記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

Illustratorでアイコンを作成する方法をマスターしよう!

Illustratorを活用してアイコンを作成することができます。パスファインダーやオブジェクトメニューの変形、効果メニューの変形などを活用してアイコンを作成する方法を解説します。

カテゴリ: Illustrator

イラストを描く能力とデザインのスキルやセンスは別物なので、デザイナー職にイラストを描くスキルは必須ではありません。しかし、簡易な絵柄で物事を記号化して表現するアイコンを作成するスキルは、デザイナーが身につけておかなければならない必須項目の一つです。このアイコンを作成するツールとして最適なのがIllustratorです。本記事ではIllustratorを使ったアイコン作成方法について解説します。

アイコンを作成するのに便利なイラストレーターの機能

ペンツールを使ってパスを描いていく手法でアイコンを作成すると細かな表現は可能になりますが、後から修正や微調整を行うのが難しくなります。こうした作成方法にと比べて、後から調整しやすいアイコンとは円形や四角形といったパスオブジェクトのパーツを組み合わせる方法で作成されたアイコンです。このようなアイコン作成に役立つ便利な機能について以下で簡単に説明します。

パスファインダー

パスファインダーとは複数のパス(オブジェクト)を合成したり、複数のパス(オブジェクト)が重なる部分で形を切り抜いたりする機能で、Illustratorでアイコンを作成する上で最も重要な機能の一つです。パスファインダーパネルで「合体」「前面オブジェクトで型抜き」「交差」「中マド」といった形状モードと、「分割」「刈り込み」「合流」「切り抜き」「アウトライン」「背面オブジェクトで型抜き」といったパスファインダーの設定が行えます。

パスファインダーについては下記の記事で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

▷Illustratorの基本機能であるパスファインダーの使い方をマスターしよう!

オブジェクトメニューの変形

オブジェクトメニューにある「変形」という項目からオブジェクトを「移動」「回転」「リフレクト」「拡大・縮小」「シアー」させる変形効果を設定するパネルを開くことができます。

効果メニューの変形

効果メニューにある「パスの変形」から「変形…」という項目を選ぶことで、アイコン作成に役立つ変形効果を設定することができます。

アイコン作成に役立つ変形効果とコピー機能

次に、アイコン作成に役立つ変形効果とコピー機能について説明します。

移動&コピー

1.メニューバーから「移動…」を選択

メニューバーからオブジェクトをクリックし、表示されたメニューの中から「変形」にある「移動…」を選択します。

2.位置の値を変更して「コピー」をクリック

「移動…」を選択すると、移動のパネルが表示されます。このパネルの位置の項目で数値を変更します。ここでは水平方向に60mm移動させてみましょう。値の設定が完了したら「OK」ではなくパネル左下にある「コピー」ボタンをクリックします。

上記の画像のように元の画像はそのまま残り、コピーされたオブジェクトが移動しています。この方法を使えば、丸や四角の枠に囲まれたアイコン群などの作成も簡単になります。

回転&コピー

1.メニューバーから「回転…」を選択

メニューバーからオブジェクトをクリックし、表示されたメニューの中から「変形」にある「回転…」を選択します。

2.角度の値を変更して「コピー」をクリック

「回転…」を選択すると、回転のパネルが表示されます。このパネルの位置の項目で角度を変更します。角度の値の設定が完了したらパネル左下にある「コピー」ボタンをクリックします。

上記の画像のように元のパーツはそのまま残り、コピーされたオブジェクトが角度を変えて配置されています。

リフレクト&コピー

1.メニューバーから「リフレクト…」を選択

メニューバーからオブジェクトをクリックし、表示されたメニューの中から「変形」にある「リフレクト…」を選択します。

2.リフレクトの軸を選択して「コピー」をクリック

「リフレクト…」を選択するとリフレクトのパネルが表示されます。リフレクトの軸を選択したらパネル左下にある「コピー」ボタンをクリックします。

3.反転してコピーされたオブジェクトを元の画像とピッタリと重なる位置まで移動

リフレクトで反転してコピーされたオブジェクトが、元のオブジェクトの上に重なっている状態になっているので、2つのオブジェクトがピッタリと重なる位置まで移動します。このときShiftキーを押しながらオブジェクトを選択し、移動させると、移動が垂直・水平に直線の軌道で動かせるようになるので、調整がしやすくなります。

上の画像のようにピッタリ重なる位置まで反転したオブジェクトを移動できました。ガイド表示で「交差」と出る位置がピッタリ重なる位置なので、配置する際に参考にしましょう。

4.パスファインダーで2つのオブジェクトを結合

ピッタリと重なった位置で2つのオブジェクトを選択し、パスファインダーの「結合」をクリックすると、オブジェクトが1つに統合されます。上の画像のように、リフレクトツールを使ってハート、猫、カエルのアイコンが作成できました。

実際のアイコン作成事例から学ぶアイコン作成方法

アイコン作成に役立つ機能の概略が理解できたと思いますので、次は実際のアイコン作成事例からアイコン作成方法を学んでいきましょう。

文書のアイコン

1.枠の中に簡単な図を入れる

移動&コピーの項目で作成したファイルの形状をした枠組みに、簡単な図をいれてアイコンにしてみます。

線を入れれば、テキストファイル、丸・四角・三角と波線を入れると画像ファイル、「あ」を入れると日本語のファイル、「A」を入れると欧文のファイルといったように、枠の中に入れる図形や文字を変えるだけでファイルに関するアイコングループを作成することができました。

歯車(設定)のアイコン

1.メニューバーから「変形…」を選択

回転&コピーで作成したオブジェクトを応用して、端末の設定のアイコンとしてよく用いられる歯車のアイコンを作成してみましょう。ここでは、さきほど紹介した方法よりも、より効率的な変形の方法で説明します。まず、画面上部のメニューバーから効果をクリックし、「パスの変形」というメニュー項目にある「変形…」を選択します。

2.角度を変更し、コピーするオブジェクトの数を設定

「変形…」を選択すると、上の画像のような変形効果のパネルが表示されます。このパネルでは「拡大・縮小」「移動」「回転」といった項目が変更可能です。このパネルにある回転の角度という項目で、コピーしたオブジェクトの角度を設定します。

パネル下部にあるコピーという項目は、オブジェクトをコピーする数を設定する欄になります。角度を45°に設定すると、コピーされたオブジェクトが、それぞれ45°ずつずれて配置されます。先程の方法よりも少し設定が難しく感じるかもしれませんが、1つ1つコピーを繰り返す必要がないので大変便利な機能です。

3.円形を作成する

歯車の中心部となる円形のオブジェクトを作成します。

4.2つのオブジェクトを中央で整列

2つのオブジェクトを重ね合わせます。このとき整列ツールを使って、中央で整列させると、中心をピッタリと揃えて重ねることができます。

5.Optionキーを押しながら「合体」をクリック

パスファインダーは、Optionキーを押しながら各効果をクリックすると疑似的にオブジェクトが結合され、それぞれのオブジェクトの形状が維持された「複合シェイプ」という形態を作成することができます。ここでは、Optionキーを押しながら「合体」をクリックし、疑似的に合体された複合シェイプを作成します。

この「複合シェイプ」を使ってアイコンを作成すると、後からの修正や微調整が簡単になるので覚えておきましょう。

6.穴の部分になる円形を作成

さきほど作成した円形よりも一回り小さい、歯車の中央にある穴の部分となる円形を作成します。

7.Optionキーを押しながら「前面オブジェクトで型抜き」をクリック

Optionキーを押しながら「前面オブジェクトで型抜き」をクリックし、疑似的に前面オブジェクトで型抜きされた複合シェイプを作成します。

もし、穴の部分になる円形の重ね順が、切り抜くオブジェクトより背面にある場合は重ね順をメニューバーのオブジェクトをクリックし、重ね順から「最前面へ」を選択して前面オブジェクトにしておきましょう。

8.各パーツを調整することで様々なバリエーションを作成可能

上の画像のように「パスの変形」の「変形…」からオブジェクトをコピーし、パスファインダーを使って複合シェイプとして作成されたアイコンは、後から太さを変えたり、角を丸くするといった微調整が非常に簡単に行えます。

上の動画のように、ダイレクト選択ツールで、コピー元となったオブジェクトだけを選択し、変形パネルで幅や高さを変更することで、その他のパーツの形状も同様な変更が加えられるようになります。円形の部分の幅を細くしたい場合は、ダイレクト選択ツールで円形の部分だけ選択し変更を加えます。

チェーンの形をした縦横比のアイコンにチェックが入っている場合があるので、歯車の長方形部分を変更する場合は、外しておきましょう。逆に円形部分を変更する場合は縦横比を固定します。

人物のアイコン

1.複数のオブジェクトで人物を形作る

リフレクト&コピーの解説項目で覚えた方法を使って人物のアイコンを作成してみましょう。円形や角丸四角形、ペンツールを使って作成したパスオプジェクトなどを重ね合わせて、ガッツポーズをとっている人物を作成してみます。

ガッツポーズは両腕が同じ形に作成できた方が見栄えが良いのでリフレクト機能が役立ちます。

2.オブジェクトを「合体」させ複合シェイプを作成

作成したオブジェクトを全部選択し、Optionキーを押しながら「合体」をクリックし、疑似的に合体された複合シェイプを作成します。

3.複合シェイプで必要のない箇所を「前面オブジェクトで型抜き」

作成した複合シェイプを左半分だけにするために、Optionキーを押しながら「前面オブジェクトで型抜き」をクリックし、疑似的に前面オブジェクトで型抜きされた複合シェイプを作成します。

上の画像のようにガッツポーズをとった人物の左半分のオブジェクトが作成できました。

4.リフレクトの軸を選択し「コピー」をクリック

リフレクトパネルでリフレクトの軸を選択し「コピー」をクリックします。

5.反転したオブジェクトと、コピー元のオブジェクトが左右対称に交差する位置まで移動

反転したオブジェクトと、コピー元のオブジェクトが左右対称に交差する位置まで移動します。

6.背景やテキストを追加してアイコン完成

作成したガッツポーズの人物を、四角い枠の背景に当てはめ「GYM」というテキストを入れてみます。マッチョな人物が、マッスルポーズを決めているジムのアイコンが完成しました。

まとめ

本記事で解説されているように、デザイナーが作成するアイコンの多くは図形を組み合わせることで絵柄が作られています。

アイコンの絵柄のデザインにオリジナリティはそれほど重要ではなく、広く流通しているアイコンイメージを基に「クライアントに求められるイメージ」「Webサイトのイメージ」「企業イメージ」といったものに則したテイストを加味していくことが、より大切になってきます。スキルは経験を積むことで着実に伸びていきますので、本記事を参考にしてアイコン作成にチャレンジしてみましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

無料でできるWebマーケティング11選  <MIDORIBON>

ダウンロード資料画像

Webマーケティングに取り組もうとしている方に向けて、無料で利用できるWebマーケティングに役立つツールを9つ集めました。ツールの始め方からWebマーケティングに利用するメリット、実践的な活用方法まで解説します。

コストをかけずにまずはWebマーケティングに取り組んでみたい思いの方にぴったりの一冊です。