記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

Illustratorで画像を埋め込む方法をわかりやすく解説

Illustratorで画像を埋め込む方法には「埋め込み」と「リンク」があります。しかし、Illustrator初心者にとっては、何が違うのか、どっちを使ったらいいか分からないもの。そこで、この記事では、画像の埋め込み方法をわかりやすく解説します。

カテゴリ: Illustrator

本記事では、Illustratorで画像を埋め込む方法を紹介します。

リンクと埋め込みの処理の違い

Ilustratorでの画像配置には、「埋め込み」と「リンク」という2つの方法があります。「埋め込み」の画像配置は、Illustratorのファイル内にイラストや写真などの画像データを埋め込んで配置する方法です。

画像のデータサイズがそのまま加算されるので、Illustratorファイルのデータサイズが大きくなりますが、リンク切れなどのトラブルが発生しません。また、フォルダにaiデータと画像を同梱して納品するといった必要もないのでデータのやりとりで作業効率を高めることができます。

一方で、「リンク」による画像配置は、Illustratorのファイル内に画像データに関する情報は保存せず、アタリ画像のみを表示する方法です。Illustratorのファイルサイズが軽くなるので、データの作成時の作業効率を高めることができます。

また、元の画像データを変更・修正すると、Illustrator上でも画像データが更新されます。ただし、データの納品などのやりとりでは注意が必要で、aiデータと元の画像の両方をフォルダに同梱しておく必要があります。また、画像を別のフォルダに移動したり、名称を変更したりすることでもリンク切れがおきます。

以下に埋め込み画像のメリットとデメリットを表にしましたので参考にしてください。

  埋め込み画像 リンク画像
メリット ・ファイルの変更や移動でリンク切れなどのリスクが発生しない ・Illustratorの編集画面上でも元画像と同様の画質で表示される ・元の画像を変更するとIllustrator上も画像は変更される ・Illustratorで作成したファイルのデータサイズが軽い
デメリット ・元の画像を変更してもIllustrator上の画像は変更されない ・Illustratorで作成したファイルのデータサイズが重くなる ・ファイルの変更や移動でリンク切れなどの発生する可能性がある ・高画質表示にしないとIllustratorの編集画面上で表示が荒くなる可能性がある

画像を埋め込む方法

画像を埋め込む方法

画像を埋め込む方法を説明します。今回は「お花見のご案内」というポスターに、桜の花の写真データを埋め込み配置してみましょう。

1.メニューバーからファイルをクリックし「配置…」を選択

画面上部にあるメニューバーからファイルをクリックし、表示されるメニューの中から「配置…」を選択します。

2.画像を配置する

メニューから「配置…」を選択すると画像を選択するポップアップウィンドウが開きます。任意の画像を選択したら、ウィンドウの下部にあるチェックボックスから「リンク」のチェックを外します。この「リンク」にチェックが入っているとリンクによる画像配置になります。

チェックを外すと埋め込みによる画像配置になります。画像の選択と設定が終わったら「配置」ボタンをクリックします。

3.画像サイズを調整する

画像は、元の画像データのサイズのまま配置されます。使いたい画像サイズよりも大きい場合は、ちょうど良いサイズになるように調整しましょう。

操作画面左側にあるツールバーの一番上に「選択ツール」のアイコンがありますので、これをクリックします。そうすると、画像のサイズが変更できるようになりますので、上の画像のようにちょうど良いサイズになるように調整します。

埋め込み画像の変更方法

リンクで配置した画像を埋め込み画像に変更する方法

リンクで配置した画像を埋め込み画像に変更する方法を説明します。

1.メニューバーからウィンドウをクリックし「リンク」を選択

画面上部にあるメニューバーからウィンドウをクリックし、表示されるメニューの中から「リンク」を選択します。

2.リンクの設定パネルからオプション項目を表示し「画像の埋め込み」を選択

メニューから「リンク」を選択すると、リンクの設定パネルが表示されます。このパネルの右上にあるオプション項目を表示させるハンバーガーメニューをクリックするとオプションのメニュー項目が表示されますので、この中から「画像の埋め込み」を選択します。

画像がリンクの配置から埋め込みの配置に変更されると、リンクパネルに表示されている画像のファイル名の横に、埋め込み画像のアイコンが表示されます。このアイコンが表示されていたら変更が完了しています。

配置された画像が、リンクか埋め込みか判断するには、画像を選択することでもわかります。画像を選択した時に、選択で表示されるガイドと同じ色の線で、画像上に×が表示されている場合はリンクによる配置です。

埋め込み画像を更新する方法

埋め込み画像を更新する方法を説明します。

1.リンクのパネルのオプション項目から「リンクを再設定…」を選択する

前述のように、埋め込みによる画像配置は、元の画像を変更してもIllustrator上のデータは更新されません。例えばPhotoshopなどで写真の色味を変更したい場合は、変更した画像データをもう一度配置し直す必要があります。

その場合は、リンクのパネル右上のハンバーガーメニューをクリックして表示されるオプションのメニュー項目の中から「リンクを再設定…」を選択します。

2.リンクを再設定する

メニューから「リンクを再設定…」を選択すると画像を選択するポップアップウィンドウが開きます。任意の画像を選択したら、ウィンドウの下部にあるチェックボックスから「リンク」のチェックを外します。画像の選択と設定が終わったら「配置」ボタンをクリックします。

Photoshopで色味を変更した画像データが再設定されました。この方法を使えば、元の画像の位置とサイズのまま更新された画像データを埋め込むことができます。

まとめ

DTPの黎明期は、PCの性能やスペックも低く「埋め込み」での画像配置は、データの処理が非常に重くなるためなるべく避けるというのが通例でした。しかし、近年はPCの性能やスペックが高まっており、DTP作業でメモリやCPU使用率を気にする必要も少なくなってきています。

Illustratorのファイル形式(Aiデータ)で、データの受け渡しや印刷所への納品を行う場合、「埋め込み」での画像配置にする方式のほうが主流となってきていますので、本記事を参考にして配置方法を覚えてしまいましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。