特集・記事リスト 記事・特集リスト
資料ダウンロード 無料お役立ち資料
本サイトについて 本サイトについて
お問い合わせ お問い合わせ
閉じる

「笑える」「泣ける」「怖い」「感動する」映画の検索回数考察

映画について検索回数から考察します。「怖い映画」のような感情に関わるキーワードでの検索回数ランキングや、映画のカテゴリーごとの検索回数ランキングを紹介しています。これらの検索回数から、映画に関する世の中の興味を考察します。

カテゴリ: 検索回数考察

この前ふとレンタルビデオ屋さんで映画を借りようと思ったのですが、特定の何かが見たいわけではなかったので適当に気分でGoogle検索していました。

その時検索したキーワードは「感動する映画」。この時ふと、「人の感情と映画という言葉は結びついていて、Google検索にもその傾向がみてとれるのかも?」と思い至り、調べてみることにしました。職業病ですね。

今回の記事では映画に関する検索回数を取り上げます。人の興味は検索回数によって定量化できるのでは?という持論を証明するために検索回数考察というカテゴリを設けています!今回はその第2弾!

「笑える」「泣ける」「怖い」など、感情に関わるキーワード×映画

「人の感情」×「映画」というキーワードで一体どれくらい検索されているのか。調べるために、いろんな感情関連のキーワードと映画を組み合わせて検索回数を調べました。

結果はこちらです!

NO.検索キーワードGoogle月間検索回数
1泣ける映画22,200
2怖い映画5,400
3感動する映画5,400
4笑える映画1,900
5スカッとする映画590
6元気になる映画480
7かっこいい映画480
8心温まる映画260
9かわいい映画170
10グロテスクな映画140
11涙が止まらない映画90
12幸せな映画40

「感情」×「映画」で検索されているキーワードは、実は思ったほど多くはなかったです。しかしながら泣ける映画は22,000回と脅威の数字。市場のニーズとしては、泣ける映画が大いに求められているということでしょう。

「映画」というキーワード単体でみると、若干季節性があるようで8月にピークがきます。

あくまで仮説ですが、学生の皆さんの夏休みと関係がありそうですね。

予想通り、「怖い映画」の場合、8月9月に検索ボリュームがピークに達します。

夏といえばやはり怖い話、ホラー・オカルト。検索回数にも顕著にでていて面白いです。

逆に「心温まる映画」の場合、冬にピークがきます。

冷えた体だけでなく、心も温まりたいと皆さん感じるのかもしれませんね。

映画のカテゴリで検索回数が多いランキングTOP50

映画のカテゴリで検索回数が多いランキングTOP50です。

NO.検索キーワードGoogle月間検索回数
1ホラー映画33,100
2恋愛映画22,200
3ポルノ映画12,100
4戦争映画12,100
5モンスター映画12,100
6ロードムービー8,100
7成人映画8,100
8時代劇6,600
9アクション映画5,400
10ミュージカル映画5,400
11SF映画4,400
12サスペンス映画4,400
13西部劇3,600
14青春映画2,900
15ヤクザ映画2,400
16コメディ2,400
17スプラッター映画2,400
18パニック映画1,900
19ファンタジー映画1,600
20野球映画1,600
21スペース・オペラ1,300
22アメリカン・ニューシネマ1,300
23サイコ・ホラー1,300
24カンフー映画1,300
25ギャング映画1,000
26カーアクション映画1,000
27短編映画880
28音楽映画880
29歴史映画880
30オカルト映画720
31怪獣映画720
32サッカー映画720
33ピカレスク・ロマン720
34サイレント映画590
35動物映画590
36ボクシング映画590
37サイコサスペンス590
38マカロニ・ウェスタン590
39スポーツ映画390
40トーキー映画390
41スリラー映画390
42特撮映画320
43ファミリー映画260
44探偵映画320
45白黒映画260
46スクリューボール・コメディ260
47プロパガンダ映画210
48犯罪映画170
49ドキュメント映画170
50スペクタクル映画110

カテゴリはこちらのサイトを参考に持ってきました。(参考:-Yahoo!知恵袋

「怖い映画」をカテゴリに直すとホラー映画。

「笑える映画」をカテゴリに直すとコメディ

思ったんですが、「泣ける映画」ってジャンルではなんて言うんですかね?そういえばピッタリのジャンルってあんまりない気がします。

もしかすると泣ける映画を表すジャンルが無いから、「感情」×「映画」の組み合わせ検索では「泣ける映画」トップなのかもしれませんね。

にしても意外と映画のカテゴリはたくさん検索されていることに驚きます。トーキー映画とか390回検索されているんですね・・・。あんまり聞いたことないですが。。

「ビデオ」「DVD」「ブルーレイ」

そういえば、今だと映画をレンタルするには「ビデオ」「DVD」「ブルーレイ」の3択がありますよね。ビデオは最近だと殆ど見られず、DVD、ブルーレイがほとんどです。

僕の家にはDVDプレイヤーしかないので、ブルーレイは借りれませんが、実際ブルーレイって流行っているんですかね?

こう言ってはなんですが、ブルーレイってあんまり普及していないイメージが・・・。ブルーレイが登場して5,6年たつかと思うのですが、検索回数はどのように変化しているのでしょうか。

どうやら増加傾向にはあるようです。ブルーレイ流行っていない説は僕の思いすごしで、どんどん普及しているということなのでしょうか。

今度は、ビデオやDVDとくらべてどれくらいの検索回数があるか調べて見ました。

ブルーレイは結構圧敗ですね・・・。やっぱりDVD等と比べるともしかしたら目立っていないのかもしれません。(あくまで検索回数上のはなしですが。)

ブルーレイの複合キーワードにはこんなものもありました。

NO.検索キーワードGoogle月間検索回数
1ブルーレイ DVD どっち170

いや、完全にブルーレイとDVDの違いがわからなくて迷っている系の検索クエリですね。どうやらやはりDVDが圧倒的な存在感。ブルーレイはまだまだこれからといった様子です。

まとめ

今回は映画に関する検索回数を調査してみました。いかがでしたでしょうか。人の感情と映画は密接にリンクしていること、映画のカテゴリは意外と多く検索されていることなどがわかりとても勉強になりました!

こうやってみると、やはり検索回数調査は人の興味を図る指標として一つ参考になりますよね!市場調査の一環としても検索回数調査は利用できそうです。


最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。

そのままの計画で、目標達成できますか?

Webマーケティングには予想外な事態がつきものであることを私たちは理解しています。
考えて、考え抜いて設計したはずのKPIが全く達成されずに、形骸化し誰も触れない状態になっている。

サイト内でユーザーがどのような行動をとっているかを解析

自社と競合を比較し、どこが勝っていてどこが弱みなのかを浮き彫りに

ユーザーのニーズや業界動向等を調査し、状況にあった施策を提案

課題解決のポイント、目標達成のプロセスなど
Webサイトの成長につながる具体的な手段をご提示いたします

運営会社

Web制作・広告・コンサルティングのセルリア

サービス一覧
会社概要