特集・記事リスト 記事・特集リスト
資料ダウンロード 無料お役立ち資料
本サイトについて 本サイトについて
お問い合わせ お問い合わせ
閉じる

【最新版】LINE公式アカウントの使い方と3つの活用事例

2019年の4月に大企業向けのLINEサービス「LINE公式アカウント」と、中小企業や店舗向けのLINEサービス「LINE@」が統合され、「LINE公式アカウント」としてサービスをスタートさせました。 企業や店舗とユーザー間のコミュニケーションができるサービスとして様々な企業や店舗が利用しています。 今回はLINE公式アカウントの使い方を機能に合わせて紹介します。

カテゴリ: LINE

LINE公式アカウントの主な機能

LINE公式アカウントで何ができるのかを大きく分けて紹介します。

自身の情報を登録者に発信できる

ユーザーが企業や店舗のLINE公式アカウントを友達に追加することで、企業や店舗からのお知らせやお得な情報を受け取ることができます。

LINE公式アカウントを利用すると、ブロックされていない限りメッセージの到達率は100%。
さらに、クーポンやアンケートなど多彩な機能が搭載されているため、様々な用途でコミュニケーションをとることができます。

無料で開設可能

誰でも無料でLINE公式アカウントを開設することができます。
従来のLINE公式アカウントは大企業向けの機能で、開設するだけで料金が発生していました。
無料で開設できるLINE@のプランを引き継いだ形になります。

さらに、無料で使用できる機能の幅がLINE@より広がったため、LINE@のユーザーにとっては非常に使いやすくなったのではないでしょうか。

また、有料プランに移行することでさらに機能の幅や制限を広げることができます。

幅広いユーザー層を多く持つプラットフォーム

LINEは月間8,400万人が日本国内で利用しているサービスです。
スマートフォンや他デバイスを使用している大勢のユーザーに向けて自身のLINE公式アカウントを宣伝することができます。

LINE公式アカウントのメリット

LINE公式アカウントは無料で始められるだけではなく様々なメリットが存在しています。

メールより優れた機能が充実

LINE公式アカウントはざっくり言うと、登録してくれたユーザーに向けて情報を発信できるツールです。
ここまでだと、メルマガと変わらない機能と思われがちですが、情報の到達率や通知・表示方法の違いがメルマガに比べて圧倒的に変わります。

メルマガは、メルマガを開封する前にスパムと判断されてしまったり迷惑メールに入ってしまったりと、ユーザーに情報を届けるまでに多くの障害があります。

LINE公式アカウントはその可能性が0とは言えませんが、比較的高い開封率を誇っており、ユーザーが情報を認知する可能性を高めることが可能です。

LINEはメールと違い、開封の速度が早くアプリのようにプッシュ通知でメッセージの受信を知らせてくれるため、時間限定の情報や緊急性の高いメッセージでも見逃しづらいという特徴があります。

登録の手間が少ない

メールと比較してLINEの登録はQRコードやボタンをタップするだけで完了します。
登録の手間がかからないのはユーザーの負担が減るため、比較的登録のハードルを低くすることが可能です。

個人とのコミュニケーションも可能

例えば、ユーザーが商品を購入したい場合の問い合わせなどもLINE上で行うことができます。
チャットによって商品やサービスに対する質問や疑問を早く解決することができるため、販売成果の向上が期待できます。

また、この対応は有人・無人の両方で行うことができるため、あらかじめ多く質問される内容などを想定しておくことで、マンパワーを使わずに課題を解決することも可能です。

様々な集客に役立つ機能が搭載されている

前述のチャット機能の他にも、LINEならではのスタンプやクーポン機能、アンケートを取ることができる機能など、集客や販売の役に立つ様々な機能が搭載されています。

また、配信効果を分析する機能も使用できるため、様々な施策を実行、改善が可能です。

外部のAPIツールなどと連携させることで、活用の幅を広げることも可能になります。

スマートフォンとの相性が良い

スマートフォンを使用しているユーザーはLINEアプリを導入していることが非常に多く、LINE公式アカウントはそのLINE上で情報を発信できるため運用のハードルが下がります。

スマートフォンの普及に伴い様々なスマートフォン向けのアプリがリリースされていますが、1番最初は認知度の向上とそのアプリのダウンロード数が課題になるでしょう。

多くのユーザーを持つLINE上で運用できることも大きなメリットです。

料金別の比較

LINE公式アカウントには3つの料金形態があり、好きなタイミングで切り替えることができます。
基本的には全てのプランでできることは共通していますが、課金額が増えるほど機能の充実や制限の拡張などが可能です。
目的や予算に応じて最良のプランを設定しましょう。

フリープラン

無料で始めることのできるプランです。
メッセージの月ごとの配信数は1000通までで、それ以上の1ヶ月以内に配信したい場合は有料プランへの移行が必要です。

ライトプラン

税別5,000円のプランです。
メッセージは月ごとに15,000通まで無料で配信することが可能です。
それ以降は発信した数ごとに5円の追加料金が発生します。

スタンダードプラン

税別15,000円のプランです。
メッセージは月ごとに45,000通まで無料で配信することが可能です。
それ以降は発信した数ごとに〜3円の追加料金が発生します。

従量課金制度が採用されている

ライトプランとスタンダードプランには月額料金に加えて、配信数が上限を超えた場合に1通あたり別途で料金がかかります。
ライトプランに関しては一律で5円がかかりますが、スタンダードプランでは超えた配信数によって料金が変動します。
配信数が多いほど、単価が安くなる計算です。

追加メッセージ配信数が10,000,000を超える場合は別途相談が必要です。

詳細はLINE公式アカウント 通数費用シミュレーターから確認することができます。

注意点

配信数について

メッセージの総数は記事ごとではなく、配信数で決まります。
100人の友達に10通のメッセージを送ったとすると1000通配信された計算になり、フリープランでは上限になってしまいます。
1月にどれくらいの配信を行うかを考えながらプランを考えましょう。

プラン変更について

現在のプランと変更したいプランの種類によって、適応タイミングが異なります。

・無料プランから有料プランに移行する場合

申し込み後すぐに変更が適用されます。
初月は変更タイミングから日割り計算で料金が発生します。

・有料プランから他のプランに変更する場合

申し込みの翌月から適用されるため、日割り計算はありません。
無料プランに変更申請をした後で、配信したメッセージが無料プランのメッセージ数を超えた場合は超過分の料金が発生します。

支払い方法やタイミング

ライトプランとスタンダードプランの基本月額料金は、月初前払いです。
また、追加メッセージの料金は月末締めの特げつ10日の後払いになっており、同時に決済はされません。

支払い方法は以下の3種類から選択することができ、それぞれ領収書の扱いなどが変わります。
自身の状況にあった方法を選択しましょう。

クレジットカード払い

・VISA
・JCB
・Master
・AMEX
・Diners

上記5種類で支払い可能です。
利用しているカード会社の明細が領収書になります。

請求書払い

所定の支払い先へ銀行振込かネットバンキングで支払います。

銀行振込の場合、振込明細書が領収書になります。
ネットバンキングの場合、振込完了画面を印刷したものが領収書の扱いになります。

LINE Pay

LINEが提供しているLINE Payを使用して支払います。
この場合、領収書の発行はできないので注意が必要です。

LINE公式アカウントの機能を徹底解説

LINE公式アカウントの使い方をマスターするための機能を紹介します。
機能の中には、登録者数が一定数を超えて使用可能になる機能もあるので、自身の目的に合わせて最適な運用を行いましょう。

LINEでメッセージを配信

様々な形式でメッセージが配信できます。
組み合わせて発信することも可能ですが、1つのメッセージに対して3つの種類までが1配信と見なされます。
また、メッセージの場合は吹き出し3つまでが1配信と見なされ、それ以上は別の配信としてカウントされます。

配信できるメッセージの形態を紹介します。

テキスト

1つの吹き出しにつき、最大500文字の配信を行うことができます。
3つの吹き出しまで1配信とカウントされるため、テキストのみの配信は1500文字が最大です。
それ以上は2配信にカウントされるため注意しましょう。

スタンプ

LINEに登録されているスタンプを配信することができます。
自身のオリジナルのスタンプの販売促進などに効果があります。

画像や動画

自身の用意した画像や動画を配信することができます。
再生時間やファイルの重さによっては配信できない可能性があるので注意しましょう。

クーポン

自身で作成したクーポンを配信することができます。
クーポンの作成はLINE公式アカウントの管理画面で作成できます。
スマートフォンでもWebでも作成可能なので、手が空いた時間を使って手軽に製作が可能です。

リッチメッセージ

正方形のバナーをタップすることで、Webサイトへの誘導やクーポンの発行などが可能になる機能です。

自身で製作した画像をアップロードすることで使用可能になります。
アップロードできるサイズは以下の通りです。

・ファイル形式:JPG、JPEG、PNG
・ファイルサイズ:10MB以下
・画像サイズ:1040px × 1040px

リンク付きの画像広告のようなイメージで、タップしてもらうようにデザインを工夫することが重要です。

リッチビデオメッセージ

トーク画面を開くと自動で動画が再生されるメッセージです。
アクションボタンがついており、ユーザーがタップすることで任意のページに移動させることができます。

ボタンのテキストも自由に設定できますが、20文字までの制限があるのでわかりやすいテキストにしましょう。

ボイスメッセージ

動画ではなく音声のみを配信することができます。

リサーチ(アンケート)

登録者に様々な質問を投げかけるアンケートを取ることができます。

単一回答と複数回答の2種類から選択でき、最大7個の質問について10個までの選択項目があるアンケートを選択できます。

商品の満足度や、ユーザーの好みなどを調べることでユーザー目線の評価を得られることから、非常に重宝する機能です。

画像のアップロードも可能なので、商品やサービスのイメージがわきやすいアンケートを製作することができます。

カードタイプメッセージ

カード型のメニューを複数配信できる機能です。
リッチテキストと比較すると手軽に行えるため、2019年10月に登場してから利用者が増加しています。

カードは最大9枚配信することができ、ユーザーはカードを横にスライドさせることで閲覧できるようになります。

管理画面から作成することができ、テキストや画像、カードタイプを選択することで手軽に作成することができます。

カードタイプは

・プロダクト
・ロケーション
・パーソン
・イメージ

の4種類から選択できるので、配信内容に沿ったカードタイプを選択します。
プレビューで確認ができるので、納得いくカードを複数製作して配信を行いましょう。

ターゲティングメッセージ

登録者数が100人以上で利用可能になる機能です。
通常登録者全てに配信している内容を、各属性に絞ったユーザーのみに発信することが可能になります。

絞り込める項目は以下の通りです。

性別

・男性
・女性

年齢

・14歳以下
・15歳〜19歳
・20歳〜24歳
・25歳〜29歳
・30歳〜34歳
・35歳〜39歳
・40歳〜44歳
・45歳〜49歳
・50歳以上

友だち期間(登録期間)

・6日以下
・7日〜29日
・30日〜89日
・90日〜179日
・180日〜364日
・365日以上

エリア

・47都道府県
・北海道・東北地方
・関東地方
・甲信越・北陸地方
・東海地方
・関西地方
・中国地方
・四国地方
・九州・沖縄地方

OS

・iOS
・Android
・Windows Phone
・Black Berry
・Nokia
・Firefox

A/Bテストを作成

複数のメッセージ内容を作成し、特定の割合のユーザーに発信することができ、分析結果を確認できます。
複数のメッセージの中から1番反響があったメッセージを残りのユーザーに配信することも可能です。
このバリエーションはユーザーには確認できない仕組みになっているので、目的に1番近いクリエイティブを発信し続けることができます。

A/Bテストで配信したメッセージも通常と同賞金が発生します。
また、登録者数が5000人以上いる必要があります。

タイムライン投稿

LINEアプリ内のタイムラインにメッセージの内容や写真などを掲載できます。

タイムライン上では登録者が「いいね」や「コメント」、「シェア」などのアクションが可能なため、コミュニケーションや情報の拡散の可能性が見込めます。

LINEチャット

自身のLINE公式アカウントにメッセージを送ってきたユーザーに対して普段のLINEのようにチャットができる機能です。

お問い合わせに迅速に対応することができるため、サービスの利用や購入に繋げることができます。

自動応答メッセージ

ユーザーから話しかけられた際に自動で返信する機能です。
目的に応じて3種類の機能から選択できます。
複雑な質問やメッセージの場合対応できない可能性が高いため、ユーザーの満足度や理解度を達成したい場合は手動で返信することをおすすめします。

自動応答機能

ランダムにメッセージを送信します。

キーワード応答機能

自身が設定したキーワードをユーザーが送信した際に自動で応答する機能です。
このキーワードは完全一致させる必要があります。

シンプルQ&A機能

ユーザーのメッセージをAIが自動で判別し、設定したカテゴリー別に返信する機能です。

リッチメニュー

バナー画像やメニューをLINE公式アカウントのトーク画面の下に表示させることができます。
トーク画面の半分ほどに表示されるため、非常に目立つ機能です。
ユーザーはリッチメニューをタップすることで、リンクを開いたりクーポンを発行することができます。

前述のカードタイプのメッセージと併用するとカードの上部が見えにくくなるので、カードタイプのメッセージと併用する際には注意が必要です。

ショップカード

商品・サービスの利用に応じてポイントを発行し管理することができます。
LINE上のポイントカードのようなイメージです。

ポイントを貯めることで手に入る特典などを用意することによって、リピーターを増やす施策を実行することができます。

プロフィール

商品やサービス、営業時間などの基本的な情報を表示できます。

クーポン・抽選

LINE上で使用可能なクーポンの作成や、抽選キャンペーンを作成できます。
作成したものはLINE公式アカウント内の投稿で配信が可能です。

分析

登録者の数や自身のアカウントをブロックしているユーザーの数、タイムラインの閲覧者数、メッセージの配信数、クーポンやショップカードの利用者数や利用状況を確認することができます。

Googleアナリティクスのようなニュアンスで、様々な数値から改善点の発見や施策を実行することが可能です。

運用事例

LINE公式アカウントの基本的な運用方法は、ターゲットを選定し登録者数を増やす、登録者がサービスを利用したくなる施策を行いリピーターを増やすことです。
また、同時進行で新規顧客へのアプローチや情報拡散方法の模索など、他のSNSマーケティングと変わったことはありません。

しかし、LINEの特徴や強みを把握してその媒体に合った施策を提供する必要性があります。
運用する上で非常に大切な要素です。

LINE公式アカウントを運用し、大きな成果を出している企業の実例を紹介します。

時間帯を指定した配信を行う飲食店:熊本ラーメン 黒亭

週末の店舗への来店者数を増やすために行なった施策は、ユーザーの意思決定の時間帯を狙ってコンテンツを投稿したことです。

金曜日の午前8:30にメッセージやクーポンを配信することで、週末の来客数を増やすことに成功しています。
また、ユーザーの誕生月に年の数と同じ数の餃子をプレゼントという斬新なクーポンを発信し、登録者数を増やすことに成功しています。

デリバリーに活用した居酒屋:いけのめだか西原店

2020年の新型コロナウイルスの影響によって売上が減少した対策としてLINE公式アカウントを使用してデリバリーサービスを行なっています。

店舗の半径2kmにターゲットを絞り、ポスティングによって70名の登録者を獲得しました。
店舗から近いユーザーにターゲットを絞ったことで、温かいうちにメニューを届けることができるため、お客様からの反応も良いそうです。
無料のプランでも適切なターゲットに配信できるため、コストもかからないのは非常に大きなメリットではないでしょうか。

また、LINEチャットの機能を活用することで注文ミスや配達時間も管理することができています。

キャンペーンでアカウント経由の売り上げが約30%に:チチカカ

アパレル雑貨ブランドのチチカカはクーポン、壁紙、スタンプカードのポイント2倍などの3段階の特典を用意しキャンペーンを行いました。

クーポンの開封率は50%を超え、当日のオンラインショップの総売上の30%がLINE公式アカウント経由という結果に。

クーポンの有効期限を絞り、効果的に配信を行うことで利益に直結する施策を成功させることができています。

まとめ

LINE公式アカウントの使い方は自身の目的によって様々です。
とはいえ、共通して言えることは登録者の増加でしょう。

登録者を増加させる施策は、様々なタイミングで実行する必要があります。
ユーザーが登録したくなるような仕組みや、ユーザーが拡散させたくなるような仕組みを商材・サービスごとに検討し、一つ一つ解決してゆく堅実な運用方法と大胆な施策のバランスが求められます。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。

そのままの計画で、目標達成できますか?

Webマーケティングには予想外な事態がつきものであることを私たちは理解しています。
考えて、考え抜いて設計したはずのKPIが全く達成されずに、形骸化し誰も触れない状態になっている。

サイト内でユーザーがどのような行動をとっているかを解析

自社と競合を比較し、どこが勝っていてどこが弱みなのかを浮き彫りに

ユーザーのニーズや業界動向等を調査し、状況にあった施策を提案

課題解決のポイント、目標達成のプロセスなど
Webサイトの成長につながる具体的な手段をご提示いたします

運営会社

Web制作・広告・コンサルティングのセルリア

サービス一覧
会社概要