、アドベリフィケーションの重要性や役割などを紹介しています。

適切に広告運用をおこなうためにはアドベリフィケーションが重要。
アドベリフィケーションについて正しく理解できるので、広告運用を始める方にはおすすめです。

まとめ

今週は広告の事例や知識に関する記事をまとめました。
中でも興味深かったのが、Twitter社ブログの「映画「ジョーカー」における会話のインパクト」という記事です。
広告の効果とユーザーの動きをまとめたレポートはとても興味深く、新たなマーケティングのヒントとなるのではないでしょうか。

SHERE!