記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

Illustratorのスウォッチの基本的な使い方をマスターしよう!

Illustratorにはよく使う色やグラデーション、パターンをカラーパレットに登録してすぐに使えるようにできる「スウォッチ」という機能があります。スウォッチをうまく使うことで、デザイン業務がスムーズに進められます。ここではスウォッチの基本的な使い方を解説します。

カテゴリ: Illustrator

スウォッチはカラー、グラデーション、パターンなどを登録してすぐに使えるようにできる機能です。スウォッチという機能があることは知っていても、十分に使いこなせていない初心者は多いと思います。そこで、本記事ではスウォッチの基本的な使い方について詳しく解説します。

スウォッチの使い方

スウォッチの基本操作

画面上部にあるメニューバーからウィンドウをクリックし、表示されるメニュー項目の中から「スウォッチ」を選択するとスウォッチパネルが開きます。

初期設定のワークスペースには、画面左側にパネル一覧が表示されていますので、ここにある「スウォッチ」をクリックすることでもスウォッチパネルを開くことができます。

スウォッチの使い方を解説する前に、以下の画像と表で、スウォッチパネルの各アイコンの内容を簡単に説明しておきます。

名称 説明
①「塗り」と「線」 オブジェクト内部のカラーを設定する「塗り」と、オブジェクトの外郭線のカラーを設定する「線」のアイコンです。
②リスト形式で表示 スウォッチをリスト形式で表示させるアイコンです。
③サムネイル形式で表示 スウォッチをサムネイル形式で表示させるアイコンです。
④スウォッチ スウォッチが表示されるエリア。
⑤スウォッチライブラリメニュー スウォッチライブラリのメニュー(一覧)を表示させるアイコンです。
⑥Colorテーマパネルを開く Colorテーマパネルという機能でカラーを設定するパネルを表示させるアイコンです。
⑦現在のライブラリに選択したスウォッチとカラーグループを追加 現在のライブラリに選択したスウォッチとカラーグループを追加するアイコンです。
⑧スウォッチの種類メニューを表示 カラースウォッチ、グラデーションスウォッチ、パターンスウォッチ、カラーグループなどスウォッチの種類メニューを選択するアイコンです。
⑨スウォッチオプション スウォッチオプションのパネルを表示させるアイコンです。
⑩新規カラーグループ 新規カラーグループを追加するアイコンです。
⑪新規スウォッチ 新規スウォッチを追加するアイコンです。
⑫スウォッチを削除 スウォッチを削除するアイコンです。

カラーを登録してスウォッチを作成

1.スウォッチパネルの「新規スウォッチ」をクリック

スウォッチパネル下部にある「新規スウォッチ」のアイコンをクリックすると、新規スウォッチを作成するパネルが開きます。このパネルで各項目を調整してオリジナルのカラースウォッチを作成していきます。

2.カラーを調整

カラーモードを選択して、カラーを調整します。ここでは、CMYKという印刷用のカラーモードで調整してみます。CMYという三原色と、Kという黒色を調整して好みの色を作成してみましょう。作成できたら「OK」をクリックします。

3.作成したカラーをスウォッチに追加・削除

OKをクリックすると、上の画像のように作成したスウォッチがスウォッチパネルに追加されています。追加したスウォッチを選択した状態で適当なオブジェクトを作成してみましょう。これで、その都度色味を調整しなくてもオリジナルのカラーがすぐに利用できるようになります。

また、追加したスウォッチを削除したい場合は、スウォッチを選択した状態でパネル下部にある「スウォッチを削除」というゴミ箱のアイコンをクリックします。

「スウォッチを削除」をクリックすると上の画像のような「選択したスウォッチを削除しますか?」と表示されるモーダルウィンドウが開きますので「はい」をクリックします。

スウォッチが削除されました。

グラデーションを登録してスウォッチを作成

1.メニューバーから「グラデーション」を選択

画面上部にあるメニューバーをクリックし、表示されるメニュー項目の中から「グラデーション」を選択します。

2.グラデーションパネルでグラデーションを作成

「グラデーション」を選択すると、グラデーションパネルが表示されます。パネル上でもグラデーションのカラー調整はできますが、オブジェクトを作成しオブジェクト上でカラー調整すると、イメージがつかみやすいです。

オブジェクト上でカラー調整する場合は、作成したオブジェクトにグラデーションの塗りアイコンをドラッグします。

3.グラデーションを調整

グラデーションパネルか、オブジェクト上にグラデーションスライダーという調整バーが表示されます。このスライダー上にある丸形のポイントの色を変更・追加したり、スライドさせたりすることでグラデーションが変化します。また、菱形のポイントをスライドさせるとグラデーションカラーの混ざる割合を調整することができます。

グラデーションの作成は下記の記事も参考にしてみてください。

▷Illustratorでグラデーションを作成する方法

4.作成したグラデーションをスウォッチパネルに追加

作成したグラデーションをスウォッチパネルに追加させるには、グラデーションパネルの右上にあるグラデーションの塗りアイコンを選択し、スウォッチパネル上にドラッグ&ドロップします。これで、オリジナルのグラデーションスウォッチが追加できました。

パターンを登録してスウォッチを作成

1.オブジェクトを作成

まずは、パターンに使うオブジェクトを作成します。円形、四角形、オブジェクト化したテキストなど、いろいろなオブジェクトを基にパターンを作成できますが、ここではスターツールを使って星型のオブジェクトを作成してみます。

2.作成したオブジェクトをスウォッチパネルに追加

作成したオブジェクトをスウォッチパネルにドラッグ&ドロップします。

3.追加したスウォッチパネルを調整する

オブジェクトをスウォッチパネルにドラッグ&ドロップするだけでは、オブジェクトが隙間なく敷き詰められた状態です。追加したスウォッチをダブルクリックしてパターンオプションを表示させると、スウォッチの調整ができます。

4.パターンオプションのパネルでサイズや並びを調整

パターンオプションパネルを開いた状態で、オブジェクトを選択するとサイズを変更できます。また、パターンオプションパネル上にある幅や高さの値を変更することでもサイズを変えることができます。上の画像のように星型を小さくして、角を丸く調整してみました。

また「タイルの種類」を選択するとパターンの並び方を変更することができます。ここではレンガ(横)を選択して、オブジェクトのパターン配置を変えてみます。上の画像のように、だいぶ印象が変わりました。

5.作成したパターンのスウォッチを確認

作成したパターンのスウォッチを確認してみましょう。先ほど作成したオブジェクトに、作成したパターンが反映されているので、これは削除します。

作成したスウォッチを選択した状態で、画面左側にあるツールバーから長方形ツールを選択し、長方形を作成してみます。上の画像のように、かわいい星型のパターンが確認できました。

スウォッチ素材を活用する

標準のスウォッチライブラリを活用する

Illustratorには、はじめから便利なスウォッチライブラリが多数搭載されています。以下に標準搭載されたスウォッチライブラリの使い方を説明します。

1.スウォッチパネルのオプション項目からスウォッチライブラリを開く

スウォッチパネルの右上にあるオプション項目のアイコンをクリックしてオプションを表示させます。メニュー項目の中にある「スウォッチライブラリを開く」を選択し、スウォッチライブラリの一覧から使用したいスウォッチライブラリを選択しましょう。

パネル下部の一番右にある「スウォッチライブラリーメニュー」のアイコンをクリックしてもスウォッチライブラリの一覧が表示できるので、もっと簡単にライブラリを選びたい人は、そちらのやり方も試してみてください。

ここではDICカラーガイド(DIC株式会社:旧大日本インキ化学工業株式会社によって提供されている色見本規格)というスウォッチライブラリを選択してみます。

2.スウォッチライブラリが表示される

DICカラーガイドのスウォッチライブラリが表示されました。パターンやグラデーションだけでなく、このように印刷規格にそったライブラリやWebに最適化されたカラーが設定してあるライブラリなど、様々なスウォッチライブラリも標準搭載されています。

上の動画のように、様々なカラー、グラデーション、パターンのスウォッチライブラリがIllustratorに標準搭載されています。

フリースウォッチ集の活用

素材を追加することで簡単に機能を拡張できるのもIllustratorを使うメリットです。商業利用可能なIllustrator用の様々なフリー素材が提供されており、その中にはスウォッチライブラリもあります。

「スウォッチ フリー素材 商用可」といったように検索をかければ、数多くの素材や関連記事がヒットしますのでダウンロードして利用してみましょう。

例えば、フリー素材提供で非常に有名な「イラストAC」といったサービスでも、沢山のスウォッチ集を見つけることができます。「パターン」や「背景パターン」といったキーワードでもスウォッチに追加できる素材が見つかりますので試してみましょう。

「イラストAC」以外にも、スウォッチ集を提供する様々なサービスがあります。

ここでは、「和柄」のスウォッチを探してみます。「Vector Club」というサイトに、良さそうな和柄パターンが見つかりましたので、ダウンロードしてみます。

上の動画のように、ダウンロードしたaiファイルをクリックすると、スウォッチパネルに和柄が追加されました。自動的に追加されない場合は、柄パターンを選択して前述したスウォッチ追加方法と同じように、柄パターンを追加してみましょう。

同じように花柄、アーガイル柄、タータンチェックといったような検索ワードを追加すれば、大抵の場合目当ての柄が見つかると思います。スウォッチを一つ一つ作成している時間がない場合、オリジナルのスウォッチを作成するほどコストがかけられない案件などでは、こうしたフリースウォッチ集が大変役立つでしょう。

まとめ

スウォッチが使いこなせるようになると、表現の幅も広がり作業効率が格段にアップします。本記事を参考にして基本的な使い方をマスターしておきましょう!

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。