記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

Illustratorを使う上で必須となるアートボードの基礎知識

Illustratorでは実際に作業をする領域のことをアートボードと言います。アートボードは自分でサイズを設定することもできますが、テンプレートとしてサイズが決められている場合もあります。そこでここではアートボードの設定方法を解説します。

カテゴリ: Illustrator

本記事ではアートボードの基礎知識について解説します。

アートボードとは

アートボードとはIllustratorにおける作業領域のことを指します。アートボードのサイズは、DTP(印刷)では印刷される領域、WebやPDFなどのファイルデータでは書き出し範囲になります。

アートボードの外部にオブジェクトを配置しても、印刷したり、書き出すことはできないので注意しましょう。

イラストを作成したり、デザイン作業を行う上で、アートボードを適切なサイズに設定することは大変重要なので、本記事を参考にして基礎知識を身につけておきましょう。

アートボードの作成方法

1.新規ドキュメント作成時にアートボードのサイズを設定する方法

Illustratorを起動すると、最近使った既存のファイルを開いたり、新規ドキュメントを作成したりすることができる「スタート」ワークスペース画面が開きます。ここにある「新規作成」をクリックすると上の画像のような新規ドキュメントを作成する画面が開きます。

この新規ドキュメントの設定画面右にある「幅」や「高さ」などの数値を入力・設定することでアートボードのサイズを決定することができます。オリジナルのアートボードサイズで作業したい場合は、この画面にある項目を設定してアートボードのサイズを調整します。

Webページや印刷用のデータなど、規格のサイズが決まっているものは、後述するプリセットやテンプレートからアートボードのサイズを選択し、新規ドキュメントを作成する方が簡単です。

2.詳細設定からアートボードのサイズを設定する方法

上の画面のように新規ドキュメント作成パネル右側下部にある「詳細設定」というボタンをクリックすると、より詳細な設定が可能です。

ドキュメントプリセットとテンプレートの種類

新規ドキュメントを作成するパネル画面には、あらかじめ様々な規格に沿ったアートボードサイズが設定されているドキュメントプリセットやテンプレートが用意されています。よく使われる規格サイズが網羅されていますので、ほとんどのケースで用途や目的にあったサイズを見つけることができます。

以下に、その種類を簡単に説明します。

【モバイル】

モバイル用のドキュメントプリセットとテンプレート。iPhone、iPad、Androidといった端末やOSの画面サイズで設定されたアートボードのプリセットやテンプレートが用意されています。

【Web】

Web用のドキュメントプリセットとテンプレート。Webページでよく使われている画面サイズで設定されたアートボードのプリセットやテンプレートが用意されています。

【印刷】

印刷用のドキュメントプリセットとテンプレート。A判、B判、ハガキサイズ、名刺サイズといった印刷用ので設定されたアートボードのプリセットやテンプレートが用意されています。

【フィルムとビデオ】

フィルムとビデオのドキュメントプリセットとテンプレート。映像作品の規格にあった画面サイズに設定されたアートボードのプリセットやテンプレートが用意されています。

【アートとイラスト】

アートとイラストのドキュメントプリセットとテンプレート。ポストカード、ポスターなどアート作品やイラストでよく使われる画面サイズに設定されたアートボードのプリセットやテンプレートが用意されています。

アートボードのサイズ変更方法

1.アートボードツールを選択する

画面左側にあるツールバーから「アートボードツール」を選択します。長方形の四隅に小さな四角のアンカーポイントが表示されますので、このうちいずれかを選択します。

2.ドラック&ドロップでアートボードのサイズを調整

選択したアンカーポイントをドラック&ドロップすることでサイズを調整することができます。数値を入力してサイズ変更したい場合は、アートボードツールのアイコンをダブルクリックすることで表示されるパネルで変更可能です。

アートボードサイズでWeb用の画像として書き出す方法

Web用の画像として書き出す場合、そのままで保存するとオブジェクトのサイズで出力されてしまいます。アートボードのサイズで書き出す場合は以下の方法で書き出します。

Web用の画像として保存する方法は複数ありますが、ここでは従来からある方式で書き出してみましょう。画面上部にあるメニュバーから「ファイル」をクリックし、「書き出し」から「Web用に保存(従来)…」というメニュー項目を選択します。

「Web用に保存(従来)…」を選択すると上の画像のようなパネルが表示されます。このパネル右側にある設定項目の中から、「アートボードサイズでクリップ」という項目のチェックボックスにチェックを入れ保存すると、アートボードサイズで画像が出力されます。

複数のアートボードを設定する方法

Illustrator CS5以降のバージョンでは、一つのファイルデータ内に複数のアートボードを設定することができます。上の画像のように、画面左側にあるツールバーから「アートボードツール」を選択します。

「アートボードツール」を選択すると、「アートボードツール」のアイコンと同じ形のカーソルに切り替わります。この状態で、キャンパスをクリックし、ドラック&ドロップで長方形を作成するとアートボードを追加することができます。

同じサイズのアートボードサイズを追加したい場合は、元になるアートボードを選択しコピー&ペーストするとカンバス(アートボードの外)に同じサイズのアートボードサイズが追加されます。

まとめ

アートボードのサイズは後からも変更可能ですが、作業を進めてからサイズ変更を行うと作成したオブジェクトの微調整が必要になる場合もあります。

本記事からもわかる通り、最新のバージョンではプリセットやテンプレートが豊富に用意されており、細かな数値を入力しなくても簡単に適切なアートボードを作成することができます。アートボードに関する基礎知識を身につけて、適切な環境で作業を進められるようにしておきましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。