注目のITニュース・トレンド情報をお届け

Instagramの活用に成功する企業と失敗する企業の傾向とは?

セルリア編集部 2020.07.02

SNSを活用したマーケティングの中でも主要マーケティングの1つとして活用されているInstagram。 年々参入企業も増加し、競合を意識した正確な施策を実行することがマーケティング成功の鍵となっています。 テテマーチ株式会社が行なったInstagramの活用状況についてのアンケート調査から、活用に成功する企業が行なっている施策を紹介します。
調査期間:2020年5月20日〜2020年5月28日 n=279

様々な業界に取り入れられているInstagram

この調査の回答者の内訳には様々な業種がみられました。
Instagramは業種問わず活用できるサービスだと判断されている裏付けになります。

また、Instagramに予算を投下し始めた時期の調査では、事業・代理店共に2018年以降から多くなっており、代理店の予算が今年に入って削減されていることから、費用対効果の高い施策を打ち続けることが重要だと読み解けます。


出典:プレスリリース

出典:プレスリリース

今後も積極的な活用が求められている

各社の予算状況を見てみると、90%以上の企業・代理店が前年と比較して予算を「変わらない」「増えた」と回答しており、Instagramが企業のマーケティングにおいて重要度の高いポジションに位置していることが伺えます。


出典:プレスリリース

予算を掛ければいいというものではない

Instagramに限らず全てのマーケティング施策にも当てはまることですが、予算を掛けたからといって成果が出る訳ではありません。
投下する予算が増えれば増えるほど、期待するリターンは大きくなります。
流動的なユーザーにリーチして目標を達成するためには、適切な施策を、適切なタイミングで行うことが重要です。


出典:プレスリリース

Instagram活用の成否を決める3つの要素

今回の調査結果から、Instagramを使用したマーケティングの成果を実感できるポイントが見えてきました。

明確な目標意識と具体的な目標設定


出典:プレスリリース

目的を設定しない活用は著しく成果を実感できるポイントが低く、そのほかの目標はそれぞれ成果を実感できるとの回答が出ています。
目的意識を持ってInstagramを活用することが大事です。

また、Instagram特有の成果指標を理解した上で目標を設定することが重要です。
Instagramの得意な分野を理解してコンテンツを発信することで、効果を高めることができます。


出典:プレスリリース

費用対効果の見えやすい施策を活用する

InstagramなどのSNSを使ったマーケティングの目的は「潜在顧客の獲得」「ブランディング」など、利益に直結しないケースと、「キャンペーンの周知」「情報の周知」などの広告を使ったマーケティングが効果を発揮しやすい媒体です。

潜在顧客にアピールする訳で、施策が直接利益に繋がる訳ではありません。
目標設定やKPIを誤って設定すると、成果の実感は難しいでしょう。


出典:プレスリリース

適切なツール導入とレポートの作成

明確な数値の変化に着目することで成果を実感しやすくなります。
また、施策に対しての効果の検証や修正も数値にすることで課題が可視化される、競合を解析することができる解析ツールを導入している企業が成果を実感しやすい傾向にあります。


出典:プレスリリース

出典:プレスリリース

おわりに

マーケティングの成否の分かれ目は、Instagramの機能を把握し目標を設定、施策の目的や数値化を行うことが重要になるという結果になりました。

ブランディングや潜在顧客の囲い込みなどを早い段階で行うことによって、キャンペーンや告知などの際に広告効果を高めたり、目標達成に役立ちます。

自社でも行える施策もあるので、検討してみてはいかがでしょうか。

出典:プレスリリース

SHERE!

よく読まれているニュース

  • 24時間以内
  • 今週
  • 今月
  • 全て

Instagramの活用に成功する企業と失敗する企業の傾向とは?

                           
セルリア編集部 2020.07.02

SNSを活用したマーケティングの中でも主要マーケティングの1つとして活用されているInstagram。 年々参入企業も増加し、競合を意識した正確な施策を実行することがマーケティング成功の鍵となっています。 テテマーチ株式会社が行なったInstagramの活用状況についてのアンケート調査から、活用に成功する企業が行なっている施策を紹介します。
調査期間:2020年5月20日〜2020年5月28日 n=279

続きを読む

様々な業界に取り入れられているInstagram

この調査の回答者の内訳には様々な業種がみられました。
Instagramは業種問わず活用できるサービスだと判断されている裏付けになります。

また、Instagramに予算を投下し始めた時期の調査では、事業・代理店共に2018年以降から多くなっており、代理店の予算が今年に入って削減されていることから、費用対効果の高い施策を打ち続けることが重要だと読み解けます。


出典:プレスリリース

出典:プレスリリース

今後も積極的な活用が求められている

各社の予算状況を見てみると、90%以上の企業・代理店が前年と比較して予算を「変わらない」「増えた」と回答しており、Instagramが企業のマーケティングにおいて重要度の高いポジションに位置していることが伺えます。


出典:プレスリリース

予算を掛ければいいというものではない

Instagramに限らず全てのマーケティング施策にも当てはまることですが、予算を掛けたからといって成果が出る訳ではありません。
投下する予算が増えれば増えるほど、期待するリターンは大きくなります。
流動的なユーザーにリーチして目標を達成するためには、適切な施策を、適切なタイミングで行うことが重要です。


出典:プレスリリース

Instagram活用の成否を決める3つの要素

今回の調査結果から、Instagramを使用したマーケティングの成果を実感できるポイントが見えてきました。

明確な目標意識と具体的な目標設定


出典:プレスリリース

目的を設定しない活用は著しく成果を実感できるポイントが低く、そのほかの目標はそれぞれ成果を実感できるとの回答が出ています。
目的意識を持ってInstagramを活用することが大事です。

また、Instagram特有の成果指標を理解した上で目標を設定することが重要です。
Instagramの得意な分野を理解してコンテンツを発信することで、効果を高めることができます。


出典:プレスリリース

費用対効果の見えやすい施策を活用する

InstagramなどのSNSを使ったマーケティングの目的は「潜在顧客の獲得」「ブランディング」など、利益に直結しないケースと、「キャンペーンの周知」「情報の周知」などの広告を使ったマーケティングが効果を発揮しやすい媒体です。

潜在顧客にアピールする訳で、施策が直接利益に繋がる訳ではありません。
目標設定やKPIを誤って設定すると、成果の実感は難しいでしょう。


出典:プレスリリース

適切なツール導入とレポートの作成

明確な数値の変化に着目することで成果を実感しやすくなります。
また、施策に対しての効果の検証や修正も数値にすることで課題が可視化される、競合を解析することができる解析ツールを導入している企業が成果を実感しやすい傾向にあります。


出典:プレスリリース

出典:プレスリリース

おわりに

マーケティングの成否の分かれ目は、Instagramの機能を把握し目標を設定、施策の目的や数値化を行うことが重要になるという結果になりました。

ブランディングや潜在顧客の囲い込みなどを早い段階で行うことによって、キャンペーンや告知などの際に広告効果を高めたり、目標達成に役立ちます。

自社でも行える施策もあるので、検討してみてはいかがでしょうか。

出典:プレスリリース

SHERE!