記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

HubSpotのログイン方法|ログインに関しての注意点と対処法を紹介

今回はHubSpotへのログイン方法を紹介していきます。HubSpotはログイン方法を3つ用意しており、それぞれの方法を実際の画面を参照しながら紹介しつつ、パスワードを忘れてしまった際の対処法やログインに関する注意点も紹介していきます。HubSpotのログイン関係で悩んでいる方がいらっしゃったら是非参考にしてください。

HubSpotには3種類のログイン方法があります。
「メールアドレスとパスワードを利用したログイン」「Googleアカウントを利用したログイン」「SSO(シングルサインオン)を利用したログイン」があります。
今回はそれぞれのログイン方法の紹介とログイン時の注意点を紹介します。

HubSpotのアカウント作成方法

HubSpotにログインするためには、まずアカウントを持っている必要があります。
簡単な操作なので持っていなければ、以下の手順を確認しながらアカウントを作成してみましょう。
HubSpotのトップページで「無料で試す」「試してみる」を選択し、アカウント作成に進みましょう。

「HubSpotを始めましょう」という言葉とともにHubSpot内のどの機能を使用するかの一覧が表示されます。
機能は後ほど変更が効くので一番上の「無料版を使ってみる」を選択します。

次のページでは名前とメールアドレスを入力する画面に移動します。
自身の名前とメールアドレスを入力するか、Googleアカウントを利用しこの工程をスキップする事ができます。

次の画面では業種を選択します。

次の画面では会社での役割を入力します。

会社の名前を入力します。

会社のウェブサイトを入力します。

ここで初めに入力したメールアドレスに確認メールが届きます。

確認メールを開き、「Eメールアドレスを確認」を選択。

要件にあったパスワードを入力します。

HubSpotが起動した際に始まるチュートリアルの量を変化させる事ができます。
チュートリアルは強制的ではなく、いつでも止める事ができるので、HubSpotにそこまで詳しくない場合はチュートリアルをとりあえず受けてみるのも良いでしょう。

自身の業種を選択しましょう。
これが最後の質問になります。

これでHubSpotのアカウント作成は終了です。
HubSpotライフを楽しみましょう。

HubSpotにログインする方法

冒頭でも説明したようにHubSpotにログインする方法は3種類あります。

  • Eメールアドレスとパスワードを利用したログイン
  • Googleアカウントを利用したログイン
  • SSO(シングルサインオン)を利用したログイン
  • どのログイン方法でも何か変化が起こるわけではないので、好みのログイン方法を使用すると良いでしょう。

    メールアドレスとパスワードを利用したログイン

    HubSpotのトップページを開きましょう。
    画面右上の「アカウントをお持ちの方はこちら」を選択してください。

    HubSpotにアカウントを登録した際のEメールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」をクリックすると、ログイン完了です。

    もっとも一般的なログイン方法です。
    HubSpotに限らずログインの際にはメールアドレスとパスワードを入力するのが一般的なので、サービスを契約する時には登録したメールアドレスとパスワードは忘れないようにしてください。

    Googleアカウントを利用したログイン

    メールアドレスとパスワードを入力する方法がもっとも一般的ですが、Googleアカウントを使用することで簡単にログインできます。

    今回はEメールアドレスやパスワードを入力せず、「Googleでログイン」を選択してください。

    以下のような画面になるのでログインしたいアカウントを入力する事でログインが完了です。

    パスワードを入力しなくて良い分、簡単にログインできるようになります。
    普段HubSpotを利用する方はパスワードが染み付いていると思いますが、普段使用しない人はHubSpotがどのようなパスワードだったかを忘れてしまうこともあると思います。
    パスワードを忘れてしまうとログインするために面倒なステップを踏まなければならないので、スムーズのログインできずストレスがたまるという人もいるでしょう。
    初めにアカウントを紐付けしなければなりませんが、一度設定するとアカウントを選択するだけでログインできるので便利になります。

    SSO(シングルサインオン)を利用したログイン

    パスワードやGoogleアカウントだけでなく、SSOを利用してログインする事が可能です。
    SSOとは1つのIDとパスワードで複数のWebサービスやクラウドサービスにアクセスできる仕組みのことで、一度ログインをすれば他のサービスを利用する時にわざわざログインし直さなくても良いシステムのことです。
    HubSpotにはEnterpriseアカウントというシステムがあり、そのアカウントにSSOを設定すれば、SSO資格情報を持っているユーザーはパスワードやGoogleアカウントを持っていなくてもHubSpotにログインする事ができます。
    SSOの設定方法はHubSpotナレッジベース:シングルサインオンの設定(SSO)に詳しく載っているので知りたい方は見ておくことをお勧めします。
    SSOでログインする方法はログイン画面の下部にある「SSOを使用してログイン」を選択してください。

    「シングルサインオンユーザー資格情報を使用してログイン」と記述されているページに移動します。
    指定のメールアドレスを教えてもらっているはずなので、入力しログインをしましょう。

    SSO資格情報と言われると難しく聞こえるかもしれませんが、ただのパスワード代わりのアドレスのことです。
    SSOは事業アカウントをチームで共有して活用する場合に役立つシステムなので、チームで運営する事が多いマーケティングでは重要なシステムと言えるでしょう。

    HubSpotのパスワードを忘れてしまった場合

    HubSpotのパスワードを忘れてしまった際の対処法を紹介します。
    GoogleアカウントやSSO資格情報を持っていない人は、パスワードがなければログインする事ができません。
    パスワードを忘れてしまったら、パスワードを一度リセットし、新たにパスワードを設定します。
    HubSpotのログイン画面に「パスワードを忘れてしまった場合」という箇所があるので選択してください。

    すると、パスワードをリセットするページに移動するので、登録したアドレスを入力して「パスワードをリセット」のボタンをクリックしましょう。

    メールアドレスがHubSpotアカウントにあるかを確認できた際にパスワードリセットメールが送られます。

    少しすると登録したメールアドレスにパスワードをリセットするためのメールが届きます。
    「パスワードをリセット」を選択し、パスワード入力画面に飛んでください。

    新しいパスワードを入力できたら「保存」を選択し、パスワードの変更が完了です。

    以上がパスワードを忘れた時の対処法です。
    普段使用しているメールアドレスはわすれることは少ないですが、パスワードは時々忘れてしまうのでこの手順を覚えておく事で対処する事ができます。

    HubSpotのログインに関する注意点

    HubSpotのログインにはきをつけなければいけない事があります。
    長時間ログインしなければ、無料アカウントが無効になってしまう可能性があるのです。
    無料アカウントが無効になってしまうと面倒な手順を踏まなければならなくなるので、導入したら放置しすぎることのないようにしてください。
    無料アカウントが無効になってしまう条件と対処法を紹介します。

    無料アカウントが無効になってしまう条件

    無料アカウントが無効になってしまう条件は「120日以上ログインしない」です。
    ログインしないで120日以上経ったら急に無効になってしまうのかと心配になってしまう人もいるでしょう。
    HubSpotは無料アカウントが90日以上放置状態になったら、登録してあるアドレスにメールが届きます。
    メールが届いていたら指示に従い、ログインを行うことで無料アカウントが無効になることを防ぐ事ができます。

    アカウントが無効になってしまった際の対処法

    もし無料アカウントが無効になってしまった際にはどのようにしたらい良いかを紹介します。
    無効になったアカウントはHubSpotのカスタマーサポートに連絡することで復元できる可能性があります。

    まとめ

    HubSpotのログイン方法からログインに関する注意点を紹介してきました。
    単純にログインといってもHubSpotの場合は多くのことを入力する必要があります。
    更に、慣れ親しんでいないSSOを利用したログイン方法もありました。
    これも全てHubSpotを利用する人に良きものを提供するための施策です。
    HubSpotを使用してく中で、パスワードを忘れてしまうようなハプニングが起きることもありますが、HubSpotのコミュニティーやナレッジベースを利用し、落ち着いて対処しましょう。

    最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
    以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

    この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
    minwebの最新情報をお届けします

    minweb編集部(株)セルリア

    ”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
    企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

    こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

    Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

    ダウンロード資料画像

    Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

    サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。