注目のITニュース・トレンド情報をお届け

AIがWeb試験の不正を検知するサービス「TG-WEB eye」が登場

セルリア編集部 2020.12.15

人材サービス事業を展開する株式会社ヒューマネージが、業界初となるオンライン監視ができる採用試験「TG-WEB eye」をリリースしました。

新型コロナでWeb試験をする企業が増えてきた

企業の採用試験では、面接や書類審査だけでなく、その職業への適性はあるかをチェックする適性検査が行われます。
適性検査の形は様々で、筆記形式やマークシート方式でおこなっている企業もあれば、Web上で実施している企業もありました。

しかし、新型コロナウイルスの影響で採用方法にも変化が起きました。
書類の提出や面接は全てオンラインに代わり、これまで筆記やマークシート方式で行われていた適性試験はWeb形式になりました。

Web試験が抱える課題とは?

Web形式になったことで、応募者は試験会場や応募先の企業に行かなくても試験を受けられるようになりました。応募者による「密」も避けられるので、新型コロナウイルス対策にもぴったりです。

しかし試験の監督者がいないことから、一方で、なりすまし受験やカンニングの危険性を問題視する企業も多くなりました。

そこで、応募者による不正を防ぐために開発されたのが、「TG-WEB eye」です。

業界初となるオンライン監視型Web試験

「TG-WEB eye」は、株式会社ヒューマネージが提供している新卒採用向け適性検査「TG-WEB」にオンラインで監視ができるシステムが付随したサービスです。


出典:株式会社ヒューマネージ

AIによる試験官が、なりすましやカニングといった応募者の不正を検知すると、受験結果の帳票データに表示され、採用担当者が不正の有無を確認できる仕組みとなっています。

担当者の時間を使わず不正も防止

「TG-WEB eye」は、AIが試験を監督し、不正を防止するサービスです。
そのため、採用担当者の時間を使わなくても、公平なWeb試験を実施することができます。
これから増えていくであろうWeb上での採用試験で画期的なサービスとなるでしょう。

SHERE!

よく読まれているニュース

  • 24時間以内
  • 今週
  • 今月
  • 全て

AIがWeb試験の不正を検知するサービス「TG-WEB eye」が登場

                           
セルリア編集部 2020.12.15

人材サービス事業を展開する株式会社ヒューマネージが、業界初となるオンライン監視ができる採用試験「TG-WEB eye」をリリースしました。

続きを読む

新型コロナでWeb試験をする企業が増えてきた

企業の採用試験では、面接や書類審査だけでなく、その職業への適性はあるかをチェックする適性検査が行われます。
適性検査の形は様々で、筆記形式やマークシート方式でおこなっている企業もあれば、Web上で実施している企業もありました。

しかし、新型コロナウイルスの影響で採用方法にも変化が起きました。
書類の提出や面接は全てオンラインに代わり、これまで筆記やマークシート方式で行われていた適性試験はWeb形式になりました。

Web試験が抱える課題とは?

Web形式になったことで、応募者は試験会場や応募先の企業に行かなくても試験を受けられるようになりました。応募者による「密」も避けられるので、新型コロナウイルス対策にもぴったりです。

しかし試験の監督者がいないことから、一方で、なりすまし受験やカンニングの危険性を問題視する企業も多くなりました。

そこで、応募者による不正を防ぐために開発されたのが、「TG-WEB eye」です。

業界初となるオンライン監視型Web試験

「TG-WEB eye」は、株式会社ヒューマネージが提供している新卒採用向け適性検査「TG-WEB」にオンラインで監視ができるシステムが付随したサービスです。


出典:株式会社ヒューマネージ

AIによる試験官が、なりすましやカニングといった応募者の不正を検知すると、受験結果の帳票データに表示され、採用担当者が不正の有無を確認できる仕組みとなっています。

担当者の時間を使わず不正も防止

「TG-WEB eye」は、AIが試験を監督し、不正を防止するサービスです。
そのため、採用担当者の時間を使わなくても、公平なWeb試験を実施することができます。
これから増えていくであろうWeb上での採用試験で画期的なサービスとなるでしょう。

SHERE!