注目のITニュース・トレンド情報をお届け

【テレワーク専用ツールの需要増】オンライン名刺の作成サービス開始

セルリア編集部 2020.06.01

株式会社OneColorsはZoomで使えるオンライン名刺の作成サービスを開始しました。 Zoomを使ったWeb会議などでは、名刺などお互いのパーソナルデータの共有が難しいケースも想定され、一定の需要が想定されます。 Web会議用の名刺は、今後の働き方の一つとして取り入れられるオンラインを使ったコミュニケーションツールの一つとして大事な役割を担います。

緊急事態宣言解除後のテレワークに関する意識調査

新型コロナウイルスのよる外出自粛などの影響で、Zoomなどのオンライン通話サービスが普及したことにより、会議やコミュニケーションが自宅でも簡単に行えるようになりました。

緊急事態宣言が解除された後もテレワークを取り入れ続ける企業は多く、企業で働く方への調査でもテレワークを併用して働きたいという意見が一定数存在します。

企業にとってもスタイルが確立できてしまえば、オフィスの維持費や社員の交通費の減額により相対的に利益を出すことが可能です。

バランスのとれた柔軟な働き方が今後のスタンダードになるかもしれません。

95%以上が職場とテレワークを併用を希望

Tech Fun株式会社が行なった社内調査の結果、96.8%が職場と在宅勤務の両立を希望する結果となりました。

Q.緊急事態宣言解除後の希望の働き方


出典:Tech Fun株式会社 プレスリリース

背景として、Tech Fun株式会社は日常的にZoomなどのWeb会議システムを導入しており、社員の中にしっかりとした運用方法があったため、テレワークに比較的スムーズに移行できたのではないかと推測できます。

また、在宅勤務は家事などをしながら勤務できるメリットから、フレックスタイム制度と相性が良いこともわかります。

在宅勤務上の不安要素

そのような状況の企業でも課題は様々です。
コミュニケーション不足や作業スペース、光熱費や通信費、家族や同居人への配慮など様々な課題が浮上しています。

Q.在宅勤務を行う上で気になること


出典:Tech Fun株式会社 プレスリリース

環境改善にあたりTech Fun株式会社では補填として、1日あたり500円の在宅勤務手当を支給しています。

今後テレワークを併用した働き方を取り入れる企業が増加する可能性

企業にとっても交通費減額や勤務者増加に伴うオフィスの移転、維持費などが節約できるメリットもあり、今後は主にスタートアップの企業や中小ベンチャー企業を中心にテレワークの併用などの柔軟な働き方を提案する企業が、新型コロナウイルス拡大前より増加すると予想できます。

Zoom会議専用のオンライン名刺サービス

このような背景もあり、Web会議ツールZoomを筆頭に離れていても企業や顧客とコミュニケーションがとれるアプリが普及しました。

このようなアプリの普及によって、それに付随する様々なサービスが開始されています。

株式会社One Colorsが開始したバーチャル背景を利用した新サービス「オンライン名刺」の制作は、もともとオンラインミーティングを実施する機会は非常に多く、もともと社内用で作成し活用しており、新型コロナウイルスによる外出自粛などの影響を受け、在宅勤務やリモートワークなどのスタイルが広がり「Zoom」などのWeb会議システムの利用が加速したことを受け、サービス化に至りました。

Zoom会議中の背景を指定した画像に差し替える「バーチャル背景」機能を利用し、自分の名前や連絡先、PRポイントなどのパーソナルデータを記載することにより、効率の良い打ち合わせが可能です。


出典:株式会社One Colors プレスリリース

また、紙媒体ではできなかった頻繁なデザイン変更が可能なため新製品のリリース告知などを掲載することも可能です。

オンラインを使った会議では回線が不安定になるリスクもあり、自己紹介時などで聞き取れない可能性もあります。
オンライン名刺はWeb会議での「凡ミス」の可能性が減るのは嬉しいアイディアです。

テレワークを更に便利にする機能の登場

このようなサービスの登場はWeb会議が浸透してきたが故に起こる問題を解決することができます。
今後更にサービスの加速が予想され、それに伴った新しいアイディアが商品化される可能性は非常に高いと言えるでしょう。

出典:Tech Fun株式会社 プレスリリース
出典:株式会社One Colors プレスリリース

SHERE!

よく読まれているニュース

  • 24時間以内
  • 今週
  • 今月
  • 全て

【テレワーク専用ツールの需要増】オンライン名刺の作成サービス開始

                           
セルリア編集部 2020.06.01

株式会社OneColorsはZoomで使えるオンライン名刺の作成サービスを開始しました。 Zoomを使ったWeb会議などでは、名刺などお互いのパーソナルデータの共有が難しいケースも想定され、一定の需要が想定されます。 Web会議用の名刺は、今後の働き方の一つとして取り入れられるオンラインを使ったコミュニケーションツールの一つとして大事な役割を担います。

続きを読む

緊急事態宣言解除後のテレワークに関する意識調査

新型コロナウイルスのよる外出自粛などの影響で、Zoomなどのオンライン通話サービスが普及したことにより、会議やコミュニケーションが自宅でも簡単に行えるようになりました。

緊急事態宣言が解除された後もテレワークを取り入れ続ける企業は多く、企業で働く方への調査でもテレワークを併用して働きたいという意見が一定数存在します。

企業にとってもスタイルが確立できてしまえば、オフィスの維持費や社員の交通費の減額により相対的に利益を出すことが可能です。

バランスのとれた柔軟な働き方が今後のスタンダードになるかもしれません。

95%以上が職場とテレワークを併用を希望

Tech Fun株式会社が行なった社内調査の結果、96.8%が職場と在宅勤務の両立を希望する結果となりました。

Q.緊急事態宣言解除後の希望の働き方


出典:Tech Fun株式会社 プレスリリース

背景として、Tech Fun株式会社は日常的にZoomなどのWeb会議システムを導入しており、社員の中にしっかりとした運用方法があったため、テレワークに比較的スムーズに移行できたのではないかと推測できます。

また、在宅勤務は家事などをしながら勤務できるメリットから、フレックスタイム制度と相性が良いこともわかります。

在宅勤務上の不安要素

そのような状況の企業でも課題は様々です。
コミュニケーション不足や作業スペース、光熱費や通信費、家族や同居人への配慮など様々な課題が浮上しています。

Q.在宅勤務を行う上で気になること


出典:Tech Fun株式会社 プレスリリース

環境改善にあたりTech Fun株式会社では補填として、1日あたり500円の在宅勤務手当を支給しています。

今後テレワークを併用した働き方を取り入れる企業が増加する可能性

企業にとっても交通費減額や勤務者増加に伴うオフィスの移転、維持費などが節約できるメリットもあり、今後は主にスタートアップの企業や中小ベンチャー企業を中心にテレワークの併用などの柔軟な働き方を提案する企業が、新型コロナウイルス拡大前より増加すると予想できます。

Zoom会議専用のオンライン名刺サービス

このような背景もあり、Web会議ツールZoomを筆頭に離れていても企業や顧客とコミュニケーションがとれるアプリが普及しました。

このようなアプリの普及によって、それに付随する様々なサービスが開始されています。

株式会社One Colorsが開始したバーチャル背景を利用した新サービス「オンライン名刺」の制作は、もともとオンラインミーティングを実施する機会は非常に多く、もともと社内用で作成し活用しており、新型コロナウイルスによる外出自粛などの影響を受け、在宅勤務やリモートワークなどのスタイルが広がり「Zoom」などのWeb会議システムの利用が加速したことを受け、サービス化に至りました。

Zoom会議中の背景を指定した画像に差し替える「バーチャル背景」機能を利用し、自分の名前や連絡先、PRポイントなどのパーソナルデータを記載することにより、効率の良い打ち合わせが可能です。


出典:株式会社One Colors プレスリリース

また、紙媒体ではできなかった頻繁なデザイン変更が可能なため新製品のリリース告知などを掲載することも可能です。

オンラインを使った会議では回線が不安定になるリスクもあり、自己紹介時などで聞き取れない可能性もあります。
オンライン名刺はWeb会議での「凡ミス」の可能性が減るのは嬉しいアイディアです。

テレワークを更に便利にする機能の登場

このようなサービスの登場はWeb会議が浸透してきたが故に起こる問題を解決することができます。
今後更にサービスの加速が予想され、それに伴った新しいアイディアが商品化される可能性は非常に高いと言えるでしょう。

出典:Tech Fun株式会社 プレスリリース
出典:株式会社One Colors プレスリリース

SHERE!