注目のITニュース・トレンド情報をお届け

iVOICE、音声解析AIを使用した議事録作成サービス「GIJIREC」トライアル版を提供開始

セルリア編集部 2020.06.09

会議参加者が作成することの多い議事録を、音声AIによって声を拾いリアルタイムで文章に反映する議事録作成ソフト「GIJIREC」を株式会社IVOICEが制作、トライアル版をリリースしました。 働き方改革に伴う多様な働き方の実現や、新型コロナウイルスによる環境の大きな変化の中で、対面会議やリモート会議のやり方の概念を変えることが必要であると考えられ、この「GIJIREC」を導入することにより効率の良い内容の会議が可能になります。


出典:プレスリリース

GIJIRECとは

会議中の音声を拾い、AIを用いてリアルタイムで文字に起こしてくれるSaaS形式の議事録作成サービスです。

想定している利用方法

GIJIRECは以下のシーン等を想定しています。

●会議
●取材やインタビュー
●講演会やセミナー、研修
●医療現場

音声を拾い記事を作成する時間的なコストが省けるサービスと言い換えると、さらに使えるシーンは広がりそうです。
今のままの機能でも、取材やインタビューした内容を文字に起こす必要がなく、編集者は確認のみで記事を完成させることができますし、講演会の内容をまとめて記載する場合や製本する場合にも非常に効果を発揮します。
その時の熱や感情がそのまま言葉に反映されるので、文体ではなく口語体を使用した文章を効率的に制作することが可能です。

今後の展開について

現在は音声の文字起こしのみのサービスですが、同社が行なっている音声翻訳事業と組み合わせ、英語や中国語などの同時翻訳機能も提供し、グローバルに優秀な人材や日本人の海外進出を支援していきます。

おわりに

今回のGIJIRECは様々な可能性があると考えています。
例えば、音声のボリュームや感情の起伏などをAIによって認識させ、表示するフォントを変化させる機能などがあれば、議事録や取材だけでなく、各メディアのテロップなどにも使用が可能になり、さらに汎用性が高まるサービスです。

事務的な作業を極力AIに頼り、確認やディレクションを人間が行う業務の差別化が浸透すれば、効率よく企業の運営が可能になります。

急激に発展しているAIのジャンルなだけに、今後も多種多様なサービスが発展し、さらに世の中を良くするだろうと思います。

出典:LINE プレスリリース

SHERE!

よく読まれているニュース

  • 24時間以内
  • 今週
  • 今月
  • 全て

iVOICE、音声解析AIを使用した議事録作成サービス「GIJIREC」トライアル版を提供開始

                           
セルリア編集部 2020.06.09

会議参加者が作成することの多い議事録を、音声AIによって声を拾いリアルタイムで文章に反映する議事録作成ソフト「GIJIREC」を株式会社IVOICEが制作、トライアル版をリリースしました。 働き方改革に伴う多様な働き方の実現や、新型コロナウイルスによる環境の大きな変化の中で、対面会議やリモート会議のやり方の概念を変えることが必要であると考えられ、この「GIJIREC」を導入することにより効率の良い内容の会議が可能になります。

続きを読む


出典:プレスリリース

GIJIRECとは

会議中の音声を拾い、AIを用いてリアルタイムで文字に起こしてくれるSaaS形式の議事録作成サービスです。

想定している利用方法

GIJIRECは以下のシーン等を想定しています。

●会議
●取材やインタビュー
●講演会やセミナー、研修
●医療現場

音声を拾い記事を作成する時間的なコストが省けるサービスと言い換えると、さらに使えるシーンは広がりそうです。
今のままの機能でも、取材やインタビューした内容を文字に起こす必要がなく、編集者は確認のみで記事を完成させることができますし、講演会の内容をまとめて記載する場合や製本する場合にも非常に効果を発揮します。
その時の熱や感情がそのまま言葉に反映されるので、文体ではなく口語体を使用した文章を効率的に制作することが可能です。

今後の展開について

現在は音声の文字起こしのみのサービスですが、同社が行なっている音声翻訳事業と組み合わせ、英語や中国語などの同時翻訳機能も提供し、グローバルに優秀な人材や日本人の海外進出を支援していきます。

おわりに

今回のGIJIRECは様々な可能性があると考えています。
例えば、音声のボリュームや感情の起伏などをAIによって認識させ、表示するフォントを変化させる機能などがあれば、議事録や取材だけでなく、各メディアのテロップなどにも使用が可能になり、さらに汎用性が高まるサービスです。

事務的な作業を極力AIに頼り、確認やディレクションを人間が行う業務の差別化が浸透すれば、効率よく企業の運営が可能になります。

急激に発展しているAIのジャンルなだけに、今後も多種多様なサービスが発展し、さらに世の中を良くするだろうと思います。

出典:LINE プレスリリース

SHERE!