注目のITニュース・トレンド情報をお届け

CA、AIで数億のキーワードの品質スコアを自動で改善する広告テキスト自動生成サービス「極予測TD」の提供を開始

セルリア編集部 2020.06.04

株式会社サイバーエージェントは検索連動型広告を上位表示に導く要因の一つである品質スコアの向上を目的として、「広告テキスト自動生成AI」と広告配信効果を事前予測する「効果予測AI」を組み合わせた「極予測TD」の提供を開始しました。


出典:プレスリリース

検索連動型広告とは

検索連動型広告とはキーワードで検索した時に表示される広告のことで、キーワードに関係した内容の広告が表示されます。
そのキーワードを検索した人のニーズに広告の内容が合致してる場合、広告クリックにつながることで顧客にリーチすることが可能です。
クリック率は広告の場所によって大きく変化します。ページ上位に表示されればそれだけクリック率は高くなります。

品質スコアの重要性

ページ上位に広告を表示されやすくするためには、クリック単価を多く支払うことだけではなく、キーワードや広告テキストの策定や広告ページの内容が適切か、広告のクリック率等が重要です。

この全ての要素を1〜10までの数値に置き換えたものを「品質スコア」といい、10に近づくことでクリック単価が抑えられ、競合と同価格でも上位表示されやすく、また表示機会も増えるため効果の最大化が期待できます。

極予測TDとは

品質スコアを向上させるための重要な要素として、広告テキストの作成があります。

極予測TDは、検索連動型広告の検索キーワード全てに対し広告文を自動生成する「広告テキスト自動生成AI」と、広告配信効果を事前予測する「効果予測AI」を掛け合わせた、広告テキスト制作プロセスで検索連動型広告の効果を改善する機能です。


出典:プレスリリース

広告テキスト自動生成AI

これまでの検索連動型広告では、一部の重要なキーワードに対して継続的なテキストの変更や改善施策が行われていましたが、「極予測TD」を用いることで、数億を超える検索キーワード全てに対して自動で広告テキストを作成できます。
これにより、全てのキーワード毎に品質スコアを向上させる施策を継続的に実施することが可能です。

効果予測AI

また、効果予測AIによって現在配信中で最も効果が出ている既存テキストと新テキストの効果予測値を競わせ、効果予測値が1位を上回ったテキストのみを納品します。

通常の制作プロセスとの比較

新広告テキスト配信時の「検索キーワード品質スコア上昇率比較」において、「通常の制作プロセス」による品質スコア上昇率と「極予測TDによる制作プロセス」による上昇率を比較した際、「極予測TD」が「通常プロセス」の2.3倍という結果が出ました。

効率的に広告効果を高めることが可能になります。

おわりに

新型コロナウイルスの影響による広告費の減少は以前にも▷【新型コロナウイルス】企業の広告費についての調査、新たな広告手段を模索 でご紹介しましたが、このようなAIを用いた効率的な広告運用の需要がさらに増えると予想できます。
それに伴い、人件費の削減などが起きてしまっては元も子もありません。

様々なAI技術を組み合わせ、施策実行できる管理、ポストリーダーの人材が求められてきそうです。

出典:プレスリリース

SHERE!

よく読まれているニュース

  • 24時間以内
  • 今週
  • 今月
  • 全て

CA、AIで数億のキーワードの品質スコアを自動で改善する広告テキスト自動生成サービス「極予測TD」の提供を開始

                           
セルリア編集部 2020.06.04

株式会社サイバーエージェントは検索連動型広告を上位表示に導く要因の一つである品質スコアの向上を目的として、「広告テキスト自動生成AI」と広告配信効果を事前予測する「効果予測AI」を組み合わせた「極予測TD」の提供を開始しました。

続きを読む


出典:プレスリリース

検索連動型広告とは

検索連動型広告とはキーワードで検索した時に表示される広告のことで、キーワードに関係した内容の広告が表示されます。
そのキーワードを検索した人のニーズに広告の内容が合致してる場合、広告クリックにつながることで顧客にリーチすることが可能です。
クリック率は広告の場所によって大きく変化します。ページ上位に表示されればそれだけクリック率は高くなります。

品質スコアの重要性

ページ上位に広告を表示されやすくするためには、クリック単価を多く支払うことだけではなく、キーワードや広告テキストの策定や広告ページの内容が適切か、広告のクリック率等が重要です。

この全ての要素を1〜10までの数値に置き換えたものを「品質スコア」といい、10に近づくことでクリック単価が抑えられ、競合と同価格でも上位表示されやすく、また表示機会も増えるため効果の最大化が期待できます。

極予測TDとは

品質スコアを向上させるための重要な要素として、広告テキストの作成があります。

極予測TDは、検索連動型広告の検索キーワード全てに対し広告文を自動生成する「広告テキスト自動生成AI」と、広告配信効果を事前予測する「効果予測AI」を掛け合わせた、広告テキスト制作プロセスで検索連動型広告の効果を改善する機能です。


出典:プレスリリース

広告テキスト自動生成AI

これまでの検索連動型広告では、一部の重要なキーワードに対して継続的なテキストの変更や改善施策が行われていましたが、「極予測TD」を用いることで、数億を超える検索キーワード全てに対して自動で広告テキストを作成できます。
これにより、全てのキーワード毎に品質スコアを向上させる施策を継続的に実施することが可能です。

効果予測AI

また、効果予測AIによって現在配信中で最も効果が出ている既存テキストと新テキストの効果予測値を競わせ、効果予測値が1位を上回ったテキストのみを納品します。

通常の制作プロセスとの比較

新広告テキスト配信時の「検索キーワード品質スコア上昇率比較」において、「通常の制作プロセス」による品質スコア上昇率と「極予測TDによる制作プロセス」による上昇率を比較した際、「極予測TD」が「通常プロセス」の2.3倍という結果が出ました。

効率的に広告効果を高めることが可能になります。

おわりに

新型コロナウイルスの影響による広告費の減少は以前にも▷【新型コロナウイルス】企業の広告費についての調査、新たな広告手段を模索 でご紹介しましたが、このようなAIを用いた効率的な広告運用の需要がさらに増えると予想できます。
それに伴い、人件費の削減などが起きてしまっては元も子もありません。

様々なAI技術を組み合わせ、施策実行できる管理、ポストリーダーの人材が求められてきそうです。

出典:プレスリリース

SHERE!