オープンハウスが開発した物件チラシの全自動作成システムで業務を効率化

セルリア編集部 2020.07.08

株式会社オープンハウスは、AI(人工知能)とPRA(ロボットによる業務自動化)を掛け合わせた業界初となる物件チラシの全自動作成システムを開発したことを発表しました。

不動産業を展開する東証一部の上場企業・株式会社オープンハウスが、物件チラシの全自動作成システムを開発したことを発表。
これまで、営業担当者が手作業で作成していた物件チラシは、AI(人工知能)とPRA(ロボットによる業務自動化)を掛け合わせた業界初となるシステムによって、全自動で作成できるようになりました。

オープンハウスが開発したシステムとは

オープンハウスが開発したシステムでは、音声やテキストチャットでロボットに物件名を伝えれば、ロボットが自動でチラシに掲載すべき情報(価格や物件の詳細など)を社内システムから抽出し、AIがデザインを2分〜3分で作成しすることを実現しています。

もちろんAIが作成できるチラシのバリエーションは1つではありません。
強調するポイントを変えたチラシを最大で14パターン作成できるので、短時間で同じ物件のチラシを数パターン作成することが可能です。

また、物件チラシはをお客さんに渡す前に、景品表示法違反に該当していないかの審査が必要ですが、オープンハウスが開発したシステムでは、オンライン上の僅かな操作で審査を完結することができるようになっています。

大幅な時間を取っていた「チラシ作成業務」を削減

営業担当者は物件チラシを作る際、どのようなターゲットに物件をアピールするか、デザインやレイアウトはどうするかなどを考えて、手作業でチラシを作成していたため、チラシ作成業務にかなりの時間を要していました。
しかし、オープンハウスが開発したシステムを運用することで、年間約2880時間のチラシ作成業務時間を削減でき、その分他の営業業務に取り組むことが可能になりました。

また、審査に要する時間も年間約900時間削減できるため、かなりスムーズにチラシが作れるようになったと言えるでしょう。

物件を探しているお客様に非接触で物件を案内

開発されたシステムでは、審査が完了し、承認されたチラシにはQRコードが発行される仕組みになっています。
そのため、物件を探している人は、店頭やネットで公開されたQRコードを読み込むだけで物件詳細の確認が可能です。

また、オンラインのチラシを通じて、手軽に営業担当者へ電話・LINE・メールで問い合わせができます。
これまで接触が多かった家探しが「非接触」で可能になりました。

営業担当者・家探しをしている人の双方に大きなメリットがある

システムを使って全自動でチラシを作ることで、営業担当者はチラシ作成にかけていた時間を他の業務に当てることが可能です。
また、オンラインでチラシを配信できるので、家探しをしている人は非接触チラシを確認できる上、手軽に問い合わせができます。

システムを通じて、家探しをしている人の問い合わせをスムーズ化し、チラシの全自動作成によって営業担当者の時間を確保し、より多くの人に物件を案内できれば、売り上げにも大きな効果が出ることが期待できるでしょう。

SHERE!

よく読まれているニュース

  • 24時間以内
  • 今週
  • 今月
  • 全て

オープンハウスが開発した物件チラシの全自動作成システムで業務を効率化

                           
セルリア編集部 2020.07.08

株式会社オープンハウスは、AI(人工知能)とPRA(ロボットによる業務自動化)を掛け合わせた業界初となる物件チラシの全自動作成システムを開発したことを発表しました。

続きを読む

不動産業を展開する東証一部の上場企業・株式会社オープンハウスが、物件チラシの全自動作成システムを開発したことを発表。
これまで、営業担当者が手作業で作成していた物件チラシは、AI(人工知能)とPRA(ロボットによる業務自動化)を掛け合わせた業界初となるシステムによって、全自動で作成できるようになりました。

オープンハウスが開発したシステムとは

オープンハウスが開発したシステムでは、音声やテキストチャットでロボットに物件名を伝えれば、ロボットが自動でチラシに掲載すべき情報(価格や物件の詳細など)を社内システムから抽出し、AIがデザインを2分〜3分で作成しすることを実現しています。

もちろんAIが作成できるチラシのバリエーションは1つではありません。
強調するポイントを変えたチラシを最大で14パターン作成できるので、短時間で同じ物件のチラシを数パターン作成することが可能です。

また、物件チラシはをお客さんに渡す前に、景品表示法違反に該当していないかの審査が必要ですが、オープンハウスが開発したシステムでは、オンライン上の僅かな操作で審査を完結することができるようになっています。

大幅な時間を取っていた「チラシ作成業務」を削減

営業担当者は物件チラシを作る際、どのようなターゲットに物件をアピールするか、デザインやレイアウトはどうするかなどを考えて、手作業でチラシを作成していたため、チラシ作成業務にかなりの時間を要していました。
しかし、オープンハウスが開発したシステムを運用することで、年間約2880時間のチラシ作成業務時間を削減でき、その分他の営業業務に取り組むことが可能になりました。

また、審査に要する時間も年間約900時間削減できるため、かなりスムーズにチラシが作れるようになったと言えるでしょう。

物件を探しているお客様に非接触で物件を案内

開発されたシステムでは、審査が完了し、承認されたチラシにはQRコードが発行される仕組みになっています。
そのため、物件を探している人は、店頭やネットで公開されたQRコードを読み込むだけで物件詳細の確認が可能です。

また、オンラインのチラシを通じて、手軽に営業担当者へ電話・LINE・メールで問い合わせができます。
これまで接触が多かった家探しが「非接触」で可能になりました。

営業担当者・家探しをしている人の双方に大きなメリットがある

システムを使って全自動でチラシを作ることで、営業担当者はチラシ作成にかけていた時間を他の業務に当てることが可能です。
また、オンラインでチラシを配信できるので、家探しをしている人は非接触チラシを確認できる上、手軽に問い合わせができます。

システムを通じて、家探しをしている人の問い合わせをスムーズ化し、チラシの全自動作成によって営業担当者の時間を確保し、より多くの人に物件を案内できれば、売り上げにも大きな効果が出ることが期待できるでしょう。

SHERE!