記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

Illustratorで背景を透過に設定する方法

llustratorの画面で背景を透過に設定する方法と、背景が透過で表示されない場合や透過で書き出せない場合の対処法について解説します。

カテゴリ: Illustrator

本記事では、Illustratorの画面で背景を透過に設定する方法と、背景が透過で表示されない場合や透過で書き出せない場合の対処法について解説します。

背景を透明にする方法については以下のページを参照してください。

▷Illustratorで背景が透明な画像を作成する方法

白背景から透明グリッドへ変換する

上の画像は背景が透過のPNG画像ですが、イラストレーターの画面では背景が白で表示されています。透過のPNG画像の背景が、透明に表示されていない場合は透過グリッドが隠されている可能性があります。

画面上部にあるメニューバーから表示をクリックし、表示されるメニュー項目の中から「透明グリッドを表示」を選択します。

上の画像のように、透過の背景であることを示す格子状の透明グリッドが表示されました。

Illustratorで透過画像を扱う際のトラブルシューティング

ケース1.白い画像のレイヤーを配置している

透過画像で、透過グリッドを表示しても背景色が表示されている場合は背面のレイヤーに色のついた画像が配置されていることがあります。上の画像は背面に白の画像が配置されているので、ロゴが透過に見えていません。白の画像が配置されているレイヤーを選択し、レイヤーパネル右下にあるゴミ箱のアイコンをクリックして削除してみましょう。

上の画像のように背面のレイヤーに配置された画像が削除されて、透過グリッドが見えるようになりました。

ケース2.背景色が白抜き設定になっている

PNGやGIFなど透過画像に対応したファイル形式で書き出しても、透明な背景になっていない場合があります。この時に、チェックしなければいけないのがファイルの書き出しでの背景色の設定です。

ここでは「スクリーン用に書き出し…」の設定で、背景色の設定を確認してみましょう。画面上部にあるメニューバーからファイルをクリックし、「書き出し」にある「スクリーン用に書き出し…」を選択します。

「スクリーン用に書き出し…」を選択すると、上の画像のようなスクリーン用に書き出しの設定パネルが開きます。このパネルの右側下部にある歯車のアイコンをクリックします。

歯車のアイコンをクリックすると、「形式の設定」というパネルが開きます。このパネルの左側にPNGやGIFといったファイル形式の一覧が表示されています。PNGとPNG8という形式があるので、両方の背景色を確認してみましょう。

背景色を確認するとホワイトに設定されています。この背景色がホワイトやブラックになっていると透過画像で書き出されません。以前に書き出した際の設定が残っているケースもよくあるので、透過の書き出しがうまくできない場合は、まずこの設定を確認します。

背景色を透明に設定し直しました。

再度、もとのデータから書き出しを行うと、背景が透過になったPNG画像が作成できるようになっています。

まとめ

非常に基礎的な知識ですがIllustratorに慣れていないと、背景を透過に設定で迷うこともあるかと思います。他のデザインツールやWebで使う画像は、透過画像を利用することが多いので本記事を参考にして、設定方法やよくあるトラブルの対処法を覚えてしまいましょう!

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleアナリティクス使い倒し活用術  <AKAHON>

ダウンロード資料画像

「毎日、数値をみているけどどこをどうやって改善すれば良いのかわからない」

「Google analyticsを導入して、自社サイトのパフォーマンスを上げて欲しいといわれたけど、何をどうすればいいのかわからない」

「Web以外にも担当を兼任していて、アクセス解析に多くの時間をついやすことができない」

上記のような思いをお持ちのWeb担当者の方にはお役に立てる一冊です。

Googleアナリティクス初心者の方でも使いこなせるように、導入方法や用語、やっておきたい初期設定から具体的な活用方法まで丁寧に解説します。