記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

Illustratorでジグザグ線(ギザギザ線)や波線を作成する方法

Illustratorでは直線を簡単にジグザグ線に変えることができますが、初心者にとっては分からないもの。ここではIllustratorで直線をジグザグ線に変える方法を解説します。

カテゴリ: Illustrator

Illustratorで、まず覚えておきたいのがジグザグ線(ギザギザ線)、波線といった線を作成する方法です。非常に簡単ですが、初学者だとどうすれば作成できるか迷ってしまうこともあるかもしれません。そこで本記事ではIllustratorでジグザグ線(ギザギザ線)や波線を作成する方法を解説します。

波線やジグザグ線を作成する方法

1.ツールバーから直線ツールを選択

「長方形ツール」や「楕円形ツール」で作成した図形の線を波線やジグザグ線にすることもできますが、今回はわかりやすいように「直線ツール」を使って説明します。画面左側のツールバーから「直線ツール」を選択しましょう。

2.メニューバーから「パスの変形」>「ジグザグ…」を選択

画面上部のメニューバーから「効果」をクリックし、「パスの変形」から「ジグザグ…」というメニュー項目を選択します。

3.ジグザグのパネルで「大きさ」や「折り返しを調整」

「ジグザグ…」を選択するとジグザグにパスを変形させる設定ができるパネルが開きます。このパネルにあるオプションの欄にある「大きさ」や「折り返し」をスライドバーで調整することで、直線をジグザグ線に変更することができます。調整方法は「パーセント」と「数値」から選択します。「折り返し」は、上の画像のようにジグザグの波の数を設定できます。

「大きさ」は、上の画像のようにジグザグの波の強さ(高さ)を変更することができます。

4.ポイントを変更することで波線を作成

波線を作成したい場合は、ポイントの項目で「滑らかに」を選択します。

上の画像のように、ジグザグ線や波線が作成できました。

まとめ

Illustratorでジグザグ線や波線を作る方法は、覚えてしまうととても簡単です。直線からジグザグ線・波線を作成する方法を覚えたら、「長方形ツール」や「楕円形ツール」で作成した線もジグザグや波線に変更してみるなど、いろいろ試してみてください。ジグザグ線や波線を組み合わせることで、複雑なデザインの装飾も可能になりますよ。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。