記事・特集リスト
無料お役立ち資料
本サイトについて
お問い合わせ
閉じる

HubSpotCRMとは?できることと機能を徹底解説

企業の成長を支えるマーケティングツールの一つにHubSpotがあります。HubSpotに興味はあるがどのような機能が付いているかを知っていない方が一定数いると思います。HubSpotの全体像を紹介していく事で、これから導入を考えている方の参考材料になれば幸いです。

カテゴリ:

インターネットの普及や顧客の購買行動の変化から企業から消費者への番人受けのメッセージでは誰にも振り向いてもらえなくなりました。
インバウンドマーケティングで顧客を細分化し、それぞれにパーソナライズ化された情報を提供する必要になりました。
しかし、インバウンドマーケティングはSEO、ブログ制作、ソーシャルメディア管理、マーケティングオートメーション、顧客サポートなどのやらなければいけない施策が大量にあります。
これらの膨大な作業を人力でやることは多くのリソースを割かなくてはいけませんし、人力で行うというだけあってどうしても正確さにかけてしまいます。
これらの業務を正確に自動化するためのツールとしてHubSpotCRMが登場しました。
今回はインバウンドマーケティングに欠かせない統合型プラットフォームHubSpotCRMはとはどのようなものなのかを紹介していきたいと思います。

HubSpotが推奨するインバウンドマーケティングとは

HubSpotは創業者の2人が考えたインバウンドマーケティングという考え方をスムーズに導入できるよう考え、2005年に開発されたインバウンドマーケティングプラットフォームです。
HubSpotが推奨しているインバウンドマーケティングとはユーザーが興味関心を喚起させるようなコンテンツをブログやSNSなどから発信する事でユーザーの購買意欲を高めていくマーケティング手法です。
インバウンドマーケティングの対になるアウトバウンドマーケティングはDMやTV広告を介して商品やサービスの情報を企業から消費者へ一方的に提供するマーケティング手法です。
従来はアウトバウンドマーケティングが主流でしたが、インターネットや顧客の価値観の変化から顧客の購買方法が変化し、現在の環境にはインバウンドマーケティングがあっているのではないかと考えられてきています。

HubSpotにおけるCRMとは

そもそもCRMとは一体どのようなものなのでしょうか。
CRM(Customer Relationship Management)とは、顧客情報や顧客との関係性、コミュニケーションの履歴などをデータベースにまとめ、管理できるようにしたものです。
顧客情報を一元管理することでチーム全体で情報を管理できるようになるだけでなく、セールス部門やマーケティング部門、サポート部門といった他部門との情報共有が可能になります。
CRMは顧客それぞれのニーズを満たす施策を補助するツールです。

従来であれば顧客関係の維持に必要だったのは個人の勘や経験でした。
しかし、それでは個人によって顧客関係の維持する能力に差が出てしまい、手段が画一化できず不安定な施策になってしまいます。
CRMを利用し、顧客情報を細分化して、ニーズに合わせたマーケティングを行い、顧客との関係性を向上し、優良顧客の育成と共に売り上げ向上を見込めます。
HubSpotはCRMを中心に添え、マーケティングやセールス、サポートを補助するツールを内包したプラットフォームであり、それぞれがCRMがある事で顧客情報を利用した施策を行えるようになっています。
HubSpotにおけるCRMはサービスの中心である事が言えます。

HubSpotを導入する事でできる事

カスタムフォームを作成し、情報をデータベースに格納

初回訪問者も有望リードに変換できるような、魅力的なカスタムのフォームをあっという間に作成できます。
回答してほしい質問をドラッグ&ドロップで配置するだけなので、技術的なスキルは必要ありません。
自由回答フィールド、ドロップダウンメニュー、ラジオボタン、チェックボックスなど、10種類ほどのフィールドタイプの中から選択できると共に、カスタムフィールドを作成することも可能です。
ハブスポットソリューションで作成したランディングページにを追加したり、外部ウェブサイトに埋め込んだりできます。
無効な回答や信頼性の低いEメールドメインからの回答はブロックされます。
収集した情報は、ハブスポットのコンタクトデータベースとCRMで同期できます。

適切なタイミングで的確な質問を投げかける

強力なスマートフォームを利用して、訪問者ごとに内容を自動で調整できます。
質問に優先順位を設定しておくと、以前回答した質問は表示されず、毎回新しい質問に回答してもらえるので、コンタクトをうんざりさせることなく、たくさんの情報を収集できます。
スマートフォームを使用すると、訪問者の所在地、使用デバイス、リファーラルソース、ペルソナなどに基いて、質問を動的に変更できます。
コンタクトの回答に応じて、次の質問をリアルタイムに調整していくため、たくさんの価値あるデータを収集できます。

フォーム入力完了に合わせてEメールと通知を発信

フォームへの入力が終わると自動的にワークフローが実行されるので、時間を節約しながら、大量のリードをフォローアップできます。
コンタクトがフォームへの入力を完了すると、関連するリードナーチャリングのキャンペーンへの登録や、セールスチームへのアラート送信などの処理が自動で実行されるので、たいへん便利です。
コンタクトデータベースやマーケティングオートメーションのツールと連携すれば、シンプルなフォローアップを簡単に自動化して、本来の業務に専念できます。

HubSpotCRM機能の紹介

HubSpotCRMの機能を紹介していきます。

顧客や顧客企業の管理機能

顧客や顧客企業の情報を一元管理する事ができます。

コンタクト(顧客)情報の管理

コンタクトの氏名、会社名、所属部署、メールアドレスといった個人情報のほか、商談のステータスや購買までの確度といった情報も管理できます。

コンタクトのウェブサイトなどでの行動の記録、確認

コンタクトがコンテンツをいつ操作したのかが一目でわかるのがアクティビティフィードです。
ウェブサイトの訪問、フォームの送信、Eメールの開封などのオンラインでの行動のほか、
ミーティングの予約などがすべて表示されるので、フィードから直接、Eメールを送信したり、電話、タスク作成をして、コンタクトとの連絡を密に行うことができます。

顧客企業情報の管理

コンタクトが属する企業の情報と、営業履歴などの履歴を一覧表示することができます。
企業情報は、HubSpot独自のデータベースから自動で取得されますので、担当者が手動で入力する必要はありません。

マーケティング機能

フォーム・リストの作成やマーケティング施策の効果測定が可能です。

フォーム機能

お問合せや資料請求など、見込み顧客の情報を収集するためのフォームを作成できます。
HubSpotのフォームは専門的な知識を知らなくても、回答して欲しい質問をドラッグアンドドロップで配置するだけで簡単に作成できます。
作成したフォームはHubSpot内に埋め込むのは簡単ですし、外部に埋め込む場合も発行されたタグを埋め込む事で簡単にフォームを導入させる事ができます。
フォームから送信された顧客情報はCRMに自動で登録されます。

ウェブチャット・チャットボット

ウェブチャットはサイトにポップアップ表示され、Webサイトの訪問者とリアルタイムでやりとりができる機能です。
Webサイトへ訪問しても知りたい情報を得るために検索しなくてはならない、また問い合わせフォームへの入力などに手間がかかれば、目的の情報にたどり着くことができないというストレスからくるページの離脱が起こりえます。
そこで、Webサイトのトップページに担当者とすぐにやりとりができるポップアップのチャットがあれば、見込み顧客のストレスを軽減し、効率的に顧客情報を収集することができるでしょう。
チャットボットは簡単な質問に答えたり、ミーティングの予約、訪問者が質問に答えていく事で適切な担当者に振り分けるといった業務を自動化させる事ができます。

リスト機能

あらゆる条件でセグメントしたリストを作成できます。
条件を設定し、自動でリストを作成できるほか、手動で静的なリストも作成する事ができます。
csvやxls形式のリストをインポートすることも可能です。

レポートダッシュボード

ウェブサイトのトラフィックやリードの獲得件数、Eメールのパフォーマンスなど、マーケティング関する詳細なデータを一目で状況が判断できるようにグラフ化し、ダッジュボードに表示させる事ができます。

Eメールマーケティング機能

Eメールテンプレート

HubSpotではEメールのテンプレートを作成が可能です。
テンプレートを使用することでチームで一定の品質のコミュニケーションを保ちながら、時間と労力を削減することができます。

Eメールの一斉配信

あらかじめ作成したリストに対し、Eメールを一斉配信する事ができます。
毎月無料で2000件まで無料で配信可能で、配信したEメールの開封率、クリック率などもひと目で把握できます。

Eメールの追跡・通知機能

コンタクトがEメールを開封した際や、リンクをクリックした際には、コンタクトの管理画面にアクティビティが記録されると、同時に担当者に通知を送る事ができます。

GmailやOutlookとの連携

GmailやOutlookのアカウントをHubSpotと連携することで、HubSpot上から直接コンタクトへEメールを送信したり、返信のあったメールをコンタクトの管理画面に記録したりする事ができます。

広告機能

Google Ads、Facebook、Instagram、LinkedInの広告アカウントをHubSpotに接続し、広告キャンペーンのパフォーマンスを確認することができます。
広告から獲得したコンタクト、顧客数もキャンペーンに紐づいて表示されるので、ROIの測定も簡単に行えます。
また、すでに広告を利用されている場合は、アカウント接続すると過去90日間に獲得したリードが自動でHubSpotに同期されます。

セールス機能

取引・パイプライン管理

営業チームを取り組んでいる商談などの情報を、案件ごとに追跡、管理、レポートする機能です。
パイプラインの登録はとても簡単です。
コンタクト情報から新しい取引を作成し、セールスプログラムにあわせてカスタマイズできます。
取引が進展したら、ドラッグアンドドロップでステージを移行すれば、重要な取引を見落とす事なくセールス活動に集中する事ができます

タスク管理

担当者ごとのタスクを作成し、一覧表示できます。
タスクの進捗情報も一目で把握でき、対応期限が来たらリマインダーメールを送信するといったことも可能です。

ドキュメント管理

営業資料などチーム全体で利用するドキュメントを格納する事ができます。
そのドキュメントに、いつ、誰がアクセスしたか、といった把握も行う事ができます。

コール

VOIP(Voice over Internet Protocol、IP電話)を利用し、コンタクトに電話をかける事ができます。
通話は録音でき、コンタクトの管理画面に記録されます。

スニペット

見込み顧客からの質問に対する回答や挨拶文など、よく使うフレーズを登録しておく事ができます。
Eメールの返信などにスニペットを利用する事で、対応のクオリティの均一化と共に担当者の時間を削減することができます。

サービス機能

チケット管理

個別のコンタクトの問い合わせ記録を「チケット」という名称の一覧表にし、担当者の割り当て、整理、優先順位の設定、追跡までを一言管理できます。
更に、クローズされたチケットの対応件数、カテゴリー、応答時間などの情報からレポートカスタマーサービスの活動評価ができます。

サービスに関するレポート

担当者の生産性及び応答時間の内訳を確認でき、パフォーマンスの高いものとサポートが必要なものを特定する事ができます。
更に、顧客の問い合わせの内容や解決されるまでの時間を確認する事ができるため、応答時間と解決のプロセスを改善する事が可能です。

まとめ

HubSpotのCRMを導入する事でできることや内包している機能の一部を紹介してきました。
環境の変化や顧客の購買行動の変化から顧客ごとにパーソナライズ化された提案をしなければ、効果が出ない時代になってしまいました。
顧客ごとの対応を実現するためには人力では限界があり、システムを導入した工程と同じ効果を得るためには多くの人手と時間がかかります。

そのような事象を解決するためにHubSpotのCRMが登場しました。
HubSpotは無料で利用できるので、まずは実際に体験してみてから、自社の課題解決に必要な要件を満たしている場合は本格的に導入を進めるというステップを踏める事ができます。
HubSpotは初めから費用がかからないため、費用をかけずともイメージとの差異を減らせる事ができ、導入した後の失敗の可能性が低く抑える事ができます。
HubSpotはサポートも充実しているので、気になっているのであれば業務の一部で使ってみるのも良いかもしれません。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。ご意見・ご要望などございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせを受けつけておりますので、よろしければご利用ください。

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minwebの最新情報をお届けします

minweb編集部(株)セルリア

”共に考え、共に創るWebの成功戦略”というスローガンのもと、お客様と一からWeb戦略を考え、
企画し実装まで支援する伴走型Webコンサルティング会社です。

こちらの記事をお読みのかたにおすすめ!完全無料のダウンロード資料

Googleサーチコンソール使い倒し活用術  <AOHON>

ダウンロード資料画像

Googleの検索エンジンに関する情報を幅広く確認できるツール「Googleサーチコンソール」の活用方法をまとめました。新サーチコンソールの機能を網羅的に紹介するだけでなく、Webサイトを最適化できる実践的な方法までわかりやすく解説します。

サーチコンソール初心者の方が知りたい導入方法から、上級者向けのコンテンツ改善の方法まで、押さえておきたい要素を1つに集めた、SEOに力を入れたいすべてのWeb担当者におすすめの一冊です。