記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

Illustratorのグリッド表示を使って正確な作画やレイアウト作成を行う方法

グリッド(grid)とはIllustratorに備わっている方眼紙と同様のガイド表示ができる機能です。グリッドを活用することで、左右上下対称なデザイン制作が出来たりバランスの良いデザインが作れたりします。

カテゴリ: Illustrator

本記事ではIllustratorのグリッド表示機能を中心にグリッドについて詳しく解説します。

グリッドとは

グリッド(grid)とは、直訳すると「格子状のもの、方眼状のもの」という意味です。製図や設計図などを作成するときに、方眼紙を用いることが多いですが、Illustratorでも「グリッド」という機能を使って画面設定で方眼紙と同様のガイド表示ができます。

また、「長方形グリッドツール」を使えば、格子状に分割された長方形も簡単に描くことができます。

表示ガイドとしてのグリッドの使い方

まずは表示ガイドとしてのグリッドの使い方を確認しておきましょう。

グリッドを表示させる方法

1.メニューバーから「グリッドを表示」を選択

画面上部にあるメニューバーから表示をクリックし、表示されたメニュー項目の中から「グリッドを表示」を選択します。

上の画像のように、グリッドを表示できました。

2.メニューバーから「グリッドを隠す」を選択

グリッド表示を終わらせる方法も確認しておきましょう。表示するときと同じで、画面上部にあるメニューバーから表示をクリックし、表示されたメニュー項目の中から「グリッドを隠す」を選択するとグリッド表示を消すことができます。

グリッドのカラー、 サイズ、分割数などを変更する方法

1.メニューバーから「ガイド・グリッド…」を選択

グリッド表示は、カラー、サイズ、スタイル、分割数などをカスタマイズすることができます。メニューバーにあるIllustratorという一番左側に表示されている項目をクリックし、表示されたメニュー項目の中から「環境設定」にある「ガイド・グリッド…」を選択します。

2.環境設定パネルにあるグリッドの項目で設定を変更する

「ガイド・グリッド…」を選択すると、上の画像のような環境設定パネルが表示されます。このパネルのガイド・グリッドという項目にあるグリッドという欄にある各項目を設定することで、グリッド表示の設定を変更することができます。

3.グリッドの各項目を変更して「OK」ボタンをクリック

「カラー」はグリッド線の色、「スタイル」はラインと点線の選択、「グリッド」はグリッドのサイズ、「分割数」はグリッド分割する線の数です。

ここではカラー、グリッドのサイズ、分割数を変更してみます。分割数はグリッド線の数なので、ボックスを数えると一つ多くなります(8つに分割するとボックスは水平方向、垂直方向ともに9個できる)。「スタイル」は点線だと見えにくいので、ライン(直線)のままにしておきましょう。

各項目の設定が終わったらパネル右下にある「OK」ボタンをクリックします。

上の画像のように、グリッドのカラーやサイズ、分割数が変更できました。

グリッドにスナップ(吸着させる)する方法

1.メニューバーから「グリッドにスナップ」を選択

フリーハンドで作業しながらガイドに合わせて作画していると、どうしても目には見えない小数点以下の値でズレが生じ微調整が必要になります。グリッドに沿って数値的に正確な作画が必要になるときは「グリッドにスナップ」という機能を使うと便利です。

2.スナップをかけた状態で作図する

グリッドにスナップとは、作画の際にグリッド線に吸着させる機能です。作画線がグリッド線に近づくと、上の動画のように吸い付くようにピッタリと線の位置を合わせてくれるのです。後で微調整する手間が省けるので、正確な作画やレイアウトを行う作業効率をアップさせることができます。

描画で用いるグリットツールの使い方

Illustratorでグリッドという名前がついた機能には、もう一つ「長方形グリットツール」というものがあります。こちらは、グリッドに分割された長方形を簡単に作画できるツール機能です。

1.ツールバーから「長方形グリッドツール」を選択

画面左側にあるツールバーから「長方形グリッドツール」を選択します。

2.オプション項目を入力・設定する

長方形ツールと同様に、カーソルをアートボード上で移動させるとグリッド分割された長方形を作画することができますが、ここでは作画の前にグリッドの設定を決めておきたいので「長方形グリッドツール」のアイコンをダブルクリックします。

3.各項目を設定後「OK」ボタンをクリック

「長方形グリッドツール」のアイコンをダブルクリックすると、「長方形グリッドツールオプション」というパネルが表示されます。ここで、グリッドのサイズや水平方向、垂直方向の分割数などを設定できます。今回は幅と高さが同じ値の正方形のグリッドを作成してみましょう。

各項目を設定し「OK」ボタンをクリックしたら、カーソルをアートボード上で移動させて作画してみましょう。

上の画像のように、グリッド状の正方形が作画できました。

まとめ

プロのデザイナーは、作画する際に図形の高さや幅などの寸法を、基本的には端数のないきれいな値になるように調整しています。また、テキストや画像をレイアウトする際にも、正確な値になるように心がけて作業しています。

本記事で紹介した表示ガイドとしてのグリッドは、そうした正確な作画・レイアウト作業の際に非常に役立つ機能です。特にパッケージや工業製品のデザインなどを行う際には非常に重要な機能になってきます。

また、IllustratorでWebデザインを行うケースは少ないですが、「長方形グリッドツール」を使えばWebデザインでトレンドになっているグリッドレイアウトなども簡単に作成できるので、ポスターや雑誌といった紙媒体でグリッドデザイン風の制作物を作画することも可能になります。

共同作業を行う人やクライントが使いやすい美しいデータ作成を心がける上でも、本記事で紹介したグリッドに関する機能を使いこなせるようになっておきましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。