注目のITニュース・トレンド情報をお届け

脳波を通じてマーケティングを支援する「ノウミーリサーチ」サービス提供開始

セルリア編集部 2020.05.31

INDEX1 「感性」をマーケティングに取り入れる「ニューロマーケティング」2 新サービス「ノウミーリサーチ」の特徴2.1 「無意識」を計測することによるバイアスが含まれない感性評価2.2 専門チームがAI等を用いた詳細 […]

「感性」をマーケティングに取り入れる「ニューロマーケティング」

脳波をはじめとする神経活動の反応を、マーケティングに活かす「ニューロマーケティング」という手法は、およそ10年前から日本でも聞かれるようになりましたが、まだまだ認知度が高いとはいえず、欧米にはかなり遅れをとっている状況です。

言語化される前の感情を浮き彫りにし、インタビューやアンケートなどでは得られない無意識の行動原理を脳の活動から明らかにする「ニューロマーケティング」は画像広告や音声広告、音楽や映画のポスターなどの市場調査に効果的と言えるでしょう。

また、価格の相場が決まっており料金形態やサービス内容の変革ができない、やりにくい企業に対するブランディングの向上にも役に立ちます。

まだまだ国内ではメジャーなマーケティング方法とはいえませんが、大手メーカーが新商品のパッケージやテレビCMの評価にニューロマーケティングを導入するなど、着実に広がっている分野です。


画像出典:【解説】ニューロマーケティング

新サービス「ノウミーリサーチ」の特徴

「無意識」を計測することによるバイアスが含まれない感性評価

アンケートやインタビュー調査には嘘や忖度などのバイアスが含まれています。
脳波計測はそのようなバイアスは含まれないため、正確な印象が計測可能です。

専門チームがAI等を用いた詳細な分析を実施

収集したデータは専門チームにより機械学習などを用い解析を行います。

ローコストで結果を提供できる

調査内容により場所は異なりますが基本的にモニターは自宅で脳波測定が可能です。
会場費などの費用が抑えられることにより比較的ローコストでの運用が可能になります。

測定された「印象値」の効果的な活用方法

脳波の測定データはモニターの直感的な好き嫌いを判別するのに有効です。
広告媒体が与える印象の調査や、想定顧客に対してどのような印象を持たれているかの確認、採用活動のために作成された動画の印象評価などの項目に有効です。

従来のマーケティングと合わせて活用することにより、顧客のさらなるニーズを可視化し効率的な集客効果が期待できるでしょう。

出典:プレスリリース

SHERE!

よく読まれているニュース

  • 24時間以内
  • 今週
  • 今月
  • 全て

脳波を通じてマーケティングを支援する「ノウミーリサーチ」サービス提供開始

                           
セルリア編集部 2020.05.31

INDEX1 「感性」をマーケティングに取り入れる「ニューロマーケティング」2 新サービス「ノウミーリサーチ」の特徴2.1 「無意識」を計測することによるバイアスが含まれない感性評価2.2 専門チームがAI等を用いた詳細 […]

続きを読む

「感性」をマーケティングに取り入れる「ニューロマーケティング」

脳波をはじめとする神経活動の反応を、マーケティングに活かす「ニューロマーケティング」という手法は、およそ10年前から日本でも聞かれるようになりましたが、まだまだ認知度が高いとはいえず、欧米にはかなり遅れをとっている状況です。

言語化される前の感情を浮き彫りにし、インタビューやアンケートなどでは得られない無意識の行動原理を脳の活動から明らかにする「ニューロマーケティング」は画像広告や音声広告、音楽や映画のポスターなどの市場調査に効果的と言えるでしょう。

また、価格の相場が決まっており料金形態やサービス内容の変革ができない、やりにくい企業に対するブランディングの向上にも役に立ちます。

まだまだ国内ではメジャーなマーケティング方法とはいえませんが、大手メーカーが新商品のパッケージやテレビCMの評価にニューロマーケティングを導入するなど、着実に広がっている分野です。


画像出典:【解説】ニューロマーケティング

新サービス「ノウミーリサーチ」の特徴

「無意識」を計測することによるバイアスが含まれない感性評価

アンケートやインタビュー調査には嘘や忖度などのバイアスが含まれています。
脳波計測はそのようなバイアスは含まれないため、正確な印象が計測可能です。

専門チームがAI等を用いた詳細な分析を実施

収集したデータは専門チームにより機械学習などを用い解析を行います。

ローコストで結果を提供できる

調査内容により場所は異なりますが基本的にモニターは自宅で脳波測定が可能です。
会場費などの費用が抑えられることにより比較的ローコストでの運用が可能になります。

測定された「印象値」の効果的な活用方法

脳波の測定データはモニターの直感的な好き嫌いを判別するのに有効です。
広告媒体が与える印象の調査や、想定顧客に対してどのような印象を持たれているかの確認、採用活動のために作成された動画の印象評価などの項目に有効です。

従来のマーケティングと合わせて活用することにより、顧客のさらなるニーズを可視化し効率的な集客効果が期待できるでしょう。

出典:プレスリリース

SHERE!