注目のITニュース・トレンド情報をお届け

テレワークの課題解決?オンラインオフィス「Parafice」α版提供開始

セルリア編集部 2020.07.07

株式会社Divideは、テレワーク中の孤独感を解消し、安心感と緊張感の中でメンバーと同じ空間を共有できる、オンラインオフィス構築プラットフォーム「Parafice」α版の提供を開始しました。
新型コロナウイルスの影響で「テレワーク」という言葉はますます馴染み深い言葉となりました。テレワークは働き方の多様化や交通費・オフィス維持費などメリットがある一方で社内コミュニケーションが取りづらいことが課題と感じる企業に有効な仮想プラットフォームを提供します。

コミュニケーション不足を解消

Paraficeは、テレワーク・リモートワーク中でもメンバーと同じ空間を共有できるオンラインオフィス構築プラットフォームです。
オフィス内とテレワークとでの大きな違いは、緊張感と安心感のバランス感覚でテレワークだとどうしても安心感が勝ってしまい、物足りなさを感じたという背景からParaficeが開発されました。

仮想のオフィス空間でログインしているチームメンバーを見ることができ、会議室や休憩スペースを活用すれば誰がどこで何をしているかが一目でわかります。

また、従来の会議通話システムや勤怠管理システムと組み合わせて業務を行うことによって、円滑なコミュニケーションや業務の報告をするタイミングなどを視覚で管理できるようになります。

Parafice全体イメージ

出典:プレスリリース

主な機能

Paraficeのα版の主な機能は、オンラインオフィス上に設置された会議室から、事前に設定しておいたWeb通話ツールのURL経由で会議が可能です。

Web会議のURLを探しに行く必要もなく、各部屋に設定済みのWeb通話ツールのURLがワンクリックで立ち上がるので、すぐにミーティングがはじめられます。
※α版はGSuiteアカウントでのみ利用が可能です


出典:プレスリリース

テストユーザーを募集中

株式会社Divideは、今回のα版はあくまで提供元が想定し得る最低限のオフィス機能を実装したテスト段階のものになっており、Paraficeだけですべてをカバーリングする事は現段階では難しい。

そのカバー率を少しでも向上させるために「こういう機能が欲しい」というユーザーボイスを初期段階から可能な限り多く拾っていきたいとコメントしています。


出典:プレスリリース

使い方の汎用性が高い

このサービスは、事前に導入企業で部屋の役割を決めておくことにより、「誰が何をしているか」が一目でわかるというメリットもあります。

開始室以外にも、休憩室や集中したい時の部屋などをあらかじめ決めておくことによって、テレワーク中に起こる「聞きたいことがあるけどタイミングがわかりにくい」状況を打破することも可能です。

さらに、チャットツールや勤怠管理ツールなどの今まで使っていた機能と連携させて使用することによってさらにテレワークの生産性が高まるでしょう。

今後の展望について

Paraficは、勤怠打刻や経費位申請ツールとの連携や仮想オフィスレイアウト変更機能、福利厚生サービスと連携などの社内コミュニケーション活性化の手助けなど、多数のバージョンアップを計画しています。

今後、テレワークやオフィスワークが入り乱れるように様々な働き方が登場することが予想されます。
その多様化する働き方に合わせたこのようなサービスの発展に期待が高まります。

出典:プレスリリース

SHERE!

よく読まれているニュース

  • 24時間以内
  • 今週
  • 今月
  • 全て

テレワークの課題解決?オンラインオフィス「Parafice」α版提供開始

                           
セルリア編集部 2020.07.07

株式会社Divideは、テレワーク中の孤独感を解消し、安心感と緊張感の中でメンバーと同じ空間を共有できる、オンラインオフィス構築プラットフォーム「Parafice」α版の提供を開始しました。
新型コロナウイルスの影響で「テレワーク」という言葉はますます馴染み深い言葉となりました。テレワークは働き方の多様化や交通費・オフィス維持費などメリットがある一方で社内コミュニケーションが取りづらいことが課題と感じる企業に有効な仮想プラットフォームを提供します。

続きを読む

コミュニケーション不足を解消

Paraficeは、テレワーク・リモートワーク中でもメンバーと同じ空間を共有できるオンラインオフィス構築プラットフォームです。
オフィス内とテレワークとでの大きな違いは、緊張感と安心感のバランス感覚でテレワークだとどうしても安心感が勝ってしまい、物足りなさを感じたという背景からParaficeが開発されました。

仮想のオフィス空間でログインしているチームメンバーを見ることができ、会議室や休憩スペースを活用すれば誰がどこで何をしているかが一目でわかります。

また、従来の会議通話システムや勤怠管理システムと組み合わせて業務を行うことによって、円滑なコミュニケーションや業務の報告をするタイミングなどを視覚で管理できるようになります。

Parafice全体イメージ

出典:プレスリリース

主な機能

Paraficeのα版の主な機能は、オンラインオフィス上に設置された会議室から、事前に設定しておいたWeb通話ツールのURL経由で会議が可能です。

Web会議のURLを探しに行く必要もなく、各部屋に設定済みのWeb通話ツールのURLがワンクリックで立ち上がるので、すぐにミーティングがはじめられます。
※α版はGSuiteアカウントでのみ利用が可能です


出典:プレスリリース

テストユーザーを募集中

株式会社Divideは、今回のα版はあくまで提供元が想定し得る最低限のオフィス機能を実装したテスト段階のものになっており、Paraficeだけですべてをカバーリングする事は現段階では難しい。

そのカバー率を少しでも向上させるために「こういう機能が欲しい」というユーザーボイスを初期段階から可能な限り多く拾っていきたいとコメントしています。


出典:プレスリリース

使い方の汎用性が高い

このサービスは、事前に導入企業で部屋の役割を決めておくことにより、「誰が何をしているか」が一目でわかるというメリットもあります。

開始室以外にも、休憩室や集中したい時の部屋などをあらかじめ決めておくことによって、テレワーク中に起こる「聞きたいことがあるけどタイミングがわかりにくい」状況を打破することも可能です。

さらに、チャットツールや勤怠管理ツールなどの今まで使っていた機能と連携させて使用することによってさらにテレワークの生産性が高まるでしょう。

今後の展望について

Paraficは、勤怠打刻や経費位申請ツールとの連携や仮想オフィスレイアウト変更機能、福利厚生サービスと連携などの社内コミュニケーション活性化の手助けなど、多数のバージョンアップを計画しています。

今後、テレワークやオフィスワークが入り乱れるように様々な働き方が登場することが予想されます。
その多様化する働き方に合わせたこのようなサービスの発展に期待が高まります。

出典:プレスリリース

SHERE!