注目のITニュース・トレンド情報をお届け

選手自ら創る「For Your Winning!」現役テニス選手がメディアを運営する理由

#インタビュー

' セルリア編集部 2021.02.16

国内外様々な分野で活躍している株式会社島津製作所。 明治8年創業の日本を代表する企業の一つです。 今回は、そんな島津製作所の実業団テニスチーム・SHIMADZU Breakersが運営するオウンドメディア「For You […]

SHERE!

国内外様々な分野で活躍している株式会社島津製作所。
明治8年創業の日本を代表する企業の一つです。

今回は、そんな島津製作所の実業団テニスチーム・SHIMADZU Breakersが運営するオウンドメディア「For Your Winning!」について、SHIMADZU Breakersの現役テニスプレーヤーの押野紗穂さん、松本安莉さんにインタビューを行ないました。

全編は動画でご覧ください。


(オンラインにてインタビューを行なっております)

「For Your Winning!」のご紹介


SHIMADZU Breakers
押野紗穂さん(左)松本安莉さん(右)

お二人は現役のテニスプレーヤーとのことで、本日は色々なお話を聞ければと思っています。
本日はよろしくお願いいたします。
早速ですが、「For Your Winning!」とはどのようなメディアなのか教えてください。

押野さん(以下押野)SHIMADZU Breakersの社員選手が身体や心のコンディショニングについてコラムを書いています。
トレーニングやストレッチなどの身体のコンディショニングについては、社員選手が普段から行なっているメニューが中心です。コロナ禍で外出が制限されていた時期には自宅で簡単にできるトレーニングメニューを紹介したりもしました。
運動不足の人が身体を動かしたくなったり、スポーツを楽しむ人はさらに楽しくなったりするように、皆さんのヒントになるような記事をお届けしています。

ありがとうございます。
僕もまさに運動不足の人なんですけど、現役の方が実際に行なっているということで、ワクワクが止まりません。

メディア立ち上げの背景・目的

次に、この「For Your Winning!」の立ち上げの背景を教えてください。

松本さん(以下松本)スポーツを通して「人と地球の健康」へ貢献したいという願いのもと、SHIMADZU Breakersは、テニスの振興や地域社会への貢献を目指して活動しています。その中で、より多くの方の健康を手助けできないかと考え、「For Your Winning!」を立ち上げました。
また、チームの存在を知ってもらい、ファンを増やすことも一つの目的としています。

立ち上げ時の課題点・解決方法

メディアを立ち上げるにあたって、様々な課題があったと思うのですが・・・
そんなエピソードや解決方法があれば教えていただけますでしょうか?

押野:私たちは今までの経験を基にコラムを書いていますが、本当に正しい情報を皆さまにお伝えできるかは、専門的な知識がないため不安がありました。
そこで社員選手のトレーニングを指導していただいている横山正吾トレーナーに監修を担当してもらい、より専門的で正しい内容をお届けできるようになりました。
横山正吾トレーナーは、現在はテニス選手のトレーニング指導を中心に活動中で、グランドスラムに出場するプロ選手から、大学、高校のテニス部、キッズまで幅広く指導しているトレーナーです。

ありがとうございます。
専門的な知識がある方が監修というのは、コンテンツの質の向上にとても役に立っているのではないかと思います。
ユーザーにとって役に立つのはもちろんですが、SEOにも寄与する方法だなと思いました。

現在の状況・運用にあたって意識していること

メディアの現状や運用にあたって意識していることなどがあれば教えてください。

松本:中には少し難易度が高いトレーニングメニューを紹介した記事もありますが、基本的には運動をしていない、一般の方も実践できる内容を心掛けています。
例えばメンタル面のことが書かれている記事では、緊張した場面を乗り越える考え方を紹介しており、テニスだけではなく、仕事や他のスポーツにも当てはめられるのではないかと思い記事にしました。

ありがとうございます。

ファン、プレーヤーからの反応

コンテンツを拝見して、 SHIMADZU Breakersのファンの方や同じプレーヤーにとって非常に為になる内容だなと感じています。
実際にそのような方々からの反応はあるのでしょうか?

押野:「動画を見ながら同じことをするようになりました。これからも役立つ情報を期待しています」「早速実践しました。参考になる記事をありがとうございます」など、多くのコメントをいただいています。
実際にコラムを参考にして、同じメニューを取り入れてくださっている方が多くいることを実感しています。

ありがとうございます。
やはり説得力も違いますもんね。
そういった専門家の方の監修であったり、そもそもコンテンツを作っているのが現役のプレーヤーな訳ですから、ファンや他のプレーヤーにとってはとても良いコンテンツなんだなと思います。

現在の課題と行なっている改善方法

そんなコンテンツを発信しているということですが、 現在の課題や施策があれば教えてください。

松本:「For Your Winning!」をより多くの方に知っていただきたいという課題があります。
運動をしていない方にもおすすめの記事を書いていますが、メディア自体を知らない方がまだまだ多いのではないかと思っています。
今はBreakersの公式Twitterで記事の更新を発表したり、プロ選手に協力してもらい、個人のSNSアカウントでメディアを紹介してもらったりしています。
また、一つ一つの記事が検索で上位に表示されやすいように、検索されやすいワードを使用することを意識しています。まずはたくさんの方にメディアの存在を知ってもらいたいです。

ありがとうございます。
例えばSEOで上位表示させることで、認知度を高める施策などを行なっていると思うんですが、 やはり経験上コンテンツで重要なのはユーザーを意識したオリジナリティがあるコンテンツだと思います。
継続してコンテンツを発信し続けることで、課題を解決できるのではないかと思いました。
とてもいい記事なんだなと感じております。

今後想定される課題点

そんな施策を行なっている「For Your Winning!」ですが、今後運用していくにあたって想定される課題点などはありますでしょうか?

押野:今後たくさんの記事を出していく中で、思いつくネタが少なくなってくるかと思います。
ですが、私たちにとっては当たり前のことで、紹介する必要がなさそうな内容でも、意外と社内で相談すると面白い内容ではないかと言ってもらえることがあります。
そういった考え方のギャップも見つけていけるようにしたいと思っています。
また、チームや島津製作所のファンを増やすことを一つの目的としていますが、認知度や知名度にどれほど貢献しているか計測が難しいことも課題です。

ありがとうございます。
やっているからこそのギャップということですね。
(テニスが)身近にない方とのディスカッションは確かに目から鱗というか、 当たり前がその人にとっては当たり前じゃないというか・・・

満足度・認知度の数値化は難しい課題だなと思っています。
単にWebサイトへのアクセス数だけじゃ測れない部分もあるかと思います。
ありがとうございます。

Web以外の発信手段

告知などがあれば是非教えてください。

押野:私たちはWeb以外にもTwitter・Instagram・YouTubeも行なっています。
Twitterは現在2800人ほどの方にフォローしていただいています。
Instagramは今年(2020年)に始めたばかりですが、今は230人くらい(2021年2月時点では290人強)の方にフォローしていただいています。
Web以外でも、テニス動画・トレーニング動画など、皆様のお役に立てるようなコンテンツを投稿しているので是非見ていただきたいです。

「For Your Winning!」の動画はYouTubeにあるものをWebのページに埋め込んで、わかりやすくしているので、「For Your Winning!」を見る際も動画とセットでチェックいただけたら嬉しいです。

今後のビジョン

最後の質問になってしまいますが、今後のビジョンを教えてください。

松本:今は運動をしていない方にもおすすめの記事を掲載しており、その軸は今後も継続したいと思っています。
その中で難易度別に分けて、競技者やプロを目指すジュニア選手たちも実践できるようなメニューを入れていけたらと思っています。
若い世代の方にも、夢や目標を叶えるために役立ててもらえれば嬉しいです。

ありがとうございます。
キッズから若者・お年寄りなどどんな年齢層でもできるトレーニングを発信し続けていくというところなんですけれども・・・
僕は非常に運動不足なんですけれども、そんな僕でも実践できるメニューがあるということなんですよね?

押野・松本:はい!あります!
是非!

是非実践していこうと思います。
様々なユーザーにとって為になるコンテンツを今後も楽しみにしております。

本日はお忙しい中ありがとうございました。

(インタビュアー:杉原 立紀)

 

関連情報

[会社名] 株式会社島津製作所
[メディア名] For Your Winning!

[Twitter] https://twitter.com/SMZ_Breakers
[Instagram] https://www.instagram.com/smz_breakers/
[企業URL]https://www.shimadzu.co.jp/

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。インタビューのご依頼・ご意見・ご要望
などございましたら、 以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

          
SHERE!