記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

【初心者向け】Illustratorで画像を挿入・配置する方法

Illustratorに画像を挿入するには、保存された画像データとリンクさせることで画像を配置する方法と画像データを埋め込んで配置する方法の2種類があります。この記事では、画像を挿入する2つの方法、リンク配置と埋め込み配置について解説します。

カテゴリ: Illustrator

本記事では、Illustratorを利用する上で基本スキルとなる画像を挿入・配置する方法について解説します。

画像配置の種類

Ilustratorでの画像配置には、「埋め込み」と「リンク」という2つの種類があります。「リンク配置」はIllustratorのファイルとは別に保存された画像データとリンクさせることで画像を配置する方法です。一方で「埋め込み配置」は、Illustratorのファイル内にイラストや写真などの画像データを埋め込んで配置する方法になります。それぞれ特性がありますので以下に説明します。

リンク配置

リンク配置を行う手順

1.メニューバーから「配置」を選択

画面上部にあるメニューバーのファイルをクリックし、表示されたメニュー項目の中から「配置…」を選択します。

2.画像を選択するウィンドウパネルにある「リンク」にチェックを入れて配置

メニューから「配置…」を選択すると画像を選択するポップアップウィンドウが開きます。任意の画像を選択したら、ウィンドウの下部にあるチェックボックスから「リンク」の項目にチェックを入れます。

3.画像サイズの調整

近年はスマートフォンで撮影した画像データも、かなり解像度が高くなっており、データサイズが大きくなっています。画像は、元の画像データのサイズのまま配置されますので、使いたい画像サイズよりも大きい場合は、ちょうど良いサイズになるように調整しましょう。

画面左側のツールバーにある拡大・縮小ツールを使うと簡単にサイズ調整が可能です。拡大・縮小ツールのパネルにある「拡大・縮小」から、「縦横比を固定」という項目の欄で縮小する比率を入力してリサイズしましょう。

この際、リサイズした画像がアートボード外に行ってしまうことがあるので、その場合はウィンドウ左下にある表示サイズ変更の欄で表示サイズを小さくして画像をアートボードに移動させましょう。

上の画像のようにアートボードに収まるサイズになりました。

4.リンク配置した画像の情報を確認

画面上部にあるメニューバーのウィンドウをクリックし、「リンク」を選択します。

画面上部にあるメニューバーのウィンドウをクリックし、「リンク」を選択するとリンクを設定するパネルが表示されます。パネル下部には「CCライブラリから再リンク」「リンクを再設定」「リンクへ移動」「リンクを更新」「オリジナルを編集」という各アイコンがあります。

リンクが外れてしまっている場合は「CCライブラリから再リンク」や「リンクを再設定」、リンクの画像がどれであるかは「リンクへ移動」、元画像へ加えた編集内容を更新するには「リンクを更新」、元画像を編集するには「オリジナルを編集」をそれぞれクリックします。

パネル下部にある▶︎をクリックするとリンク画像の詳細が表示されます。ここのファイル形式の拡張子が記されている後に(リンクファイル)と表記されていればリンク配置できていると確認できます。

また、画像がリンク配置になっている場合は、「リンクを更新」と「オリジナルを編集」のアイコンがクリックできるようになっています。こちらを確認してもリンク配置できていると確認できます。

リンク配置の注意点

画像をリンク配置したデータを印刷する場合、Aiファイルとは別にリンクした画像を全て同梱したフォルダで印刷所に入稿する必要があります。リンクされた画像をフォルダから移動させてしまうと、リンクが切れてしまいます。また、移動させなくても後からフォルダ名を変えることでリンクが切れることがあります。

データを作成する前に、フォルダの設定を決めておかないとリンク切れが生じやすいので注意しましょう。

DTPの現場においては、画像の解像度やカラーモードなどのチェックが可能であり、印刷所に入稿した後でも画像の調整が可能なことから従来はリンク配置による画像配置が一般的です。

近年はよりリーズナブルな価格で印刷が可能なPDF入稿で作業を行う現場が増えてきていますが、雑誌や書籍といった出版業界や代理店を経由するような広告業界のデザイン作業では、現在でも画像をリンク配置したネイティブデータ入稿が主流ですので、リンクによる配置にも慣れておきましょう。

埋め込み配置

埋め込み配置を行う手順

1.メニューバーから「配置」を選択

画面上部にあるメニューバーのファイルをクリックし、表示されたメニュー項目の中から「配置…」を選択します。

2.画像を選択するウィンドウパネルにある「リンク」のチェックを外して配置

メニューから「配置…」を選択すると画像を選択するポップアップウィンドウが開きます。任意の画像を選択したら、ウィンドウの下部にあるチェックボックスから「リンク」のチェックを外します。画像サイズが大きい場合は、拡大・縮小ツールでサイズ調整しましょう。

3.埋め込み配置した画像の情報を確認

画面上部にあるメニューバーのウィンドウをクリックし、「リンク」を選択するとリンクを設定するパネルが表示されます。

パネル下部にある▶︎をクリックするとリンク画像の詳細が表示されます。ここのファイル形式の拡張子が記されている後に(埋め込みファイル)と表記されていれば埋め込み配置できていると確認できます。

また、画像が埋め込み配置になっている場合は、「リンクを更新」と「オリジナルを編集」のアイコンがクリックできないようになっています。こちらを確認しても埋め込み配置できていると確認できます。

埋め込み配置の注意点

画像を埋め込み配置にしたAiデータは、印刷所に入稿後に修正ができないので完全データの入稿が必須条件になります。

しかし、現在はPDFデータによる入稿が主流になってきているので、画像を埋め込み配置にしたAiデータを入稿するケースは少ないと思います。PDFによる入稿も完全データの入稿が必須条件になります。そういう観点から考えれば埋め込み画像でデータを作成した方が、作業効率的に便利であることのほうが多いでしょう。

画像の埋め込みに関しては以下の記事も参考にしてみてください。

▷Illustratorで画像を埋め込む方法をわかりやすく解説

リンク配置と埋め込み配置の比較表

最後にリンク配置と埋め込み配置の特徴を表を使っておさらいしておきましょう。以下がリンク配置と埋め込み配置の比較表です。

  埋め込み画像 リンク画像
メリット

・ファイルの変更や移動でリンク切れなどのリスクが発生しない

・Illustratorの編集画面上でも元画像と同様の画質で表示される

・Aiファイルに画像が埋め込まれているのでAiファイルのみのデータ入稿が可能

・元の画像を変更するとIllustrator上も画像は変更される

・Illustratorで作成したファイルのデータサイズが軽い

・印刷所に入稿後、印刷所側でも修正が可能

デメリット

・元の画像を変更してもIllustrator上の画像は変更されない

・Illustratorで作成したファイルのデータサイズが重くなる

・印刷所に入稿後に修正ができないので完全データの入稿が必須条件になる

・ファイルの変更や移動でリンク切れなどの発生する可能性がある

・高画質表示にしないとIllustratorの編集画面上で表示が荒くなる可能性がある

・Aiファイルとは別にリンクした画像を全て同梱したフォルダでの入稿が必要

まとめ

画像を挿入・配置する方法は、Illustratorを利用していく上で非常に重要な基礎知識です。特にDTPにおける印刷データでは、リンク配置と埋め込み配置の違いを理解しておかないとトラブルの原因になります。

作業現場にあった画像配置がスムーズにできるように本記事を参考にして、両者の特徴を理解し配置方法をマスターしておきましょう!

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。