記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

HubSpotの使い方まとめ|主要機能の使用方法を一挙公開

HubSpotというソフトは聞いた事があるが実際にどのような機能が内包しているか分からないという方はいると思います。この記事ではHubSpotの主要機能の使い方を紹介をしていきます。HubSpotの全体像を知るための参考材料になれば幸いです。

HubSpotはインバウンドマーケティングをスムーズに行えるように設計されたマーケティングプラットフォームです。
環境の変化と共に顧客の行動も変化してきており、従来のマーケティング手法では顧客のニーズを満足させる事ができなくなっています。
HubSpotはこのような現代のマーケティングにおける課題を解決できると注目されていますが、実際にどのような機能や使い方があるのかを外部から見ているだけでは分からない部分があると思います。
今回はHubSpotの主要機能の使い方を紹介していきたいと思います。

HubSpotとは

HubSpotの使い方を紹介する前にHubSpotとはどのような目的で作られたのかという部分を紹介しておきたいと思います。
HubSpotは現在世界95ヵ国、34,000社の企業で愛用されているインバウンドマーケティングプラットフォームです。
HubSpotとは創設者の2人が考えたインバウンドマーケティングの考え方を元に、企業がインバウンドマーケティングをスムーズに導入できるよう、2005年に開発したインバウンドマーケティングプラットフォームです。
現在HubSpotから出ているソフトウェアは無料のCRMを中心に、マーケティング、セールス、カスタマーサービスを支援する3つの製品で構成されており、必要に応じてアップグレードができるようになっています。
低コストからツールを使用する事ができ、マーケティング施策の内容や規模に応じて拡張を行う事できる事が特徴です。
HubSpotはインバウンドマーケティングに関わる全てのデータを一つのプラットフォーム内で管理できる事で企業の販売促進を一貫してサポートできます。

インバウンドマーケティングとは

HubSpotとはを説明する際にインバウンドマーケティングを行うために作られたプラットフォームと紹介しました。
インバウンドマーケティングはHubSpotを形作る考え方なので、HubSpotの使用を考えている方は知っておくべき内容です。

インバウンドマーケティングの反対に位置するマーケティング手法がアウトバウンドマーケティングです。
アウトバウンドマーケティングは受け手の興味関心や意思に関係なく情報を提供する手法で広告やイベント、テレマなどを利用し、数多くの手法でユーザーにアプローチをかけていきます。

インバウンドマーケティングは受けて側が受け取ってくれる情報を発信し続ける手法で、ブログやSNSなどからユーザーが興味関心を喚起させるようなコンテンツを発信し、ユーザーが自ら情報を見つけてもらい、ファンになってもらうマーケティング手法です。

なぜ、従来のアウトバウンディングマーケティングではなくインバウンドマーケティングが注目されているのでしょうか。
従来のアウトバウンドマーケティングが主流だった頃はインターネット環境やデバイスの普及が行われておらず、ユーザー自身が情報を獲得する機会というものが少ない状況でした。
それこそ、商品の情報を知るには紙媒体の広告であったり、TVCMなどの発信に限られていました。
この情報発信の仕方は企業が選んだ媒体で、企業側のタイミングで行われており、ユーザーファーストとは言えません。

この状態からインターネットが普及したことにより誰でも情報発信できる時代になり、社会全体に情報が溢れかえってしまいました。
多くの情報の中には価値のあるものと価値のないものも乱雑に入り混じり、ゆーざーは必要な情報以外は敬遠するようになりました。
さらに、デバイスが個々に行き渡り、好きなタイミングで情報を得られるようになると、ユーザーはますます情報にシビアになっていきます。
今まで、強力な情報発信であったTVや新聞のような発信媒体もユーザーが好きな場所で好きなタイミングで見る事ができないため、見ることすら少なくなり、TVを見ていたとしてもCMが流れた際に興味がなければ、スマートフォンを取り出しSNSをチェックするといった日々に変化していきます。

今時代に必要な情報発信方法は必要な情報を必要なタイミングに提供する事です。
ただ、それらの業務を行うためには個人の興味関心を識別し、個人の行動を追跡しながら興味関心が高くなったと判断したタイミングで情報を発信する必要があり、この業務を行うことは人力では限界があります。
そのために、HubSpotのようなマーケティングツールが必要になるのです。

HubSpot主要機能の使い方

HubSpotの必要性を紹介できたところで主要機能の使い方を紹介していきたいと思います。

CMS

CMS(コンテンツマネジメントシステム)はウェブサイトを構築するHTMLやCSSなどの専門的な知識を持っていなくても、運用・更新・変更が行えるようにするツールです。
CMSなしでウェブサイトを制作すると、ちょっとした文字の修正でも制作会社に依頼しないといけないということになりかねません。
インバウンドマーケティングで使用するようなブログやランディングページは最新のニーズのある情報を提供するために更新頻度もたかく、CMSで制作した方がコストや時間の面で結果的にメリットが大きくなります。

CMSで有名なものだとWordPressを思い受かべる人もいると思いますが、HubSpotが用意しているCMSも世界で評価されています。
HubSpotはMAが有名なこともあって、CMSはMAの付属品ぐらいで思っている方もいるかもしれません。
しかし、HubSpot の CMS単体で見られたとしてもクオリティが高く、海外のユーザー参加型レビューサイトのG2のCMSカテゴリーでは、WordPressを抑え一番の評価を獲得しています。

画像引用:Best Web Content Management Software

HubSpotのCMSは専門的な知識が要らず、ドラッグ&ドロップの直感的な操作でページを作成でき、SEOに関してのアドバイスもしてくれるなどのITの知識が乏しい方にとって優しいツールです。
テンプレートも豊富で用途に応じた様々なタイプからお好みのものを選んで実装するだけですぐにHPをアップできます。
他にもSNS広告との連携やフォームの設置、アナリティクスでの分析などが簡単にできます。

チャット機能

インバウンドマーケティングを成功させる方法の一つにユーザーが必要な情報を必要としたタイミングで提供する事が重要だと紹介しました。
チャット機能はウェブサイトに訪れたユーザーとリアルタイムで対応できる機能です。
ユーザーが自らウェブサイトに訪れるような興味関心度合いが高い段階でリアルタイムで担当者が対応することで様々な疑問を解決する事ができ、対応されないで離脱してしまう機会損失を防ぐ事ができます。

また、チャットボットという短文でリアルタムに会話する「Chat(チャット)」とロボットの意味である「Bot(ボット)」を組み合わせた言葉で、チャット上での人の問いかけに自動で答えを返すプログラムを導入する事ができます。
サイトを訪問するユーザーは何か質問や疑問があった際に、FAQなどの別ページに飛ぶことなく、現在見ているページ上で問い合わせをすることができます。
チャットボットは応答するのはリアルな人間でなくボットです。
こちらから提案するために必要な状況を聞くことやユーザーの疑問を事前に聞き専門の担当者に繋ぐ、よくある質問に回答できるようにしておくことで人のリソースを複雑な要件に当てる事ができるようになり、より効率な運営が行えるようにできます。
チャットの表示時間を設定できるので人間が応答できない夜間には表示させないなどの対応もできます。

ミーティング調整機能

ミーティングの候補の日時をユーザーに選んでもらうことができる機能です。
使い方は簡単で普段使用しているGoogleカレンダーやOffice365カレンダーを同期させることで、相手に自分の空き時間を提示する事ができ、相手側に時間を選択してもらうだけです。
メールや電話で候補日時をあげて、相互にやりとりする時間や手間は一切必要がなく、スケジュールが分かる画面を表示するURLを送るだけですみます。
更に、チームの複数人が参加するミーティングも同じようにURLを送る事で、メンバーが参加できる時間のみが表示され、相手が選ぶだけですむので大変便利です。

最近はZoomなどをしようしたWeb会議なら、事前に設定しておくだけで自動生成された招待URLがメールで相手に送られるので、いちいちZoomを開いて招待メールを作成し、送る手間がありません。
また、ミーティングでびっしり埋まってしまうと商談準備や整理の時間がなくなってしまうということを防ぐために商談の前後30分は空けておくなどの設定もできるので、予定が満杯になってしまい、しっかりとした準備ができていない状態での商談を防ぐ事ができます。

フォーム・CTA機能

専門的な知識が必要なフォーム作成からデータ転送までをHubSpotなら簡単に行えます。
質問も形式も様々なバリエーションが用意されており、自由にカスタマイズする事ができます。
また、ワークフローを設定しておく事で、訪問者がフォームで入力し終わると、Eメールでサンキューメッセージを送ったり、セールスチームへのアラートを送ったりなどマーケティングの自動化が簡単にできるのも魅力です。

CTAはCall-To-Actionの略で、ウェブサイトの訪問者をリードに転換するのに役立つ機能で、多くの場合はボタンやリンクで表示されます。
資料請求をしてもらう事が目的のサイトであれば「今すぐ資料請求する」「無料で3日以内に届く資料を取り寄せる」といったボタンで、ユーザーを資料請求ページに移動させるという流れが具体的なCTAの利用方法です。
HubSpot内でA/Bテストもできるので、その結果を反映すれば、更に良い結果を得られることになります。

メールマーケティング機能

メールマーケティングは昔からあるマーケティング手法ですが現在でも有効的な手段として幅広く利用されています。
EメールマーケティングのROIは1ドルの投資に対し、42ドルの収益になっているという調査があり、メールマーケティングの手法が変化していても、重要な点は変化がないのです。
従来はとにかく万人にメールを送っていましたが、インバウンドマーケティングの考え方では個人の行動や嗜好に合わせてコンテンツを変え、ニーズが高まった段階でメールを送る必要があります。
このやり方はメールソフトだけでは実現できません。

HubSpotでは特定のページを閲覧したコンタクトにはこのメールとか、資料をダウンロードした方に3日後に送るのはあのメールなどのメールを作成し、ワークフローで設定すれば、自動でEメールを配信可能です。
Eメール作成方法は豊富に用意されたテンプレートから選択し、要素をドラッグ&ドロップしていく事で作成できます。
HubSpotのEメールマーケティング機能はA/Bテストなどができる分析機能が充実しているので、開封率やクリック率を参考に効果を測定しながら最善の手法を常に考えるのも重要です。

マーケティング機能

HubSpotはマーケティングオートメーションツールとして知られていますが、マーケティングの自動化の機能を担うのがワークフローです。
これは、あらかじめ設定した発動条件と合致する状態になったら、自動的に動くという機能です。
設定さえしていれば人間が関与しなくてもシステムがオートマチックに動作するため、業務効率化につながります。
また、ヒューマンエラーがないため、”し忘れる”という事がなく、高い精度で業務を行う事が可能になります。

自動化の例としては、資料請求があった日にAというメールを送り、3日後にはBというメールを送ることや、ウェブサイトの中でCという商品の料金を見ていたと判断したらCの製品の詳細説明のメールを送信するなど細やかな設定ができ、必要な情報を必要なタイミングで送る事で機会損失を防ぐ事ができます。

更に「if/then分岐」を使用することで、よりパーソナライズされた設定にする事ができます。
資料請求を行ったユーザーに対して通常はAというメールを送信する所を東京に住んでいたらBというメールを送信し、大阪に住んでいたらCというメールを送信するなどユーザーの条件によって変更する事ができます。
人間が行えば、時間がかかり漏れが出てしまうような作業もシステムが自動で行ってくれるので大変効率的になります。
タスク管理でもワークフローは有効です。

例えばフォームからお問い合わせがあった場合は自動的にチームメンバーのタスクに電話を入れるという業務を追加したり、パイプラインの設定で営業もアポイントがとれたらリマインドのメールを送るというタスクを課すといった事が可能です。
HubSpotの能力を最大限生かすには、このワークフローは極めて重要です。

SEO機能

ウェブサイトの目的の一つに多くの人に見てもらうという事があり、実現するためにはSEOを行うという事が重要です。
SEOとは「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」の頭文字をとった略称で、GoogleやYahoo!などの検索エンジンでキーワードが検索された場合に、サイトが上位に表示されるようにすることを指します
HubSpotでは文字数、モバイルフレンドリー、タイトル、メタディスクリプションなど数種類のSEO対策項目に関し自動的にチェックを行い、適応していない所を警告してくれる機能があり外部のSEOツールを使用することなく、HubSpot内でSEO対策が可能です。
HubSpotでホスティングされていなくても、自社のウェブサイトに関する推奨事項が確認できるので、サブドメインだけHubSpotというサイトでも他のドメインをチェック可能です。

SNS連携

LINE,Twitter,Facebook,Instagram,TikTokなどSNSはデジタルマーケティングに欠かせない存在になっています。
HubSpotではSNSマーケティングを支援する機能が備わっています。
例えば、ブログを更新したタイミングで自動でSNSに送信してくれるような設定を行っていれば、それぞれのSNSをわざわざ開いてリンクを貼って配信するような煩雑な作業をなくす事ができます。

また、モニタリング機能があり、Twitterでツイートする内容を確認する事ができます。
例えば顧客やリードのリストをモニタリング対象リストに登録していれば自社商品についてツイートした時にいいねやメッセージを送るなど素早く対応し、アフターフォローに役立てる事ができます。
更にレポート機能もあり、オーディエンス、記事数、コミュニケーション数(いいねやコメント数)などSNSマーケティングの状況を簡単に把握できます。

まとめ

HubSpotの主要な機能の使い方について紹介してきました。
HubSpotはインバウンドマーケティングを行うのに適したマーケティングプラットフォームです。
今回紹介した機能はそれぞれ単体で効果的な働きを起こすのではなく、他の機能と連携する事でより効果的な効果を引き起こす事ができます。
通常のマーケティングツールは単独で稼働している事が多く、本来出せる効果を出しきれていない可能性があります。
例えば、MAはA社のを使用し、SFAはB社のを使用し、CRMはC社のを使用するなどを行っているとデータの互換性の問題やアップデートによって問題が生じる可能性があります。
HubSpotはそれらのマーケティングツールが1つのプラットフォームに集約されていることでツール同士の連携がとれ、より効果的なマーケティングを行えます。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。