記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

Illustratorで文字にふりがな(ルビ)をふる方法

「ふりがな」のことを印刷業界や出版業界では「ルビ」と呼び、デザインを制作する際には必要になることが多いです。ここではIllustratorを使ってルビをふる方法を解説します。

カテゴリ: Illustrator

本記事ではIllustratorで文字にふりがな(ルビ)を振る方法について紹介します。

ルビについて

印刷業界や出版業界では「ふりがな」のことを「ルビ」と呼ぶことがあります。これは日本の活版印刷でよくふりがなに使われていた5.2ptの活字サイズが、宝石の名前で活字サイズを分類していたイギリスのルビー(ruby)という5.5ptの活字サイズに近いことに由来しています。現在は使う人が少なくなってきていますが、エディトリアルデザインやDTPデザイン分野ではよく使われる言葉なので覚えておきましょう。

ふりがな(ルビ)をふる方法

1.文字を入力する

画面左側にあるツールバーから文字ツールを選択して、文字を入力します。このとき、ふりがな(ルビ)部分を先に入力し、漢字の部分は後に入力します。

2.ふりがな(ルビ)部分のフォントサイズを小さくする

文字パネルの「フォントサイズを設定」で、ふりがな(ルビ)部分のフォントサイズを小さくします。

文字パネルはメニューバーのウィンドウから書式>文字を選択、もしくは文字ツールを選択した状態で画面上部のコントロールパネルや、画面右側にあるパネル一覧にある「文字」という項目をクリックすることで開けます。

3.文字パネルのオプション項目から「割注設定…」を選択

ふりがな部分と漢字部分両方とも選択した状態で、文字パネル右上にあるハンバーガーメニューのアイコンをクリックします。このクリックすると、オプション項目のメニューが表示されます。このメニューの中から「割注設定…」を選択します。

4.割注設定パネルのプレビューにチェックを入れる

「割注設定…」を選択すると、割注設定パネルが開きます。割注(わりちゅう)とは、文中に2行に渡って注釈を入れることを意味します。実際の割注設定の効果を確認しながら作業できるようにパネル左下にある「プレビュー」の項目にチェックを入れておきましょう。

5.割注設定パネルの割注にチェックを入れる

パネル上部にある「割注」という項目にチェックを入れると、プレビューでも割注された状態がプレビューできます。本体の漢字部分もフォントサイズが小さくなりますが、これはデフォルトで、割注サイズが50%になっているからです。元のサイズでふりがなをつけたい場合は割注サイズを100%にします。

ふりがな部分と、漢字部分がうまく2行に分割されない場合は、ふりがな部分のフォントサイズを調整してみましょう。ふりがなの文字数にもよりますが、だいたい漢字部分の2分の1サイズに設定するとうまくいきます。

6.行揃えの設定を変更する

割注ができたら、行揃えの設定を変更しましょう。初期設定では「自動」となっており、行が左揃えで表示されています。ふりがな(ルビ)を振る方法には、いくつかの種類があります。熟語の場合は、漢字ごとの読みに合わせてふりがなを振ったほうが良い場合もありますし、全体に均等にふりがなを振ったほうが良い場合もあります。

ここで扱っている四字熟語は、ふりがなの文字数が多く、漢字ごとのふりがなと少し位置がずれても、どの漢字のかなであるかわかりやすい熟語なので、上の画像のように、かなを均等配置してみました。均等配置に(最終行中央揃え)とあるのは、注釈が1行で収まらない場合の最終行なので、ふりがなを振る際は基本関係ありません。

7.行の間隔を調整する

このままでも良いのですが、少し漢字とかなの間が詰まっているように感じるので「行の間隔」という項目で行の間隔を調整しておきましょう。これでふりなが(ルビ)を振る作業が完了しました。

文章の中でふりがなを入力する際の調整方法

実際にふりなが(ルビ)を振る場合は、文章中にある漢字に対してのことが多いと思います。ここでは、文章の中でふりがなを入力する方法について解説します。

1.該当箇所のふりがな部分と漢字部分を選択して割注設定を行う

まずは先ほど解説した方法で、該当箇所にふりがなを振ります。ここでは、文章全体の統一感を乱さないように漢字本体のフォントサイズをふりがなを振らない文字サイズと揃えたいので、割注サイズを100%にします。

2.ベースラインシフトを設定して文字の位置を調整する

割注サイズを100%にしてふりがなを振ると、その部分だけ文字の位置が変わって、全体の文章から浮いてしまいます。これをを調整するために文字パネルにある「ベースラインシフトを設定」という項目の数値を変更します。ベースラインシフトの変更を行うことで、漢字の位置を元のベースラインの高さに調整しましょう。

上の画像のように文章の中でふりがなが入力できました。テキストボックスを作成してテキストを流し込んだ文章であれば、ふりがな分の文字数が自動的に詰まります。

まとめ

今回は、漢字にふりがな(ルビ)を振る方法として割注設定を使いましたが、この方法を用いれば英単語にふりがなをつけたり、簡単な注釈を入れることも可能です。ポスターやパンプレットの作成においても固有名詞にはふりがなが必要となってくるケースが多いので、本記事を参考にしてIllustratorでふりがなを振る方法をマスターしておきましょう!

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

無料でできるWebマーケティング11選  <MIDORIBON>

ダウンロード資料画像

Webマーケティングに取り組もうとしている方に向けて、無料で利用できるWebマーケティングに役立つツールを9つ集めました。ツールの始め方からWebマーケティングに利用するメリット、実践的な活用方法まで解説します。

コストをかけずにまずはWebマーケティングに取り組んでみたい思いの方にぴったりの一冊です。