記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

【2021年版】キーワードマッチタイプとは?知らないと損する拡張性

キーワード選定のキーワードマッチタイプはキーワードの拡張性を決める重要な項目です。拡張性を適切に設定できることで、コンバージョンに繋がりずらいキーワードまで拡張性を広げることを防げたり、人力では見つけることのできない今まで検索されていなかった語句を取り入れることができたりすることができます。今回の記事を読みキーワードのマッチタイプを見直しましょう。

カテゴリ: Google広告

広告運用をしていく中でキーワード選定という工程を行います。
適切なキーワードをキーワードプランナーなどのツールを利用して選定していく行為です。
キーワード選定がうまくいかなければ広告の配信先が広告主の想定と異なり、効果的な広告運用ができないことがあります。

そして、キーワード選定が終わったらキーワードマッチタイプの設定があります。
キーワードマッチタイプを設定することで、選定されたキーワードをどの程度拡張させるかを設定できます。
この設定を行わなければ、コンバージョン率が低いユーザーに広告が配信されたり、キーワードの拡張性が低くコンバージョン率が高いユーザーを取り逃がすことに繋がります。

今回はキーワード選定の要とも言えるキーワードマッチタイプについて紹介していきたいと思います。

キーワードの類似パターン

Googleは表現の細かな言い回しによって大量のキーワードを登録する必要がないように、ターゲットとするキーワードと完全に一致しないものの類似しているキーワードを一致させ、検索方法の微差にとらわれずに、広告主のビジネスを探しているユーザーを捕捉で切るようにしてくれています。
以下はすべてのマッチタイプに該当する類似パターンです。

  • 誤字、表記の揺れ(例 振り込み|振込)
  • 意味が同じで語順が異なる語句(例 靴 男性用 | 男性用 靴 )
  • 機能語の追加と削除(例 男性用の靴|男性用 靴)
  • 一部語句を省略した表現(例 ステレオ用イヤホン|ステレオイヤホン)
  • 類義語や言い換え(例 水着|スイムウェア)
  • 検索意図が同じ語句(例 フリー素材 画像|無料素材 画像)
  • 上記のようなパターンがあるため必ずしもあらゆる語句を登録しなくてはいけないということではありません。
    引用:キーワードの類似パターン – Google 広告 ヘルプ

    キーワードマッチタイプは3種類

    現在キーワードのマッチタイプは「完全一致」「フレーズ一致」「部分一致」の3種類になっています。
    2021年2月までは「完全一致」「フレーズ一致」「絞り込み部分一致」「部分一致」という4種類があったのですが「フレーズ一致」と「絞り込み部分一致」を統合させることが決定しました。

    これまでフレーズ一致は「登録したキーワードと同じ語順の検索語句とその類似パターン」に広告が配信されていたため「おすすめ 子供服」をフレーズ一致で登録していた場合、同じ意味である「子供服 おすすめ」では表示されないということが起こっていました。
    現在では語順が違っても意味が同じであれば配信されるようになっています。
    更に「おすすめ 冬物 子供服」のように登録語句の間に他の単語が入ったとしても配信されます。

    ではそれぞれのマッチタイプを見ていきましょう。

    完全一致

    キーワードとまったく同じ意味または意図の検索が、広告の表示対象となります。
    3 種類のキーワード マッチタイプの中で、広告の対象にするユーザーを最も絞り込めるのが完全一致です。
    完全一致は、検索語句を角括弧で囲むことによって表します(例: [red shoe])。

    過去6ヶ月の間に検索されたことのない新規検索語句の割合は20%だというデータもある中,完全一致だけでキーワードの拡張性を補うのは不可能だと言えるでしょう。

    フレーズ一致

    キーワードと同じ意味の内容を含む検索が広告の表示対象になります。
    文言に差があっても、同じ意味に解釈できる場合は一致と見なされます。

    また、キーワードよりも具体的な情報を追加した検索も一致します。
    フレーズ一致は、デフォルトの部分一致よりもターゲットを絞り込むことができますが、完全一致よりは柔軟です。
    フレーズ一致は、検索語句を二重引用符で囲むことによって表します(例: “tennis shoes”)。

    フレーズ一致を使用すれば、自社の商品やサービスを探している可能性が高いユーザーに広告を表示しつつ、さらに幅広いユーザー層も取り込むことができます。

    部分一致

    指定したキーワードに関連する内容の検索が広告の表示対象となります。
    これには、キーワードの語句そのものは入っていない検索も含まれます。
    このため、より多くのユーザーにウェブサイトをアピールできるほか、キーワード作成にかかる時間を節約し、成果の上がっているキーワードに投資を集中できます。

    部分一致は、他のマッチタイプ(完全一致、フレーズ一致、除外キーワード)を指定しなかった場合に、自動的にすべてのキーワードが割り当てられる、デフォルトのマッチタイプです。
    部分一致を表す特殊な記法はなく、単純にキーワードを入力すれば部分一致になります。

    このマッチタイプでは効果的な広告配信をしていくために以下の内容も考慮される場合があります。

  • ユーザーの最近の検索内容
  • ランディング ページのコンテンツ
  • 広告グループ内の他のキーワード(キーワードの意図を詳しく把握するため)
  • 部分一致には注意点が2つあります。

    デフォルトのまま設定を終えてしまう

    キーワード選定の際よく使われるのがキーワードプランナーなどのキーワード選定ツールです。
    表示されたキーワードの中から選定し、広告のキーワード入力欄に設定して終わりではありません。
    その後、それらのキーワードのマッチタイプを選定しなければなりません。
    そのまま、放置してしまうと全てのキーワードが部分一致として処理されてしまいます。

    管理をしないと無駄な広告表示場所が増えてしまう

    日々新しい検索語句が生まれている中で部分一致を利用して、新たなキーワードを探し出すことは新たなユーザーを取り逃がさないために有効的です。
    一方で新たなキーワードの中には広告の目的と離れている語句があり、それらを定期的に除外しなければ、無駄な広告費がかかる原因になります。

    まとめ

    キーワード選定の要であるキーワードマッチタイプを紹介してきました。
    Googleは仕様の変化が頻繁に起きますので最新の情報を常に入れておきましょう。
    キーワードのマッチタイプによってキーワードの拡張性が変化していきますのでそれぞれのキーワードに適切なマッチタイプを設定していきましょう。

    最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
    以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

    この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
    minwebの最新情報をお届けします

    minweb編集部(株)セルリア

    ”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
    企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

    こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

    Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

    ダウンロード資料画像

    Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

    サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。